ローディング中

Loading...

たまごかけご飯をはじめ、出汁巻きやオムライスなど、何かとたまご料理が大好きな日本人。しかし、商品やお店によって「卵」と表記されているものもあれば「玉子」と書かれていたりなど、バラバラですよね。これらはいったい何が違うのでしょうか。

卵と玉子は違う?

日本語には同じように使用し、読み方も同じであるのにも関わらず、別の漢字を使うといった言葉がいくつか存在します。その代表的なもののひとつが「卵」と「玉子」ではないでしょうか。

お店や商品によって「卵」と書かれているものもあれば、「玉子」と表記することもあったり……いったいこれらには明確な基準があるのでしょうか。

今回は、誰しもが一度は疑問に思ったことがあるであろう、「卵」と「玉子」の違いについてご説明いたします。また、同じく多くの人が悩む「赤卵」と「白卵」の違いについても徹底的にご紹介しますよ。

これを読めばきっとあなたも「たまご」の使い分けができるようになるでしょう。

「卵」とはどういうもの?

どのような状態のものを「卵」と表記するかは諸説ありますが、一般的には生物学的な意味でのたまごを「卵」と表記することが多いのだそうです。

つまり、動物のたまごなど、子孫を残すためのものであって、このあと孵化して成長していく生き物に関しては「卵」と示すのだとか。「ウミガメのたまご」や「蝶のたまご」などが分かりやすい例ですね。

さらに、調理前のたまごを「卵」とする説もあるようで、それに従えば、食用であってもたまごかけご飯や生たまごなど、生の状態で食べるものに関しては「卵」と表記することになりますね。

じゃあ「玉子」とは?

生物学的な意味合いや調理前のたまごを「卵」と表記するのに対し、「玉子」は食用を目的としたものを指すことが一般的です。

そもそも「玉子」と言うのはもともと使われていた漢字ではなく当て字だそうで、「宝石のように優れていて美しく丸いもの」というところから名前がつけられたようです。

また、一文字づつにも意味があり、
・た…「妙(たえ)なる」(価値の高いもの)
・ま…「丸」
・こ(ご)…「愛称」
という説もあるようです。

確かに女優やモデルの肌を「たまごのようにきれい」と言ったり、かたちが整った赤ちゃんの頭を「きれいなたまご形」など、優れた状態を表す褒めことばとしてよく使用されていますよね。

けっきょく「卵」と「玉子」の違いは何?

「卵」と「玉子」の違いについてご説明しました。なんとなく違いは分かったものの、諸説あるため、明確な基準は?と聞かれると答えにくいですよね。

分かりやすくまとめると、

「卵」…生物学的な意味合いや生もの(調理前)、生まれたままの姿
「玉子」…食材としての意味合いや調理済みのもの、にわとりのたまご


となります。つまり、同じ鳥類であっても野生の鳥のたまごは「卵」、スーパーで並んでいるたまごは「玉子」と言うことになりますね。

また、にわとりのたまごは食用にされることが大半なことから、にわとりのたまごを「玉子」、それ以外の生物のたまごを「卵」と分類する場合もあります。さらに、生まれたままの姿を「卵」、調理したものを「玉子」と区別することもあるようです。

とは言え、例外やお店・商品によってこの基準も違っており、難しいところではありますが、一般的には「生物学的な意味か食用か」「調理前か調理後か」「にわとりかそれ以外の動物か」の3つが判断基準となっているようですので、参考にしてみてくださいね。

「卵焼き」は間違い?

それでは、よく見る「卵焼き」という表記は間違いなのでしょうか。

結論から言えば、「卵焼き」という表記は間違いではありません。現にNHK放送文化研究所では、「卵焼き」という表記をおすすめしているようです。レシピとしてみれば、原材料の“卵”を“焼く”わけですから、「卵焼き」という表記にも納得できますよね。

ただ、レシピサイトなどでは料理として「玉子焼き」という表記もよく見かけます。ぱっと文字を見たときに、こちらのほうがやわらかそうに見える、しっくりくるという方も多くいるようですね。

「温泉卵」は間違い?

「たまご」とつく料理名はまだまだあります。とろりとした食感が魅力的な「温泉卵」。この表記は間違いだと思いますか?火を通しているため「温泉玉子」の方が正しいのでしょうか。

グーグルの検索結果によると、「温泉玉子」よりも「温泉卵」のほうが圧倒的に多いという結果に。一般的に多く使用されているのは「温泉卵」であるということがわかりますね。生に近い状態だから「温泉卵」だ、なんて意見もあるようです。
なかなか明確にすることは難しそうです。

赤卵と白卵の違い

「卵」と「玉子」の違いについてご説明しましたが、たまご関連でもうひとつ疑問に思うのが「赤卵」と「白卵」の違いではないでしょうか。

最近ではビタミンEなどの栄養成分がぎゅっと凝縮されたたまごも販売されていますよね。そのようなたまごは値段も高いことから、なんとなく「赤卵の方が栄養価が高くて体にいい」「赤卵の方がおいしい」と思っている方も多いようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

結論から言うと、赤卵も白卵も栄養面での違いはありません。赤卵の方がおいしいと感じるのも値段が高いからそのように感じるだけであって、赤卵の方が質がよいということも一切ないのです。

なんで赤卵の方が高いの?

