ローディング中

Loading...

マグロが余ってしまったときは、漬けマグロにすると少し日持ちして便利ですよ。漬けマグロはごはんだけでなく、パンやスパゲッティにもアレンジできます。ごはんにもおつまみにもなる漬けマグロのアレンジレシピを20選ご紹介します。

余ったマグロは漬けちゃおう!

私たち日本人が大好きなマグロ。手巻きずしにしたり、丼にしたり、家族が集まる休日には欲しくなる食材ですよね。

スーパーに新鮮で色ツヤの良いマグロがならんでいると、ついつい奮発して買いすぎてしまうことはありませんか?残ってしまったマグロは漬けましょう!

漬けることで日持ちする!

スーパーや魚屋さんで売っているマグロは、内臓部分を取り除いたサクが多いですよね。そのサクは、冷蔵で通常2〜3日ほど保存できます。

余ってしまったマグロは、醤油、みりん、酒を混ぜた汁に漬け込み、漬けマグロすると、保存が1〜2日程度長くなりますよ。

漬けマグロは、ラップやジップロックに入れて空気が触れないようにし、冷蔵庫へ入れて保存しましょう。より長く保存したい場合は、冷凍庫へ。解凍は、冷蔵庫内で自然解凍してくださいね。

漬けマグロのアイデアレシピ 20選

1. ユッケ

マグロを、醤油、砂糖、酒で漬け込みます。漬けマグロに卵の黄身をトッピングして、完成です。とろとろの卵と漬けマグロの相性がたまりません。三つ葉やシソの葉、白ごまをトッピングすると、香りがよくなりますよ。そのままでお酒のおつまみにしてもOKですし、白ごはんとの相性も抜群です。

2. 漬けマグロの山かけ

漬けマグロと、すりおろした長芋をお皿に盛り付けてできあがりです。間違いなしの組み合わせですね。マグロに味が付いているので、基本的に醤油などはプラスしなくてOKですが、お好みでどうぞ。

3. 漬けマグロとスプラウトの和風サラダ

水切りした豆腐とマグロをカットしておきます。豆腐の水切りでできあがりの味がかわってくるので、しっかり水切りしてくださいね。マグロをとしょうゆ・白だしに漬け込み、さらに豆腐を加えます。豆苗・かいわれ大根を、オリーブオイルと合わせておきましょう。材料すべてをさっくりと混ぜ合わせ、鰹節をトッピングしたらできあがりです。ピリッと辛いかいわれがお酒にぴったりのひと品です。

4. 漬けマグロとアボカドの卵のせ丼

カットしたマグロを醤油、酒、ごま油に漬け込みます。レモン汁をかけたアボカド、漬けマグロ、カイワレ大根、白ごま、わさびを混ぜ合わせます。すし飯の上に盛り付け、中央に卵黄をトッピングしてできあがりです。

女性が大好きな組み合わせの丼ですね。ごま油で漬け込むと、とても香りがよくなりますよ。すし飯なので、さっぱり食べられるのも嬉しいですね。

5. 漬けマグロとしらすのだし茶漬け

お店で食べるようなだし茶漬けを、おうちで作れるレシピです。マグロを醤油とみりんに漬け込みます。白ごはんの上に漬けマグロ、大葉、刻み海苔、しらすを盛り付けます。だし汁は醤油とみりんで味を整えましょう。

食べる直前に、アツアツに沸かした出し汁をかけていただきます。小鉢を用意して定食風にしてもいいですし、飲んだ後のシメにほしくなる一品ですよ。

6. 漬けマグロの一夜干し

醤油、酒、みりんでマグロを漬け込みます。通常の漬けマグロより長く漬け込み、しっかり味をつけるのがポイントです。漬けマグロを、ひと晩冷蔵庫に保存します。一日おいて、乾燥していたらできあがりです。

ねっとりとした食感がおいしい、ちょっとかわった漬けマグロです。柚子胡椒を入れると、パンチの効いた味に仕上がりますよ。

7. とろろオクラの漬けまぐろうどん

暑い日にぴったりのアレンジレシピです。醤油、みりん、酒でマグロを漬け、とろろにほんだしをかけ混ぜ合わせておきます。茹でたうどんを氷水でしっかり冷やし、とろろ、おくら、漬けまぐろをのせ、麺つゆを少しかければできあがりです。

ねばねばの組み合わせがおいしく、ヘルシーなうどんです。お好みでごまやすだちのトッピングもおすすめですよ。

8. 漬けマグロのカルパッチョ

醤油、みりん、ごま油、ナンプラーでマグロを漬け、冷蔵庫でしっかり冷やします。ナンプラーを入れることでアジアン風に仕上がりますよ。お皿にスライス玉ねぎ、漬けマグロ、マヨネーズ、刻み青ネギの順番で盛り付けます。食べる直前にオリーブオイル、ワインビネガー、残り漬けのタレを回しかけて完成です。

