ローディング中

Loading...

ヒラメとカレイ、見分けることはできますか?「左ヒラメの右カレイ」なんて古い言葉を信用してはいけません。両魚を見極めるには、もっとよく見る必要があるのです……。では、どこをチェックすればいいのか、そのポイントをお教えしたいと思います。

ヒラメとカレイを見極めるコツは

ヒラメとカレイは非常に似ている魚として有名ですね。色や大きさなどがほとんど一緒であるため、目の位置が左右どちらにあるのかで見極める魚でもあります。「左ヒラメの右カレイ」と言う言葉、料理をしない人でも耳には残っているんじゃありませんか?

ところで、疑問に思ったことはありませんか?本当にヒラメとカレイ」の見分け方は目の位置なのでしょうか。今回は、このふたつの魚を誤りなく見極めるコツと、おいしく調理する方法をご紹介していきます。

「左ヒラメの右カレイ」は間違い?

「ヒラメ」と「カレイ」を見極める方法として、目の位置を見ながら「左ヒラメの右カレイ」と見分けていた人、多いのではないでしょうか。一般的にカレイ類は体の右側に眼をもつ右側眼、ヒラメは左側眼であるともいわれています。

ですが、実のところあれは日本限定の見分けかた。例えばアメリカの西海岸で獲れるカレイには左に顔があるものが全体の50%近くもいます。万国共通ではないのです。

では、どうやってヒラメとカレイを確認したらいいのか。大丈夫、方法はちゃんと存在します。

ヒラメとカレイの違い

ヒラメとカレイを見極める方法としておすすめしたいのは、口の形、歯の形、目の出方の3点を見ること。

ヒラメは左側に目があり、への字口、歯が大きいのが特徴です。カレイは右側に目があり、おちょぼ口、歯が小さいのが特徴です。

ヒラメが高級魚なのはなぜ?

ヒラメとカレイを比べると、ヒラメの方が高級というイメージをもっている方は多いと思います。実際、漁獲量を見ても、ヒラメはカレイの1/20程度しか漁獲されておらず、天然のヒラメは幻の魚と言われているほどの希少ぶり。

また肉質を比べても、ヒラメはカレイよりも顎が強く筋肉質であるため身が引き締まっており、心地よい食べ応えを感じることができます。

ヒラメ料理のおすすめレシピ

ヒラメのえんがわのマリネ

まずはたまねぎをみじん切りにして、薄切りにしたヒラメの魚肉と混ぜ合わせてください。そこにレモン汁、塩コショウを加えてしっかりと和え、冷蔵庫で1晩寝かせます。

食べる前に冷蔵庫から出して、ラディッシュや大根のつま、ミニトマトなどを盛り付けたら完成。ヒラメのこりこりとした食感をシンプルに味わうことができるひと品ですよ。

ヒラメの昆布じめ

平目の身に塩を振り、しばらくおいておきます。バットに酢を入れ、塩をふって水分がでた平目を酢で洗うように漬けて、またしばらくおいてください。

昆布は水でふき、巻ける程度までやわらかくなったら平目をのせ、端から巻いていきます。
巻き終わったらラップにくるみ、冷蔵庫で寝かせてください。

食べる前につまと一緒に盛りつけて、柚子胡椒を添えたら完成です。寝かすほど、身がもっちりとしておいしくなるので、少なくとも6時間以上は食べずに我慢してくださいね。

ヒラメ(白身魚)のフリット

サクサクに揚げたヒラメに甘酢あんをかけていただく料理。本来淡白なヒラメの旨みを食感のよい衣の中に詰めこんじゃいましょう。

まずはヒラメの切り身を食べやすい大きさに切り分けて、下味をつけてからこしをきった卵白に漬けておきましょう。だし汁、みりん、しょう油を合わせてからしょうがを加え、片栗粉でとろみをつけ、ごま油で香りも加えます。

ヒラメの身に小麦粉をつけて揚げ、油を切ってからお皿の上に。最後にあんをかけ、お好みで三つ葉やねぎをちらしましょう。

ヒラメのムニエル

ヒラメの切り身(アラでもOK)に塩こしょうをして満遍なく小麦粉をまぶし、オリーブオイルを入れたフライパンで両面を焼いてください。一度火を消してバターとレモンを加えて絡めたら、お皿に移してフライパンに残ったバターとレモンのソースをかければ完成。

焼く前にヒラメにまぶした小麦粉をポンポンとはたいておくと、ムラなくきれいに焼きあがります。

ヒラメのカルパッチョ

グレープフルーツやオレンジの果肉とフルーツソースが淡白なヒラメと絡まって、絶妙なおいしさに!ヒラメを楽しみながらビタミンCも補給できる、おいしくてヘルシーなひと品です。

刺身用のヒラメを削ぐように薄切りすると、表面積が大きくなってソースとよく絡みますよ。また、オレンジやグレープフルーツの皮を剥くときは、薄皮も残らないように厚めにすると、俄然食感がよくなります!

