ローディング中

Loading...

今、塩レモンや塩トマトに続き「怪味ソース」なる調味料が、次にくるのではないかと騒がれ始めています。怪味ソースとは、中国の四川省が発祥の混合調味料のこと。今回は、そんな怪味ソースの作り方や、怪味ソースを使ったレシピなどを紹介いたします。

新しい調味料の襲来?

塩レモンや塩トマトに続き、新しい調味料の波に乗ってきているのが「怪味ソース」です。ずいぶんと怪しげなネーミングですが、怪味とは中国語で「複雑な味」を意味します。その名のとおり、塩味、酸味、甘味をはじめ、唐辛子のピリッとした辛味などが絡み合った、中国四川省生まれの調味料。いろいろな風味が絡み合っているので、食べてみてもやはりいろいろな深い味わいを楽しむことができるんです。

今回は、この怪味ソースの素材や風味、特徴から、怪味ソースの作り方、怪味ソースを使ったおいしいレシピなどを紹介いたします。

怪味ソースとは

まだあまり馴染みがないかも知れませんが、怪味ソースとは四川省が発祥の混合調味料です。最近は、テイクアウトの唐揚げ屋さんにソースが置かれていたり、中華料理のタレを扱うメーカーから販売されていたりと、少しずつ私たちの生活にも浸透してきました。

怪味ソースは、いろいろな味が絡み合っています。豆板醤、醤油、ゴマ油などから作られ、味は怪味の名のとおり複雑な味で、甘味、酸味、塩味、苦味、旨味の五味に、辛味としびれが加わり、7種の味が交わっています。

特徴的なのは、四川らしい辛味としびれです。鶏の唐揚げにとてもよく合うとされ、四川では「怪味鶏」と呼ばれて人気があります。複雑な味なので、ひと口に怪味ソースといっても、人によって作り方はさまざまなんですよ。

怪味ソースを自分で作ってみよう

1.焦がしニンニクがポイントの怪味ソース

白ごまを乾煎りしてから、すり鉢などで潰します。フライパンでゴマ油とニンニクを炒め、さらにネギと生姜を加えて香りが立つまで炒めます。豆板醤を加え、潰した白ごまを合わせ入れ、醤油、オイスタソース、砂糖などの調味料を入れて沸騰させてから火を止めます。粗熱がとれたら酢、ゴマ油、花椒を混ぜて完成です。

2.おうちにある調味料で作る怪味ソース

すりごま 、味噌、醤油、酢、砂糖、はちみつ、ゴマ油、すりおろした生姜とにんにく、みじん切りにしたネギ、ラー油、粉山椒をよく混ぜ合わるだけで完成です。そのままで野菜につけたり、お肉にかけたり、マヨネーズやチーズを加えてアレンジしてもおいしくいただけるそうですよ。

3.本格的!四川の怪味ソース

練りごま(白)、すりごま(白)、酢、醤油、砂糖、豆板醤、すりおろした生姜とにんにく、ラー油、山椒をよく混ぜ合わせます。そのまま使うときはネギを入れなくてもいいですが、野菜炒めやチャーハンなどの調味料として熱を加えるときは、みじん切りにしたネギを入れるとよりおいしくなるそうです。辛味がピリッと効いた大人の味ですね。

怪味ソースを使った料理レシピ15選

怪味ソースは唐揚げなどの肉料理との相性が抜群ですが、ほかにもいろいろな料理に使えます。ここからは、怪味ソースを使った料理レシピを紹介いたします。

1.怪味そぼろ丼

フライパンにゴマ油をひき、みじん切りにした生姜を炒め、香りが立ったらひき肉を加えて炒めます。酒、みりん、醤油と、怪味ソースを加えて少し煮つめ、仕上げにラー油と花椒を入れます。それを温かいごはんにかけ、白髪ネギをのせ、彩りにスナップえんどうと糸唐辛子を飾ればできあがりです。

2.カリカリチキンソテー 怪味ソース添え

鶏肉は酒と醤油で下味をつけておきます。水気を切った鶏肉に塩コショウをし、片栗粉をまぶして、こんがりと焼き上げます。仕上げに香り付けの醤油をまわし入れ、怪味ソースをかければできあがりです。写真のように、パセリやプチトマトを添え、怪味ソースはココット容器などに入れて添えると見た目もおしゃれですね。

