ローディング中

Loading...

以高級品のイメージがあったワインですが、最近はお手頃な値段で楽しめるものが増え、飲む機会が多くなっていますよね。そこで心配なのが、ワインの染み。こぼしてしまうと頑固なワインの染み抜きの方法を、シチュエーションに合わせてご紹介しますよ。

ワインの染みは落ちにくい……

ピシッと決めた服装で、しっとり大人のワインタイム。そんな時に限ってワインをこぼしてしまう……という痛い経験をお持ちの方も多いかと思います。

おしょうゆやカレーなどと並んで、落ちにくい染みの代表格としても知られているワイン。今回は、洋服のみならず、じゅうたんやソファーなどにバシャーン!とひっくり返してしまった時でも対応できる、染み抜き方法をご紹介します。

ワインの染み抜きに必要な道具

酵素系漂白剤

酵素系漂白剤のメリットは、洗浄力のやさしさ。塩素系の場合は洗浄力が強く、どんな染みでも落としてしまう一方で、生地や肌への負担も懸念されます。

一方、酵素系漂白剤は殺菌力こそ塩素系におとるものの、汚れを落とす効果は塩素系よりも強め。過酸化ナトリウムとお湯が化学反応を起こすことでシュワシュワと発泡するのですが、酵素系漂白剤はその力を利用して汚れをはがし取ります。そのため、酵素系漂白剤を利用する際は40~45℃くらいのお湯を使うのがベストです。

ドラッグストアで酵素系漂白剤を探す時は、まず酸素系漂白剤をチェック!実は酸素系漂白剤の中に「酵素」が入っているのですが、表示は「酵素系漂白剤」ではなく「酸素系漂白剤」。そのため、酸素系漂白剤の裏面に記載されている成分表をよく見て、「酵素」の文字があればそれが酵素系漂白剤ということになります。

重曹

くらしの万能アイテム、重曹。お掃除だけでなくお料理や入浴剤、脱臭剤など、その活躍の幅広さには驚くばかりです!

そんな重曹ですが、正式名称は「炭酸水素ナトリウム」。弱酸性の性質を持ち、酸性の汚れなどに効果を発揮するすぐれものです。人への害がないことから、いろいろな用途に大活躍しています。

ワインをこぼしてしまった時は、汚れの上に重曹をたっぷりふりかけましょう。その上から熱湯を注ぐと、重曹が化学反応を起こし、汚れに効果抜群の強アルカリ性へと変化!その化学変化のおかげで、きれいさっぱり染みが落ちるんです。
http://macaro-ni.jp/35342

出典:楽天市場

シリンゴル 重曹 2000g[シリンゴル重曹 重曹]【あす楽対応】

¥1078

楽天市場で購入

洗剤

台所用洗剤は、食器についた油分などをしっかりと取り除くための洗剤です。台所用洗剤には油分を素早く取り除く力があり、その効果は染み抜きの時にも発揮されます。界面活性剤と呼ばれる成分が、通常水だけではなかなか落ちない油分をサッと除去。この成分が、衣類などについた染みも浮き上がらせてくれるのです。

また、台所用洗剤の性質は中性に保たれています。アルカリ性の方が洗浄力はアップするのですが、手荒れなどの原因となってしまうのも事実。人体への影響を考えて中性に保たれているということは、衣類への影響も少ないと言えます。

さらに、台所用洗剤には洗濯用洗剤のような「蛍光剤」が入っていません。蛍光剤が入っていると、染みに反応して不自然な色落ちをしてしまいます。こういった点から、ワインの染抜きには台所用洗剤が使われるようになりました。

セスキ炭酸ソーダ

最近テレビなどでもよく耳にする、セスキ炭酸ソーダ。お掃除などに大活躍のアイテムですが、いったい成分はどうなっているのでしょうか。

セスキ炭酸ソーダとは、炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムが合わさったもの。重曹と炭酸ソーダの中間くらいの性質を持つもので、洗浄力が高いのが特徴です。水にとても溶けやすく、水と混ぜ合わせてスプレーとして活用することもできます。

