ローディング中

Loading...

ワイン業界に巨大な隕石を落とした「青いワイン」は、豊かな創造性と独創性に富んだ若手クリエイター6名によって生み出された、新酒でした。目が醒めるほどパキッと明るく澄み渡った青いワインは、どのような経緯で誕生したのか、その全貌に迫ります。

青いワインがあるって?

「ねーねー、赤と白だったらどっちが好きー?」という二者択一を迫るこの質問、使えなくなる日が来るかも。と言うかむしろ、使っていたらちょっと古いかもしれません。

なぜなら、ワイン業界に隕石という名の衝撃を与える「青いワイン」の存在が発覚したからです。これまで、赤は赤、白は白、互いの個性を尊重し合いながら支え合い、ふたりだけの世界で生きてきたはずだった……。

彗星のごとく現れた、今まで見たことも聞いたこともない青いワインとは、一体ぜんたい何者なのでしょうか。

青いワインとは

赤と白で定着していたワイン界の新参者「青いワイン」は、「Gik(ジック)」と言う名前で2015年にスペイン国内で販売がスタートしたワインです。のちほど詳しくお話しますが、青いワインという新たな革命を起こしたのは酒造経験ゼロの若手クリエイター6名。

飲み物のジャンルをはるかに超えた、透き通るようなコバルトブルーが幻想的なそのビジュアルは、見る者を魅了します。一体、いかにしてこんなにも鮮やかなブルーにたどり着いたのでしょうか。

でもなんで青いの?

スペイン、フランス2カ国のさまざまな畑で穫れた、赤と白のぶどうを独自の手法でブレンド。そこに、ぶどうの皮に含まれる色素「アントシアニン」と天然着色料の「インディゴ」を混ぜてできているので、こんなにも鮮やな青色を再現できたのです。

インディゴ(青藍)はみなさんご存知、ジーンズを染めるときに使う染料のこと。染料を「人が飲んでも大丈夫なの?」と心配する人も多いのではないでしょうか。しかし、インディゴは熱帯地域に生息するコマツナギ属の植物からとれるエキスで、痛みや炎症を和らげる働きにすぐれていて、人体に影響はありません。

それにしても、衣類の染料として使われているインディゴを飲み物に使うとこんなにも青く輝く発色するんですね。

実は素人が作った

その道の業を極めたプロ集団たちの大傑作!ではなく実は、スペイン・バスク地方の若手クリエイター6名、つまり素人が生みの親。1番の驚きは、この6名のなかに誰ひとりとして酒造経験ありの人がいなかったことです。

ワイン業界のレッドオーシャン(激しい競争)に戦いを挑むのではなく、ブルーオーシャン(競争相手がいない)を切り開いてリラックスした世界で楽しもうという思いの元、「過去を打破して未来を創造する」をコンセプトに、開発をスタートしたのだそう。

そして、試行錯誤を繰り返しながら2年の歳月をかけようやくたどり着いたのが、「Gik(ジック)」なんです。それにしても、青いワインという発想がとても斬新ですね。

どんな味なの?

ノンカロリーの甘味料を配合しているので、酸味よりも甘みが強くさっぱりとした口当たりです。白ワインに近い、あっさりとした口当たりはどんな料理との相性もバッチリ。そして甘め、だそうです。

通常ワインのアルコール度数が10.5%〜14.5%であるのに対し、Gik(ジック)はは11.5%とやや低めです。ワインが苦手な人も、この青いワインなら飲んでみたくなるはずです。

通販でも買えるの?

世界を話題の渦に巻き込んだ「青いワイン」の気になるお値段ですが、1本750mlあたり10ユーロ。1ユーロを114円として換算すると、1本1,200円前後なので手を出しやすい金額だと言えるでしょう。

スぺイン国内、フランス、オランダ、イギリス、ドイツでは販売が始まっているようですが、残念ながらまだ日本で購入できないという悲しい現実……。下記のサイトで通信販売がスタートするそうですが、販売時期と価格については、現時点ではまだ決まっていないそうです。発売がスタートしたら、ぜひ一度は飲んでみたいものですね。
▼詳しくはこちらをチェック
↓こちらはブランドストアページです。

山梨にも青いワインがある

「なんだ、スペインのGik(ジック)買えないのかー」と肩を落としたみなさん、ここでうれしいお知らせがあります。ここ日本の甲信越地方・山梨県でも「勝沼ブルーワイン」と呼ばれるブルーワインをいただけるんですよ。

国産のナイアガラぶどうと甲州葡萄で作った甘口の白ワインは、フルーティーな香りが特徴。なんと言っても一番は、“幸せを呼ぶ”と称されるにふさわしい透き通るような幻想的なスカイブルー。

こちらはインターネットから購入できるので、気になる方はぜひポチッとしてみてくださいね。友人を招いてのホームパーティー、大切な人との大切なひと時に、ぜひ。
(山梨)勝沼ブルーワイン 500mlモンドセレクション2013銀賞受賞

出典:楽天市場

(山梨)勝沼ブルーワイン 500mlモンドセレクション2013銀賞受賞

¥2009

楽天市場で購入

飲む芸術品

全世界を騒然とさせた「青いワイン」は、競合がひしめくワイン業界の荒波にあらがうのではなく、誰とも争わず今までにみたことのない新しいものを創造しよう……!というバイタリティーあふれるスペイン人6名のクリエイターによって誕生したのでした。

新しい飲み物としての枠を超えた青いワインは、私たち人間には未知なる世界と可能性が広がっているんだよ、と教えてくれているような気もします。本場の青いワインが飲める日を、心して待ちましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ぶどう特有の甘い香りと琥珀色のグラッパ。専用グラスやデザインボトル、楽しめる部分の多いお酒ですが、日本での知名度はまだまだです。イタリアでは、食後酒として飲まれている非常にポピュラーなお酒。グラッパの由来やお…

レシピ カクテル

「アマレット」というリキュールをご存知ですか?馴染みのある方には、すぐにピンと来るかもしれませんが、普段お酒を飲まない方からするとなんだろう?と疑問に思いますよね。アマレットを使ったオススメのカクテルをご紹介…

バーボンを飲んだことはありますか?高価なお酒というイメージがありますが、どんな飲み方をすればおいしく飲めるのでしょうか。おすすめ銘柄は?今回は、バーボンの基礎知識や飲み方、おすすめ銘柄など、余すことなくご紹介…

カクテル

浅草で有名なお酒「電気ブラン(デンキブラン)」。隠れた名物として知られていますが、その名前からはどんなお酒なのか想像がつきませんよね。今回は、そんな電気ブランについて詳しくご紹介!味わいから飲み方まで、余すこ…

カクテル

ジンを使ったさっぱりカクテルのジンリッキー。癖のない口当たりは食事にも合い、男女問わず人気のカクテルですよね。今回は、ジンリッキーの由来や作り方、おいしい飲み方まで詳しくご紹介します。ジンリッキーの魅力に触れ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです( ゚д゚) 今回は、そんな自己アピー…

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

お弁当

数あるコンビニ弁当の中でも注目されているのがこの豚焼肉弁当!セブンイレブンで発売されており、Twitterなどを中心にSNSで絶賛されている逸品です。「この弁当は豚焼肉弁当から神焼肉弁当に名前変えた方がいい」…

レシピ コーヒー スイーツ チョコレート

まるでお店で購入したかのような完成度の高さに、もらった人は思わず「どこで買ったの?」と聞いてしまうかもしれません。でもこれ、簡単に手作り出来るなんてことは内緒ですよ♡

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。

ページTOPに戻る