まずご説明しておきたいのは、そもそも殻の色は鶏の種類が関係しているということです。一般的に白卵を産む鶏は羽が白や淡色で耳たぶも白く、赤卵を産むにわとりは羽が赤茶色や黒色で耳たぶが赤い鶏とされています。

赤卵の方が白卵よりも値段が高いということについては、赤卵を産むにわとりの方が白卵を産むにわとりに比べてエサを食べる量が多く、エサ代がかかっているからだと言われています。

農家や会社によって差はあるものの、一般的にはどちらの鶏も同じエサで育てられています。生産者にとっては白卵を産む鶏の方が飼育コストもかからないため、価格も下げられるので効率的ではあるのですが、店頭に並んだ際の価格の違いによって私たち消費者は「赤卵の方が栄養価が高い」「赤卵の方がおいしい」と思い込んでしまっていたのですね。

にわとり以外の卵の場合は?

一般的に、にわとりのたまごは「玉子」と表記するとご説明してきましたが、ほかの動物や魚の場合はどのように表記するのでしょうか。

たとえば、同じ鳥類の仲間でもうずらの場合はたとえ食用でも「うずらの卵」と表記するのが一般的とされています。「うずらの卵の水煮」などメニュー名も「卵」表記が多いですね。

そして魚類の卵に関しては、調理済みであっても「玉子」とは表記せず、「卵」とするそうです。「ししゃもの卵」とはいいますが、「ししゃもの玉子」とはほとんどいいません。なんだか日本語って奥が深く、難しいですね。

由来や意味を知るとその食材のありがたみが分かる!

「卵」と「玉子」の表記の違いや、赤卵と白卵の差、いかがでしたか。普段私たちが何気なく使っている表記方法など、日本語はとても奥が深く、掘り下げていくとその発祥はかなり昔にまでさかのぼることが多々あります。また、普段そうだと思い込んでいることも実は勘違いだったと言うこともよくありますよね。

栄養価が高く、私たちの食生活に欠かすことができないたまご。同じようにいただくのでも、その意味や由来を知るとよりいっそうありがたみが感じられますよね。

このような知識を得ることは人生をより豊かにしてくれます。日々の食事をありがたい気持ちでいただきたいものですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ アレンジレシピ プリン まとめ

表面はカリカリ、中はとろけるような濃厚さあるクレームブリュレ。スイーツのなかでも人気がありますよね。今回は、本格的な基本レシピやアレンジ、またバーナーなしでも作れるレシピをご紹介します。プロ並みの味にチャレン…

まとめ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、卵黄を劇的においしくする漬けワザをご紹介!漬けるだけでいいので手間なしカンタン!料理が苦手なあなたや面倒くさがりなあなたでも、あっという間に作れちゃいますよ!

ナス

年中食べることができ、色々なメニューで大活躍するなすの保存方法せっかくならばおいしい状態を一日でも長く保ちたいですよね。今回は、なすの長期保存方法から選び方、おいしいレシピまで、たっぷりとご紹介します。

焼きそば コロッケ レシピ

炭水化物とコロッケは相性◎。じゃがいもはもちろん、お米を使ったコロッケもおいしいですよね。そこで今回は、焼きそばを使ったコロッケのレシピをご紹介!糖質・脂質の多い料理ではありますが、これがごはんとよく合って&…

レシピ

健康や美容効果が高く、女性を中心に人気の豆乳。ですが、賞味期限が意外と短いのが難点です。そもそも豆乳は賞味期限を過ぎるともう飲めないのでしょうか。保存方法や、おすすめの活用法は?今回は、注目の食材、豆乳につい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考に…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 韓国料理 食べ歩き アジア料理

海外旅行が好きな方、食べることが好きな方、ぜひご注目を!このたびmacaroniでは、「DeNAトラベル」の協力を得て、韓国「明洞屋台」&台湾「夜市」の2大食べ歩きエリアを特派員として取材してきてくださる記者…

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

高知

「皿鉢料理」(さわちりょうり)と聞いてすぐにイメージできますか?高知県の郷土料理である皿鉢料理は宴会にぴったりの大皿料理です。どんな料理?基本の作り方は?高知で有名なおいしい皿鉢料理が食べられるお店も合わせて…

レシピ トマト カクテル

みなさんはレッドアイというカクテルをご存知ですか?レッドアイとは、トマトジュースとビールを混ぜ合わせて作られたカクテルのことです。今回は、魅惑たっぷりなレッドアイや、その他トマトジュースを使ったカクテルについ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...