ローディング中

Loading...

コーヒーは便秘にいいと言われています。その一方で、便秘が悪化するとも言われていますね。真実はいったいどっちなの…?この記事では、なぜ便秘に「良い」「悪い」と言われるのか、その原因を明らかにすると共に、どう飲むのが一番いいのかお伝えします!

コーヒーは便秘に効く??

便秘に悩まされている人は多いですよね。特に女性は、便秘解消のためにいろいろなことを試しているんじゃないかと思います。

そんな読者におすすめしたいのがコーヒー。コーヒーには、便秘にいいという話もあれば、その一方で悪化させるという話もありますね。

コーヒーは便秘に効くのか、それとも悪化させるのか、コーヒーに含まれている成分を見ながら紹介していきたいと思います。

コーヒーで便秘が改善する理由

カフェインの影響

どうしてコーヒーが便秘に効果的だといわれるのか。理由のひとつはコーヒーの代表的な成分「カフェイン」の存在です。

カフェインには大腸の収縮を助け、胃の働きを活発にする効果があります。そのため、コーヒーを飲むとカフェインの効果で消化がよくなり、便秘の症状を改善できるのです。

たとえば毎朝1杯のコーヒーを飲めば、ほどよく大腸を刺激し、便通を促すことができるでしょう。

なお、コーヒー1杯に含まれているカフェインの量は1杯100mlに対して40mgと言われており、コーヒーの約4割はカフェインです。

オリゴ糖の影響

「コーヒーオリゴ糖」の存在も、コーヒーが便秘によいと言われる理由のひとつです。コーヒーオリゴ糖はコーヒー豆のカスから抽出できるのですが、砂糖よりもカロリーが低いため、コーヒーの甘味料として用いられています。さらに、コーヒーに入れることで、味がより深くなります。

コーヒーオリゴ糖は腸内にいる善玉菌のエサとなって腸内の働きを活発にし、便秘症状の改善を手助けします。腸内環境を活発にしてくれることで、便を出すように促してくれるのですね。

コーヒーに混ぜたものの影響

コーヒーはブラックで飲むという方がいる一方で、カフェオレやカフェラテ、カプチーノばかり飲んでいるという人も少なくないと思います。

乳製品には腸内の動きを活発にする働きがあり、便が出るのを手助けしてくれます。コーヒーそのものによる作用ではありませんが、これもまたコーヒーを飲むことで得られる効果といえるでしょう。

より効果的な飲み方

コーヒーは朝に飲む

コーヒーに入っている成分が腸内の働きを活発にして排便を促すことは分かりましたね。その効果を高めたいと思うなら、まずは朝、コーヒーを飲むようにしてください。

朝コーヒーを飲むことで、一日のはじまりから夜まで、腸の動きがよくなります。その逆に、夜コーヒーを飲むことはあまりおすすめできません。カフェインが入眠の妨げになる恐れがあるからです。

砂糖の代わりにオリゴ糖を入れる

コーヒーを飲むときは、砂糖ではなくコーヒーオリゴ糖を入れるようにしてください。先でお伝えしたとおり、その方が便秘の改善に効果的だからです。

ふだんブラックばかり飲んでいるという方も、お腹の調子が悪いときは、少しコーヒーオリゴ糖を加えてみるといいでしょう。少量であれば風味にそれほど大きな影響はありませんよ。

コーヒーで便秘になる理由

クロロゲン酸の影響

ここまで、便秘改善に役立つコーヒーの効果をお伝えしました。ここからは、コーヒーが便秘を悪化される言われるのはなぜか、その原因をご紹介したいと思います。

コーヒーには「クロロゲン酸」という成分が含まれています。この成分はポリフェノールの1種で、体によい影響をくれる成分なのですが、その一方で胃や腸の働きを抑えてしまうのです。そのため、便秘の時にコーヒーを飲むと胃や腸の働きが余計に悪くなり、便秘が悪化してしまうのですね。

ちなみに、コーヒーに含まれるこの成分は少量なので、1杯程度であればなんら問題ありません。コーヒーをガブ飲みするようなことがなければ、それほど気にする必要はないでしょう。

