ローディング中

Loading...

海の宝石・桜エビ。目がないという人も多いと思いますが、その旬がいつかご存知ですか?よりおいしい桜エビを食べたいと思うなら、これはもう必須の知識。この記事を読んでしっかり覚えて、駿河湾で獲れる旨みたっぷりの桜エビを思い切り堪能してください。

桜エビの旬はいつでしょう

国内ではほぼ静岡の駿河湾でしか獲れない「海の宝石」桜エビ。かき揚げに炊き込みごはん、パスタなど、桜エビをいれるだけで格段においしくなる料理は多いですね。

さて、そんな桜エビですが、その旬がいつか、ご存知の人はどれくらいいるでしょうか。通年売られているようで、時期によっては鮮度の高いものを手にいれることが極めて難しいこの人気食材。今回は、その旬についてお伝えしたいと思います。

桜エビの旬は年2回

じつは、国内の桜エビ水揚げ量のほぼ100%が静岡県の駿河湾。漁の解禁は3月下旬~6月上旬までの春漁と、10月下旬~12月下旬の秋漁の計2回。桜エビの繁殖期にあたる6月11日~9月30日までは資源保護のため禁漁。冬期はエビが深海にいるため休漁です。年間、わずか40日ほどしか漁を行うことはできません。

漁業権が認められている由比港と大井川港は、漁の解禁と同時に活気であふれます。水揚げされた桜エビは、加工業者に買い取られ、天日干しや釜揚げ、生エビの急速冷凍品に加工されて全国に出荷されます。「駿河湾桜えび」と「由井桜えび」いう商標が登録され、地域ブランドとして経済を支えるまでに成長しています。

旬の桜エビはすごくおいしい

水揚げされた桜エビは、魚港から直送されて天日干しに。日光に当たることによって、香り、風味や甘みが強くなっていきます。 由井港に水揚げされたエビは、蒲原の富士川河川敷で天日干しされるため、桜えびで赤色に染まった河川敷とそこから見える富士山が、地域の名所となっています。

桜エビを釜揚げするときは、2~3%の食塩を入れた大釜の熱湯で茹でることで、コクや旨みを加わえます。桜エビのかき揚げは生の桜エビに野菜を混ぜあわせて、衣を少なめにしてカラっと揚げてあります。サクッとした食感と、桜エビの香りと甘さが引き立ちます。

桜エビの旬にはお祭りが開催される

由比港では、毎年5月3日に「由比桜えびまつり」を開催しています。当日はおよそ7万の人出があり、由比漁港内にはいろいろなお店が所狭しと並びます。桜エビ・かき揚げ・しらすの魚介や地酒など、地元の食材も販売されます。

もちろんその場でも食べられます。桜エビのかき揚げ、桜エビのかき揚げそばや桜エビの焼きそばなどが人気。毎年、桜エビやシラスの無料配布も実施されています。さらに、桜エビ漁船の体験乗船も行われています。天気がよければ船から富士山が見えるかもしれません。

そもそも桜エビとは

桜エビは、深海の中層を群れで遊泳するサクラエビ科に属する小さなエビです。体は透明ですが、甲殻に赤い色素をもっているため、桜色に見えます。これが桜エビという名前の由来ですが、美しい姿は海の宝石とも呼ばれます。

産卵期は夏で、主な産卵水域は富士川の河口、田子の浦から由比沖にかけて。1ヶ月くらいで稚エビとなり、1年ほどで成熟し親エビとなって産卵します。稚エビの間はケイ藻類などの植物プランクトンを、成長するにつれて動物プランクトンを餌とするようになります。

駿河湾のほか、遠州灘、相模湾、東京湾でも生息しています。駿河湾は沿岸部から急峻に深くなるため、深海生物の桜エビがプランクトンが多く発生する大井川、安倍川や富士川の河口付近に集まりやすいといえます。

桜エビは偶然から食べられるようになった

駿河湾での桜エビ漁業のはじまりは、それほど古いことではありません。1894年、富士川河口の沖にアジの船曳き漁に出かけた由比の漁師が網を浮かせる浮樽を流してしまい、網が深く沈んでしまいました。ところが、それを引き上げてみると、桜エビが一石(180リットル)余りも入っていたのです。

それ以来、桜エビが深いところに群れていることが知られ、由比や蒲原で漁が行われるようになったといわれています。

しかも光る?

