ローディング中

Loading...

紅葉シーズン間近!気になるのは紅葉?それともやっぱりグルメ?両方を楽しみたいなら、大阪の紅葉の名所・箕面(みのお)を目指して! 本物の葉っぱを揚げた、名物「もみじの天ぷら」が味わえちゃいますよ。気になるそのお味は……?

紅葉をおいしく食べる?

紅葉といえば、多くの人が、秋の行楽シーズンの「紅葉狩り」を連想しますよね。紅葉の葉っぱを見ておいしそう……なんて思う人はなかなかいないでしょう。でも実は、紅葉はとってもおいしく食べれるんです!

それが、大阪の紅葉の名所、箕面(みのお)で人気の「もみじの天ぷら」。
名物として知られているというだけあって、そのおいしさに一度食べるとハマる人も多いのだとか!

大阪・箕面生まれのもみじ天ぷら

紅葉の名所ならではの名物

大阪北部の箕面市(みのおし)にある箕面山の箕面公園とその周辺は、関西随一の紅葉の名所として知られています。落差約33m「箕面の滝」を含むこの美しい景勝地には、紅葉シーズンになると毎年多くの観光客で賑わいます。

この箕面を代表する名物となっているのが、もみじの天ぷら!滝へと続く道沿いを中心に、もみじの天ぷらが買えるお店が軒を連ねています。

「天ぷら」といっても、実はこれ、カリッと香ばしく揚げたお菓子なんです。もみじの葉に衣をつけて油で揚げてあるのですが、葉の形はそのまま生かされているので、なんとも言えない風情がありますよね。

もみじの天ぷらの起源は1300年前!

このもみじの天ぷら、観光スポットの名物として生まれた訳ではないんです。

1300年前の箕面山には修験道場があり、道場を訪れる旅人たちに向けて、修行僧たちがこの地の美しい紅葉を油で揚げて供したのがはじまりなのだとか。また、箕面山の西江寺の本尊である聖天様に、楓の葉を油で揚げてお供えをしたとも伝わっています。

明治31年(1898年)、箕面公園が開園した後、徐々に紅葉の天ぷらを販売する店が増えていったのだとか。その後紅葉の名所として有名になるにつれ、店も増え、今では滝へと続く道沿いを中心に、もみじの天ぷらが買えるお店がたくさん軒を連ねています。

もみじの天ぷらができるまで

ただ揚げているだけじゃありません

もみじの天ぷらは、それぞれのお店で手作りされています。天ぷらなので、「衣をつけて揚げる」ことには違いないのですが、葉っぱをいきなり揚げるわけではないんですよ。

使われているのは箕面山の、主に「一行寺楓(いちぎょうじかえで)」という種類の葉っぱ。この葉は薄く、紅葉したときには黄色になるという特徴があります。赤い葉っぱを使うと、揚げたときに色が濃くなりすぎてしまうんだとか。なるほど、もみじの天ぷらに適している種類の葉が使われているんですね。

この黄色く色づいた葉を、収穫後、丁寧に水洗いされたあと1年間塩漬けに。このときに、次の年に使う1年分の量が漬けられるのだそうですよ。1年の塩漬けの後、アクを抜き、1枚ずつ並べて、ようやく天ぷらにするための準備が完了します。

そしていよいよ天ぷらに!
水で溶いた小麦粉に砂糖と白ゴマを加えた、ほのかに甘い衣をつけて、菜種油でじっくりときつね色になるまで揚げていきます。天ぷらを揚げている光景は、もみじの天ぷらを売るお店の店頭で見ることができますよ。
揚げたてを見ているととってもおいしそう! 
でも揚げたてでは油切れが悪く、おいしくないのだとか。揚げてから2、3日置いたものがベスト。この状態の天ぷらを、袋詰めにして販売しています。

さて、そのお味は……!

手間ひまかけて作られたもみじの天ぷらは、ご覧のとおり葉っぱの形もとってもキレイな仕上がりに!

そのお味は、パリパリと香ばしい食感と、砂糖入りの衣の、素朴な甘みが楽しめるもの。薄めの軽いかりんとうによく似ています。ゴマの風味もアクセントになっていて、案外クセになる感じ。揚げるまで、また揚げてからも時間をかけて作られていることに納得できる味わいです。紅葉の名所ならではの味といって間違いありません!

