ローディング中

Loading...

たまに、「わたし食べても太らないんだよね」という人に出会うことはありませんか?特に女性の方にとっては、すこしシビアな問題ですよね。どうせなら、自分もそんな体質になりたいもの。今回は、「食べても太らない体質」についてお話しいたします。

食べても太らないって、そんなのあり?

女性であれば、日々気になる体重の増減。たった1kgでも増えてしまっただけで、気になってしまう人も多いですよね。そんなに食べてないのに、昨日の夜は夕飯を控えたのに、なんで体重が増えてるの?そんなストレスに毎日悩まされている人もいるかもしれません。

同じような生活をしているのに、友達は太らなくて自分はどうして太ってしまうんだろう?夜に一緒にラーメンを食べたあの子は、どうしてあんなにスリムなんだろう?体重が増えてしまう人の頭には、そんな疑問がいっぱいうずまいているのではないでしょうか。

でも、実際に世の中には食べても太りにくい人が存在します。なぜ同じように食べていても太りにくい人がいるのか?その疑問について、今日は調べてみました。

なぜ食べても太らない人がいるの?

同じ内容や量を食べているのに、なぜ食べても太らない人がいるのでしょう。
しばしば友達と食事に行ったり、同僚の方と夜の食事に頻繁に行っている人でも、スマートな体型を維持している人がいますよね。

自分もそれと同様、むしろそれよりも少ないくらいの食事の内容であるにも関わらず、なぜか自分だけは太っていき、彼らは変わらない体型を維持している……不公平さを感じながら、やはり不思議でなりませんよね。

原因はいろいろあるらしい

これには、実はさまざまな要因があって、食事だけの問題ではない場合があるんです。例えば、食事の量は一緒だけれど、それ以外の時間の運動量が自分よりも彼らが上回っていれば、消費カロリーは多くなるというわけです。

そもそも太る理由にはどんなことがあるんでしょう?そのメカニズムはいたって単純です。1日あたりの消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っていれば、毎日少しずつ体重は増えていってしまいます。

なので、先ほど少し触れたように、摂取カロリーが自分と他人で一緒であっても、消費カロリーが違えば、それぞれで太る人と太らない人、双方の結果が違ってきます。さらに、次では食べても太らない原因について紹介していきたいと思います。

食べても太らない原因は?

体質による問題

まずひとつめに「体質による違い」というのがあります。1日の消費カロリーとは、動くことによって消費するカロリーと、もともとの体質が持っている基礎代謝による消費カロリーがあります。

この体質が本来もっている基礎代謝に、個人差があるのです。基礎代謝とは、毎日呼吸をしているだけで消費するカロリー。これが人によって100kcal違うと、その人は100kcal消費しやすい体質というわけです。基礎代謝が高くなる理由には、筋肉の量があり、これは体質による違いになります。

胃下垂

太りにくい別の理由としては、「胃下垂」(いかすい)も考えられます。胃下垂は、胃に消化中の食べ物が留まってしまい、栄養の吸収など、太る原因となる小腸への食べ物の移動が遅くなる状況をつくります。そのため胃下垂の方は太りにくいと言われることが多いんですね。

骨格や噛み合わせ

骨格の違いも、太るか太らないかの理由に関係すると言われています。骨格が歪んでいると筋肉の質が悪くなり筋力が低下し、消化するための機能を妨げている可能性があります。それによって消化がしづらい状況になり、栄養が行き渡らなくなることで、太らなくなっている可能性もありますす。

また、噛み合わせが悪いと、咀嚼が少ないまま直接食べ物が胃へ入ってしまい、胃の消化に負担をかけてしまいます。その結果、胃の働きが弱くなって栄養が行き渡らなくなってしまい、結果として太らないことに繋がっているのです。

もしかして病気かも

上記の理由以外で食べても太らないのであれば、病気かもと疑ったほうがよいかもしれません。胃下垂も病気のひとつですので、安易に考えずに、一度医療機関を受診して自分の食事スタイルを相談してみるのがおすすめです。

でも大半の人は食べたら太る

さまざまな理由があって太りにくい人がいるとはいっても、基本的には食べたら太るのが一般的。現代の平均的な食事内容は、朝食が500kcal、昼食、夕食はどちらも700kcalくらいと言われているので、1日で考えると、だいたい普通に生活している人であれば、2000kcalくらいは摂取しているのです。

でも、やはりなんとか食べても太らない方法はないものでしょうか。次からはそれについて見ていきたいと思います。

食べても太らない方法は?

