ローディング中

Loading...

独特のぬめりが特徴のなめこ。お味噌汁などを中心に、食卓にあがることも多いと思います。しかしなめこの正しい調理法をご存知でしょうか。なめこは洗った方がいいの?そのまま食べても大丈夫?意外に知らない人も多いなめこについてご説明します。

なめこは洗う?洗わない?

一般に市販されているきのこ類を調理する場合は洗わず、軽く湿らせたキッチンペーパーなどでそっと汚れを取り除くことが基本です。では、ぬめりのあるなめこはどうすればいいのでしょう?
どうやらぬめりが取れてしまうことが嫌で洗わない派、汚れを落とすために洗う派の両方がおられるようです。はたしてどちらがおいしくいただけるのか、正しい処理の仕方を探ってみることにしましょう。

なめこを洗う理由

スーパーなどで販売されているなめこは、真空パックに入ったもの、袋詰めにされたものがほとんどですね。開封してみると栽培状況によっては若干なめこに汚れがついていることも。
なめこはほかのきのこのように一つ一つふき取ってから使うことができませんので、不純物を目で確認できたときはサッと水洗いすると安心です。少し時間の経過しているなめこはそのまま使用してしまうと、乳酸菌の繁殖により酸っぱさを感じます。
パックを開けた時点で判断し、においがする場合も水洗いしてから使うといいでしょう。

なめこを洗わない理由

なめこにはムチンと呼ばれる粘性物質が含まれているため、独特のぬめりがあります。ムチンは胃の粘膜の保護や消化促進に役立つほか、一部の内臓の機能向上、血液をサラサラにする効果、ドライアイの予防などが期待できる成分です。
粘膜を保護する作用により、風邪やインフルエンザなどの予防、たんぱく質の分解を促し疲労回復を早める効果も見込めるといいます。ムチン以外には、関節軟骨の成分としてよく耳にするコンドロイチンにもこのぬめりがありますよ。
ムチンは水溶性と言って、水に溶け出す性質を持っています。なめこを水で洗ってしまうと、体にいい効果をもたらす可能性を秘めたムチンが流れ出てしまうことになります。成分をしっかり取り入れるためには、できるだけ洗い流さずに利用するようにしましょう。

メーカーの意見は?

なめこの生産・販売を行っているメーカーによれば、見た目がゆるゆるとした感じのもの、少し酸っぱいにおいがした場合は洗ってから使うといいそうです。袋詰めの段階で、なめこのパック内に栽培で使用したオガクズなどが入り込んでしまう可能性もあるため、軽く水洗いして使うのが望ましいとのこと。
ぬめりの中には調理したときおいしさを感じる旨味成分も含まれているので洗い過ぎにないように気を付けましょう。

なめこの正しい洗い方

なめこは上手に洗わなければ、おいしさも栄養も失われてしまいます。落とし過ぎてしまうとなめこ本来のおいしさを味わえなくなってしまうため、溜めた水でゴシゴシこすり合わせるような洗い方は避けましょう。
洗うのであれば、ざるに移して流水で軽く洗い流す程度、気になるにおいがある場合は、それが取れるくらいで十分です。

なめこは加熱調理すべし

なめこは一見、袋からだしてそのまま料理のトッピングに使えそうな気がしますね。実は、そのまま食べてはいけない食品であることをご存知でしょうか?生のなめこを口にすると、食中毒を起こし腹痛や下痢で苦しむ可能性があるのです。
中途半端な加熱の仕方では食中毒の危険性が残ってしまいます。料理の上にのせるなら下ごしらえとして熱湯で茹でて確実に熱を通しておきましょう。電子レンジを利用すれば、簡単に加熱でき時短にもつながります。

なめこは腐るとどうなる?

なめこは他の野菜と同じように、包装に消費期限や賞味期限は書かれていません。傷んでいるかどうかは見た目とにおいで判断するしかないのです。購入時にきれいな茶色だったなめこは日が経つにつれ変色し、傷むと黒っぽくなってしまいます。
ぬめりも泡が立ったような感じへと変化します。ここまでは袋の上から見ても気がつくでしょう。悪くなっているものは中味を取り出してみると一つ一つのなめこにハリがなくドロドロしたいて、酸味を帯びた強いにおいがします。
なめこの保存場所として向いているのは野菜室よりも低い温度を保てる冷蔵室。日持ちが短く最長でも1週間ほどしか保存がきかないので、冷蔵を過信しすぎないよう、できるだけ早く食感や独特の風味が損なわれないうちに食べ切ってしまいましょう。

なめこのおすすめレシピ

豆腐となめこのおみそ汁

なめこと相性のいい豆腐を使ったおみそ汁。飲むだけでどこかほっとする定番の味です。かつおと昆布でとっただし汁にさいの目に切った豆腐とみそを加えてから、なめこと小口に切ったネギを入れ、しっかり火が通ったらできあがり。
なめこを先に入れてしまうとみそが溶けなくなってしまうため、順番を守ることがポイントとなります。