おすすめは「久國紅仙堂」

先にご紹介したとおり、箕面に行くと、もみじの天ぷらを販売するお店をたくさん見つけることができます。

そのなかの1軒が、1940年の創業時からこの地で親しまれている「久國紅仙堂(ひさくにこうせんどう)」。1枚1枚丁寧に揚げたもみじの天ぷらを販売しています。価格は60g袋入りで320円(税込)からと、お手ごろです。ちなみに箕面に行けば、秋に限らず一年を通して購入することができますよ。

店舗情報

■店舗名:久國紅仙堂
■最寄駅:阪急箕面駅
■住所:大阪府箕面市箕面 1-1-40
■電話番号:072-721-2747
■営業時間:9:30~18:00
■定休日:木曜
■参考URL:https://tabelog.com/osaka/A2706/A270603/27051797/
■公式HP:http://www.hisakuni.net/

一度は食べたい「もみじの天ぷら」

箕面の名物として、各お店が手間を惜しまず味のクオリティを保ち続けているもみじの天ぷら。インターネットで買うことができるものもあるのですが、できれば一度、絶景とともに「箕面の紅葉」を現地でたっぷり味わってみたいものですね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大阪 まとめ 関西 うどん

昔は南大阪の一部でしか食べられなかった「かすうどん」。独特の食感と味わいでいまや大阪名物といわれるほど人気です。最近では東京にもお店が進出し、その評判と知名度はうなぎ登り!かすうどんの本場、大阪でおすすめの人…

かき氷 大阪

ジュースクレンズの専門店「B.up Cleansing Juicery(ビーアップクレンジングジューサリー)」から、夏の風物詩「かき氷」3種が発売!果汁やアーモンドミルクを凍らせた氷が使用された、新感覚のかき…

うなぎ 大阪 寿司

食通の集う町・大阪の大人気お寿司屋さん「じねん」の名物といえば、高級魚うなぎを使用し、バターをのせた贅沢なお寿司「うなぎバター」です。大阪府内外にたくさんのファンを持つほど、絶品のうなぎバターについて、今回は…

大阪 たこ焼き まとめ

大阪のたこ焼きといえば「わなか」や「くくる」が有名ですが、そのほかの人気店やおすすめ店なども知りたいですね。道頓堀や梅田を中心においしいお店や安いたこ焼き屋さんなど、15位から1位までランキング形式で選んでみ…

大阪 梅田 心斎橋 ランチ カフェ 女子会 デート まとめ

「ローストビーフ丼」は大阪でもアツいということをご存知ですか。今回は、梅田・難波・心斎橋・アメ村などのおすすめの店をエリア別にご紹介します。圧倒的なビジュアルで度肝を抜かれるものや、こだわりの肉を使用した丼な…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食べ歩き ケバブ フルーツ 上野 まとめ

観光地として人気の「アメ横」。上野で食べ歩きグルメを堪能したいときにぴったりの場所ですよね。でも「何があるのかわからない」、そんな方のためにフルーツやスイーツ、メンチカツ、たこ焼きなど幅広いジャンルのグルメを…

フルーツ マンゴー まとめ

紅茶ブランド「リプトン」から、この秋、フルーツティーシリーズを新発売。定番の人気フレーバー「アップルティー」、「レモンティー」に、紅茶としては珍しいフレーバーである「ミックスベリーティー」、「ピーチ&マンゴー…

おにぎり お弁当 レシピ まとめ

お弁当の人気メニューになりつつある、オイルおにぎり。今回はごま油を使ったおにぎりのアイディアレシピをご紹介していきます。香ばしい香りが食欲をそそってくるので、子どもから大人まで大好物になってしまうかも?ぜひ作…

和菓子 お菓子 まとめ

今では和菓子も様々な種類のものがお取り寄せできるんです♡近くのお店にないからこそ買ってみたい!と思えるようなものを集めてみました☆おもてなしやプレゼントに、自分へのご褒美に、ぜひ1度試してみてはいかがですか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

神楽坂 鉄板焼き まとめ

和と洋の魅力が共存する街・神楽坂。お江戸情緒を残しながら、おしゃれなレストランが数多く立ち並ぶこのエリアの、おすすめの鉄板焼き店10選をご紹介します。こだわりの高級店からカジュアルに楽しめるお店まで、グルメが…

たまご お弁当

「まんまる卵焼き」をご存じですか?作り方はとても簡単なのに、見た目も味も完璧だと、小さいお子さんのいるお母さんなど、お弁当作りが欠かせない方からじわじわと人気を集めています。食べるのがもったいないくらいかわい…

m00

ご飯は毎食、残さず食べます!

ページTOPに戻る