ローディング中

Loading...

若者のガム離れが進んでいることをご存知ですか?ひと昔前は口さみしい時、暇をつぶしたい時、食後のエチケットに、ドライブのお供に、ガムが活躍していましたよね。なぜ若者はガムを噛まなくなったのでしょうか?気になる原因をお教えします。

若者のガム離れが進んでいるって本当?

皆さんは、どれくらいの頻度でガムを買いますか?通勤中や家事の途中、車の運転中など、作業中に噛んでいるとあっという間に1本なくなってしまいますよね。駅の売店やコンビニでも気軽に買えますし、各社からさまざまな味の商品が出ているので、味の違いを楽しめるのも特徴のひとつ。デスクワークのお供にボトルガムを用意するくらい、ガムが大好きな人もいるかと思います。

これまで身近な存在だったガム、なんとこの10年間で売り上げが4割も落ちているのです。一番の原因は、若者のガム離れなんだとか。なぜ若者はガムを噛まなくなったのでしょうか?時代を反映した理由がいくつもあるようなので、ご紹介します。

ガム人気低迷の原因は?

日本チューインガム協会の発表によると、ガム人気のピークは2004年。国内生産量が4万6100トンで、小売額が1881億円を誇りました。翌年以降は全体の売り上げが下がり続け、2015年には2万7780トン、1113億円まで落ちています。10年間で、売上げ額が4割も落ちていることがわかります。

ガム人気の低迷の一番の原因は、若者のガム離れにあります。なぜ彼らはガムを噛まなくなったのか、理由をご紹介します。

ガムは硬くてめんどくさい!?

高校生をはじめとした若者の中には、「ガムは硬くてめんどくさい」という声があるんです。若者の噛む力が弱っていること、噛むことについての意識が変わっていることがわかります。街中のゴミ箱が減っていることも、噛んだ後に捨てるのがめんどくさいと感じる原因かもしれませんね。

2009年には、ロッテから軟らかい噛みごたえの「フィッツ」が発売されました。「噛むとフニャン」のフレーズとダンスはテレビCMでも大ヒットしましたよね。幼少期は軟らかい風船ガム、中高生になったらフィッツを勉強のお供に、エチケットを気にする大学生、社会人は清涼感が強めの商品など、年代に合わせて商品を選んでいけたらいいですね。

景気の低迷が関係していた

ガムを買わない理由として「なんとなく買わない」と答えている若者も多いんだとか。フリスクやミンティアなどのタブレット菓子や、進化を続けるグミの人気が伸びているため、「特別嫌いではないけど買わなくてもよい」存在になってしまっているのです。

スマホの普及で不要に

ガム人気の最盛期を支えたのは、団塊世代のお父さんたちでした。通勤前に駅の売店でガムと新聞を買っていた世代です。しかし、団塊世代が定年退職を迎えて購入者も激減してしまったんですね。さらに、ここ数年の電車内での暇つぶしは新聞からスマホへと移り変わりました。新聞を買うために売店へ寄る必要がなくなると、ガムを買う機会も自然と減っていきます。

若者の車離れも一因

若者の車離れも、ガム離れと密接に結びついています。

電通が行った調査によると、「自動車に関心がある」と答えた割合が2001年度から2011年度にかけて20代の男性は29.4%、女性では25.3%も減少しているのです。ガムの消費量が減少している10年間ともぴったり重なりますね。

車を運転する時のお供と言えば、ガムとコーヒーが定番でした。日常的に車に乗る機会が減れば、合わせてガムを買って噛む頻度も低くなるようです。

ガムのメリットとデメリット

若者のガム離れが話題になっていますが、ガムを噛むことでどんないいことがあるのでしょうか。なんとなく、歯にやさしいイメージはありますよね。ガムを噛むことのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

ガムの一番のメリットは虫歯予防にあります。虫歯は、虫歯菌が砂糖をエサにして強い酸を発生させるため、歯が溶けていくことでできます。ガムを噛むと、唾液が分泌されやすくなります。唾液には、溶かされた歯の表面を再石灰化してくれるミネラルが含まれています。ガムを噛みながら虫歯予防をすることができるんですね。

また、美容にも役立ちます。ガムを噛むことで満腹中枢が刺激されてダイエットに効果的なほか、顔周りの筋肉が鍛えられて、キュッとひきしまった小顔を目指せるのです。

さらに、ガムを噛むことで集中力と認知能力、記憶力が高まります。勉強中や仕事中にはガムが欠かせませんね。

デメリット

虫歯予防や美容にもうれしい効果の多いガムですが、噛みすぎにはご注意ください!

