ローディング中

Loading...

ジャムやバターをつけずに食べたパン、どんな味がしますか?香ばしい?甘い?そんな小麦そのものの味わいを表す言葉が、アメリカの研究で見つかったのです!その名も「でんぷん味」。でんぷんの味とは一体……?気になる最新の研究についてご紹介します。

6つ目の味覚「でんぷん味」が見つかる!

「小麦そのもの甘味が感じられる〜!」

ちょっといいパン屋さんで買ってきたパンを頬張って、こんな感想をつぶやいたことはありませんか?また、新潟などの米どころで食べた炊きたての白ご飯が、おかずもいらないくらいおいしく感じた!という経験。主食である白ご飯やパンそのもののおいしさ、味わいを表現する言葉は今まで少なかったですよね。

アメリカの最新の研究で、新たな味覚「でんぷん味」が見つかったというのです!お米や小麦の味を表現するのは難しいですが、これからは「このでんぷん味がたまらないな〜!」と言えるようになるかもしれないのです。今回は最新の研究から「でんぷん味」についてご紹介します。

分解される前の「でんぷん味」を認知!

「でんぷん味」についての研究結果を発表したのは、アメリカのオレゴン州立大学准教授のJuyun Limさん。食品科学、技術学の研究者です。これまで認められていた甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の基本味のほかに、人間は炭水化物の味も知覚できるというのです。

これまで、パスタやパン、ジャガイモ、米などの炭水化物の味は甘味に由来するものだと思われていました。炭水化物を摂り入れると、体内で糖に分解されますよね。確かに「小麦そのものの甘味」と表現することは多いです。しかし、舌の上に食材を乗せた時点では、まだ糖に分解されていないはず

22人の被験者を対象に行われた実験は、以下の内容でした。

1. 炭水化物量の異なるさまざまな食べ物の味を描写させる
2. 一時的に甘味が知覚できなくなる物質を摂取させる
3. 再び、炭水化物量の異なるさまざまな食べ物の味を描写させる

甘味をブロックした状態でも、被験者たちは食べ物それぞれの味の違いを描写することができたのです!味覚に頼らなくても、炭水化物の味の違いを感じ分けることができるということ。この時に感じた味を、「甘味」ではなく「でんぷん味」ではないかと考えたのです。

「でんぷん味」はどんな味?

人間は、糖に分解される前の状態の「でんぷん味」を知覚できるということがわかりました。しかし、「でんぷん味」とはどのような味なのでしょうか?イギリスの科学雑誌「ニューサイエンティスト(New Scientist)」に掲載されたLim氏のコメントを紹介します。

「アジア人に言わせるとそれは白米のよう。白人はパンやパスタにたとえた。まるで小麦粉を頬張っているような感じと言えるかもしれない」

小麦粉を頬張る……。なかなかピンとこない表現ですね。運動会の競技・飴食い競走に参加したことはありますか?お盆ほどの大きさの箱の中に小麦粉がたっぷり敷き詰められていて、その中に散りばめられた飴を、手を使わずに口だけで拾ってゴールまで走るというものでした。顔じゅう小麦粉まみれになって、鼻から口から小麦粉を吸い込んだ苦い思い出がよみがえります。

「でんぷん味」そのものはそれだけで「おいしい!」と感じられるものではなさそうですね。そのほかの基本味、甘味や酸味、塩味、苦味、うま味が複雑に絡み合っておいしさが生まれるようです。

「でんぷん味」が基本味に入るのはいつ?

「でんぷん味」が基本味の仲間入りを果たすためには、次の条件をクリアしなければなりません。

・「でんぷん味」を知覚して味の情報として受け取る「受容体」の特定
・識別可能で、広く受け入れられる味の定義に到達すること
・「でんぷん味」による何かしら有益な心理的反応の発見

どのようにして「でんぷん味」が味の情報として脳へ伝わるのか、誰にでも伝わりやすい「でんぷん味」の説明、「でんぷん味」を摂り入れることで心理的なよい変化があるか。これらが研究されて、明らかになるまでは基本味に入ることは難しそうです。しかし、「でんぷん味」の存在が認められた記念すべき研究と言えますね。

