ローディング中

Loading...

いつも何気なく混ぜて食べている納豆ですが、混ぜ方で劇的においしくなるコツがあるのをご存じですか?せっかく食べるのだからおいしく食べたいですよね。おいしくなった納豆を使ったアレンジレシピも紹介したいと思います。

いつも納豆をどのように混ぜていますか?

何気なく混ぜて食べている納豆ですが、みなさん、いつもどのように混ぜていますか?
あまり、混ぜることに関して深く考えたことがないかもしれません。忙しいときなんかは特に、何気なく適当に混ぜていると思います。

しかし、納豆は混ぜ方で味わいが変わると言われています。ご存知でしたか?

今回は、納豆の本当においしい混ぜ方から納豆を深く知っていきましょう。アレンジレシピもいくつか紹介します。

納豆ってなんでネバネバしてるの?

そもそも納豆は、どうしてネバネバしているのでしょうか。
納豆は、煮た大豆を納豆菌で発酵させて作られます。納豆菌とは、発酵させるときに必要な微生物です。この納豆菌が、大豆のたんぱく質を分解してネバネバを作ります。

ネバネバは、グルタミン酸という旨み成分と、糖の一種でできています。この旨み成分のおかげで、納豆がおいしくなっているのです。

ネバネバがおいしさの秘密だったなんて、驚きですね。

納豆が美味しくなる混ぜ方があった!

では、納豆はどのように混ぜればおいしくなるのでしょうか。おいしくなる混ぜ方は漫画「美味しんぼ」で紹介されていました。

主人公の山岡士郎らは、芸術家・料理家である北大路魯山人の著した超レアな美食会報誌「星岡」の復刻版を発見しました。その中に納豆茶漬けのレシピがあり、納豆の混ぜ方が書いています。

このレシピによると、納豆は最初に醤油を一気に入れて混ぜるのではなく、混ぜながら複数に分けて入れるのがよいとされています。まず、醤油を入れる前に納豆を手早く混ぜましょう。白い糸が増えて納豆全体が固くなったら、醤油を少々。さらにまたかき混ぜて醤油を少々。これを繰り返します。納豆の糸の姿がなくなり、とろとろになったところに長ネギなどを具材を加え最後にまた混ぜます。

この方法で納豆を混ぜると旨み、塩味共に上昇し、味の対比効果も得ることができます。なので、とてもおいしい納豆が出来上がります。

北大路魯山人の「魯山人納豆」の作り方

北大路魯山人は明治・昭和時代に活躍した芸術家・料理家です。北大路魯山人の「魯山人納豆」の作り方も紹介いたします。

納豆は小粒で、向附(むこうづけ)と言われる深い器を使ってください(マグカップでもよい)。

まず、何も加えず305回かき回します。醤油を入れて更に119回、合計424回かきまわします。この間に醤油は2~3回に分けて入れます。最後にネギと和辛子を入れて出来上がり。更に砂糖を加えてもおいしいと言われています。

ちなみに1万回混ぜると……

納豆は、混ぜれば混ぜるほどおいしくなるのかと思い、1万回混ぜるというチャレンジをした方がいます。

結果から申し上げますと、おいしくはなりません。7千回を超えたあたりから、原形をとどめている豆はほとんどありません。1万回になった頃には、まるで生キャラメルのようになっています。泡のざらざらした食感が舌に絡み、豆と感じません。明らかに混ぜすぎなのがわかります。

美味しく混ざった納豆に合わせていかが?

1.納豆シチューご飯

なんだか信じられないような組み合わせですが、一度食べたらやみつきになること間違いありません。シチューが余った次の日は、これで決まりです。納豆はたっぷりいれた方が、よりおいしくなります。粉チーズをかけてまろやかさアップです。

2.納豆とはんぺんのとろ~り卵焼き

全て混ぜて焼くだけの、簡単時短レシピです。しかしこの一品で、お腹いっぱいになるほどのボリューム。納豆のねばねばがとろとろの食感とうまく合わさっていて、おもしろい食感になっています。たまごが全体を優しくひとつにまとめてくれます。