セスキ炭酸ソーダはタンパク質を分解する性質を持っており、軽い汚れならスプレーをシュッとひと吹きして当て布を軽く押しあてるだけでシミが取れてしまうほど!スプレーにできるので、ソファーやじゅうたんなど丸洗いの難しいものでもすぐにシ染抜きをすることができます。家じゅうのお掃除や洗濯などにも大活躍の、お掃除お助けアイテムです。
http://macaro-ni.jp/35342

出典:楽天市場

キッチンクラブ セスキ炭酸ソーダ 500g【楽天24】[キッチンクラブ セスキ炭酸ソーダ]

¥315

楽天市場で購入

わりばし

染み抜きで大活躍の以外なアイテムといえば、わりばし!わりばしの先に布を巻き付け、特製染抜き棒を作ります。

先にご紹介した、酵素系漂白剤・重曹・台所用洗剤・セスキ炭酸ソーダなどの染み取り剤を汚れた部分に塗布。その上から、わりばしで作成した特製染取り棒をトントンと優しくたたきつけます。歯ブラシなどとは違って、デリケートな衣類も傷つける心配はありません!きれいにワインの染み抜きをするためには、欠かせないアイテムです。

ワインの染み抜きに欠かせないアイテムのひとつ、布。さまざまな使い方ができる布ですが、まずは先ほどわりばしのところでもご紹介した、特製染み抜き棒の先端部分としての使い方です。わりばしに巻き付けて使用するので、タオル地のような分厚いものではなく、ガーゼのような薄めの布を用意しましょう。

染み抜き棒以外にも、ソファーやじゅうたんの大きな染みには、そのままダイレクトにたたき込み!染みができた時にとっさの対応ができるよう、いらなくなったTシャツなどを手ごろな大きさに切っておいてもいいですね。

輪ゴム

輪ゴムは、染み抜き棒を作成する時に欠かせないアイテム!割りばしに布を巻き付ける時は、輪ゴムでくるくると巻き付ければあっという間に染み抜き棒が完成します。

先端の布部分が取れてしまわないように、しっかり巻き付けてくださいね。

タオル

染み抜き棒を利用して染抜きをする際に、かならず用意しておきたいのが乾いたタオル。特に衣類の染抜きをする時に大活躍するアイテムです。

染みが付いた部分の下にタオルを敷きます。その上から、各染み取り剤を垂らして、染み取り棒でトントン。すると、あら不思議!下に敷いているタオルへ、ワインの染みが丸々移ります。仕上げに余計な水分をタオルで拭き取って、洗濯機で洗いましょう。

条件別ワインの染抜きの方法

スーツ

ブランドものなどは、クリーニング店などでも断られてしまうことの多いスーツ。でも、スーツを着てワインを飲む機会って、意外と多かったりするんですよね。いざという時のためにも、スーツの染抜き方法を頭に入れておきましょう。

まず一番大切なのが、ワインが付いてから染抜きするまでの時間。ポリフェノールがたくさん含まれているワインは、空気中の酸素に触れるとどんどん濃い染みへと変化してしまいます。ワインがついてしまったら、すぐに応急処置をしましょう。自宅の場合は、酵素系漂白剤やセスキ炭酸ソーダなどを染み込ませ、染み取り棒で汚れを落とします。

出先の場合は、漂白剤などを用意するのが難しいかと思います。そんな時に大活躍するのが「ステインペン」。染抜き専用のペンで、ワインの染みも簡単に落とすことができます。スーツを着てワインを飲む機会の多い人は、1本ポケットにしのばせておくといいですね。

シャツ

結婚式などでワインを飲む時に注意したいのが、シャツへの染みですよね。真っ白のシャツに赤ワインの染みは、本当によく目立ちます。そのまま放っておけば、その染みはなかなか取り除くことができなくなってしまいます。

シャツにワインがついてしまった時は、まずウェットティッシュなどでワインを拭き取ります。トントンと押さえるように拭き、シミの範囲を広げないように注意しましょう。ある程度ワインが落ちたら、次は乾いたティッシュに持ちかえ。シャツに付いている水分を取り除きます。