3.冷やし中華 怪味ソースだれ

薄焼き卵を焼き、錦糸卵にします。ハム、きゅうり、トマト、かいわれも、カットしておきます。付属の冷やし中華のタレに怪味ソースを加えてよく混ぜておき、好みでラー油や花椒を足してもいいですね。茹でた麺をお皿に盛り、卵やハムなどの具材をのせ、作ったソースを添えます。ソースをかけて、よく混ぜていただきます。いつもの冷やし中華が、刺激的な味になりますよ。

4.豚しゃぶ&怪味ソースのサラダ冷奴

豆腐や、レタス、水菜など、お好みの野菜はそれぞれ食べやすい大きさにカットしておきます。豚肉を茹でて、色が変わってきたらすぐに氷水にとり、水気をしっかりきります。それらをお皿に盛り付け、怪味ソースをかければできあがりです。炒りごまや桜エビなどを散らせば、栄養的にも見た目にもGOODですね。

5.春キャベツと鶏肉の怪味ソース和え

キャベツとパプリカはさっと茹で、汁気を絞ります。鶏むね肉に塩コショウをして、蒸し焼きにします。それらをお皿に盛り、怪味ソースで和え、お好みであみえび、ごまを散らしてできあがりです。作りたてはピリっと辛味が効き、寝かせるほどに優しい味わいになるそうですよ。

6.皮付き長芋の怪味ソースチーズ焼き

長芋は皮付きのまま厚めの輪切りにして、フライパンでこんがり焼き色をつけます。混ぜ合わせておいた怪味ソースとピザ用チーズと料理酒をかけて蓋をして、チーズが溶けたら、最後にネギを散らして完成です。

7.豚コマごぼうの怪味ソース焼き

牛蒡は薄切りにして水にさらしておきます。豚肉とごぼうに酒、醤油、ごま油、生姜、ニンニク、マヨネーズを入れて揉み込み、片栗粉を入れてよく混ぜ合わせます。それを丸めて形を整え、中までしっかり火を通しながら焼きます。お皿に盛ったら怪味ソースをかけ、ネギを散らしてできあがりです。

8.カイワレと長ネギ、納豆の怪味ソース和え

みじん切りにしたネギ、カイワレ、納豆をよく混ぜ合わせます。怪味ソースとめんつゆを合わせたソースをかけて完成です。怪味ソースさえ常備しておけば、時間のないときのおつまみにピッタリな一品ですね。

9.もやしの怪味ソース、マヨネーズ和え

モヤシを茹でます。怪味ソースとマヨネーズを混ぜ合わせ、モヤシを和えます。器に盛ってブラックペッパーをかければできあがりです。ピリ辛の怪味ソースにマヨネーズを混ぜることにより、とってもまろやかになるんです。

10.怪味ソース漬けの半熟卵

半熟に茹でた卵の殻をむき、ビニール袋に卵と怪味ソースを入れて、からませます。すぐに食べてもおいしいですが、冷蔵庫でしばらく寝かせると、さらに美味だそうですよ。お弁当に入れるときは、半熟ではなく、固茹でにしたほうがいいですね。

11.怪味ソースで楽しむ焼き茄子

茄子は強火で皮が焦げるまで一気に焼き上げ、熱々のうちに皮を剥きます。冷やした焼き茄子に怪味ソースをかけ、木の芽をのせればできあがり。焼いた茄子は水に入れると風味が半減するので、冷水に浸さず、頑張って熱いうちに剥くのがポイントです。

12.シソワンタンの怪味ソース

ひき肉に、刻んだ大葉、生姜、塩コショウ、酒などの調味料を混ぜ合わせ、丸めてワンタンで包みます。包んだワンタンを茹でてお皿に盛り、怪味ソースをかければできあがり。写真は茹でた春菊がトッピングされています。

13.イカと水菜の怪味ソース和え

イカはワタを出してさっと塩茹でし、食べやすい大きさに切ります。同じく食べやすい大きさに切った水菜とイカを、怪味ソースで和えてできあがりです。イカにピリ辛のソースがよく合います。

14.とり天の怪味ソース

そぎ切りにした鶏肉に天ぷら衣をつけ、こんがりと揚げます。お皿に豆苗をしいて、とり天ぷらを並べ、よく混ぜた怪味ソースをかけます。たんぱくな鶏肉がソースによって濃厚なごちそうになりますよ。豆苗はいつも安定した安価で売られているので、主婦の味方ですね。

