ローディング中

Loading...

寒くなると恋しくなるもの……皆それぞれにあると思いますが、焚き火にあたりたくなるという人も多いのでは。暖をとるために焚き火をするなら、料理をしなきゃもったいない!焚き火の火力があれば、家の中では作れないおいしいものができるんです。

焚き火を使って料理をしよう

気温の低い季節になると、焚き火の温かさが身にしみますね。薪や落ち葉を燃やして火を囲む時間には、日常では得られないような穏やかさがあるように思います。

さて、せっかく焚き火をするのであれば、その火を使わない手はありません!焚き火の火力を利用すれば、本当にいろいろな料理を作ることができるんですよ。

というわけで、今回は焚き火の仕方と、焚き火を利用して作る絶品料理のご紹介です。

まずは焚き火づくり。そのコツ

まずは焚き火をつくりましょう。バーベキューなどで炭の火おこしに苦戦した経験から、むずかしいというイメージを持っている人が結構いますが、コツさえ覚えれば簡単です。

手順1

太い薪や炭にライターで直接火をつけようとしても、思うようにはなりません。まずは着火材や新聞紙、落ち葉など燃えやすいものと、えんぴつくらいの細さのものから大人の腕くらいの太さのものまで、いろいろな太さの枝、薪を用意してください。

もし近くに松ぼっくりが落ちているなら、とてもよく燃え上がりますので、火おこしに利用しましょう。

手順2

焚きつけ用の新聞紙や枯葉中心に置きましょう。新聞紙を使うならくしゃくしゃにしたものを広げて軽く丸めておくと、火がつきやすく、その後じっくりと燃えてくれます。

次に、鉛筆くらいの太さの薪を焚きつけに寄りかからせるようにしながら、丸く放射線状になるよう組んでいきます。そして、徐々に組んでいく薪を太くします。

このとき、空気の通り道をなくさないよう注意してください。

手順3

焚きつけの火が枝に移り、さらに太い薪に移ったら、様子を見ながら風を送るようにしてください。だんだん火が大きくなり、薪がパチパチという音を立てるようになったらもう大丈夫。あとは適時薪を足しながら火の維持に努めましょう。

火を強くしすぎるとすぐに薪が燃え尽きてしまうので、適度な火加減を意識してください。

焚き火で簡単!ホイル焼きレシピ

簡単シャケとキノコのホイル焼き

シャケとキノコを使った簡単ホイル焼きです。

広げたアルミホイルにオリーブオイルをしいて、その上にシャケとキノコを入れて塩コショウとバター。アルミホイルをたたんで焚き火に入れて、そのまま数分置いてください。

アルミホイルを開けて、食材への火通りが十分だったらできあがり。ポン酢しょう油や出汁をかけ、自分好みに味を加えていただきましょう。

焼き芋

これぞ焚き火料理の定番!ホクホクとした食感と芋の甘みがたまらないひと品です。

作り方は本当に簡単。広げたアルミホイルでさつま芋を包み、焚き火の中に入れて、焼きあがったら完成。軍手をつけた手で芋のお腹を軽く握り、やわらかくなっていたら焼き具合は十分です。

できるだけ焦げを避けたい人は、新聞紙でさつま芋を包んでからたっぷりの水で濡らし、それからアルミホイルで2重に包むようにしてください。

焼きたまねぎ

焼き芋と同じようにたまねぎを焼いてみましょう。ジューシーな旨みを堪能できる逸品になりますよ。

広げたアルミホイルでたまねぎを皮ごと包み、そのまま焚き火の中へ。やわらかくなったら火から上げ、アルミホイルを開いて皮を向いたら食べられます。調味料をかけるならポン酢しょう油がおすすめ。

焚き火でスイーツ

スモア

焚き火を使って作れる料理はホイル焼きばかりではありません。たとえばデザート。マシュマロを炎であぶってビスケットでサンドすれば、おいしいスモアが完成です。

また、ビスケットの間にチョコレートをはさむのも◯。アルフォートを使えば、より手軽にチョコレートスモアのできあがり。

バウムクーヘン

焚き火の火の扱いに慣れたら、少し手間のかかるスイーツにもチャレンジしてみましょう。といっても、それほど面倒ではありません。

ホットケーキミックスと卵をしっかり混ぜ合わせ、バターを溶かしてからそこに加えれば生地が完成。

棒にアルミホイルを巻いてオイルを塗ったら、そこに生地を塗り、焚き火の上でくるくると回しながら焼いていきます。表面が焼けたらまた生地を塗り、くるくる回すの繰り返し。数時間もすれば、分厚いバウムクーヘンのできあがり!食べやすい大きさにカットしていただきましょう。

ダッチオーブンにチャレンジ!

