ローディング中

Loading...

風邪をひいて体力と食欲が落ちているとき、頼りになるのが栄養ドリンクです。ただし、配合成分によってその効果や飲むべきタイミングには大きな違いが。つらい症状をできるだけ早く緩和して元気になるにはどうやって飲めばいいか、ご紹介いたします。

風邪をひいた時、どうしてる?

熱っぽい、体がだるい、風邪をひいたかな?という時に、でも仕事があるから病院に行けないケース、ありますよね?そんなときはぜひ、手軽に購入できる栄養ドリンクを活用してください。

栄養ドリンクは、肉体疲労や病中病後、発熱をともなう風邪などの場合の栄養補給に効果的だといわれています。ここでは、栄養ドリンクに含まれる成分や飲むのに適したタイミング、オススメの栄養ドリンクなどをご紹介していきます。

栄養ドリンクはなぜ効果があるのか

風邪をひいてしまう理由は、ウイルスの侵入を防ぎきれないことにあります。鼻やのどからウイルスが体内に入ったときに、肉体疲労などにより免疫力が落ちていると、ウイルスを体の外に追い出せなくて風邪をひいてしまうのです。

栄養ドリンクに風邪を治す力はありませんが、肉体疲労に有効な成分が入っています。疲れが溜まってるな…と感じているときに飲むことで、風邪をひきにくくなりますし、風邪をひいてしまったときに飲めば体力の回復を期待できます。

では、栄養ドリンクに含まれる栄養成分には具体的にどんな効果や効能があるのか、見ていきましょう。

タウリン

栄養ドリンクのコマーシャルなどで「タウリン○○○○㎎配合」というキャッチコピーを耳にしたことがある人は多いでしょう。タウリンは、人間の体にも存在している含硫アミノ酸の一種。体の約0.1%を占める量のタウリンが体の骨格筋や臓器・組織に分布しており、体を動かすのに必要なエネルギーを産生したり、代謝を助けたりしています。

風邪のきっかけになりやすい肉体疲労時は、内臓の働きが弱まっていて体の中の有害物質を解毒する力が弱くなっています。お酒を飲んだ時のアルコールはアセドアルデヒドに分解されますが、タウリンにはこのアセドアルデヒドや食品添加物、体内で作られたアンモニアなどの有害物質を解毒して体の外へ排出してくれるので、疲労回復に効果があるのです。

ほかにもタウリンには胆汁の分泌をうながしてコレステロールの数値を下げる効果や、ホメオスタシス(生体恒常性)という体の持つ機能や細胞を正常な状態に保つ働きがあります。目の新陳代謝を促進させて、角膜の修復を助ける働きがあるため目にもいい効果があったりします。

タウリンは栄養ドリンクで補給する以外には、サプリメントで摂取したり、タウリンを多く含む牡蠣やイカ、タコなどの魚介類を食べる方法があります。

ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質からエネルギーを産生し、皮膚や粘膜を正常な状態に保つ働きをします。ビタミンB1が不足すると糖質を上手くエネルギーに変えることができなくなり、食欲不振・疲れやすい・だるいといった自覚症状とともに、グリコ―ゲンの不完全燃焼により乳酸といった疲労物質が発生し、筋肉疲労が起こってしまいます。

また、頭を使う仕事などで神経を酷使した場合もビタミンB1を多く消費しています。疲れやストレスが溜まると免疫力が落ちますが、ビタミンB1を摂ることで免疫力を高めれば風邪をひきにくくなり、体力の回復も期待できます。

ビタミンB1が多く含まれている食品は、玄米や胚芽がついたお米、オートミールなどの穀類、豚肉、鰹、鰻、大豆などです。

ビタミンB2

ビタミンB2には、おもに皮膚や粘膜の健康を助ける働きがあり、糖質・脂質・タンパク質を燃焼させエネルギーに変えるなど、代謝に関わる重要な役割も担っています。

ビタミンB2は牛・豚・鶏のレバーや牛乳、サンマやブリ、納豆、きのこ類に多く含まれていて、不足すると口内炎や舌炎、口の端が切れる口角炎などができやすくなり、肌荒れもしやすくなります。

風邪のときにビタミンB2を摂れば、荒れてしまった鼻やのどの粘膜細胞の再生を促せますし、胃腸の調子も整います。

ビタミンB6

ビタミンB6は、タンパク質や脂肪の代謝には欠かせない栄養素です。腸内の細菌によって作られるため、不足しにくいとされていますが、抗生物質を飲んでいるときは腸内細菌が育たないため注意が必要です。

ビタミンB6が不足すると、皮膚や粘膜にトラブルが出やすくなるほか、ヘモグロビンの合成が滞り、貧血を起こす場合もあります。ビタミンB6を多く含む食品は、レバーや大豆製品、マグロ、にんにくなどです。

