ローディング中

Loading...

寒くなると恋しくなるもの……皆それぞれにあると思いますが、焚き火にあたりたくなるという人も多いのでは。暖をとるために焚き火をするなら、料理をしなきゃもったいない!焚き火の火力があれば、家の中では作れないおいしいものができるんです。

焚き火を使って料理をしよう

気温の低い季節になると、焚き火の温かさが身にしみますね。薪や落ち葉を燃やして火を囲む時間には、日常では得られないような穏やかさがあるように思います。

さて、せっかく焚き火をするのであれば、その火を使わない手はありません!焚き火の火力を利用すれば、本当にいろいろな料理を作ることができるんですよ。

というわけで、今回は焚き火の仕方と、焚き火を利用して作る絶品料理のご紹介です。

まずは焚き火づくり。そのコツ

まずは焚き火をつくりましょう。バーベキューなどで炭の火おこしに苦戦した経験から、むずかしいというイメージを持っている人が結構いますが、コツさえ覚えれば簡単です。

手順1

太い薪や炭にライターで直接火をつけようとしても、思うようにはなりません。まずは着火材や新聞紙、落ち葉など燃えやすいものと、えんぴつくらいの細さのものから大人の腕くらいの太さのものまで、いろいろな太さの枝、薪を用意してください。

もし近くに松ぼっくりが落ちているなら、とてもよく燃え上がりますので、火おこしに利用しましょう。

手順2

焚きつけ用の新聞紙や枯葉中心に置きましょう。新聞紙を使うならくしゃくしゃにしたものを広げて軽く丸めておくと、火がつきやすく、その後じっくりと燃えてくれます。

次に、鉛筆くらいの太さの薪を焚きつけに寄りかからせるようにしながら、丸く放射線状になるよう組んでいきます。そして、徐々に組んでいく薪を太くします。

このとき、空気の通り道をなくさないよう注意してください。

手順3

焚きつけの火が枝に移り、さらに太い薪に移ったら、様子を見ながら風を送るようにしてください。だんだん火が大きくなり、薪がパチパチという音を立てるようになったらもう大丈夫。あとは適時薪を足しながら火の維持に努めましょう。

火を強くしすぎるとすぐに薪が燃え尽きてしまうので、適度な火加減を意識してください。

焚き火で簡単!ホイル焼きレシピ

簡単シャケとキノコのホイル焼き

シャケとキノコを使った簡単ホイル焼きです。

広げたアルミホイルにオリーブオイルをしいて、その上にシャケとキノコを入れて塩コショウとバター。アルミホイルをたたんで焚き火に入れて、そのまま数分置いてください。

アルミホイルを開けて、食材への火通りが十分だったらできあがり。ポン酢しょう油や出汁をかけ、自分好みに味を加えていただきましょう。

焼き芋

これぞ焚き火料理の定番!ホクホクとした食感と芋の甘みがたまらないひと品です。

作り方は本当に簡単。広げたアルミホイルでさつま芋を包み、焚き火の中に入れて、焼きあがったら完成。軍手をつけた手で芋のお腹を軽く握り、やわらかくなっていたら焼き具合は十分です。

できるだけ焦げを避けたい人は、新聞紙でさつま芋を包んでからたっぷりの水で濡らし、それからアルミホイルで2重に包むようにしてください。

焼きたまねぎ

焼き芋と同じようにたまねぎを焼いてみましょう。ジューシーな旨みを堪能できる逸品になりますよ。

広げたアルミホイルでたまねぎを皮ごと包み、そのまま焚き火の中へ。やわらかくなったら火から上げ、アルミホイルを開いて皮を向いたら食べられます。調味料をかけるならポン酢しょう油がおすすめ。

焚き火でスイーツ

スモア

焚き火を使って作れる料理はホイル焼きばかりではありません。たとえばデザート。マシュマロを炎であぶってビスケットでサンドすれば、おいしいスモアが完成です。

また、ビスケットの間にチョコレートをはさむのも◯。アルフォートを使えば、より手軽にチョコレートスモアのできあがり。

バウムクーヘン

焚き火の火の扱いに慣れたら、少し手間のかかるスイーツにもチャレンジしてみましょう。といっても、それほど面倒ではありません。

ホットケーキミックスと卵をしっかり混ぜ合わせ、バターを溶かしてからそこに加えれば生地が完成。

棒にアルミホイルを巻いてオイルを塗ったら、そこに生地を塗り、焚き火の上でくるくると回しながら焼いていきます。表面が焼けたらまた生地を塗り、くるくる回すの繰り返し。数時間もすれば、分厚いバウムクーヘンのできあがり!食べやすい大きさにカットしていただきましょう。

ダッチオーブンにチャレンジ!

