ローディング中

Loading...

カラスミは高級食材。お土産としてもらってから冷蔵庫に入れっぱなしにしている……なんて人がよくいますが、ちゃんと食べなきゃ本当にもったいないと思います。食べ方を知り、そのおいしさを覚えたら、いくらあっても足りなくなること受け合いですよ。

カラスミの食べ方知ってる?

みなさんは「カラスミ」という食べ物をご存知でしょうか?聞いたことはあるけど、見たことや食べたことはない、という方も多いのでは。

カラスミは、ボラやサワラ、サバなどの卵巣を塩漬けして塩抜きしたあと、天日干しして乾燥させた珍味です。江戸時代から「肥前国のカラスミ」は、「越前国のウニ」「三河国のコノワタ」とともに日本の三大珍味と呼ばれていました。

台湾ではとてもポピュラーな食べ物で、たくさんの専門店があります。高級品でお土産でいただくこともあるカラスミですが、食べ方がいまいちよくわからないという理由で冷蔵庫に入れっぱなし……なんて残念な話もよく聞きます。

この機会に、ぜひカラスミのおいしい食べ方を覚えましょう。

カラスミの食べ方

カラスミには薄皮がついています。薄皮をむいたほうが口当たりがいいので、食べる前に下処理をしましょう。

カラスミを真空パックから取り出し、水かお酒にひたします。カラスミの塩分が気になる人は長めに水につけると塩分も抜けるので、試してみてください。薄皮がふやけたら指でそっとはがし、キッチンペーパーで水気を切れば下処理の完了です。

パックから出したカラスミはできるだけ早く食べましょう。

スライスしてそのまま食べる

一番シンプルな食べ方です。塩分が効いているので、薄くスライスするだけでよい酒肴になります。

炙る

軽く炙ると香ばしくなります。網やフライパン、トースターで、表面の色が少し変わるくらい炙りましょう。

炒める

濃厚な味わいが特徴のカラスミは、炒め物に少量加えるだけで風味が格段にアップします。ブロッコリーやきのこなどをソテーして、最後にカラスミを加えればできあがり。パスタとも相性がよく、ワインによく合う一皿になりますよ。

カラスミを使ったレシピ

カラスミには濃厚な味と香りがあり、ごはんやパスタなどの穀類や野菜と相性抜群です。いつもの料理にちょっとカラスミを加えれば、ワンランク上の一品に仕上がります。

なお、火を通すときは長時間加熱しないこと。火を入れ過ぎるとパサついて、味が落ちてしまいます。パスタやリゾットに加える時は一番最後に入れましょう。

1. カラスミ和風オイルパスタ

イタリアではカラスミをボッタルガといい、パスタの具材によく使われます。そんなわけで、パスタとカラスミの相性はぴったり!和風にしてもとってもおいしく仕上がりますよ。

パスタを茹でている間にフライパンでオイルを熱してからにんにくを入れて香りを出し、しいたけ、えのき、ねぎを炒めて味付け。茹で上がったパスタをフライパンに移して具材と合わせ、最後に細かく切ったカラスミをかけてできあがり!

オイルでじっくりにんにくに熱をとおして香りを出すと、よりおいしく仕上がると思います。

2. カラスミ大根

用意するものはカラスミと大根のふたつ。カラスミを縦に薄くスライスして、スライサーで薄切りにした大根をカラスミの大きさに合わせてカットしましょう。あとは大根でカラスミをはさむだけ!

簡単なのに驚くほどお酒がすすむ、飲んべえにぴったりな一品です。

3. カラスミ餅

まずは薄皮をむいたカラスミを好みの厚さにスライス。つきたてのお餅を2等分して台に置き、綿棒で丸く伸ばします。1枚の上に薄切りにしたカラスミを並べたら、もう1枚でサンド。次に、並べたカラスミを切り分けるような感じで長方形に切り分けてください。カラスミを間にはさんだ長方形のお餅が複数できあがります。

食べるときは、グリルかオーブントースターで両面に軽く焦げ目がつくまで焼きましょう。お好みで海苔を巻いたりしょう油を塗ったりしてもおいしいですよ。

4. ジャガイモとカラスミのココットカマン

こちらもお酒に合うひと品。熱がとおってとろ〜りとしたカマンベールがじゃがいもに絡み、カラスミがいいアクセントになります。

作り方は簡単で、ココットにカマンベールチーズ、賽の目切りしたじゃがいも、おろし金ですったカラスミを入れ、オーブンかトースターで焼き上げればOK。最後に好みのハーブをちらして、熱々のうちにいただきましょう。

5. プチトマトとカラスミのサラダ

ビタミンカラーがきれいで見栄えのいい、パーティーにもおすすめの一品です♩

赤、黄・オレンジのミニトマトを用意して、半分に切ってお皿の上に。コロンと転がっちゃうなら、底を薄くカットしておくと安定します。ミニトマトにオリーブオイルを回しかけ、軽くフルールドセルをふってから、カラスミをおろし金ですって上からかけてください。

仕上げにイタリアンパセリを乗せるとさらに彩りがよくなるとのこと。

6. イカゲソのカラスミかけ

さらに、こちらもお酒のつまみにピッタリな料理です。しかも恐ろしいくらい簡単で手間いらず!

イカゲソをグリルで焼いて、器に置いて塩をふってからオリーブオイルを回しかけ、その上にすったカラスミをふりかけるだけ。

お好みでレモンを絞るとまた違った味わいに!