桜エビの体長さはわずかに4~5cmですが、体の表面に約160個のの発光体をもち、青く光りながら泳ぐことが知られています。研究者は海面近くに上昇したとき、下の敵から影が見えないようにしているのではないかと推測しています。今後、発光の仕組みが解明されると期待されます。

桜エビは日本近海だけでなく、台湾でも生息が確認されています。台湾の東方沖や西南沖です。花殻仔と呼び、漁業の対象になって、日本にも輸出されています。不思議なことに、駿河湾産に比べると甘みや旨みが落ちるそうです。

駿河湾の桜エビは約160の発光器官をもっていますが、台湾産は100前後しかありません。糖度計で測ってみても、駿河湾産のほうが甘いことが証明されているようです。

いつか桜エビが食べられなくなる?

桜エビは、かなり前から資源量の限界が近づいていると推定され、1980年代から年間の漁獲量を取り決め、夏の水温測定や産卵の調査を行って資源保護に努めてきました。その甲斐あって、2000年ごろまでは例年並みの魚獲高を維持できましたが、近年は漁獲高が落ち込む傾向にあります。

漁具や漁法が近代化しても漁獲能力が向上するだけで、資源回復には結びつきません。漁協では漁業者の水揚げ金額を均等にするプール制を導入するなど管理型漁業を推進しています。関係者の努力に期待しましょう。

河川の源流・山林の保護は大切

駿河湾は水深が深く、沿岸から急峻な地形で、日本列島の代表する山脈を源とする河川が注ぎ込んでいます。本来、深海中層に生息する桜エビが河口に繁殖するプランクトンを求めて上ってきているのではないかというのが専門家の見解とか。

だとすると、山が桜エビを育んでいるといえなくもありません。河川の源流の自然保護・山林保護は遠回りかもしれませんが、回りまわって桜エビの資源保護につながるのではないでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カレー

カレーに入れる人参の切り方は千差万別です。好みのよるもので正解というものはないのかもしれません。レシピによって切り方も様々。人参の切り方一つで、カレーの味も変わってくるかもしれませんね。今回は、切り方による違…

二子玉川 フルーツ

青果専門店ならではのこだわりの果物を使ったタルト&フレッシュジュース専門店「旬果フルーツガーデン」が、二子玉川ライズ S.C. 二子玉川 東急フードショーにオープン。新鮮で高品質な果物が使用されたタルトがズラ…

ランチ 恵比寿

アトレ恵比寿西館8F シーフードレストラン「シロノニワ」のランチメニューがリニューアル!旬のシーフードと野菜のバランスが絶妙なラインナップです♩屋上「空中花園」を眺めながら、ゆっくりシーフードランチを楽しんで…

ランチ 北海道 まとめ 海鮮丼

豊かな食材を有する北の大地・北海道。その中心・札幌には、おすすめランチのお店がたくさんあります。ここでは札幌でランチが人気のお店を20店舗ご紹介。バイキングのお店や安くておいしいお店、個室があるお店や海鮮がお…

まとめ

「ホムパのトリセツ」第3回となる今回は、ずぼらな人の強いミカタ!そのままドーンと並べるだけでフォトジェニックな食卓になるおしゃれな調理器具を7つご紹介します。見た目がいいだけでなく、実用的!入手と同時にホムパ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

金沢 カフェ

石川県金沢市の「フルオブビーンズ」は築100年越えの古民家を改装したおしゃれなカフェ。靴を脱いでゆったりくつろぎながら、能登の食材を使ったおいしい料理やスイーツを楽しむことができる人気のスポットです。

銀座 ランチ

「銀座 KOSO(コウソウ)」は、東京都中央区で生肉を許可された最初のお店で、絶品高級生肉をとことん堪能できます。特に人気な「牛トロ重」は、ここでしか食べられない絶品料理です。ランチタイムだとお得に絶品生肉が…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る