ローストチキン

焚き火でメインディッシュを作るなら、ダッチオーブンがあるとかなり便利。重さを利用することで、本来時間がかかる料理を時短調理できます。

焚き火料理らしく、豪快にローストチキンを作るなら、まずは鶏肉にレモン汁を垂らし、塩こしょうを揉みこんで下ごしらえ。オリーブオイルとたまねぎのスライス、ローズマリーを鶏肉の中に入れていきます。

そのまま1時間ほど寝かせたら、 ダッチオーブンに鶏肉とにんじん、じゃがいも、ブロッコリー、カリフラワー、しめじ、ローリエの葉、ローズマリー、レモン、玉ねぎを入れ、蓋をして1時間ほど焼いたら完成。

香ばしくも食欲をそそる香りに、思わずお腹を鳴らしてしまうはず。

パン

ダッチオーブンを使えばパンも焼けます。こちらは胡桃パンのレシピ。

ボウルに水とイーストを入れて軽く混ぜ、強力粉と全粒粉、砂糖、塩を加えて混ぜ合わせます。生地を台の上に出してこね、表面がなめらかになったら胡桃を加え、なじませます。

生地が2倍ほどにふくらんだら、6分割に丸め直して、シートをしいたダッチオーブンに入れ、そのままベンチタイム。軽くガスを抜いて、生地を丸く成形します。そこにかたくしぼった濡れ布巾をかけ、ダッチオーブンの6分目の高さになるまで二次発酵。

布巾をとって上から全粒粉をかけ、ダッチオーブンを火の中へ。焼きあがったら火を消し、そのまま5分ほど休ませたら焼きあがりです。

パエリア

ダッチオーブンで作れる料理の中でも豪華で華やかな品です。見た目とは裏腹に、作り方は至ってシンプルで簡単。

まずはサフランと水を合わせ、野菜を食べやすい大きさにカット。アサリは砂を吐かせておきます。

オイルをひいたダッチオーブンでたまねぎを炒め、米、コンソメ、バター、オリーブオイルを投入。ワインをひと回し注いでサフランと水を混ぜたものを入れ、野菜と海鮮をきれいに並べましょう。あとは塩こしょうで味をつけ、蓋をしたまま炊けるまで焚き火で加熱してください。

焚き火に必要な道具

焚き火をするにはいくつか道具が必要です。必需品からあると便利なものまで、焚き火に使用する7つ道具について、ご説明しましょう。

焚き火台

最近、直火での焚き火を禁止するキャンプ場、バーベキュー場が増えています。焚き火の熱で地中にいる微生物にダメージを与えないようにとの気遣いを発端としたものですが、焚き火の痕跡を残さず、自然の美観を損なわないよう使うためという理由もあるんだとか。

そういう場所で焚き火をするにいは、焚き火台を用意しなければいけません。焚き火台は各社からリリースされていますが、どれも基本的な性能は持ち合わせているので、価格や重量、デザインなどを考慮しながら選ぶとよいでしょう。

使い方は簡単で、組み上げたあと、火皿の上で火を起こし、その上で焚き火を続けるだけです。

トング

火がついた薪や炭を動かすために使うのがトングです。トングで薪や炭を移動させることで、火が一箇所に固まらないようにしたり、火を広げたりできます。

耐火グローブ

焚き火をする上でもっとも注意しなければいけないのが火傷。熱くなったものにさわらなければならないときは、必ずグローブを手にはめるようにしてください。気をつけてさえいれば軍手でも問題ありませんが、より安全を求めるなら、焚き火用の耐火グローブをおすすめします。

なた

太い薪は火が着きにくいので、火おこしのときなどは特に、焚き付け材となる細かい薪が必要となります。周囲に乾いた細かい枝が落ちているならそれを使ってもいいですが、なたがひと振りあると、太い薪を割ったり削ったりして容易に細かい薪を作れますよ。

ライター

焚き火をするのに必要なのは「火」。この火を起こすために不可欠なものがマッチやライターです。

着火の際、ふつうのライターでそのまま火を着けようとすると火傷をしてしまう可能性が高いので、柄の長いライターを用意するか、ライターで何か燃えやすいものに火を着け、それを使って火おこしするようにしましょう。

ローチェア

焚き火に椅子は必須!火おこしの作業をしているときならローチェアがあれば作業が楽になりますし、焚き火ができ上がったあとは、ローチェアの座り心地が穏やかな時間をより上質なものにしてくれます。

燃えにくい服

焚き火は火の粉が飛び散りやすく、灰でも服に穴が開き、ときには火がついてしまいます。
ですから、焚き火をするときはできるだけ燃えにくい素材の服を着るようにしましょう。耐火素材の焚き火用エプロンなどもあるので、そういうものを用意するのもおすすめです。