ローストチキン

焚き火でメインディッシュを作るなら、ダッチオーブンがあるとかなり便利。重さを利用することで、本来時間がかかる料理を時短調理できます。

焚き火料理らしく、豪快にローストチキンを作るなら、まずは鶏肉にレモン汁を垂らし、塩こしょうを揉みこんで下ごしらえ。オリーブオイルとたまねぎのスライス、ローズマリーを鶏肉の中に入れていきます。

そのまま1時間ほど寝かせたら、 ダッチオーブンに鶏肉とにんじん、じゃがいも、ブロッコリー、カリフラワー、しめじ、ローリエの葉、ローズマリー、レモン、玉ねぎを入れ、蓋をして1時間ほど焼いたら完成。

香ばしくも食欲をそそる香りに、思わずお腹を鳴らしてしまうはず。

パン

ダッチオーブンを使えばパンも焼けます。こちらは胡桃パンのレシピ。

ボウルに水とイーストを入れて軽く混ぜ、強力粉と全粒粉、砂糖、塩を加えて混ぜ合わせます。生地を台の上に出してこね、表面がなめらかになったら胡桃を加え、なじませます。

生地が2倍ほどにふくらんだら、6分割に丸め直して、シートをしいたダッチオーブンに入れ、そのままベンチタイム。軽くガスを抜いて、生地を丸く成形します。そこにかたくしぼった濡れ布巾をかけ、ダッチオーブンの6分目の高さになるまで二次発酵。

布巾をとって上から全粒粉をかけ、ダッチオーブンを火の中へ。焼きあがったら火を消し、そのまま5分ほど休ませたら焼きあがりです。

パエリア

ダッチオーブンで作れる料理の中でも豪華で華やかな品です。見た目とは裏腹に、作り方は至ってシンプルで簡単。

まずはサフランと水を合わせ、野菜を食べやすい大きさにカット。アサリは砂を吐かせておきます。

オイルをひいたダッチオーブンでたまねぎを炒め、米、コンソメ、バター、オリーブオイルを投入。ワインをひと回し注いでサフランと水を混ぜたものを入れ、野菜と海鮮をきれいに並べましょう。あとは塩こしょうで味をつけ、蓋をしたまま炊けるまで焚き火で加熱してください。

焚き火に必要な道具

焚き火をするにはいくつか道具が必要です。必需品からあると便利なものまで、焚き火に使用する7つ道具について、ご説明しましょう。

焚き火台

最近、直火での焚き火を禁止するキャンプ場、バーベキュー場が増えています。焚き火の熱で地中にいる微生物にダメージを与えないようにとの気遣いを発端としたものですが、焚き火の痕跡を残さず、自然の美観を損なわないよう使うためという理由もあるんだとか。

そういう場所で焚き火をするにいは、焚き火台を用意しなければいけません。焚き火台は各社からリリースされていますが、どれも基本的な性能は持ち合わせているので、価格や重量、デザインなどを考慮しながら選ぶとよいでしょう。

使い方は簡単で、組み上げたあと、火皿の上で火を起こし、その上で焚き火を続けるだけです。

トング

火がついた薪や炭を動かすために使うのがトングです。トングで薪や炭を移動させることで、火が一箇所に固まらないようにしたり、火を広げたりできます。

耐火グローブ

焚き火をする上でもっとも注意しなければいけないのが火傷。熱くなったものにさわらなければならないときは、必ずグローブを手にはめるようにしてください。気をつけてさえいれば軍手でも問題ありませんが、より安全を求めるなら、焚き火用の耐火グローブをおすすめします。

なた

太い薪は火が着きにくいので、火おこしのときなどは特に、焚き付け材となる細かい薪が必要となります。周囲に乾いた細かい枝が落ちているならそれを使ってもいいですが、なたがひと振りあると、太い薪を割ったり削ったりして容易に細かい薪を作れますよ。

ライター

焚き火をするのに必要なのは「火」。この火を起こすために不可欠なものがマッチやライターです。

着火の際、ふつうのライターでそのまま火を着けようとすると火傷をしてしまう可能性が高いので、柄の長いライターを用意するか、ライターで何か燃えやすいものに火を着け、それを使って火おこしするようにしましょう。

ローチェア

焚き火に椅子は必須!火おこしの作業をしているときならローチェアがあれば作業が楽になりますし、焚き火ができ上がったあとは、ローチェアの座り心地が穏やかな時間をより上質なものにしてくれます。

燃えにくい服

焚き火は火の粉が飛び散りやすく、灰でも服に穴が開き、ときには火がついてしまいます。
ですから、焚き火をするときはできるだけ燃えにくい素材の服を着るようにしましょう。耐火素材の焚き火用エプロンなどもあるので、そういうものを用意するのもおすすめです。

焚き火の片付け

十分焚き火を楽しんだら、しっかり片付けをしましょう。

まず、燃え残った炭をその場でひっくり返して残していく人がいますが、これは厳禁。炭は自然に帰らず、誰かが片付けるまでそこに残り続けます。炭は土に還らないから、木炭や石炭がとして古い層から出てくることがあるわけです。

基本的に、焚き火では木や炭以外を燃やさず、しっかりと燃やし尽くすか、火消し壷に入れて持ち帰ってください。片付けの時間から逆算し、1時間半より前を過ぎたら薪を足すのはやめましょう。燃えつきて残った灰は、近隣の灰捨て場に捨てるか、袋に入れて持ち帰り、燃えるゴミの日に出しましょう。