あごの筋肉が疲れすぎると顎関節症になったり、噛み合わせが悪くなることもあるんです。フェイスラインが鍛えられすぎて、小顔をとおりこしてがっちりたくましい顔立ちになってしまう危険性も。さらに、歯の表面のエナメル質がはがれて知覚過敏になったり、キシリトールの摂りすぎでお腹がゆるくなったりすることもあります。

何事も適量が大切。ちょうどいい摂取量は商品によりますので、パッケージをよく確認してみてくださいね。

イケメン擬人化でファン獲得の試みも

「お口の恋人」のキャッチフレーズでおなじみのグリコでは「ACUO(アクオ)」「Fit's(フィッツ)」といった定番のガムを擬人化したキャンペーン「ガム彼!」を実施中!味や香りの特徴に合わせて、キャラクターの性格やビジュアルも考えられているんですよ。

「ある日突然、歯になった私の前に現れた5人のイケメンたち……なんと彼らの正体はガムだった!! 」と始まるイントロダクション。イケメンの正体がガムである以前に、自分が歯になってしまっている事実に思わず突っ込んでしまいます。しかも歯とガムなのに学園モノらしいです。

ツッコミどころ満載なので、恋愛ゲームが好きでない人も楽しめるかも?イケメンとの恋愛に集中するためにも、ガムは必須ですね。ぜひ電車の中でガムを噛みながら楽しんでみてください。

ガムと上手に付き合おう

若者のガム離れという問題から、現代のさまざまな側面を見ることができました。多くの人々の習慣が変わると、口にするものも変わってくるんですね。食べ過ぎには注意して、ガムと上手に付き合いながら、歯の健康と小顔を磨いていきましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

料理上手を語るのに欠かせない煮物。味のバランスが難しいですが、じつは調味料の黄金比があるんです!今回は、筑前煮から肉じゃが、おでんまで、煮物上手になるための黄金比率についてお話しします。これで今日から煮物マス…

お菓子 ちくわ

子供から大人まで人気のスナック菓子、湖池屋「カラムーチョ」と紀文食品がコラボレーションした「カラムーチョちくわ」が新発売します。人気商品同士のこのコラボ商品は、ビールのおつまみはもちろん、クセになりそうな味わ…

おやつ お菓子

北海道を代表する菓子店六花亭の、イートインでしか食べることのできない「雪こんチーズ」。消味期限がとても短いため、お土産に買って帰ることもままならない激レアスイーツです。おいしすぎると話題になっていますが、どん…

レシピ お菓子 和菓子

菱餅を砕いて作ったのが由来といわれている、ひなまつりに欠かせないひなあられ。毎年買って用意するという方も多いのでは?じつはひなあられは簡単に手作りできます。今回は、ひなあられの由来や作り方、おすすめのアレンジ…

チョコレート お菓子

チロルチョコに、あの東京土産の定番「ごまたまご味」がでたのはご存知ですか?パッケージはもちろん、味も本家にそっくり!発売から間もないにもかかわらず、すでにSNSで話題になっているようですよ。購入方法からその魅…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

シフォンケーキ スイーツ レシピ ケーキ

黒ゴマペーストを使った、甘さひかえめのヘルシーなシフォンケーキ。丸ごとトトロの体に見立てて作る、愛らしいスイーツです。『Bento Monsters』さんのレシピからご紹介。黒ゴマ嫌いのお子さんもパクッと食べ…

喫茶店 愛知 パスタ レシピ

名古屋の喫茶店で定番となっている「鉄板ナポリタン」を知っていますか?薄焼き卵の上にナポリタンをのせた、どこか懐かしいカフェごはんです。おうちで作るときには、スキレットを使う方が多いのだとか。今回は、その発祥と…

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...