なめことオクラのさっぱり香味和え

沸騰したお湯でオクラを茹でてから流水にさらし輪切りし、なめこも茹でて火を通します。オクラとなめこ、ミョウガを合わせ麺つゆをベースにした和風ダレを加えてよく混ぜれば完成です。冷蔵庫に入れて冷やし味をなじませるとさらにおいしくいただけます。
おしゃれな器に盛り付ければお酒のおつまみにも。さっぱりとしていて、暑さで食欲の落ちているときにも食べやすい一品です。

なめこご飯

なめこの食感を活かした炊き込みご飯です。石づきの付いているなめこは取り除いてほぐしてから使うようにします。お米となめこ、油揚げを昆布でとっただし汁に漬けてお酒・塩・しょう油で味付けし、後は炊飯器で炊くだけ。
お茶碗に持ったら仕上げに細かく刻んだ三つ葉を散らせば彩りも良くなります。おもてなしの料理としても喜ばれるでしょう。

正しい下処理でおいしく食べよう!

ぬるぬるの後、噛んだときのプリッとした食感がいいなめこは、購入後すぐ、最もおいしい時期を逃さずに調理しいただくのが一番です。洗い方や下ごしらえに注意すれば、さまざまな料理にも利用できますし、栄養もしっかり取れます。
扱い方がよくわからず使いこなせていなかった方も、今後は食材として大いに活用してみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

なめこの賞味期限て一体いつまでなんだろうと、疑問に感じたことありませんか?冷蔵保存の場合は3日前後、冷凍庫で保存した場合は1ヵ月と、保存の仕方が少し違うだけでこんなにも保存期間が変わるんです。また、新鮮なめこ…

レシピ パスタ そば まとめ

お味噌汁に和え物など、朝食から夕食まで身近な食材なめこ。独特のネバトロを生かしたおすすめレシピはたくさんあります。定番の味噌汁はもちろん、パスタやうどん、おつまみにおすすめなレシピなど、なめこの魅力を存分に味…

レシピ まとめ

何気なく食べているなめこの味噌汁ですが、なめこにはビックリするくらいたくさんの栄養素が含まれています。そしていつも同じような味になってしまうなめこの味噌汁の、さまざまなアレンジレシピを一挙ご紹介!なめこの魅力…

しめじを冷凍保存した場合、どのくらいの期間おいしく食べられるかご存知でしょうか?種類にもよりますが、長いものだと最大1ヵ月近くまでその鮮度を保ったままおいしく食べられるんですよ。炒めたり煮たり蒸したり、万能食…

大根 レシピ まとめ

「なめこおろし」は、なめこと大根おろしを合わせたお手軽簡単レシピなのですが、簡単な作り方に反して、栄養、アレンジレシピがたっぷりある万能の料理なのです。これからの季節にも活躍間違いなしの、なめこおろしレシピ1…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ラーメン レシピ まとめ

チキンラーメンのアレンジレシピはCMなどでも紹介され、定番となりつつありますが、世の中にはまだまだ知らないアレンジレシピがたくさん!今回は、簡単にできるチキンラーメンの人気アレンジレシピをご紹介します。ご家庭…

レシピ まとめ カクテル

ウイスキーってお洒落でかっこいいけど、強くて飲みにくそう・・・そんなイメージをお持ちではないですか?そこで今回は、美味しく女性にもとっても飲みやすくなるアレンジ方法を、レシピ付きでご紹介します♪ぜひ、ウイスキ…

レシピ まとめ

余るとメニューに困ってしまうこともあるひき肉。今日は鶏、豚、牛問わずおかずにぴったりな人気レシピをご紹介します!今夜のおかずに困っている人は必見ですよ!ひき肉でお料理のレパートリーを増やしてみてはいかがでしょ…

レシピ まとめ

アスパラガスにはとても美味しい調理方法があります。栄養もありローカロリーで癖もないので、どんどん取り入れて、ヘルシーな食生活を送りましょう。ここではアスパラガスを使ったレシピ10選を紹介します。

バナナ 揚げ物 レシピ 串揚げ まとめ

皆さんバナナをどうやって食べますか?と聞かれたらそのままと答える人がほとんどではないでしょうか。バナナに火を通す方はあまり多くないはず。でもバナナってフライにしたらすごく美味しいんですよ~♪そんなレシピを紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

デート バー おしゃれ ダイニングバー 六本木 まとめ

六本木のディナーデートにおすすめのお店をご紹介します。芸能人や著名人が足繁く通うことから、個室やカップルシートなどのプライベートな空間を完備しているお店が多数あるので、二人の距離も縮まること間違いなしです♩

和食 ミシュラン 神楽坂

神楽坂にある「懐石 小室」は、正統派和食を極めた懐石料理を味わえるというミシュランガイドで2ツ星に輝く神楽坂の隠れ家的名店。どの料理も完璧に近いとの声もあり、見た目はシンプルですが、食べると手の込んだ料理なの…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る