そういうふうにマナーよく焚き火をする人が増えれば、燃え残しを見かけて嫌な気持ちになることは少なくなっていきますよ。

焚き火を見ながら素敵なひとときを

焚き火というのは不思議なもので、ただそれを見ているだけで心地よい時間を過ごせます。そこにおいしい料理が加われば、そのひとときが素敵なものになるのは必然といっていいでしょう。

この記事を参考に焚き火料理のレバートリーを増やして、薪と炎が彩る穏やかな日を楽しんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ナス ピーマン 豚肉 鶏肉 まとめ

なすと合わせやすいものといえば「ピーマン」。今回は、なす×ピーマンのレシピをご紹介します。定番の煮浸しや人気の味噌炒めをはじめ、豚肉や鶏肉を使ったボリュームのあるレシピ、時短・簡単レシピなどたくさんありますよ…

カレー 夏野菜 まとめ

暑い夏に食べたくなるカレーに、旬のなすをプラスしてみませんか?トマトやパプリカなどの夏野菜を炒めて作るカレーは絶品です。今回はキーマカレーからベジタブルカレー、本格タイカレーになすを使ったレシピを20選ご紹介…

ブロッコリー お弁当 まとめ

お弁当にぴったりな、ブロッコリーのおかずレシピをご紹介します。電子レンジで10分以内にできる簡単レシピや、お子さんにも人気のチーズや卵を使ったものも!カラフルで華やかなブロッコリーのおかずで、お弁当を彩りまし…

福岡 ランチ ラーメン うどん もつ鍋 まとめ

多くの人で賑わう博多や天神エリアには、グルメ通をもうならせる人気店や名物屋台が点在しています。そこで今回は、福岡でおすすめの人気グルメを徹底調査。絶対に外せない水炊き、もつ鍋、辛子明太子、ラーメン、鉄板餃子な…

きゅうり サラダ レシピ まとめ

きゅうりとツナを使ったおすすめレシピをご紹介します。サラダや酢の物の定番レシピはもちろん、パスタやごはん、サンドイッチなどの主食レシピ、お酒が進むおつまみレシピも。ちょっと珍しい、加熱するレシピもありますよ。…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

カクテルは名前を見ても見当が付かないものがチラホラあると思いませんか?「カシスオレンジ」ならカシスとオレンジ。「カンパリソーダ」だったらカンパリとソーダ。とすぐわかるのですが、問題は「モスコミュール」や「スプ…

レシピ 作り置き まとめ

節約アドバイザー武田真由美さんをご存知ですか?彼女は食材を上手に使い切ることで、二人暮らしで食費週2,500円を実現されています。決め手はストックおかずを作っておくこと!今回はまとめて作って冷蔵・冷凍できる鶏…

レシピ イタリアン まとめ

家計にやさしい「もやし」を洋風メニューにアレンジしてみませんか?今回はもやしを活用できる人気の「もやし×洋風アレンジ」レシピを20個ご紹介。どれもおすすめのレシピばかりですので、ぜひ参考にして、もやし料理のレ…

まとめ レシピ

ナムルを巻いて、ガッツリでもヘルシーの一品を作りましょう。今回は、「ナムル巻き」のアレンジレシピを紹介します。ナムルの量をコントロールすればヘルシーな海苔巻きになりそうですね。ぜひ参考にして作ってみて下さい♪

レシピ コロッケ まとめ

油を使わずフライパンやトースターで作る低カロリーコロッケ「揚げないコロッケ」の人気レシピをご紹介します。今回は野菜をたくさん使ったレシピを集めてみました。テレビ番組で特集され注目を集めている「スコップコロッケ…

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

レシピ サラダ まとめ

豆苗はエンドウのスプラウト(発芽新芽)です。袋をよく見て!ここから切ってね!という点線があるんです。その点線に沿って切った後お水につけておけばもう一度収穫ができるんですよ!一袋で二度オイシイ♡豆苗とレシピの紹…

スイーツ レシピ まとめ お弁当

お弁当にやっぱり入ってると嬉しいデザートですが、あまり汁気のあるものじゃマズいし、ちょっと悩めるところですよね^^;そこで今回はお弁当におすすめのデザートの作り方についてご紹介したいと思います。お弁当作りに参…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

たけのこ お弁当 レシピ

今回は、フライパンとクッキングシートで簡単に作れる「ちまき」のレシピをご紹介します。モチモチ食感とゴロゴロ入った具材の食感が楽しく、甘じょっぱい香りと味わいが食欲をそそります。お弁当にも大活躍の予感……♩ぜひ…

チーズ 鶏肉 レシピ

ひと口噛むと、ふんわり広がるしいたけの香り……!後から追いかけてくるチーズのコクとの相性が最高!今回は、そんな「しいたけのチーズイン肉詰めフライ」のレシピをご紹介します。サクサク食感がアクセントになった、今ま…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る