3.納豆トースト

納豆が合うのは、ご飯ばかりではありません。パンとも相性抜群なのです。納豆のタレ、マヨネーズ、ケチャップなどで、味の濃さを調整してみてください。入れ過ぎてしまうと、濃すぎるので注意してください。

4.きつね納豆

油揚げで、納豆の吸収がよくなっています。焼いているので表面パリパリ、中ねばねばと、食感も素敵です。中には納豆とネギ以外にも、納豆とチーズなどアレンジも可能なので、いろいろな味を作ることができます。おつまみにもぴったりです。

5.えのきねばねば納豆

ご飯のお供は、ただの納豆じゃもったいない。ごま油やキムチも入っているので、少しピリ辛の大人な味付けに仕上がっています。でも、たまごでまろやかさもあるので、とても食べやすいです。いつも以上に、ご飯が進むこと間違いありません。

もっと納豆を食べよう!

いかがでしたでしょうか。
納豆はただご飯にかけて食べるだけ。時間がないときのお手軽レシピだと思っている人も少なくないと思います。しかし、こんなにもアレンジがきく食材であったり、混ぜ方もこんなにもコツがあったなんて驚きですよね。

ぜひこれからは、納豆を思う存分活かして、冷蔵庫には常備しておくくらいの勢いでいただいてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

今回は、歯ごたえのいいカリカリ梅入りのタルタルソースを使った「梅しそタルタルのフィッシュ南蛮」のレシピをご紹介!食感が楽しいだけでなく、旨みだって大幅アップ♩むずかしい工程なしで作れるので、ぜひ今晩のお夕飯で…

レシピ 中華

自宅で簡単にできる「パン粉肉まん」のレシピをご紹介します。レンジを使っておいしく作れますので、小腹が空いた時などにおすすめです♩ひき肉だけではなく、中身をいろいろな具材で試したりしてみるのも楽しいですよ!

レシピ 鶏肉

漬けてレンジで加熱するだけで、簡単に作れる「しっとり本格よだれ鷄」のレシピをご紹介します。名前の通り、想像するだけでよだれが出てきそうなくらいおいしいですよ♩ピリ辛ダレがよく合う、本格的で豪華な料理です!

レシピ カリフラワー カレー

今回ご紹介するのは、お米の代わりにカリフラワーを使った低糖質料理「カリーフラワーライス」。カレーを鍋でなくレンジでチンするだけなので、調理時間はかなり短め!ふつうのカレーライスより消化がいいのも魅力的です♩

レシピ

手軽にお菓子を作りたい時、頼りになるベーキングパウダー。でも、あいにくストックがなく、他のもので代用できないか考えたことはありませんか?実は、重曹やドライイーストで代用できます。それぞれにあったレシピも紹介す…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ アレンジレシピ まとめ

金柑はビタミンCが豊富なため、風邪の予防や美肌効果などが期待できる食材です。今回はその金柑の甘露煮をはじめとした金柑レシピをご紹介します。たくさん金柑が穫れた、頂いた、という時にぜひ挑戦してみてくださいね♪

パスタ イタリアン レシピ ミートソース まとめ

ミートソースといえば、パスタが定番?と思っていましたが、これがいろんなものにかけても相性がいいようですよ!そんなお役立ちレシピをご紹介します。ミートソースをつい作りすぎちゃった!なんて時にも、使ってみてくださ…

スイーツ おつまみ まとめ

「薔薇」といえば華やかでゴージャスな花ですが、最近では食べられる「薔薇」を作っちゃう人が急増中♪スイーツやお料理、おつまみまでも「薔薇」の形に可愛く変身させちゃう、目にもおいしいレシピをご紹介します♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

トマト

子宝薬膳家がお勧めする、自分で、自宅でできる妊活薬膳。今回は、妊娠に最も必要な「血を増やす」食材、トマトを取り上げます。血虚(けっきょ)体質を改善して妊娠力を高め、夏の不調まで改善してくれるすぐれた食材を、ぜ…

まとめ

皮膚科医の私がおすすめする美肌セルフケアを紹介する本連載。第4回の主役は「昆布水」です。美肌効果がとても高く、健康面でもたくさんのメリットがあります。私の体験、効果、作り方など、昆布水について詳しく紹介します。

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...