カフェインによる利尿作用の影響

コーヒーを飲むとトイレに行きたくなるという話をよく聞きます。それはカフェインの利尿作用のせいなのですが、水分が体内から失われてしまうという点も悪影響。

体から水分が失われれば、便を柔らかくするための水分が足りなくなり、そのせいで便が出にくくなってしまいます。

便秘解消に効果的な飲み方

適量を呑む

コーヒーを楽しみながら、便秘が悪化しないようにするにはどうすればいいか。ぜひ以下を意識してみてください。

まずは「適量に飲む」ことです。コーヒーに含まれているクロロゲン酸は腸の動きを抑えてしまいますが、少量であれば問題ないのです。適量を飲むようにすれば、コーヒーは便秘の解消に役立ちます。

温かい状態で飲む

次に、「温かい状態で飲む」ことです。

冷たい状態だとゴクゴク飲んでしまうため、自然と飲む量が多くなり、利尿効果が高まってしまいます。コーヒーはなるべくホットで飲みましょう。

オリーブオイルコーヒーが便秘に効く

オリーブオイルにはオレイン酸が入っており、便秘解消に効果的です。オレイン酸は腸まで届き、腸内を刺激して働きを活発にしてくれるのです。

オリーブオイルコーヒーの作り方

材料はインスタントコーヒー 、お湯、牛乳、コーヒーフレッシュ、コラーゲン粉末、オリーブオイル、ブラックオリーブ。

作り方は超簡単!コーヒーに上の材料全部を混ぜ合わせたら完成です。飲んで驚きの効果、ぜひ体験してください!

結局コーヒーは便秘に効くの?

この記事では、コーヒーがどうして便秘解消に効果的なのか、また、なぜ便秘を悪化させてしまうのか、それぞれを紹介しました。結局のところ、コーヒーで便秘になるかどうかは体質によっても異なります。

基本的に、コーヒーは便秘によいといっていいと思います。ただ、その効果を最大限得るには適量を飲むことが重要だということ。飲み方に注意しながら、ぜひコーヒーを便秘改善に役立ててほしいと思います。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ テイクアウト 大阪 コーヒー お茶 和菓子

2016年7月、大阪市内にリニューアルオープンしたばかりのお店「チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー(CHASHITSU Japanese Tea & Coffee)」。そこで販売している「おはぎ…

コーヒー

ローソンのマチカフェといえば、季節ごとに変わるおしゃれなカップデザインが人気ですよね。2017年5月末、大容量なでかわいいドリンクが仲間入りしたのはご存知ですか?その名も「メガコーヒー」!今年は「メガアイスカ…

コーヒー

スタバにて、手軽に「スターバックスラテ」のカスタマイズを試し、“最高のお気に入りラテ”を見つけるキャンペーン「Rediscover your latte」がスタート。なんと、2杯目のラテが200円に!お得…

アボカド コーヒー

オーストラリアが発祥のアボカドの皮をカップ代わりにしているカフェラテ、「アボラテ」。見た目も味もかなりインパクトがあるようです。こんな発想はなかった!と密かに話題の飲み物となっています。今回は、そんなアボラテ…

コーヒー カフェ まとめ

いま東京では新感覚のコーヒーが注目を集めています。ファーストウェーブ、セカンドウェーブに次ぐサードウェーブコーヒーとも言われ、新しい形態のカフェやコーヒーが話題になっているんです。今回はそんな東京の最新コーヒ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

ドライフルーツが100円で買える時代になりました。様々な種類のドライフルーツだけではなく、ダイソーには「フリーズドライ」されたフルーツが販売されています。その豊富な種類とリーズナブルな価格にハマる人が続出中だ…

まとめ レシピ

とっても簡単なのに、しっかりおいしいズボラ飯のレシピを8点ご紹介します。混ぜるだけのご飯ものや、のせるだけの丼物など、ズボラなあなたもこれなら重い腰をあげるはずです!料理する時間も短く、おいしいものが食べられ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る