痩せるホルモンというのがあるのをご存知でしょうか?
痩せるホルモンは、「GLP-1」といって、これが多く分泌されることで、満腹中枢を刺激し、少量でも満腹に感じさせてくれるのです。

この「GLP-1」を増やすためには、「乳酸菌」を摂取することがおすすめ。乳酸菌を多く含む、ヨーグルトや漬物を食べると、痩せるホルモンの増加につながります。

食べても太らない時間帯は?

食べても太らない時間とは「朝」や「昼」
太る原因は、体の中で消化していない状態で睡眠に入ることがあげられますので、「食べてすぐ寝る」、この行動が最も太りやすいと言えます。朝や昼など、運動量が多く、食べたもののエネルギを消費できる時間帯には食べても太りにくいといえます。

食事や間食は、眠る前の最低3時間前までには済ませるとよいでしょう。

食べても太らない食べ物って?

もし、食べても太らない食べ物があったら知りたいですよね。しかし、残念ながらカロリーがある以上、エネルギーの摂取からは逃れられません。

脂肪の多い食べ物や、糖質の多い炭水化物以外の食べ物を中心に食べるとよいでしょう。腹持ちがよく、太りにくい食べ物としては豆腐製品や、大豆食品、海藻類やこんにゃくなどがおすすめです。

食べても太らない体質になりたい

食事も注意しなければいけませんが、まずは体質を改善することで基礎代謝を上げて、毎日の消費カロリーを増やすことが必要です。消費カロリーが増えると、摂取カロリーも増やして良いということ。

そのためには、筋トレをして筋肉量を増やすことが重要なのです。

まとめ

食べても太らないって理想ですよね。さらにその要因が病気なのでなく、自分のもっている体質であれば、されに魅力的ですよね。太らないためにすることの順番としては、まずは「食べるものを見直す」ことを始めて、それと同時に「筋肉量を増やして基礎代謝をあげる」ことを続けてくださいね。

何事も継続なので、続けていくことで体質は変わっていき、食事メニューは慣れてきます。
まさに「継続は力なり」なのです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

日本人の国民食ともなっている「梅干し」ですが、しょっぱすぎるときは塩抜きがおすすめです。梅干しの塩抜きをする方法はいくつかありますが、今回は特においしく食べられる方法とコツをご紹介します。ぜひ試してみてくださ…

レシピ

サラダにもおいしい玉ねぎですが、そのままじゃ辛くて食べれなかったりしませんか?玉ねぎの辛味抜きのおすすめの方法をご紹介します。生の玉ねぎの辛味を上手に抜けば、サラダの他、マリネや和え物もおいしく作れます。時短…

レシピ まとめ

年中スーパーで売っている人気のエリンギ。食物繊維が豊富で低カロリーなのと、コリコリとした食感が特徴ですよね。今回は、パスタや炒めもの、スープなどいろいろな簡単レシピを紹介します。エリンギの持つ風味や旨味を味わ…

アボカド レシピ

今回ご紹介するのは、レンジで簡単に作れる簡単&ヘルシーなレシピ「アボカド鶏ハム」のレシピです。使う具材は、アボカド、鶏むね肉、パプリカなので、ダイエット中の方でも気軽に食べられますよ♩ほんのり香るごま…

アメリカ

アメリカ発の食べられるカップ「ビオデガーカップ」はご存知ですか?そのままバリバリかじってもよし、食べきれなくても土に埋めれば自然に還るそうですよ。一体なにでできているのでしょうか?今回は、素材から販売中のフレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

とうもろこし

夏に旬を迎える、甘くておいしい「とうもろこし」。そのまま焼いて食べたり、スープにしていただいたり、いろんな食べ方がありますよね。そんなとうもろこしには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか?その効能や、体に…

まとめ

最近テレビで取り上げられて話題を集めている「きび酢」。ダイエットや美容、アンチエイジング効果にすぐれているだけでなく、一部地域でしか作られないため、幻のお酢でもあります。今回は、きび酢の効果、飲み方、おすすめ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る