ローディング中

Loading...

多くの人に愛される「マヨネーズ」。さまざまな料理に使える万能調味料ですが、賞味期限が切れてしまうということも少なくないのでは?マヨネーズの賞味期限は未開封と開封後どのくらいなのか、また手作りの場合、保存方法についてご紹介します!

万能調味料「マヨネーズ」

マヨネーズは万能の調味料としてたくさんの人に重宝されていますよね。洋食にはもちろん、和食の料理にも使えます。しかし、一人暮らしの方などは使い切れずに放置してしまうことも多いのではないでしょうか。そんなときに気になるのが、賞味期限ですよね。今回は、そんなマヨネーズの賞味期限について詳しく紹介していきたいと思います。

マヨネーズの賞味期限

マヨネーズはほとんどの方がスーパーなどで売られている市販のものを使っていますよね。メーカーとしてはキユーピーが有名なのではないでしょうか。

市販で販売しているマヨネーズの賞味期限は「約10~12ヶ月」と記載されています。マヨネーズの保存方法は、常温と書かれていますので、開封前であれば太陽の当たらない場所に保管しておきましょう。開封してしまったら、もちろん冷蔵庫で保存するようにしてくださいね。

マヨネーズの賞味期限が長い理由って?

マヨネーズの賞味期限は、「どうして約1年間という長い期間があるのか」と気になると思います。ほとんど知られていませんが、マヨネーズに使用できる原材料は、JAS規格で決められており、保存料を入れることができないのです。

そのため、マヨネーズは保存料を使用していない調味料なんですよ。保存料を使っていないのに、なぜ、1年間も賞味期限があるのか不思議ですよね。さらに原材料は卵を使っているのにも関わらず。

マヨネーズはお酢と塩が入っており、その2つが融合することで天然の殺菌効果を発揮するのです。これが実は驚異的な殺菌効果があり、サルモネラ菌の発生も防ぐことができるといいます。そのため、マヨネーズは腐りにくいんですよ。

調理したものはすぐ食べること

マヨネーズはチューブのままであれば殺菌効果があるのですが、チューブから出して調理に使用してしまうと、空気に触れて防腐効果は弱まってしまうので、早く食べるようにしてください。サラダなどでマヨネーズを使用して、そのまま残しておくと腐敗が進んでいくので気をつけましょう。

ただし、手作りは早く使い切る

ほとんどの人がマヨネーズはチューブ型で市販のものを購入することが多いのですが、手作りすることも出来ます。同じようにお酢と塩を使ってマヨネーズを手作りするのですが、市販と同じように賞味期限は続きません。そのため、手作りのマヨネーズは早く使い切るように心がけましょう。

傷んだマヨネーズの見分け方

マヨネーズのラベルには、開封後は1ヶ月以内に食べてくださいと書かれています。いわゆる賞味期限というものですね。賞味期限を過ぎても食べることはできるのですが、実は食べないほうがよい状態があります。

マヨネーズはやわらかい固体をしているのですが、液状になっている状態の場合は、マヨネーズが傷んでいるので使用するのを止めたほうがいいですよ。

マヨネーズの保存方法

開封前なら常温保存でOK

マヨネーズの正しい保存方法を紹介していきます。まず開封前の買ったそのままの状態であれば「常温保存」で大丈夫です。

開封後は冷蔵庫へ

続いて開封後を紹介します。開封後は密閉されず空気に触れてしまう可能性もあるので、それを少しでも防ぐために「冷蔵庫」で保存をしましょう。

冷凍庫での保存はNG

これはあまりしている人はいませんが、「冷凍庫の保存はNG」となっています。冷凍庫で保存すると解凍した時に液状になりやすく、マヨネーズとして使い物にならなくなるので注意しましょう。

マヨネーズ使い切りレシピ

マヨラー必見!マヨ玉とろりんスパ

マヨネーズを使い切るならこれ!卵を使ったマヨサラダとスパゲッティーのコラボレシピです。細かく潰したゆで卵とたっぷりのマヨネーズを和えたものをパスタに絡めます。卵黄も加えて混ぜたら完成。カロリーが少々気になるところですが、マヨラーにはたまらないひと品ですね。

白菜のおひたしマヨ和え

こちらは「あとひと品足りない!」というとき、おつまみにもぴったりなレシピ。茹でた白菜をマヨネーズと醤油、白胡麻に和えるだけで完成!さっぱりとしているのにコクのある逸品ですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

電子レンジで簡単!ナスマヨ

まずは、ナスを食べやすい大きさに切って水につけておきます。水切りをしたら、マヨネーズとかつお節をたっぷりとかけて、レンジでチンしましょう。小口ねぎを海苔をお好みでふりかけたら完成!

おわりに

「マヨラー」という人たちがいるほど、日本で愛されているマヨネーズ。さまざまな料理に使える万能調味料なので、重宝しますよね。なので、これだけ賞味期限があるというのは、うれしいことです。ただ、マヨネーズを手作りしたときや市販品を開封したあとは、マヨネーズの状態を見て食べられるかを判断していきましょう。また、保存方法も改めて注目してみてください。もし、マヨネーズの賞味期限が迫って、大量に消費したいときは、今回ご紹介したレシピを活用してくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

じゃがいも

ジャガイモを大量に購入した時、みなさんはどのように保存していますか?常備しておきたい食材だからこそ正しい保存方法で、保存期間を長くしたいですよね!常温保存、冷蔵保存、冷凍保存の方法別に保存方法をご紹介していき…

和食 まとめ

手巻き寿司の具って、いつも定番のものに落ち着きませんか?じつは、肉や野菜はもとより、変わり種の具が一杯あるんですよ!今回は、手巻き寿司の具について、定番から変わり種まで、おすすめを20品ピックアップしてみまし…

カレー

カレーに入れる人参の切り方は千差万別です。好みのよるもので正解というものはないのかもしれません。レシピによって切り方も様々。人参の切り方一つで、カレーの味も変わってくるかもしれませんね。今回は、切り方による違…

焼きそば たこ焼き マヨネーズ

ユニークな味のカップ焼そばを次々と発表している明星食品から、一平ちゃん「たこ焼味」が新発売!あるようでなかったその味わいが、SNSでも大きな話題となっています。たこはないけどたこ焼味?はたしてどんな味なのか。…

ナス

ナスの保存方法ってご存じですか?ナスを少しでも長持ちさせる保存の仕方は冷凍?冷蔵?今回は、ナスの保存方法について詳しくご紹介します。ナスの保存期間を上手に延ばして、料理に活用しましょう!ぜひ参考にしてください…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

じゃがいも

セブンイレブンのホットスナックコーナーにある「いももち」。これは地域限定で販売されています。中にチーズが入ったハンドサイズのお惣菜!北海道産男爵いもを使ったもちもちの生地の中に、なめらかな濃厚チーズが入ってい…

埼玉 ランチ スイーツ カフェ

埼玉県与野本町にある自然派食堂カフェの「たねの木」は、無農薬、無肥料で作られた素材で、手間をかけて丁寧に作られたお料理がいただけます。口コミで人気が広がりランチは満席!テイクアウトもやっていたり、ワークショッ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る