ローディング中

Loading...

ひょろい見た目にだまされないで!いかにもスカスカに見えるあのきのこには、驚くほど豊富な栄養が詰まっているんです。今回は、美容にも健康にもよくてその上低カロリーという大正義なヘルシー食材・えのきについて、詳し〜くご紹介いたします!

えのきの栄養知ってる?

えのきは低カロリーでダイエットに適している食材として有名です。では、栄養素はどうでしょうか?

実はえのきには豊富な栄養素が含まれているのです。きのこの中ではしいたけが栄養豊富と言われていますが、実はえのきの方が栄養豊富。今回はそんなえのきの栄養素について、ご紹介します。

えのきの栄養素

ミネラル類

えのきに含まれる栄養素のひとつに、ミネラルがあります。えのきに含まれているミネラルは、ナトリウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅の5つ。

これらのミネラルの中でナトリウムは過剰摂取しやすく高血圧の原因となります。しかし、そのナトリウムの働きをカリウムが抑制してくれるのです。

また、鉄が豊富に含まれていることから貧血防止につながります。銅には、善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす働きがあることから、体の健康作用として働いていきます。

亜鉛には、細胞分裂の働きを改善し、味覚を鋭くします。食事を楽しむためには必要不可欠な栄養素といえるでしょう。

葉酸

えのきには葉酸が豊富に含まれております。この葉酸は、ビタミンB群の一種として赤血球を作り出す働きをしています。

赤血球には寿命があり4ヶ月と言われています。赤血球が体の中で自然にできあがることはないので、葉酸を摂取することは健康維持に必須。

動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞といった病気を予防するためにも、えのきを食べるべきです。

ビタミンB1

えのきに含まれているビタミンB1は、体を作るための大切な役割をしています。

ビタミンB1には皮膚や粘膜の健康維持を助ける作用があり、ビタミンB1の不足が食欲減少や疲れが溜まりやすくなったりもしていきます。

水溶性のビタミンであるため、過剰摂取することはなく身体の中で栄養に変わり、余分なものは排泄されるのです。

ビタミンB2

えのきに含まれているビタミンB2には、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミンとして、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなど、新陳代謝を支える働きをしています。

ビタミンB2が不足すると、発育・成長が阻害され、口の端が切れる口角炎、口内炎、舌炎などが起こることも。えのきを食べる機会を増やしてビタミンB2を継続的に摂取することで、そうした症状を遠ざけられるかもしれません。

ナイアシン

えのきに含まれているナイアシン、別名「ビタミンB3」は、循環器、消化器、神経などに影響します。

ナイアシンは、DNAやホルモンを作るのに必要な物質に変化し、古い角質などの皮膚を新しい皮膚に作りかえる働きをします。その効果は、美肌効果のある栄養素として熱い注目を浴びるほど。

ナイアシンの効果はそれだけではありません。アルコールを分解する効果があり、補酵素としてアルコール分解の手伝いをします。ですから二日酔いのときはナイアシン摂取のためにえのきを摂取するとよいでしょう。

また、ナイアシンには「コレステロールを低下させる働き」「不眠症の緩和」などの効果もあります。

えのきは手早く水洗い

えのきの栄養素のほとんどは水溶性。栄養素が水に溶けやすいのはえのきの欠点のひとつです。

例えばえのきを水洗いなどした場合、えのきの栄養素が抜けてしまうことがあります。そのため、水洗いするときはなるべく手早く作業して、水気を取ることが重要です。

また、水洗いをする際に冷えた冷水ではなく、ぬるま湯で水洗いをした方がよいといわれています。

えのきの効果的な摂り方

えのきの栄養素を効率よく摂取する方法は、乾燥させること。えのきに含まれる栄養素の多くは水溶性なので、生で食べるのがよいと思われがちですが、生のえのきは細胞壁がしっかりとしているため栄養を吸収しづらいのです。

一度乾燥させたえのきなら細胞壁が弱っていて、しっかりと栄養を摂取できます。

ダイエットにも役立つ低カロリー食材

えのきは栄養の宝庫であり、低カロリーな食材でもあります。

そのため、えのきを上手に食事に取り入れれば効率よくダイエットできます。ダイエッターの間で、えのきはとても人気が高い食材なんですよ。

まとめ

えのきは栄養の宝庫で、低カロリーな食材でもあります。また、古い角質を落として美肌づくりの助けになったりしてくれます。

安価でスーパーなどで手軽に手に入るえのきを、ぜひ一日一食に取り入れて、健康な体づくりに役立ててくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

フルーツ パフェ 表参道 女子会 スイーツ

キウイフルーツをふんだんに使用した特製パフェが楽しめる「ゼスプリ キウイ ハント」が表参道に期間限定でオープン。3種のヘルシーなキウイパフェがお目見え。見た目も体感も涼やかにしてくれる夏にぴったりのひんやりス…

レシピ サラダ まとめ

野菜をソースでディップして食べる「バーニャカウダ」。食べたことがある方も多いのでは。その一方で、名前の由来やどこの国の料理かなど、知らないことも多い料理です。今回はバーニャカウダの基本情報や食べ方、レシピなど…

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

とうもろこし レシピ

あなたの家に電子レンジがあるなら、とうもろこしを沸騰したお湯で茹でるのはもうやめましょう。光熱費の節約のためにも、その味を余すことなく楽しむためにも、とうもろこしは電子レンジで手間なく茹でるのが一番です♩

レシピ ホルモン

焼肉屋さんで見かけることも多いセンマイ。センマイ刺しは独特の歯ごたえも人気です。さて、このセンマイ何のどこの部位かご存じですか?人気の部位センマイについてとその食べ方、下ごしらえの仕方やおすすめレシピまでまと…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

パンケーキ まとめ

しっとりもっちりな食感が魅力の「米粉パンケーキ」。グルテンフリーであることに加え、元がお米なので腹持ちがいいのも特徴です。今回は、そんな米粉パンケーキのアイデアレシピや、ふわふわに作るコツなどをご紹介いたしま…

六本木 ランチ 女子会 まとめ

大人の街としても人気のある六本木。今回はそんな六本木のおすすめランチスポットをご紹介します。安いランチが楽しめるお店やお肉犂さんのためのお店、ランチタイムに行きたい高級和食店に女子会にぴったりなおしゃれカフェ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る