15.怪味ソースなべ

鶏肉、白菜、ニンジン、しめじなどをお鍋に入れ、醤油と怪味ソースを入れて煮込むだけ。普段のお鍋に飽きた人に、簡単おすすめのレシピです。これからの季節にピッタリですね。もしかしたらこの冬には、「怪味なべ」が大流行するかもしれませんよ。

なんにでも合う万能ソースだから

名前からは想像もつかなかった怪味ソースですが、コクのある深い味わいはわかっていただけたと思います。唐揚げや蒸し鶏はもちろん、サラダやごはんなど、なんにでも合わせられる万能なところが人気の秘密なのかもしれませんね。

手作りもいいのですが、既成の怪味ソースも販売されています。時間がない方は一度試してみてはいかがでしょうか。

気になった方は、楽天市場にて購入することができるので、ぜひチェックしてみてくださいね▼
なんにでも合う万能ソースだから

出典:楽天市場

ユウキ食品 怪味ソース 200g

¥368

楽天市場で購入

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ パスタ お菓子 まとめ

ヘルシーな飲み物の定番、豆乳。そのまま飲む以外にも食事やお菓子に活用できます。独特な味と香りが苦手という人にも食べやすくおいしい、しかも簡単に作れる豆乳レシピがいっぱいです。人気のパスタやスープレシピは日頃の…

オムライス 東京 まとめ

お母さんが作ってくれたいつもの懐かしい味や、学生時代に食べた思い出の味など、甘酸っぱいオムライスにノスタルジーを感じる人も多いでしょうね。今回は東京でオムライスのおいしい有名店や人気店、おすすめのお店など13…

大阪 京都 レストラン まとめ

月末のお給料日後の金曜日「プレミアムフライデー」には、素敵なレストランでランチやディナーを楽しむのがおすすめ!そこで今回は、プレミアムフライデーだけのおトクなプランを用意している、大阪、京都、兵庫の人気店をご…

ハンバーガー バー まとめ

ネイビーバーガーをご存知でしょうか。横須賀基地で親しまれてきたハンバーガーのレシピが海軍から横須賀市に伝わり、それを基に作られた横須賀のハンバーガーです。今回は横須賀でネイビーバーガーが食べられる、おすすめの…

とんかつ 和食 レシピ まとめ

とんかつを作る時、献立はどうしていますか?キャベツが定番で、おかわり自由なお店もありますね。しかし、キャベツだけでは何となく物足りない…… ひと工夫したいときにおすすめな、副菜やご飯レシピをご紹介します。…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

アレンジレシピ お弁当 まとめ たまご

「玉子焼き」はお弁当の人気者。。。しかし、最近なんだか慣れ合いになってきてはいないですか?そんな時はサッと一手間。ちょっとの工夫でいつもの玉子焼きがお洒落に変身☆そんな玉子焼きのレシピをご紹介します♪

マヨネーズ レシピ まとめ

今、オイスターソースとマヨネーズを合わせた「オイマヨソース」が大人気なんです。2つの調味料を合わせることで、どんな料理にでも合う万能ソースに変身しちゃいます♪今回は、そんなオイマヨを使った人気レシピを紹介しま…

マドレーヌ レシピ まとめ

フランスの焼き菓子の1つマドレーヌ。あまりにも有名ではありますが時折「無性に食べたい!」となることはありませんか?この記事ではそんな時のために基本のマドレーヌのレシピからアレンジレシピまでをご紹介します♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

門前仲町 カフェ おしゃれ コーヒー

お店の作りはとってもおしゃれで雑誌の撮影にも使われるほど。ドリンクにもこだわりがあるおしゃれな「MONZ CAFE」(モンズカフェ)ですが、お正月には獅子舞がやってきたり、プレミアム商品券が使えたり。地域との…

レシピ まとめ マフィン

マフィンと言えば、砂糖たっぷりの甘いおやつのイメージがありますが、同じマフィンでも甘くなく、野菜やハム等が入っている食事系のマフィンをセイボリーマフィンと呼びます。今回は海外レシピより、そのセイボリーマフィン…

sakura

可愛い雑貨と綺麗なスイーツを見ると、つい買ってしまいます。あとコー...

ページTOPに戻る