ローディング中

Loading...

寒い時期になるとスーパーに並び出す、ししゃも。特に子持ちししゃもなんかは、そのまま焼いてまるごと食べるのが好き、という方も多いですよね。でも、じつはそのししゃもは偽物かもしれません!あなたの食べたそのししゃも、本当に本物ですか?

そのししゃも、偽物かも

毎年無性にししゃもが食べたくなる時期があります。焼き立ての子持ちししゃもはふっくらしていておいしいですよね。スーパーでも1パック安い時は200円ほどの安価で売っているので、食べたくなったら気軽に食べられるから買おうと思うでしょう。

しかし実は、その安いししゃもは偽物かもしれません。本物のししゃもはもっと味がよく高価なのです。

ししゃもとは

本当のシシャモは回遊魚で、キュウリウオ目キュウリウオ科の仲間でシシャモ属になります。成魚になったときの体長はだいたい10~13cm程度ですが、大きいものになると16cmを超えます。スーパーでよく見かけるので世界中どこでもとれると思いがちですが、本当のシシャモは世界でも北海道の太平洋沿岸の一部でしかとれず、漁獲時期も10~11月と短いのです。

北海道有払郡むかわ町を代表する魚で、ここでは毎年ししゃもに関する催し物が開かれているので、お近くに住んでいる方は一度本物のししゃもを味わってみて下さい。

ししゃもの年間漁獲量

お店でよく見かけるシシャモは全国で見かけるだけあってその漁獲量は多く年間200万トンを超えます。

一方本物のシシャモは日本でも一部しかとれず、また漁獲時期も限られているため漁獲量は1,000~1,500トンの間を毎年推移しています。一時期は絶滅の危険も危ぶまれていたほどに少ないのです。

その特異性から、北海道のレッドデータブックでは保護を擁する野生生物に認定されています。

名前の由来

シシャモは漢字で「柳葉魚」と書きます。語源はアイヌ語から来ているようです。

アイヌのシシャモに関する伝説は色々あります。有名なものでは、「人間の食べるものがなく飢えに苦しんでいたところ、アイヌの神様が柳の葉を魚に変えて分け与えた」という説や、「アイヌの娘が病気で弱っている父親のために川で祈ったら、空から柳の葉が川に落ちてきて魚に変わった」という説もあります。

本当かどうか今では確かめるすべがありませんが、アイヌにおけるししゃもとは、神様が分けてくれた神聖な食べ物だったのです。

手近なししゃもをよく見てみよう

本場の人がみると全国のスーパーで売っている偽ししゃもとの違いが一目瞭然だそうです。特に子持ちししゃものサイズになると大きさに差があります。

偽物のししゃもは産卵をするための餌を探す時期に獲るため脂肪分が多く、本物はその時期には収穫しないため偽物と比べ脂肪が少なく痩せているのが特徴的です。

あの“ししゃも”の正体は

全国のスーパーで見かけるししゃもは別名カラフトシシャモ(英名:カペリン)と言います。同じキュウリウオ目キュウリウオ科の魚ですが、シシャモ属ではなくカラフトシシャモ属です。収穫地域は北太平洋と北大西洋なのでとても広く、漁獲量も本物とは段違いに多いです。不思議なことに本物のシシャモがとれる北海道沿岸ではあまり見かけません。

通常体長のサイズは本物と比べてあまり変化は見られません。口や目が本物と比べて小さく後ろにある脂びれは大きくなっています。また産卵期になると本物は全身が黒ずむのに対し、カラフトシシャモはそのような変化は見られず、全体的に青みを帯びたままです。

本物と偽物の違い

味・価格差がすごい

やはり本物と偽物を比べると、育ってきた環境の原因もあって味は本物のほうが数段上で、食感はふっくらしており、風味にも違いがあります。

本物シシャモはオスを好きな人が多いです。というのも、産卵期のメスは栄養を卵に持っていかれてしまうためです。オスは卵がないので、身が引き締まっていて味に旨味があるのです。メスも卵に栄養がある分卵の味は甘くておいしいので、好きなひとにとっては好みかもしれません。純粋に魚の味が好きな方はオスを好む傾向にあります。

値段もかなり違っていて、カラフトシシャモは1パック数百円で売っているのに対し、本物はオス10匹セットで1,000~2000円、メスになると10匹3,000~4,000円もします。それだけ貴重な魚ということでしょう。

