ローディング中

Loading...

ヘルシー食材として人気のこんにゃくですが、賞味期限がびっくりするほど長いことをご存知ですか?あまりも長いとたくさんの添加物が入っているのではと気になりますよね。今回は、賞味期限が長い理由や開封後の賞味期限、保存方法などをご紹介します。

こんにゃくの賞味期限はどれくらい?

こんにゃくといえば、低カロリーで食物繊維を多く含むため、ダイエット効果が期待できる食材として人気です。価格も購入しやすく、食べごたえがあるため満足感が得られやすいのも魅力ですよね。そんなこんにゃくですが、賞味期限がどれぐらいかご存知ですか?こんにゃくの賞味期限は驚くほど長いのです。
では、なぜこんにゃくの賞味期限は長いのでしょう。食品添加物や防腐剤がたくさん入っているとしたら、怖いですよね。そして、パッケージを開封した後はどれくらいもつのでしょうか。今回はこんにゃくの賞味期限が長い秘密と、開封後も長く食べることができる方法をご紹介します。

1年後にも食べられる!?

開封前のこんにゃくの賞味期限は、30~90日というのが一般的なようです。約3か月も持つとは驚きですね。ただ、賞味期限とはあくまでも美味しく食べられるための期限であって、期限が来たからと言って直ぐに腐るものではありません。
こんにゃくの場合、衛生的にパックされており、高温にして殺菌処理されていますので、開封せず、高温下で保管したり保存状態が過度に悪くなければ賞味期限より半年~1年過ぎても腐ることはないようです。この長さにはさらに驚きですよね。冷蔵庫の端っこで忘れられ、賞味期限が少し切れているからと捨てられていたこんにゃくも、きっと食べることができるでしょう。

実はパックに入っている水に秘密が

さて、こんにゃくの賞味期限が長すぎると、嬉しい反面気になることもあります。それは、防腐剤がたくさん入っているのではないかということです。1年も大丈夫だなんて防腐剤が多すぎて体に悪いんじゃない?と、食べるのが怖くなりますよね。
ですが、実はこんにゃくがこれほどまで長く日持ちするのには防腐剤などの添加物ではないのです。それは、パックに入っている水に秘密があります。こんにゃくは水酸化カルシウムで固めて作るアルカリ性の食品です。
こんにゃくのパックに入っている水は、中に入っているこんにゃくとアルカリ性の水。アルカリ水は殺菌作用があるため、この水につけておくことで長く保存できるということになります。防腐剤が入っているわけではないと知ると今後も安心して食べることができますね。

開封してしまったこんにゃくの賞味期限は?

では、開封してしまったこんにゃくの賞味期限はどれくらいなのでしょう。一般的に、開封後のこんにゃくの賞味期限は数日と言われていますが、パックに入っていたお水ごとタッパーなどの密閉容器に移すと日持ちさせることができます。既に水を捨ててしまった場合は水道水で構いませんが、その際は2~3日に1度水を取り替えるようにしましょう。

開封後も賞味期限をのばしたい

特売日に買ってきた大きなこんにゃくや、こんにゃくをメインで使わないおかずの場合はどうしても余ってしまうことってありますよね。最近では食べきりサイズのものも多く販売されているため、残りにくくなっているかもしれませんが、余ってしまった場合に少しでも食べられる期間を延ばしたいもの。そんなときに使える保存方法を2種類ご紹介します。

冷蔵庫で

まず冷蔵庫で保存する方法です。必要なものは、やはりこんにゃくを購入したパックに入っていたアルカリ水です。密封できるタッパーにこんにゃくとアルカリ水を入れ、しっかりふたをして冷蔵庫で保存しましょう。この状態であれば、1週間~1ヶ月は持つようです。
タッパーがないという場合はボウルに入れてラップをするのでも大丈夫です。アルカリ水を捨ててしまった場合は、先ほどもお伝えした通り、普通の水道水でも構いません。こんにゃくの入っていた袋にこんにゃくを戻し、開けた口を2~3度折り返して食品の袋を閉じるクリップで止めて冷蔵庫のポケット部分に立てて保存するのでもよいでしょう。倒れることが心配な場合は、やはり容器に入れて保存することをおすすめします。

こんにゃくは冷凍保存できるのか?

