ローディング中

Loading...

多くの人に愛される「マヨネーズ」。さまざまな料理に使える万能調味料ですが、賞味期限が切れてしまうということも少なくないのでは?マヨネーズの賞味期限は未開封と開封後どのくらいなのか、また手作りの場合、保存方法についてご紹介します!

万能調味料「マヨネーズ」

マヨネーズは万能の調味料としてたくさんの人に重宝されていますよね。洋食にはもちろん、和食の料理にも使えます。しかし、一人暮らしの方などは使い切れずに放置してしまうことも多いのではないでしょうか。そんなときに気になるのが、賞味期限ですよね。今回は、そんなマヨネーズの賞味期限について詳しく紹介していきたいと思います。

マヨネーズの賞味期限

マヨネーズはほとんどの方がスーパーなどで売られている市販のものを使っていますよね。メーカーとしてはキユーピーが有名なのではないでしょうか。

市販で販売しているマヨネーズの賞味期限は「約10~12ヶ月」と記載されています。マヨネーズの保存方法は、常温と書かれていますので、開封前であれば太陽の当たらない場所に保管しておきましょう。開封してしまったら、もちろん冷蔵庫で保存するようにしてくださいね。

マヨネーズの賞味期限が長い理由って?

マヨネーズの賞味期限は、「どうして約1年間という長い期間があるのか」と気になると思います。ほとんど知られていませんが、マヨネーズに使用できる原材料は、JAS規格で決められており、保存料を入れることができないのです。

そのため、マヨネーズは保存料を使用していない調味料なんですよ。保存料を使っていないのに、なぜ、1年間も賞味期限があるのか不思議ですよね。さらに原材料は卵を使っているのにも関わらず。

マヨネーズはお酢と塩が入っており、その2つが融合することで天然の殺菌効果を発揮するのです。これが実は驚異的な殺菌効果があり、サルモネラ菌の発生も防ぐことができるといいます。そのため、マヨネーズは腐りにくいんですよ。

調理したものはすぐ食べること

マヨネーズはチューブのままであれば殺菌効果があるのですが、チューブから出して調理に使用してしまうと、空気に触れて防腐効果は弱まってしまうので、早く食べるようにしてください。サラダなどでマヨネーズを使用して、そのまま残しておくと腐敗が進んでいくので気をつけましょう。

ただし、手作りは早く使い切る

ほとんどの人がマヨネーズはチューブ型で市販のものを購入することが多いのですが、手作りすることも出来ます。同じようにお酢と塩を使ってマヨネーズを手作りするのですが、市販と同じように賞味期限は続きません。そのため、手作りのマヨネーズは早く使い切るように心がけましょう。

傷んだマヨネーズの見分け方

マヨネーズのラベルには、開封後は1ヶ月以内に食べてくださいと書かれています。いわゆる賞味期限というものですね。賞味期限を過ぎても食べることはできるのですが、実は食べないほうがよい状態があります。

マヨネーズはやわらかい固体をしているのですが、液状になっている状態の場合は、マヨネーズが傷んでいるので使用するのを止めたほうがいいですよ。

マヨネーズの保存方法

開封前なら常温保存でOK

マヨネーズの正しい保存方法を紹介していきます。まず開封前の買ったそのままの状態であれば「常温保存」で大丈夫です。

開封後は冷蔵庫へ

続いて開封後を紹介します。開封後は密閉されず空気に触れてしまう可能性もあるので、それを少しでも防ぐために「冷蔵庫」で保存をしましょう。

冷凍庫での保存はNG

これはあまりしている人はいませんが、「冷凍庫の保存はNG」となっています。冷凍庫で保存すると解凍した時に液状になりやすく、マヨネーズとして使い物にならなくなるので注意しましょう。

マヨネーズ使い切りレシピ

マヨラー必見!マヨ玉とろりんスパ

マヨネーズを使い切るならこれ!卵を使ったマヨサラダとスパゲッティーのコラボレシピです。細かく潰したゆで卵とたっぷりのマヨネーズを和えたものをパスタに絡めます。卵黄も加えて混ぜたら完成。カロリーが少々気になるところですが、マヨラーにはたまらないひと品ですね。

白菜のおひたしマヨ和え

こちらは「あとひと品足りない!」というとき、おつまみにもぴったりなレシピ。茹でた白菜をマヨネーズと醤油、白胡麻に和えるだけで完成!さっぱりとしているのにコクのある逸品ですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

電子レンジで簡単!ナスマヨ

まずは、ナスを食べやすい大きさに切って水につけておきます。水切りをしたら、マヨネーズとかつお節をたっぷりとかけて、レンジでチンしましょう。小口ねぎを海苔をお好みでふりかけたら完成!

おわりに

「マヨラー」という人たちがいるほど、日本で愛されているマヨネーズ。さまざまな料理に使える万能調味料なので、重宝しますよね。なので、これだけ賞味期限があるというのは、うれしいことです。ただ、マヨネーズを手作りしたときや市販品を開封したあとは、マヨネーズの状態を見て食べられるかを判断していきましょう。また、保存方法も改めて注目してみてください。もし、マヨネーズの賞味期限が迫って、大量に消費したいときは、今回ご紹介したレシピを活用してくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

炊きたてのお米はとてもおいしく、気持ちも満足させてくれます。しかし、いつもと同じ水加減でもお米によって硬さが変わりますよね。今回は、お米と水の割合、さらに手や指を使った計量テクなど、米の水加減に迫ります!

カレー マヨネーズ 調味料

ご家庭によっていつもの味が定着しているカレー。ちょい足し調味料の中でもマヨネーズを使う人、少なくないようです。でも、実際、カレーにマヨネーズってあり?なし?今回は、カレーのマヨネーズレシピも合わせてご紹介しま…

バター 調味料

レシピを見ると「バター大さじ1」という量。これって何グラムかご存じですか?バターで固形だし、計量器で計るのも面倒……そんな人、必見!バター大さじ1杯や小さじ1杯のグラム数、計量器が…

日々の料理に欠かせないフライパン。皆さんはフライパンの寿命について考えたことがありますか。テフロンと鉄で寿命はどれくらい違う?今回は、フライパンの寿命や長持ちのコツ、フライパンを選ぶ際のポイントなどについてま…

お弁当

たくさん炊いたご飯は冷凍する家庭も多いでしょう。一度冷凍したご飯をお弁当に使うことはできるのでしょうか?固さや香りが気になるから使わない、という方は必見!上手く保存解凍すると冷凍ご飯をお弁当に使うことができる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなって使えなくなる事が多いですが、ここに紹介する方法では野菜、果物共、通常よりかなり長く良い状態で保存する事が出来ます。お財布にも優しいのは言うまでもありませんね。早速実践して…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

東京

10月2日に木場公園にて開催される「東京ビーガングルメ祭り」。日本全国のおしゃれでグルメなベジタリアン・オーガニックフードが集まる祭典です。まずはお祭りの前に、行きたいオーガニックカフェやマクロビレストランを…

スイーツ まとめ

おやつでやせる?そんな夢のような「グミダイエット」。よく噛む効果で脂肪を分解・燃焼させたり、コラーゲンたっぷりなので美肌作用まで期待できるという仕組みです。そんなグミダイエットの効果、具体的なやり方、注意点を…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...