おしゃれなアジアン居酒屋にありそうなメニューですね。マヨネーズを細く線を描くようにトッピングすると、より見栄えが良いです。

9. マグロの赤ワイン漬け

なんとこちらは、赤ワインで漬けこむ珍しい漬けマグロです。 レシピでは「万能つゆ 味どうらくの里」という秋田県の家庭にあるという調味料を使っていますが、めんつゆでも代用可能ですよ。赤ワインとめんつゆにマグロを漬け、トマトと混ぜ合わせます。ディルなどお好みのハーブを添えてできあがりです。

醤油で漬けこむのとはまた違った漬けマグロ、ぜひお試しくださいね。

10. 春菊と漬けマグロの白和え

マグロを醤油とみりんで漬けます。春菊はさっと茹でておきましょう。水切りをした豆腐、醤油、砂糖、すりごま、マヨネーズを入れ混ぜ合わせ、漬けマグロと春菊を加えてできあがりです。

豆腐は絹ごしを使うと、口当たり滑らかですよ。すりごまはたっぷり入れて、香ばしい香りを楽しみましょう。

11. マグロのアボカド豆腐ソース

まず豆腐ソースを作ります。ボウルにマヨネーズ、わさび、水切りした豆腐、つぶしたアボカドを入れてよくかき混ぜ、塩で味を調えましょう。しっかり冷蔵庫で冷やしてくださいね。器に豆腐ソース、醤油で漬けたマグロを盛り付け、大葉とごまをトッピングしてできあがりです。

豆腐ソースと漬けマグロをからめながらいただきます。とろりとした食感の豆腐ソースが、漬けマグロを包み込みますよ。

12. コリアンダーの漬けマグロ

こちらは、ちょっと変わった漬けマグロレシピです。
まず、漬けダレの作り方は玉ねぎのすりおろし、エキストラバージンオリーブオイル、コリアンダー、レモン汁を入れ、塩とブラックペッパーで味を整えます。そこにマグロを漬けましょう。漬け時間が長いと変色するので注意してくださいね。独特の香りのコリアンダーを使っているので、クセになる漬けマグロです。

そのままお酒のおつまみにもなりますし、白ごはんにも合いますよ。

13. 漬けマグロとキムチそうめん

いつものそうめんが、漬けマグロで大変身するレシピです。マグロはそうめんとからみやすいように、細切りにしてから醤油とみりんで漬けます。スープはめんつゆ、トウバンジャン、ごま油を混ぜ合わせます。茹でたそうめんに白菜キムチ、トマト、漬けマグロを盛り付け、スープをかけます。きざみネギとごまをちらして出来上がりです。

トウバンジャンと白菜キムチで、刺激たっぷりのそうめんです。材料はしっかり冷やすと、よりおいしいですよ。

14. 漬けマグロのカツレツ

外はサクッと、中はしっとりのおいしい漬けマグロのカツレツレシピです。酒とみりんを煮切り醤油と合わせてマグロを漬けます。漬けマグロは、余分な漬けタレを切り、小麦粉、溶き卵、炒りごまとパン粉を混ぜた物の順に衣をつけて、油で揚げます。

このとき中心まで火が通ってしまわないように、強火でさっと揚げるのがポイントです。しば漬けや大葉の入った和風タルタルソースとの相性も抜群ですよ。

15. 韓国風漬けマグロのひとくち手巻き

マグロを醤油、コチュジャン、酒、みりん、ごま油、すりごまに漬けます。すし飯を用意し、サンチュや韓国海苔にマグロ漬けとお好みの野菜を一緒に巻いていただきましょう。野菜は、細切りにしたきゅうりやカイワレ、卵が合いますよ。

ごま油の香りとコチュジャンの甘辛さが、食欲をそそります。いつもの手巻きずしとは一味違った、韓国風手巻きずしを楽しんでくださいね。

16. 漬けマグロとジュレで和風ブルスケッタ

ごはんに合うレシピを多くご紹介していますが、こちらはパンに合う漬けマグロレシピです。マグロを小さく角切りにし、麺つゆ、ごま油、寿司酢、ねぎ、生姜のすりおろしに漬けておきましょう。ジュレはポン酢、出し汁、生姜のすりおろし、はちみつをゼラチンで冷やし固めます。バゲットをカリッとトースターで焼き、漬けマグロとジュレをのせ、みじん切りにした大葉をトッピングしてできあがりです。

見た目も華やかなので、おもてなしにもぴったりですね。

17. 漬けマグロとカマンベールのおつまみ

漬けマグロは、チーズとの相性も抜群です。スライスした漬けマグロにカマンベールをのせます。カマンベールチーズをのせて室温においておくと、食べる頃に漬けマグロとカマンベールがなじみ、少しとろけておいしいですよ。

アクセントに、わさびやブラックペッパーのトッピングもおすすめです。ワインやお酒がすすみますよ。

18. 漬けマグロのガーリックステーキ

マグロはサクのまま醤油、みりん、酒に漬けておきましょう。フライパンに油をひき、にんにくで香りをつけたらマグロをサクのまま焼きます。焼き加減はお好みでOKですが、焼きすぎるとバラバラになるので、注意してくださいね。焼きあがったら、マグロをカットしてお皿に盛り付けます。フライパンに漬けダレとニンニクを入れ煮詰めてタレを作り、マグロにかけてできあがりです。