賞味期限を伸ばす方法として、冷凍庫で食品を保存する方も多いですよね?しかし、こんにゃくの場合は冷凍には向きません。こんにゃくは90%以上が水分のため、解凍する時に水分が抜けて繊維質だけが残ってスポンジ状になり、食感が変わってしまうのです。食べられなくなるわけではありませんが、普段食べているこんにゃくとはまったくの別物になってしまい、風味も食感も変わってしまいます。
しかし、実はその独特な食感を利用した料理もあり、わざと冷凍したこんにゃくを使う場合もあるようですから、その場合には必然的により長くこんにゃくは長持ちすることになります。冷凍したこんにゃくは、しっかりした噛みごたえに変わり、水分が抜けてから味つけするため、味がしみ込みやすくなりダイエット中にお肉の代用としても使える「氷こんにゃく」というものもあるんですよ。

冷凍こんにゃくの作り方

1.こんにゃくを作る料理に合わせた大きさに切るか、手でちぎります。

2.そのまま冷凍しても大丈夫ですが、軽く塩もみしたあと、アク抜きの為に1~2分ゆでて、ざるにとって冷まし、キッチンペーパーで水分をしっかりきってから冷凍するとより一層味がしみこみやすいようです。

3.ジッパーつきのフリーザーバッグまたは保存容器などに入れて、冷凍庫でひと晩以上凍らせます。

4.自然解凍か熱湯で解凍し、手でギュッとしぼって余分な水分を出し、キッチンペーパーで水分をしっかりきってから料理に使います。

切り方を変えて別々に保存しておくと、使い勝手がよいようです。

冷凍したこんにゃくを使ったお料理

ひと口サイズに手でちぎったり、ぶつ切りにした場合は、から揚げや焼き鳥風に。平たく切った場合は、ステーキやとんかつ風、生姜焼きや焼肉風、野菜炒めなどに。1.5cm角くらいのサイコロ状に切った場合は、カレーやパスタソース、そぼろ肉などにも使えます。
十分に水気を切った、コンニャクポリ袋に入れよく味を染み込ませた後、片栗粉をまぶし揚げ油でからっと揚げれば、お肉のような食感のこんにゃく唐揚げが作れます。ダイエットのときのお肉の代用レシピとして人気です。氷こんにゃくを保存しておけば、カロリーが少くおいしく食べられるヘルシーななんちゃってお肉料理が食べたいときに食べられますね。

こんにゃくは腐るとどうなる?

さて、賞味期限が切れても半年~1年は食べることができるこんにゃくですが、気になるのはどのような状態になれば食べてはいけないのかということです。こんにゃくは長期保存した場合、こんにゃく内の水分が抜けるため、だんだんと縮んで小さく硬くなります。そのため、食感は変わってしまいますが食べることはできるんです。
しかし、悪臭を放ってドロドロになっていたり、触ると崩れるような状態の場合には食べてはいけません。袋に入ったままの状態であれば水が濁っていたり、袋が膨張してパンパンになっていたりする場合は食べずに処分しましょう。

こんにゃくを上手に使っておいしく食べよう

今回の情報を活かして、よかったら上手にこんにゃくを使ってみてくださいね。
こんにゃくの賞味期限についていかがでしたか?いくら賞味期限が長いからといって、わざと長く置いておく必要はありませんが、あわてて使わなくてもよいのは便利ですよね。使う予定はないけれど、いずれ使うときのためにお値段の安い時に予め購入しておけます。しばらく冷蔵庫の隅に忘れてしまっていても1年も猶予があれば安心です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

豆腐

いつでも買い求めやすい「豆腐」。ヘルシーで美容にも効果があり、使いやすい万能食材です。嬉しい栄養がたっぷりですが、気が付くと賞味期限が切れてしまった事もありますよね? 今回は、保存方法や長期保存可能な充填豆腐…

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

りんご飴を食べる時、手や顔をベタベタにしてしまったことのある方は多いのでは?今回は、りんご飴専門店に聞いたおすすめの食べ方やコツをご紹介します!あるものを使えば、ベタつくことなくスマートに食べることができるん…

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

まとめ

地元の人だけが集まる穴場から無料で楽しめるメジャーなスポットなど、2017年の関東潮干狩りスポットを紹介します。潮干狩りで採った貝をおいしい料理にするまで楽しめるのもいいですよね♪暖かくなってきたこの時期、皆…

ランチ まとめ

落ち着いた雰囲気が魅力の仙川。そんな仙川でランチをするときにおすすめのお店を9店、ピックアップしてみました。定番の和食やイタリアンはもちろん、アジアンテイストなイタリアンがいただけるお店までありますよ。気分に…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る