ローディング中

Loading...

スーパーなどで安売りのタイミングを見て、食材を買い置きする方も多いでしょう。そんなときに気をつけなくてはいけないのは、その食品の賞味期限や消費期限です。このふたつの期限、正しい違いをご存知ですか?おいしく食べるためにも期限に注意しましょう!

賞味期限と消費期限の違いは?

食べ物を買ってからしばらく時間が経ってしまったとき、気になるのは期限ですよね。そんなとき、思いかえしてみれば賞味期限と消費期限、2種類目にするかと思います。

でも、一体何が違うのでしょう?何となく、消費期限の方が食べられる期間が短そう…なんてイメージを持ってしまったりもしますが、それって本当でしょうか。

勘違いの結果、おなかを壊した!などということがないように、この機会に正しい知識を身につけましょう。

賞味期限とは?

食品衛生法の定める賞味期限とは、「開封していない状態で、表示されている通りの保存方法で保管した場合においしく食べられる期間」です。主に、長期間衛生的に保存できる、レトルト食品、缶詰やスナック菓子などに多い表記です。

賞味期限とは、衛生的にどうかという部分よりも品質が保たれているのかどうかに重きをおいて設定されたものですので、基本的に「おいしく食べられる期間」にあたります。

ですので、賞味期限を多少過ぎていてもうまく調理をすれば食べることができると言っていいでしょう。ただしこれは「開封していない」などが大前提になるので、一度封を開けてしまったものや解凍してしまった冷凍食品などはこの限りではありません。

消費期限とは?

食品衛生法の定める消費期限とは、「開封していない状態で、表示されている通りの保存方法で保管した場の、食べても安全な期限」です。基本的に、5日間たつと品質が劣化してくる、長期保存できないお弁当やお惣菜などに多い表記です。

こちらはその衛生的かつ品質が保証されている期間ということになりますので、基本的にはこの期限を過ぎたら食べてはいけません。

賞味期限が切れてどれくらいまで食べられる?

賞味期限は、多少のゆとりをもって設定されていますので、1日過ぎたから食べられない!ということではありません。多くの企業では、賞味期限の1.5倍の日数経っても大丈夫なようにテストしているようです。

しかし、全ての企業がそうとは限りませんし、食品にとって最適な環境下でのテスト結果ですので、一般のご家庭では1.1~1.2倍程度の超過は問題ないとみて大丈夫です。つまり、賞味期限が10日の食品は2~3日過ぎても基本的には問題なく食べられるということです。しかし、あくまでも自己責任です。

可能な限り賞味期限内に食べきれるように気をつけましょう。賞味期限を過ぎてしまったら、例えば加熱可能なものであれば加熱するなど一工夫を加えると、より安心して食べることができるでしょう。

消費期限が切れてどれくらいまで食べられる?

先ほども申し上げたように、消費期限とは元々長期保存に向かない食品を安全に食べられる期間のことを言います。ですから、消費期限を過ぎてしまった食べ物は食べないほうがよいでしょう。

消費期限には、時間まで記されているものもあります。これは特に傷みやすい食べ物について記載されているものですから、より注意が必要です。

ですので、これを再利用しようと考えるのであれば食べるのではなく、肥料として活用するなどの方向性のほうがよいでしょう。

品質保持期限とは?

品質保持期限とは、賞味期限の古い言い方です。以前は、「品質保持期限と賞味期限が同じ意味を示す」にもかかわらず並行して使われており、消費者や事業者からわかりにくいと指摘がったため、平成17年に「賞味期限」に統一されました。

ですので、現在「品質保持期限」という言い方は用いられていません。

賞味期限のない食べ物

長期保存をしても、適切な保存方法をとっていれば品質の劣化がほとんど認められないものに関しては、賞味期限がないと判断されることもあります。以下に、それに該当する食品をいくつか挙げてみます。

アイスクリーム

なんと、アイスクリームには賞味期限がありません。なぜ!?と言いたくなりますが、アイスクリームは表記どおりの温度、つまり「-18℃以下」で保存された場合は、細菌が繁殖せず、品質劣化もほとんどないのだそうです。

はちみつ

はちみつも賞味期限がありません。はちみつ自体が強い殺菌力を持っているためだそうです。古くなっても食べられますが、おいしくいただくには、はちみつの風味を楽しめる2~3年のうちに食べましょう。

ガム

ガムも、そういえば賞味期限表示がありませんよね。ガムは、含有水分が極めて少なく、包装も密封されたものであることから、定められていないそうです。

期限を守っておいしい食卓を

賞味期限と消費期限の違い、おわかりいただけたでしょうか。消費期限切れ食品には要注意ですね。賞味期限がない食品もあるということもわかりましたね。

期限が切れた直後から突然腐る、などということはありませんから1時間オーバーくらいでしたら色や匂いに注意しつつ食べても問題ないかもしれません。ですが基本的には期限内に食べきるのが一番です。生鮮食品の期限切れには気をつけて、ムダなく豊かな食生活を送りましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キムチ

キムチの賞味期限知っていますか?キムチは韓国発祥の発酵食品ですが、日本でもすっかりおなじみになり、日々の食卓の人気もの。常備されていることも多いキムチ、皆さんはどうやって保存していますか。キムチは保存の仕方に…

冷蔵庫に入っていたしいたけ、まだ食べられるかな?とパックを見てみるも、賞味期限が書かれていない!しいたけに限らず、きのこ類には賞味期限がないことをご存じでしたか?しいたけをおいしく食べるための保存方法とその期…

エリンギの賞味期限はご存じですか?バター炒めやパスタなど様々な料理に人気のエリンギですが、すぐに傷んでしまう印象もあります。冷蔵や冷凍、カットしたものなど、エリンギの保存方法はさまざま。保存方法によってエリン…

大根

味噌汁や煮物、大根おろしなど・・・日々の食卓に欠かせない大根の賞味期限、ご存じですか?また、大根はどのように保存されていますか?今回は、常温・冷蔵・冷凍の場合の賞味期限と、それぞれの保存法も併せてご紹介します。

パン レシピ

パン屋さんで買うパンの賞味期限はどれくらいかご存じですか?よい香りの漂うパン屋さんに立ち寄ると、ついいろいろなパンを買いたくなるもの。でもパンは賞味期限が短い食品。今回は、せっかく買ったパンを少しでも長く食べ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ホットドリンク

紅茶ブランド「リプトン」から、紅茶にドライフルーツ、ハーブやスパイスを入れた新たなスタイルの提案「グッドインティー」が登場しました!今回は、早くも注目を集めているこのアレンジティーの魅力をお伝えします。

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

神戸 イタリア テイクアウト 専門店

神戸元町にあるパニーニ専門店「ポルトパニーノ」は、パニーニメニューは種類も多く、自分好みにカスタマイズすることも可能です♪ランチやちょっと小腹がすいた時、テイクアウトしてピクニックなどにもおすすめです♪

東京 ベーグル パン

東京下赤塚駅にあるパン工房ブランジェリーケン(BOULANGERIE KEN)は、ずっしり重く、食べこたえがありコスパが良いと評判です。どのパンも美味しいですが、中でも人気はもっちりしたベーグル!遠方からも買…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...