ニンニクの香りが、食欲をそそりますよ。ビールにも白ごはんにも合うステーキです。

19. 漬けマグロの和風スパゲッティ

漬けマグロをスパゲッティにアレンジしたレシピです。
だし醤油、酒、みりん、千切りにした生姜に漬けた漬けマグロを用意します。フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて香りをつけ、漬けマグロに火を通します。そこにほうれん草を入れゆで汁で乳化させ、柚子胡椒と醤油を加えましょう。スパゲッティを入れしっかり混ぜ合わせ、塩コショウで味を整えてできあがりです。

ほうれん草の代わりに、長ねぎ、大葉、大根の葉でもOKです。冷蔵庫の中身と相談してくださいね。

20. 漬けマグロとアボカドの新ジャガのカリッと揚げ

マグロを、酒、醤油、砂糖、おろし生姜に漬けておきましょう。新ジャガを水、薄力粉、塩胡椒と混ぜて衣を作ります。それを、アボカドと一緒に漬けマグロをつつみ、油でカリッと揚げます。

新じゃがはカリカリ、アボカドはトロトロ、マグロはしっとりとした食感に仕上がりますよ。マグロは薄くそぎ切りにするので、漬け時間は短くてOKです。揚げたてアツアツを味わってくださいね。

マグロを漬けましょう!

いかがでしたか?
余ったマグロを漬けるだけでなく、これを作るためにマグロを買いに行きたくなる魅力的なレシピがいっぱいです。漬けマグロというとごはんと合わせるイメージですが、パンやチーズ、スパゲッティや麺類と幅広くアレンジができますね。

マグロの漬けダレも、和風だけでなくアジアン風や韓国風の味付けが合うので、飽きる心配もありません。アレンジすることで、お安いマグロもおいしく仕上がるので、どんどん漬けて楽しみましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

レシピ まとめ

具だくさんな「けんちん汁」は野菜がたくさん摂れるのが魅力。今回は、けんちん汁の基本レシピや、圧力鍋を使った時短レシピ、味付けで楽しむアレンジレシピもご紹介!おいしく作るための下ごしらえのポイントも実践編で説明…

レシピ パスタ お菓子 まとめ

ヘルシーな飲み物の定番、豆乳。そのまま飲む以外にも食事やお菓子に活用できます。独特な味と香りが苦手という人にも食べやすくおいしい、しかも簡単に作れる豆乳レシピがいっぱいです。人気のパスタやスープレシピは日頃の…

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

スイーツ かき氷 和菓子 まとめ

今回は、2017年の夏限定スイーツを厳選してご紹介します。暑い日に食べたくなる老舗のかき氷から、巷で話題のシューアイスなど。冷たくてさっぱりとしたスイーツ達は、この夏絶対食べ逃せない!販売期間や取扱店舗も合わ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 レシピ まとめ

餃子を作っていて「タネが余っちゃった!!どうしよう…。」なんて経験ありませんか??あわてる必要はありません!タネが余っても大丈夫!餃子以外にもいろいろ使えるタネのアレンジレシピをご紹介します!

レシピ いちご スイーツ フルーツ まとめ

冷凍フルーツを使ったレシピというと、スムージーが定番ですよね。今回は冷凍いちごをそれ以外のものにも活かせるレシピをご紹介します。飲み物はもちろん、デザートにも使える冷凍いちご、ぜひ活用してみてくださいね。

まとめ レシピ サラダ

今、人参やキュウリをうすーくながーくスライスした「リボンサラダ」が注目を浴びています。基本的にピーラーで剥けばいいだけなのでとっても簡単、そして見た目は普通のサラダよりもおしゃれ♪と一石二鳥なリボンサラダのレ…

レシピ おつまみ まとめ

レタスってサラダなどでそのまま食べるイメージが強いですが、実はおつまみにもピッタリなんですよ♫シャキシャキした食感は食べ応えもあって、なおかつヘルシー!今回はレタスを使ったおつまみのレシピを9個ご紹介します♡

夏野菜 レシピ 沖縄料理 サラダ まとめ

苦みがおいしい夏野菜ゴーヤ、栄養も満点で夏バテ予防にも積極的にとりたいゴーヤ、でもいざ食べるとなるとゴーヤチャンプルーくらいしか知らなかったりしませんか?そこでおすすめのおいしいゴーヤレシピをまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

「ダクト飯」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?実はこれ、とあるテレビ番組で登場した究極かつ禁断の節約ご飯なんです。これで節約できるかどうかは、まさにあなた次第。さっそくその方法を確かめてみてはいかがでし…

パン

やなせたかし先生の大人気作品、「アンパンマン」。そこに登場するミステリアスなキャラクターといえば、メロンパンナちゃんの姉でもあるロールパンナちゃん。いつも布で顔のほとんどを覆っていますが、素顔や性格はどんなキ…

kie_0330

京都に生まれ、大阪で育ち、今は神奈川在住です。お出かけ、食べること...

https://twitter.com/Kie_0330

ページTOPに戻る