焚き火の片付け

十分焚き火を楽しんだら、しっかり片付けをしましょう。

まず、燃え残った炭をその場でひっくり返して残していく人がいますが、これは厳禁。炭は自然に帰らず、誰かが片付けるまでそこに残り続けます。炭は土に還らないから、木炭や石炭がとして古い層から出てくることがあるわけです。

基本的に、焚き火では木や炭以外を燃やさず、しっかりと燃やし尽くすか、火消し壷に入れて持ち帰ってください。片付けの時間から逆算し、1時間半より前を過ぎたら薪を足すのはやめましょう。燃えつきて残った灰は、近隣の灰捨て場に捨てるか、袋に入れて持ち帰り、燃えるゴミの日に出しましょう。

そういうふうにマナーよく焚き火をする人が増えれば、燃え残しを見かけて嫌な気持ちになることは少なくなっていきますよ。

焚き火を見ながら素敵なひとときを

焚き火というのは不思議なもので、ただそれを見ているだけで心地よい時間を過ごせます。そこにおいしい料理が加われば、そのひとときが素敵なものになるのは必然といっていいでしょう。

この記事を参考に焚き火料理のレバートリーを増やして、薪と炎が彩る穏やかな日を楽しんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

じゃがいも まとめ

洋食、特にお肉料理の付け合わせとして出てくることの多いマッシュポテト。自宅で作るときは人数分より多めに作ることが多い料理です。もし余ってしまったら、思いつくのが冷凍保存。ですが、冷凍するときにがいくつかのコツ…

スープ レシピ まとめ

ブイヤベースという世界三大スープのひとつをご存じですか?魚介類がたっぷり入っていて高級感のある上品なスープですが、実は家でも簡単に作ることができるのです。食べ終わったあとの締めもいろいろアレンジできて、何回も…

まとめ

釣り人兼ライターの横沢テッペイさんが愛用している「ヨコザワテッパン」。サイズは小さいながら、その実力は折り紙つきなんです。安いお肉でもおいしく焼けちゃうという魔法のグッズ、どこがそんなにすごいのでしょう?その…

新宿 新宿三丁目 立ち飲み まとめ

新宿に飲み屋さんがたくさんあるのは想像つくと思いますが、今中でも立ち飲みのお店が注目を集めています。昔からある老舗のお店から新しいお店まで。どのお店もそのお店それぞれの特徴、個性がありとても魅力的です。

ベトナム料理 東京 エスニック パクチー まとめ

エスニックというと辛いイメージですが、ベトナム料理はクセが少なく日本人になじみやすい優しいお味の料理です。東京都内には、本格的なおいしいベトナム料理が食べられる人気のお店がたくさんありますよ。パクチーが好きな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

カクテルは名前を見ても見当が付かないものがチラホラあると思いませんか?「カシスオレンジ」ならカシスとオレンジ。「カンパリソーダ」だったらカンパリとソーダ。とすぐわかるのですが、問題は「モスコミュール」や「スプ…

レシピ 作り置き まとめ

節約アドバイザー武田真由美さんをご存知ですか?彼女は食材を上手に使い切ることで、二人暮らしで食費週2,500円を実現されています。決め手はストックおかずを作っておくこと!今回はまとめて作って冷蔵・冷凍できる鶏…

レシピ イタリアン まとめ

家計にやさしい「もやし」を洋風メニューにアレンジしてみませんか?今回はもやしを活用できる人気の「もやし×洋風アレンジ」レシピを20個ご紹介。どれもおすすめのレシピばかりですので、ぜひ参考にして、も…

レシピ コロッケ まとめ

フライパンやオーブンで焼く、揚げないコロッケ(焼きコロッケ)は油で揚げない分、低カロリーで食べられるということで、注目されています。今回は、野菜をいっぱい使った揚げないコロッケのレシピを集めてみました。ぜひご…

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

韓国料理 冷麺 韓国 焼肉 東京 まとめ

暑い季節こそ食べたい韓国料理!思いっきり辛い物を食べて汗をかいてスッキリ&冷たい冷麺などでクールダウン♪しっかりスタミナをつけて夏バテに負けないためにもオススメです♪そんな韓国料理の都内の人気店をまとめてみま…

日本酒 おつまみ レシピ

材料を混ぜるだけで作れる簡単クリームディップの作り方をご紹介します。日本酒だけでなくちょっとしたオードブルやワインのお供にもオススメです!おつまみにぴったりな一品ですが、これだけでもほろよい気分が楽しめますよ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...