ビタミンB6は免疫のバランスを正常にしてくれるので、免疫力が落ちているときや、タンパク質を多く摂る人、妊娠している女性はぜひ積極的に摂るようにしてください。

飲むタイミング

食後

栄養ドリンクの栄養の吸収がいいのは食後です。また、胃腸の弱い人や胃腸が弱っているときも食後に飲むのをおすすめします。ただし生薬の入っているものは、漢方薬を飲むときと同じタイミングで、食前か食間に飲むのが効果的だそうです。

眠る前

疲労回復効果の高いもの、ビタミン類が豊富なものは、眠る前に飲むのがいいとされています。眠っている間は成長ホルモンの分泌が活発になるため、特にバリンやロイシンなどの必須アミノ酸が入ったものが効果が高いようです。

しかし、眠る前に飲むときはアルコールやカフェインが入っていないものを選ばないと、なかなか寝付けないといった弊害が出る場合もあるので注意が必要です。

効果的に飲む方法

ビタミンCと摂取

風邪のウイルスから体を守る役割を果たしているのは白血球。この白血球の働きを活発にはビタミンCが必要です。つまり、風邪のときはビタミンCを普段より多く摂取すべきだといえます。

また、発熱によって汗の量が増えると、水溶性ビタミンであるビタミンCをはじめとしたビタミン類やミネラルが流れ出てしまうので、それらを補うためにも栄養ドリンクとあわせてサプリメントなどを飲むことをおすすめします。

とはいえ、サプリメントを使って一度にたくさんのビタミンCを量を補給しても、摂りすぎた分は尿や汗と一緒に体の外へ出ていってしまいます。また、大量に摂取しすぎると体に弊害が起こる場合もありますので、サプリメントの容器に書かれている1日の目安量を守って飲むようにしましょう。

風邪のときは栄養のあるものを食べるべきですが、無理にスタミナをつけようと肉やホルモン、あるいはビタミン補給のために大量の野菜や果物を食べても、消化のためにエネルギーを消費してしまい、かえって体力を消耗させてしまうことも。

ことのことから、風邪のときは栄養ドリンクのように消化吸収されやすいものと、失ったビタミン類を補給できるサプリメントを一緒に飲むようにしたほうがよさそうです。

注意点

夜飲むならノンカフェイン

栄養ドリンクには、仕事中などに飲んで効く即効性のものがありますが、これを夜寝る前に飲むのは避けたほうがいいでしょう。栄養ドリンクに配合されているカフェインには脳の働きを活性化させる覚醒作用があり、一種の興奮状態を作り出します。瞬間的に元気になったような気分になるのはこのせいです。

仕事を終えてから飲むのであれば、ノンカフェインの栄養ドリンクを飲むことをおすすめします。

1日1本

栄養ドリンクの中には、生薬のエキスを抽出するために使われたアルコールに由来するものや、栄養成分の吸収をよりよくするために微量のアルコールが入っているものもあります。お酒に弱いという自覚がある方は、絶対に飲み過ぎNG。決められた容量を守って飲むようにしましょう。

薬を併用している時は、医師に相談

基本的には一緒に服用しても問題はなさそうですが、心配なら医師に相談するのをおすすめします。栄養ドリンクに記載してある注意事項をよく読んで、適正な用法・容量を守ってください。

オススメの栄養ドリンク

ゼナジンジャー(大正製薬)

ゼナジンジャー(大正製薬)

出典:楽天市場

【送料無料】大正製薬 ゼナF0-ジンジャー 50ml×10本 1ボール 0824楽天カード分割

¥4266

楽天市場で購入
「ゼナジンジャー」は、風邪のひきはじめや、風邪の発熱で体力を消費したときなどの栄養補給に効果があります。

生姜(ショウキョウ)をはじめとする生薬と、タウリンとビタミンを配合。生姜が体をあたため、新陳代謝を高めてくれるため風邪のときにはおすすめですが、アルコールが1.45ml入っているので、アルコールに弱い方などは注意が必要です。

エスタック滋養内服液GOLD(エスエス製薬)

エスタック滋養内服液GOLD(エスエス製薬)

出典:楽天市場

エスタック滋養内服液GOLD 50mLx10本

¥3980

楽天市場で購入
「エスタック滋養内服液GOLD」は、風邪で体がだるいときや病中病後の栄養補給をサポートしてくれる栄養ドリンク。ショウキョウエキスなど滋養強壮に効果のある8つの種類の生薬とビタミンB、タウリンが配合されています。

カフェインフリーなので、疲れた体を癒したい睡眠前の栄養補給にもおすすめ。生薬成分が入っているため、にごりが出る場合もあります。よく振ってから飲むようにしましょう。また、0.4ml以下のアルコールが入っているので注意してください。

