ローディング中

Loading...

みんな「とりあえずビール」って言うけれど、ビールって正直まずいよね……そんな風に思っている人はいませんか?一体ビールのどこがおいしいのか、どうしたらおいしく飲めるようになるのか。この記事を読めばあなたもきっとビール党になるはずです!

ビール、まずいですか?

ビールが好きな方も多い一方で、ビールはまずいと思っている人も中にはいると思います。おそらくそういう方は、みんなで飲みに行った時の最初の一杯にビールを頼まない方だと思います。

ビールがまずいと思っている方は、もしかしたら美味しいビールや、ビールの美味しさを感じる機会が無かったのかもしれませんね。今日はビールのおいしさを紹介していきたいと思います。

ビールのおいしさとは

そんなビールがまずいと感じている方に、ビールがおいしいと思っている方の目線で、どういうところにおいしさ・魅力を感じるのか紹介していきたいと思います。

苦味がいい

もしかしたら、ビールがまずいと思っている方の多くはこのビールの「苦味」が好きではない方もいるかもしれません。しかし、ビールをおいしいと思っている人はこの「苦味がいい」と感じている方が多いです。

炭酸に似た感覚もありますが、ビール特有の後味が好きで飲んでいる方が多いのも事実です。

のどごしがいい

これがなんといってもビール好きの方の理由ではないでしょうか。そうです。「のどごし」です。特に暑い夏場などで、喉が渇ききった状態のときにビールが喉を通ったときの「のどごし」はたまりません。

ビールを注いだときのあの「シュワシュワ泡」がそのまま喉を通るときにおいしさを感じるのです。

食事との相性

これもビールが美味しく感じる理由ですね。水やジュースみたいにビールだけで飲むということはまず少ないと思います。食事もたくさんの種類がありますが、ビールはおつまみなどの少ない量から、唐揚げは焼き飯などの量が多い食事のときの両方に合うのです。

特に相性の良い食事といえば、「焼き肉」「唐揚げ」「餃子」「ポテトチップス」「チーズ」などあげていくとたくさんあって書ききれません。特に脂物との相性が良いため、ビールが食欲をさらに増進させるかもしれませんね。

最初はみんなビールは苦手

今までビールの美味しさに触れてきましたが、ビールがまずいと感じている方にとっては、まずいものはまずいと思ってしまいますよね。しかし、そんな方の多くが初めてビールを飲んだだけで決めてませんか。

確かにビールは初めて飲んだときはあの「苦味」が苦手になる人が多いです。しかし、飲んでいくにつれてだんだんあの「苦味」をおいしく感じられるようになってくるのです。そうです。これには慣れも大事なのです。

なので、初めて飲んだ一度きりのイメージで、ビールがまずいと思ってしまっているのであれば、もったいないと思います。ぜひ、二度三度飲んでから決めてみてください。

ビールをおいしく飲むコツは

キンキンに冷やして飲む

ここからはビールをよりおいしく飲むための方法を紹介していきたいと思います。まず一つめは「キンキンに冷やして飲む」ことです。基本的にはビールは5℃以下にはされていますが、方法としては、ビールジョッキもキンキンに冷やしておくことです。

さらに今ではアサヒから「マイナス2度」のビールとして「エキストラコールド」という商品も販売されています。これはもう「キンキン」を超えて「ギンギン」に冷えてるといってもいいです。美味しいです。

ゴクゴク飲んでのどごしを感じる

もう一つの方法としては、ビールの良さはなんといっても「のどごし」なので、それを感じるには「チビチビ飲む」のではなく、「ゴクゴク」と気持ちよく、勢いよく飲んでのどごしを感じましょう。

シャンディガフなどで風味に慣れる

ビールのみの味が苦手であれば、カクテルなどと割って飲むことで、飲みやすくなります。ビール風味に慣れてもらうために、ビールをメインとした「フルーツビール」「サワービール」「ビールカクテル」を飲んでみましょう。

海外ビールの飲みやすいものを試す

日本で製造されたビールは、日本人に合わせて作られており、ビール特有の「苦味」を出す製法となっています。実は海外のビールはこの「苦味」があまりメインとなっておらず、飲みやすいビールが多いです。その中でもおすすめは「南国系の薄いビール」「ホワイトビール」が良いと思います。

とにかくひんぱんに飲む

先ほども少し触れましたが、ビールの苦味が慣れてくると、美味しさに変化してくるので、とにかくひんぱんにビールを飲んでください。外食するときの1杯目はビールを注文するように心がけるのもいいかもしれません。

ただ、ビールを飲むといっても、飲みすぎには注意してくださいね。適量が1番楽しく、美味しく飲むことができます。1日350mlを2本くらいまでにすることをおすすめします。
飲みすぎることによって、せっかくの美味しいビールが飲めない体になってしまうこともあります。

また、ビールにはいろんな種類があり、それぞれ飲みやすさも違うため、たくさんの種類を試してみて、自分に合ったビールを見つめるのもいいかもしれませんね。

ビールがおいしいと食事もおいしい!

ビール好きの方は男性が多いですが、女性の方も最近ではビアガーデンなども開かれていて、多くの方がビール片手に飲んでいますよね。20歳を超えて初めてビールを飲んで、まずいと感じた方も、紹介した方法を試してみて、ビール好きの一員になると、食事をするのも今以上に美味しく感じることができますよ。

ぜひ、適度な量を飲み続けて、のどごしを感じてもらい、ビール好きが増えることを願っています。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

日本酒 おつまみ レシピ まとめ

日本酒といえばオジサンが飲むお酒…そんなイメージはもう昔のことですね。「Sake」として海外での評価も高く、外国人やワイン好き女子の間でも人気急上昇中の日本酒。そんな日本酒に絶対合う、おいしいおつまみのレシピ…

カクテル

近年カクテル業界に革命が起きています。何でもロンドンやNYのバーでは「ボトルドカクテル」という新たなカクテルがトレンド化しているのだそう!今回は、東京でボトルドカクテルが楽しめるバー情報、人気の種類や飲み方な…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

カクテルの王様「マティーニ」。今回は、ご家庭での作り方をお教えします。材料やレシピを覚えておけば、いつでも好きなときに自分好みのマティーニを楽しめますよ。気になる度数や飲み方もまとめているので、チェックしてお…

カクテル

「口の中で作るサイドカー」と呼ばれるカクテル、ニコラシカ。見た目はグラスが帽子をかぶったようにカワイイですが、実はお酒の強い人向けのハードボイルドなカクテルです。ニコラシカの飲み方、作り方、味の特徴などを詳し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

まとめ

食欲が減る色といえば青。青色の食べ物の画像を見れば、自然と食欲が減っていくんだとか。食欲をどうしても抑えられないという方には、朗報ですよね!青い食べ物をまとめたので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださ…

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

きゅうり アレンジレシピ レシピ まとめ

和食やおつまみの定番であるきゅうりの酢の物。ちょっとした箸休めにちょうど良いおかずですが、毎回同じレシピになっていませんか?定番おかずから少し食材や調味料を変えてアレンジをすることで、レシピの幅がぐっと広がり…

吉祥寺 カフェ ランチ

吉祥寺にあるカフェ「クワランカカフェ」をご存知でしょうか?まるで古民家のような店内には、都会の喧騒を遠く感じるおだやかな空気が流れます。木のぬくもりあふれる店内でのんびりとお食事やお茶を味わってみませんか?

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る