自宅に帰ってから、酵素系漂白剤やセスキ炭酸ソーダをスプレーし、衣類に合った方法で洗濯しましょう。

Tシャツ

白いTシャツにワインが付いてしまった時も悲惨ですよね。外出時は、スーツやシャツの時と同じようにまず応急処置を施しましょう。

自宅に帰ったら、まずは台所用洗剤を用意。染みが付いた部分に台所用洗剤を付け、軽く手もみします。そのあと流水ですすぎましょう。染みの落ち具合を確認して、まだ染みが残っているようなら、Tシャツをしっかり絞って酵素系漂白剤を染み部分にかけましょう。染みが濃く残っている場合は、染み取り棒でトントンするといいですね。

最後に、衣類のタグを確認してそれぞれに合った洗濯方法で洗濯しましょう。

じゅうたん

自宅でパーティーを開いた時などに起こりがちな、じゅうたんへのワインこぼし。子供たちも一緒に集まるようなパーティーでは、リスクがグンとアップします。そんな時に覚えておくと便利な、応急処置方法をご紹介します。

いくら自宅とはいえ、すぐに洗濯機にドボン!とはいかないのが、じゅうたんですよね。ワインがこぼれてしまった時は、まず塩を用意しましょう。塩を用意したら、ワインがこぼれてしまった場所に、こんもりと塩を盛ります。ポイントは、塩を「かける」のではなく「盛る」こと。

上からギュっと塩を揉み込むと、塩がワインのシミをグングン吸い上げてくれます。少し時間を置けばかなり染みが薄くなるので、あとは掃除機で塩を吸い取りましょう。

壁紙

衣類やじゅうたんなどへのワイン染みはメジャーですが、意外に多いのが、地面にワインをこぼした時に飛び散ってできる壁紙の染み。白い壁紙なら、ショックは倍増してしまいますよね。でも、大丈夫!壁紙への飛び散りにも対応できる染み取り方法があるんです。

用意するのは、酵素系漂白剤。まずは、酵素系漂白剤をお湯で溶かします。それをそのまま、壁紙についた染みの部分に塗りましょう。そのまま約1時間放置。最後に、乾いた布できれに拭き取ります。そうすれば、白い壁紙も元通り!ワインの染みをなかったことにできちゃいます。

材質によっては合わないものもあるので、目立たない部分に少し塗って試してから、染み取り作業に入りましょう。

ステインペンが便利!

先ほど、スーツの染抜き方法のところでも登場した「ステインペン」。ワイン好きの方には常識の染み抜き方法かもしれませんね。このステインペンは、外出時の応急処置として大活躍するアイテムです。すぐに水洗いして洗濯機で洗えない時なども、とにかく早く染みの元となるワインを取り除くことが大切。

まず服に飛び散ったワインを拭き取り、ステインペンを用意します。ステインペンの先を染みの部分に押し付けて、ペン先から出る染み取り剤の量を調整しましょう。修正ペンを使う時の要領と同じです。染み取り剤が染みの部分についたら、ペン先で優しくこすりましょう。

染みが薄くなったら少し湿らせた布でトントンとたたき、余分な染み取り剤を除去します。そうすれば、あっという間に飛び散ったワインが消え去ります。困った時のお助けアイテムとして、大活躍です。

赤ワインの染みは白ワインで落ちる?

赤ワイン好きの方の間で、ひそかに広まっているウワサをご存知ですか? そのウワサとは、「赤ワインの染みは白ワインでおちる!」というもの。もしそれが本当ならば、レストランなどで赤ワインをこぼしてしまった時もすぐに応急処置ができますよね。でも、本当に効果はあるのでしょうか?

このウワサの原理は、「白ワインの成分が赤ワインのポリフェノールを分解する」というものです。実際に検証してみた方の結果を見ると、答えは「No!」。赤ワインをこぼしたあと、すぐに白ワインを染み込ませて拭き取ると、確かに染みは薄くなります。しかし、薄くなるだけで染みが落ちるわけではないのです。

炭酸水や塩でも落ちる?

