ローディング中

Loading...

ハイボールの人気が高まって、幅広くファンがいるウィスキー。瓶に入ったウイスキーはいつまでも飲めそうですが、賞味期限はあるのでしょうか?ウィスキーの賞味期限はいつまで?腐ることはないの?など、ウィスキーがおいしく飲める期限についてご紹介。

近年よく目にするようになったウイスキー

ひと昔前は、ウイスキーは大人の男が飲むもの、というイメージでしたが、近年はハイボールの流行や、テレビドラマの影響などで若い人がウイスキーを飲む機会がが増えてきましたよね。

また、糖質が低いウィスキーは、ダイエット中のひとからはビールよりも好まれているよう。かつては外国のものが多かったウイスキーも、現在では日本のメーかーから多数販売されています。

そんなウイスキー、実家の食器棚などにずっとボトルが入っている、という方もいるのでは?もう何年も置いてあるけど腐ってないのか気になったことがあるひともいるはず。ウイスキーには賞味期限ってないのでしょうか?

ウイスキーのボトルに賞味期限の記載ってあるの?

未開封のウイスキーには賞味期限はない?

実は、ウイスキーに賞味期限は存在していません。それはモルトウイスキーでもシングルモルトウイスキーでもブレンデッドでも関係なく、封を開けていなければ賞味期限は無いものと考えて大丈夫です。

食品表示法でもウイスキーに賞味期限の記載は義務づけられていません。ウイスキーなどアルコール度数の高いお酒は品質が安定しているので、記載の義務がないのです。

古いウイスキーは飲んでも大丈夫?

未開封であり、保存状況がよければ全く問題なく飲めます。ウイスキー愛好家の間では古いウイスキーほど価値が高いとされ、状態のよい年代物が人気です。古いウイスキーは高額で取引されることもあり、ワインと似たような感覚があるんですね。

コルク栓のウイスキーには注意

コルク栓のウイスキーは室温が高いところに保管していると、コルクをしっかりしめていてもウイスキーが劣化し、未開栓でも少しずつ蒸散してしまいます。最後には瓶に半分しか残っていない、なんて可能性もあるので注意しましょう。

また、保存期間が長いと、コルクの臭いがウイスキーに移ってしまう事もあります。賞味期限がないとはいえ、温度と保存期間を気にしながら保管するようにしてくださいね。

ウイスキーもワインのように熟成するの?

ウイスキーもワインのように熟成します。何年もののウイスキー、なんて聞いたことがありませんか?ですが、熟成にもそれぞれ、一番おいしい時期があり、見極めるには専門的な知識と細かい管理が必要なのです。

熟成させるといっても、そのまま放っておくだけではなく、管理や見極めができるブレンダーと呼ばれる人たちが存在します。

ブレンダーは、6年、10年、12年といったふうに一樽一樽の原酒をチェックしながらそれぞれのウイスキーのピーク時期を見極めます。その中で、まだ熟成が進む樽の原酒を見極め、18年、25年、30年ものといった長期熟成の製品が生まれます。

ウイスキーの正しい保管方法とは

ウイスキーは栓を空けた時点から劣化が始まります。ウイスキーは保管場所、空気に触れる回数や面積などによって、劣化の程度が変わってくるのです。

大切なのは、ウイスキーの香り分子を変質させず逃さない事、つまり香りや風味の質を落とさないこと。紫外線や酸素にできる限り触れないように保存しましょう。次に、ウイスキーを飲む頻度によって、異なる保存方法をご紹介します。

頻繁に飲む人は

週2~3回以上飲むという方は、自宅の中でもっとも涼しく、光の届かない場所に置いておきましょう。ウイスキーの箱は光を遮断できるように作られてる事が多いので、毎回飲んだ後は箱に入れておけば、かなりよい状態で保管が出来ます。しっかりと栓を締めるよう気を付けてくださいね。

週一回程度なら

週に1回程度しか飲まないという方も、なるべく自宅の中で涼しく、光が当たらないところで保管しておきましょう。ウイスキーと酸素が触れ合うことを避けるよう気を付けてくださいね。

また、ボトルから空気を抜くことができる、プライベート・プリザーブもおすすめです。2~3回程度、シュッと吹き込むだけでウイスキーの上にガスの層を作れるので、酸素に触れる事がなくなり、ウイスキーの劣化を抑制してくれますよ。

プライベート・プリザーブ

プライベート・プリザーブ

出典:www.amazon.co.jp

プライベート・プリザーブ ■見えない栓(ガス)でおいしく保存 [その他] [その他]

¥1780

Amazonで購入

冷蔵庫での保管はNG

涼しく暗い場所ならと、選びがちな冷蔵庫ですが、ウイスキーは冷蔵庫保管はやめましょう。ほかの食材のニオイが移ってしまうリスクもありますし、ウイスキーは冷えすぎるとおいしく飲めませんよ。あくまで常温内で極力涼しく暗いところで保管するようにしましょう。

冷凍庫保管が向いているウイスキーもある!?