本物のししゃもを食べるには

本物のししゃもは漁獲時期がとても短く、10月~11月の2ヶ月間のみです。加えて時期によっても味が変わるので、飽きることがありません。漁獲の前半はまだメスの卵も未成熟なので脂もあり身も引き締まっています。中盤になると脂が抜けて徐々に産卵体勢に入っていくため、卵も多く身も甘くなっています。後半だと身の脂はぬけて栄養は卵に詰まっているので甘くておいしい卵が食べられます。

本物のししゃもを食べたい方は、漁獲時期に北海道のむかわ町へ行ってみて下さい。珍しいししゃもの握り寿司も食べることができます。また通販でも購入できるため、遠くて行けない方はこちらも検討してみましょう。

ししゃもを使ったお料理レシピ

ししゃもを焼く

ここからはししゃもを使ったレシピを紹介します。まずはシンプルにししゃもを焼くところからです。材料は酒・醤油・ししゃもになります。酒と醤油を混ぜたものにししゃもを浸けて冷蔵庫に1時間以上寝かせます。この下処理をしておくと生ぐささも消えて食べやすくなるのです。そのあとフライパンで焼けば完成です。

ししゃもの唐揚げ

ししゃもは焼いてもいいですが、揚げてもおいしいです。材料はししゃも・酒・レモン汁・片栗粉を用意します。まずししゃもを酒とレモン汁を入れたポリ袋の中に入れて軽く揉み込みます。そのあとキッチンペーパーで余分な水分をふきとって片栗粉をまぶし揚げましょう。油ハネの危険があるため水分の拭き取りを忘れずにして下さい。

ししゃものマリネ

ししゃもを使ったマリネもさっぱりしていておいしいですよ。材料はししゃも・酢・塩・砂糖・たまねぎを用意しましょう。まず酢・塩・砂糖を混ぜて甘酢を作ります。たまねぎはスライスして塩で揉み氷水にさらして下さい。ししゃもをグリルで揚げたらたまねぎと一緒に甘酢につけて冷蔵庫に入れましょう。保存もきくので誰か来たときにも出せるひと品です。

おわりに

スーパーで買うししゃもも安くてそれなりにおいしいのですが、本物があると聞いてびっくりですよね。

しかも希少なので時期を選ばないとなかなか食べることもできません。通販では購入もできるので、本物が気になる方はぜひ一度購入をしてみて下さい。味の違いに驚くはずです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

みなさん「赤西貝」という貝はご存知ですか?お寿司屋さんのネタとしても使われているのですが、じつはサザエの代役として使われていることも多いんだそうです。今回はそんな「赤西貝」について、さばき方やおすすめの食べ方…

寿司

日本人にはお馴染みの魚、「鮭」。読み方にも「サケ」と「シャケ」のふた通りあり、川で生まれて海で育ち、また川に戻って産卵をするという不思議な生態の魚です。ここでは、そんな不思議な魚、鮭の謎に迫っていきたいと思い…

レシピ

ヒラメとカレイ、見分けることはできますか?「左ヒラメの右カレイ」なんて古い言葉を信用してはいけません。両魚を見極めるには、もっとよく見る必要があるのです……。では、どこをチェックす…

黄金色に輝くイクラがあるのをご存知ですか?『嵐にしやがれ』などの人気番組で紹介され、注目を集めている逸品です。11月の販売開始から1カ月以内に売り切れることもある人気なんですよ。黄金イクラを食べられるお店や、…

干し柿って、トロトロと甘くておいしいですよね。しかし、いざ食べようと思ったらカビが生えていた……!なんて経験、ありませんか?今回は、カビが生えた干し柿の見分け方や、その対処法、カビ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れ…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

ほっと一息つきたいときに飲みたくなるスターバックスのコーヒー。そんな癒しに満ちたあの味、家庭でも味わえるってご存知ですか?今回は、多彩にそろったスターバックスの家庭用コーヒーをみんながどんな風に楽しんでいるの…

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

大阪 パン 関西 食パン

関西で病院やホテル、喫茶店にパンを卸している「オリエンタルベーカリー」。いくつか工場直売店があり、おいしいパンが安くゲットできると人気なんです。どんなパンがあるのか、各直売店についても紹介します。パン好きの方…

三軒茶屋 カレー インド

三軒茶屋にある本格的なインドカレー屋さん「シバカリー ワラ(shiva curry wara)」。スパイシーで香り豊かなカレーは多彩なメニューを味わえるプレートランチをはじめ、ディナーでも行列のできる人気店で…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...