7. カラスミ蕎麦

お蕎麦にカラスミを絡めると、より濃厚な旨みを楽しめるひと品に仕上がります。

蕎麦は茹でてから冷水でしめ、水気を切っておきましょう。それをお皿に盛ったら、日本酒と麺つゆを混ぜたもので和え、上からカラスミをすってください。お好みで卵黄を乗せるのもおすすめ。

日本酒の代わりにヘベス(カボスのような柑橘系の果物)の果汁を使ったアレンジもぜひ試してみてください。

8. カラスミとブロッコリーのペペロンチーノ

パスタ好きにおすすめしたいのがこのレシピ。いつものペペロンチーノにカラスミを加えるだけで、まるで違った料理になります。

具材はシンプルに、茹でたブロッコリーだけ。フライパンにオリーブオイルとニンニク、鷹の爪を入れて香りを出したら、ブロッコリーを入れて味をつけ、茹で上がったパスタと茹で汁、カラスミを加えて和えれば完成。

お皿に盛ったらもう一度カラスミをすって上からかけると見た目もよくなります。

9. カラスミ入りのいり卵

アツアツのごはんにかけていただきたいのがこちらの料理。

カラスミをビニール袋に入れ、綿棒で叩いて細かくほぐしておきます。ほぐしたカラスミをとき卵に加えて調味料を混ぜたら、中火にかけたフライパンに流し込み、ホロホロになるまで炒りましょう。

あとはそれを茶碗によそったごはんに乗せて、卵の甘さとカラスミの香りを楽しんでください。

10. カラスミと大葉の玄米おにぎり

カラスミをたっぷりと使って作る贅沢おにぎり!

カラスミは薄皮をはいでからグリルかトースターで表面を焼き、手でほぐしておきます。大葉は細かくちぎり、玄米を炊いておいてください。

具材全部を混ぜ合わせたら、三角ににぎればできあがりっ!カラスミの塩分だけで十分なはずですが、塩気が足りないと感じるようなら手塩でにぎって調整しましょう。

11. 水菜とカラスミサラダ

水菜を切って冷水にさらしてから水気を取り、ボウルの中へ。おろしたカラスミ、フライドオニオン、ポン酢しょう油、ごま油をボウルに加え、和えてください。あとはお皿に盛るだけ。

水菜のしゃっきりとした歯ごたえとカラスミの旨み、ごま油の香りが食欲をそそる、前菜にぴったりなひと品です。

おわりに

いかがでしたか?高級珍味のカラスミはそのまま食べても、色々な食材と組み合わせてもおいしくいただくことができます。下処理も簡単なので、お酒のおつまみに、メイン料理のトッピングに、手に入った場合は色々な楽しみ方をしてみてください。

万能な高級食材を冷蔵庫に寝かせておいてはもったいないですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ホットドリンク チョコレート まとめ

スタバと言えば様々なドリンクが楽しめるカフェとして有名ですよね。メニューのまま注文してもいいけれど、カスタマイズするとより美味しく飲めることも。そこで今回は、抹茶やチョコレート、ココアなどおすすめカスタマイズ…

鶏肉 カレー スープ スープカレー まとめ

おいしくて、タンパク質やコラーゲンなどを含む手羽元。下処理が難しそう…と思われがちですが、コツをおさえればとっても簡単。今回は、ポトフやスープカレーなど人気のレシピを紹介していきます。煮込んでホ…

レシピ 豚肉 トマト まとめ

ケチャップの味はどこか懐かしく、人気の味付けですよね。豚肉をケチャップで味付けたポークケチャップは、お食事でもお弁当でも楽しめる料理です。今回は、簡単にできるポークケチャップといろんな食材と組み合わせたアレン…

いちご フルーツ まとめ

甘酸っぱい真っ赤なイチゴは、おとなも子供も大好物!海外からの観光客にも大人気のイチゴ狩りは、遠出しなくても意外と近場で楽しむことが出来るんです。関東でのおすすめのスポットや、いちご狩りのシーズンなど、イチゴ狩…

おしゃれ まとめ

みなさんは、「ティーストレーナー」という道具を使ったことがありますか?いわゆる「茶こし」のことなのですが、今スタイリッシュに進化を遂げているんです!今回は、気になる使い方と、ぜひともおすすめしたい商品15選を…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

寿司 まとめ アレンジレシピ

キャラクターや動物を模した巻き寿司「デコずし」がとてもかわいかったのでご紹介します!キャラ弁ブームの影で密かに各家庭で作られていた「デコずし」はお弁当や節分の恵方巻きにもピッタリ♫厳選した「10」個のアイデア…

レシピ コロッケ まとめ

フライパンやオーブンで焼く、揚げないコロッケ(焼きコロッケ)は油で揚げない分、低カロリーで食べられるということで、注目されています。今回は、野菜をいっぱい使った揚げないコロッケのレシピを集めてみました。ぜひご…

レシピ サラダ まとめ

豆苗はエンドウのスプラウト(発芽新芽)です。袋をよく見て!ここから切ってね!という点線があるんです。その点線に沿って切った後お水につけておけばもう一度収穫ができるんですよ!一袋で二度オイシイ♡豆苗とレシピの紹…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

台湾 韓国料理 食べ歩き アジア料理

海外旅行が好きな方、食べることが好きな方、ぜひご注目を!このたびmacaroniでは、「DeNAトラベル」の協力を得て、韓国「明洞屋台」&台湾「夜市」の2大食べ歩きエリアを特派員として取材してきてくださる記者…

ドリンク カフェ

スターバックスでのオーダーって、いちいちドリンク名が長すぎて、まるで呪文のよう。あれこれカスタマイズしてみると、何から先にいうべきか混乱してしまいます。そこで自分が飲みたいドリンクを、恐れずに召喚するための呪…

お菓子 ケーキ レシピ

フランスのウエディングケーキとして定番の「クロカンブッシュ」。見た目がかわいいだけでなく、シューのひとつひとつにいろんな願いが込められた縁起物です。そんなかわいくてたまらないクロカンブッシュのいろいろなアイデ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...