ウイスキーは冷蔵庫での保管はNGということはお伝えしましたが、冷凍庫に入れてしまうほうが風味が損なわれずおいしく飲める銘柄もあるのだそうです。

それがアメリカンウイスキー、すなわちバーボンです。バーボンの風味は焦がした樽から出るポリフェノールが主で、アルコールや水分に溶け込んでいるので、蒸発と伴い風味も失われてしまいます。冷凍することで蒸発を防げるのです。

冷凍庫から取り出す際は、アルコールと水分が分離している状態ですので、いったん冷蔵庫に入れ、ゆっくり常温に戻しましょう。アルコールと水分を混ぜるため飲む前にボトルをふるのを忘れないでくださいね。

よりしっかり保存したいなら

よりしっかり保存するなら、密封するのが一番です。そこでパラフィルムというアイテムが活躍します。多くのバーなどでウイスキーやワインの保存に使用されているこのアイテム。フィルムを少し延ばしながらボトルの栓の周りに巻き付けるだけの簡単に適した保存環境をつくります。

もし長期間保存する必要がある場合には、とても便利です。ボトルの栓にフィルムをしっかり巻くだけなので、家でも簡単にトライできそうですね。

パラフィルムの使い方

▼パラフィルムをアマゾンで購入するにはこちら
パラフィルムの使い方

出典:www.amazon.co.jp

パラフィルム 2” 250Ft

¥3645

Amazonで購入

開封したウイスキーの賞味期限はどのくらい?

未開封のウイスキーに賞味期限はありませんが、やはり、一度開封してしまったらどうなるのか、気になりますよね。

開封してしまったウイスキーの賞味期限は開栓後から6~12ヶ月程度。2年、3年しても直射日光に当たるなど、よほどの悪環境でなければ腐ることはありません。しかし、開栓した時から徐々に香りは飛んでいってしまいますので、適した保存環境で保存し、開封後は1年以内に飲む方がおいしく飲めますよ。

ウイスキーをじっくり味わおう

ウイスキーの賞味期限や保存方法、いかがでしたか?長期保存ができるお酒ではありますが、やはり一番おいしい時期があるのですね。毎日飲む人、たまに飲みたくなる人によってさまざまだと思いますが、もしウィスキーを買ったら、適した場所と環境で保存して、ぜひ長くウィスキーをたのしんでくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カクテル

カクテルの中でも特に飲みやすく人気が高いカシスオレンジ。お好きな方も多いのではないでしょうか?カシスオレンジはどんなカクテルなのか、作り方、度数、カロリーなど詳しくご紹介します。ぜひご自宅でも作ってみてくださ…

カクテル

近年カクテル業界に革命が起きています。何でもロンドンやNYのバーでは「ボトルドカクテル」という新たなカクテルがトレンド化しているのだそう!今回は、東京でボトルドカクテルが楽しめるバー情報、人気の種類や飲み方な…

カクテル

ロシアで定番のお酒と言えば、ウォッカ。ビールやワインなどの醸造酒は、ロシアではお酒と思っていない人がほとんどだとか。今回は、ウォッカの基本的な飲み方、おすすめカクテル、度数などを総ガイド!お店やご自宅で楽しむ…

コーヒー まとめ

今、大きな話題になってる金魚鉢ドリンクをご存知ですか?夏になると飲みたくなるサワー、サイダー、ソーダやコーヒーが金魚鉢に入って出てくるんですよ。そのボリュームにびっくりする人続出。今回は涼感たっぷり金魚鉢ドリ…

カクテル レシピ

ギムレットというカクテルをご存知でしょうか?ジンをベースにした飲みやすいカクテルです。カクテルのネーミングには、意味や由来があります。今回は本格カクテルであるギムレットのレシピ、意味、特徴についてご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー 吉祥寺

落ち着いた雰囲気の街・吉祥寺。意外にも夜はおしゃれで個性豊かなバーが沢山あるんですよ。今回は一人でも入れる吉祥寺のバーを、プロのバーテンダーである村田紘子が厳選してご紹介します。自分の行きつけのバーをぜひ、見…

パン 菓子パン おやつ

静岡県の方にはおなじみの、ソウルフードとも言われている人気の菓子パンをご存知ですか?その名も「のっぽパン」。キリンのイラストがトレードマークの細長い菓子パンです。なぜそんなに静岡県民から愛されているのか、その…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る