白ワイン以外にも、炭酸水や塩でもワインの染みを落とせるという説があります。塩に関しては先ほどじゅうたんの染抜き方法でご説明したとおり、吸水性の高い塩の性質を生かした染抜き方法が存在。身近で、とっさに対応できる染抜きアイテムとして大活躍しています。

さて、一方の炭酸水はどのような結果になるのでしょうか?

実は、炭酸水にもワインの染みを落とす効果が期待できるのです! 炭酸水に含まれる二酸化炭素。その二酸化炭素には汚れを浮かせる性質があります。その性質を活かし、赤ワインの染みに対する応急処置方法として使われているんです。

ただし、染抜きに利用する炭酸水は無糖のものをチョイスするようにしましょう。色味などもついていない、純粋な炭酸水がワインの染抜きにはぴったりですよ。

クリーニングに任せる!

これまでさまざまなワインの染抜き方法をご紹介してきましたが、何をやっても取れない……そんな時はいさぎよく諦めてプロにお任せしましょう。

ワインの染みがついてしまったものの中には、家庭で洗濯できない素材のものもあります。そういったものを無理して家庭で洗ってしまうと、輪染みという厄介な染みへと変化させる原因にもなりかねません。そんな時こそ自分で何とかしようとせずに、すぐクリーニング店に持ち込むことがきれいな染抜きへの近道です。

インターネットで検索をかけると、染抜きに強いクリーニング店がたくさん出てきます。料金の安さや自宅からの近さだけでクリーニング店を選ぶのは禁物! しっかりと染抜きのノウハウを学んでいるお店に依頼するようにしましょう。クリーニング店に依頼すれば、ほとんどの染みは取れて返ってきます。大事なものこそ、確実に染み取りしたいですね。

正しい方法で綺麗に染み抜きを!

ワインの染抜き対策方法は、自宅でも外出先でもできるものがたくさん。楽しいお酒の時間を過ごすためにも、正しい染抜き方法を頭に入れておきたいものですね。

困った時のクリーニング店もありますので、やけになってゴシゴシこする前に正しい処置を心がけましょう。
▼ お気に入りの服にカレーの染みが!安心してください。詳しくはこちらの記事をチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ビーフシチュー

大きめにカットした野菜とトロトロお肉がおいしいビーフシチュー、とろみが足りなくて水っぽくなってしまった……という経験はありませんか。今回は、ビーフシチューの上手なとろみの付け方、失…

キムチ

キムチの賞味期限知っていますか?キムチは韓国発祥の発酵食品ですが、日本でもすっかりおなじみになり、日々の食卓の人気もの。常備されていることも多いキムチ、皆さんはどうやって保存していますか。キムチは保存の仕方に…

ワイン ブラウニー

日本初のブラウニー専門店「コートクール」から、希少価値の高いフランス産貴腐ワインを使用した「デザートワインブラウニー」の6本入りが新登場。完熟ぶどうを口に入れた瞬間のようなフルーティーな香りと、贅沢な味わいの…

カレー

日本人の国民食カレー。家で作ったカレーを翌日の弁当に持っていきたいけれど、弁当箱に汚れや匂いがつくのは嫌だし、こぼれた時のことを考えると心配ですよね。そこで、今回はカレーを弁当に持っていく方法やおすすめの弁当…

野菜を扱う時に行うアク抜き。なすもアク抜きが必要と言われています。しかし、アク抜きはちょっと面倒。なすのアク抜きは本当に必要なのでしょうか?やらなくてもよい方法があれば助かりますよね。今回はナスのアク抜きにつ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

パン レシピ 食パン

つい買いすぎてしまうことのある食パン。品質を落とさないために冷凍保存する方法がおすすめだってご存知でしたか?しかも、冷凍した方がおいしくなる、なんて声も。今回は食パンを正しく冷凍するコツと、解凍しておいしく食…

レシピ スイーツ たまご

卵はいろんな料理に使えますよね!しかし、「黄身だけを~」みたいなレシピのとき、余ってしまう白身…。正直もったいないと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、卵白を使ったアイデア料理…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...