カレイ料理のおすすめレシピ

カレイの煮付け

用意すべきカレイは2切れ。水、しょう油、砂糖、みりん、酒、しょうがを合わせたものをフライパンで煮立たせたら、カレイに切り込みを入れ、その面を上にしてフライパンに投入してください。あとは落としぶたをして、ときどきカレイに煮汁をかけつつ10分ほど煮込めばできあがり。

付け合わせがほしいなら、小カブや青菜をカレイと一緒に煮込み、味を染み込ませてからお皿に添えるのがおすすめ。煮崩れの原因となるので、煮ているときはカレイの身にふれないよう注意してくださいね。

カレイのから揚げ

カレイはから揚げにしてもおいしい魚なんですよ!淡白な白身の味わいとサクッとした衣の旨みは相性ばっちりです。

カレイは5枚おろしにして、味だけでなくアラも食べやすい大きさに。下味は、身は塩こしょうとニンニク、アラは塩こしょうだけでOKです。揚げるときは身からはじめ、アラはあとからじっくりと。アラの方には揚がったあとで柚子をふると、さらに風味が際立つとのこと。

カレイのムニエル

こちらはカレイのムニエル。しっかりと下味をつければソースがなくても十分おいしくいただけます。

焼く前に身に小麦粉をまぶし、バターを熱したフライパンで焼き上げてください。火加減は弱火から中火で、片面5分で裏返し。両面に焼き色がつき、仲間で火がとおったら完成です。

付け合わせにはミニトマトのマリネとアスパラのソテーがおすすめとのこと。

まとめ

ヒラメとカレイの見極めは目の位置だけではむずかしいという事実、わかっていただけたでしょうか。実際に両魚を見分けるには、「口の形」「歯の形」「目の出方」の3点をよく見る必要があります。

スーパーや魚屋でヒラメとカレイを見かけたら、どちらがどちらなのか、よく見てみるようにすると、だんだんひと目で見分けられるようになりますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

オートミール レシピ

オートミールをご存じですか?シリアルの食べ方とは少し違うオートミール。実はスイーツとしても食事としても食べられる健康的な食べ物です。オートミールについての詳しい内容と、おすすめの簡単でおいしい食べ方とレシピを…

レシピ

ガチャガチャクッキーやスイカクッキーなど、インスタを中心にキュートなクッキーが人気を集めていますよね。梅雨時期に注目のデコクッキーは、傘クッキーです。一見難しそうに見えますが、作り方は実はカンタン。ここではそ…

お弁当 レシピ

そろそろあちこちで花火大会が話題になる季節になってきました。そんな夏の風物詩、花火をモチーフにした花火弁当をご存知でしょうか。今回は、お弁当箱の中で打ち上がる花火とはどんなものなのか、その詳細や作り方、アレン…

レシピ まとめ

今日は生姜焼きにしよう!と決めても、なんだか献立が物足りない……なんて経験ありませんか?残りのメニューは何にしよう?と困ってしまうこともしばしば。そんな時にオススメの、生姜焼きによく合う汁物や副菜、主菜などを…

ごぼう サラダ レシピ マヨネーズ まとめ

初夏に旬を迎える新ごぼうは、柔らかく上品な味わいが魅力です。食物繊維が豊富に含まれているので、女性はたくさん食べたい野菜の1つです。今回は、ごぼうを使った人気のサラダレシピを20選ご紹介します。作り方も簡単な…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

お土産 東京 専門店 フィナンシェ 丸の内

東京駅セントラルストリート銘菓紀行内に、フィナンシェ専門店「東京フィナンシェ ~金のバターと銀の砂糖~」がオープンしました。メープルお菓子の専門店「ザ・メープルマニア」、ブラウニー専門店「東京ブラウニー」など…

コーヒー イタリアン

エスプレッソはミルクや砂糖が入っていないイメージから、苦いためコーヒー好きの間でも敬遠されていることもあるかもしれません。しかし、本場イタリアのエスプレッソは意外と甘いんだとか。一体どんな飲み方をしているので…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る