リポビタンフィール(大正製薬)

リポビタンフィール(大正製薬)

出典:楽天市場

大正製薬 リポビタンフィール(100ml×10本入)【医薬部外品】

¥1522

楽天市場で購入
オレンジとパープルが基調のフェミニンなパッケージが特長。女性でも買いやすいデザインで、1本7kcalと低カロリーなのもうれしいですね。フルーティーなカシスとグレープフルーツの風味がさわやかなノンカフェインの栄養ドリンクです。

タウリンをはじめ、グリシンやイノシン、ビタミンB2など7つの有効成分を配合し、妊娠中や授乳中の栄養補給にも向いています。眠る前に飲んで、寝ている間に疲れをリセットさせるのにぴったりです。

スパークユンケル(サトウ製薬)

スパークユンケル(サトウ製薬)

出典:楽天市場

【第2類医薬品】佐藤製薬 スパークユンケル 50ml×10本

¥1317

楽天市場で購入
イカリソウ流エキス、オウセイ流エキス、タイソウエキスといった強壮生薬のほかにビタミン類やタウリンが入った栄養ドリンク。飲みやすい味なので、初めてユンケルを飲む方にはおすすめの商品です。カフェインを含むので、夜おやすみ前に飲むのは避けたほうがいいでしょう。

栄養ドリンクに頼りすぎはNG

風邪をひいたからといって、栄養ドリンクを飲むだけでは風邪はいっこうによくなりません。風邪のときには栄養バランスのとれた食事をして、安静にすることが大事。忙しいからと無理をしてしまうと長引く結果となりますよ。

おわりに

栄養ドリンクが風邪にいいことがおわかりいただけたでしょうか?

風邪で鼻が詰まる、のどが痛いなどの症状があると食欲がなくなってしまいますよね。そんなときは栄養ドリンクで栄養補給。体をあたためる効果があるものや不足している栄養成分を補ってくれるものなど、目的や症状に合わせて選んで飲むようにしましょうね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 離乳食

今回は、「おかゆ」の作り方を徹底解説!土鍋で作る基本レシピから、炊飯器や電子レンジでの簡単な作り方までお教えします。離乳食用おかゆの作り方や、人気のアレンジレシピ、さらには保存方法まで、おかゆについてのアレコ…

バーボンを飲んだことはありますか?高価なお酒というイメージがありますが、どんな飲み方をすればおいしく飲めるのでしょうか。おすすめ銘柄は?今回は、バーボンの基礎知識や飲み方、おすすめ銘柄など、余すことなくご紹介…

旅やレジャー、フェスタにも持ち運びやすく、伸縮自在で軽量、耐久性と安全性にも優れた新感覚のボトル「que Bottle(ケ・ボトル)」がクラウンドファンディング今注目をあびています。利便性も抜群なので、マイ水…

レシピ まとめ

皆さん、酢豚をメイン料理に決めた日の献立、どうしていますか?酢豚だけだと少し物足りないという方も多いのではないでしょうか。酢豚に合わせたい副菜やスープ、サラダなどをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

ローストビーフ レシピ

ローストビーフは、お家でも簡単に作れます。でも、ローストビーフに適した部位や作り方ってご存じですか?部位ごとの魅力、おいしく作るコツ、おすすめレシピなどをまとめてご紹介します。豪華な夕食に、ホムパに役立ててみ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スウェーデン お菓子 スイーツ まとめ

マリメッコやムーミン、北欧雑貨など日本でも大人気の北欧文化。 そんな北欧文化ブームにのって、北欧スイーツも日本にどんどん集まっています☆ 今年流行るかもしれない選りすぐりの北欧スイーツを集めました!

東京 スイーツ お菓子 お土産 まとめ

1991年に発売されて以来、東京土産として長く愛され続けている「東京ばな奈」。実はさまざまな種類があるのをご存知ですか?ふわふわのスポンジがおいしい「東京ばな奈」のバリエーションをまとめてご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

ランチ 浅草 粉もの もんじゃ焼き まとめ

江戸情緒が色濃く残る浅草。多くの老舗が軒を連ねるこの土地で、人々から愛されている料理といえば「もんじゃ焼」です。昼間からビールを片手にもんじゃをいただく…なんとも幸せな気分になりませんか!? 今回は超人気のも…

原宿 パンケーキ ハワイ スイーツ まとめ

「原宿=パンケーキ」というイメージが定着してきた今日この頃。エッグシングス原宿、カフェカイラ、ホノルルコーヒー表参道、シナモンズなどハワイ発祥のパンケーキ屋さんが人気を集めています。しかし、実際に食べるには長…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る