うま味(UMAMI)の登場は2000年代

基本味の中でも一番歴史が浅いのは「うま味(UMAMI)」。基本味に入ったのは、2000年になってからのことです。19世紀以前は「うま味」の存在が科学的に立証されていなかったのですが、現在では「うま味」を持つ食材があることや、舌には「うま味」を感じ取る能力があるとわかっています。

私たち日本人は、長い歴史の中で昆布や鰹を「だし」として活用してきたため「うま味が強い」「うま味が足りない」という感覚は経験的に知っていました。しかし、世界的には
「酸味や甘味が絶妙に調和して生まれる味わい」程度にしか認められていなかったのです。

2000年、舌の味蕾(みらい)と呼ばれる、食べ物の味を感じ取る器官の中に、グルタミン酸受容体が発見されました。グルタミン酸受容体は、「うま味」の正体であるグルタミン酸を知覚し、脳へ届けるための情報に変換する器官です。

「うま味」は、現在では「UMAMI」として世界中で知られるようになりました。今年、日本でも「UMAMI」を生かした「ウマミバーガー(UMAMI BURGER)」がオープンします。「でんぷん味」も、世界で認められるといいですね。

▼ウマミバーガー(UMAMI BURGER)についてはこちらの記事もチェック!

味覚が6つになる日も近い?

パンにジャムやバターを塗ったり、白ご飯にふりかけやご飯のお供をのせるのもいいですが、何もつけずに素材そのものの味わいを噛み締めてみたくなる研究結果ですね。いつか、「濃厚なでんぷん味を感じられるパン」も発売されるようになるかも。科学のさらなる進歩に期待しながら、白ご飯やパンをじっくり味わってみてはいかがですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味覚が合う人とは上手くいく、というのは恋愛や結婚においてよく言われることですが、それには明確な根拠があったんです。知れば納得の「味覚と性格」の関係をご紹介します。これからの季節は飲み会などで、話のネタとして盛…

レシピ

七草粥は1月7日に食べる習慣がありますが、それはどうしてかと考えたことはありますか?日本人なら知っておきたい七草粥の由来や歴史を改めて確認してみましょう。そしてこれを参考に、ぜひご家庭でも七草粥を作ってみてく…

ジャムの瓶の蓋を開けようと思ったらカチカチで開かない。料理中に調味料の瓶の蓋がカチカチで開かない。かたくて開かなくなった瓶の蓋にイライラさせられたことは、誰にでもあるのではないでしょうか。瓶の蓋が開かなくなる…

スタバのフラペチーノの正しい飲み方、知っていますか?失敗すると、飲み終わる頃には味の薄まった氷ばかりになってしまう、意外と難しい飲み物なんです。スタバのメニューをもっとおいしく楽しむためのコツをお教えします!

飲み会でサラダを取り分けるだけが女子力ではありません。真の女子力は、お酒で弱った人を女神のような優しさで介抱するときに輝くのです。手際よくさりげないあなたの心配りに、気になる彼も「おっ」と振り返るはず。飲み会…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れ…

調味料 マヨネーズ まとめ

醤油は冷蔵保存が基本って知ってましたか?調味料って冷蔵なのか常温なのか悩むところですよね。常温で大丈夫と思っていたのが実は冷蔵庫に入れないと悪くなっている場合もあります。主要な調味料をまとめておきましたので、…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

まとめ

「セロトニン」という物質の名前を聞いたことありますか?実は、この物質は体内で作ることができないため食べ物から摂取しなければならない、身体にとってとっても重要なものなんです!精神状態も左右するものなので、しっか…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

コーヒー マシュマロ

ローソンこだわりのカフェラテにマシュマロとバニラパウダーをプラスした「マシュマロラテ」は、バニラが香る星型のマシュマロをトッピング。見た目にも楽しくかわいく仕上がっていて、ふんわりクリーミーなフレーバーラテと…

マシュマロ ホワイトデー

マシュマロギモーブ専門店「シュワリ(chouwari)」は老舗名店石村萬盛堂が作り出すマシュマロギモーヴの専門店。今まで食べたことのないようなマシュマロを是非お取り寄せしてみてはいかが?

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...