ローディング中

Loading...

じゃがいもの芽に毒が含まれていることは知られていますが、じゃがいもの皮にも少量の毒があることをご存じですか?じゃがいもの皮の毒、じゃがいもの皮の栄養素、皮ごと食べる際の注意点などを詳しくまとめました。

芽には毒があるじゃがいも

じゃがいもの芽には、天然毒素が多く含まれているため、食べると食中毒を起こす可能性があります。調理をしたことがある方なら、おそらくご存じでしょう。でも、じつは皮にも少量ですが、毒素が含まれているんです。となると、皮は食べないほうがよいのでしょうか。

皮にはたくさんの栄養素が含まれているので、皮をむいてしまうのはもったいないです。毒素について正しい知識を持っていれば、皮ごと食べても問題ありません。ここでは、じゃがいもの皮の毒、皮の栄養素、保存方法、レシピ、皮むきの方法について詳しくご紹介します。

じゃがいもの皮に毒はある?

じゃがいもを皮むきしていると、緑色になっている部分を見かけます。この緑色になっている部分は、じゃがいもの芽と同様に毒素を持っているため、しっかりと皮むきをすることが大切。また、身の部分も緑色になっている場合は、取り除き、厚めに皮むきをするのが重要です。

じゃがいもに含まれているソラニンやチャコニンという天然毒素は、加熱しても取り除くことができません。また、通常の皮にもソラニンは含まれています。しかし食中毒が起きる摂取量の目安は、200〜400mg。じゃがいも100gにつき毒素は7.5mgほどといわれているため、皮付きじゃがいもを1キロ~2キロもの量を食べないと発症しないので安心してください。

毒素が多く含まれている、じゃがいもの芽や緑色の部分をしっかり取り除くことで、大人の方が食中毒になる心配はないでしょう。しかし、子供の場合は大人の1/10ほどの量で食中毒にかかる場合があるといわれているので、小さなお子さんがいる家庭では食べる量には十分注意してください。

じゃがいもの皮は栄養満点

野菜や果物を皮ごと摂取すると体にいい、ということは多くの方が知っていると思います。しかし、じゃがいもの調理方法ではマッシュポテトやポテトサラダなど皮をむいて調理することが多いですよね。じつは、じゃがいもの皮は栄養の約20%を占めていて、ビタミンB2やトレースミネラル、食物繊維を多く含んでいます。そのため、皮ごと食べることが正しい栄養の取り方ともいえます。皮ごと食べる場合は、皮についている泥や汚れをしっかりと洗い流してから調理しましょう。

皮ごと食べる場合の注意点

春先にスーパーで見かける新じゃがも、一般的に売られているじゃがいもも、保存方法をきちんと守れば皮までおいしく食べることができます。

じゃがいもは、温かい場所や光のあたる場所で保存すると、光合成をはじめて自然と芽が出てきたり、緑色に変色していきます。そのため、気温が5度以下の箱などに入れて暗くして保存する必要があります。じゃがいもを新聞紙にくるんで、冷蔵庫の野菜室で保存した、じゃがいもであれば皮までおいしく食べることができます。

じゃがいもの皮ごとレシピ

1. 皮ごと簡単!ガーリックポテト

調理前に、電子レンジで加熱してフライパンでいためるだけの簡単料理です。にんにく、ハーブソルトやパセリなどを使うので、香りが豊かなガーリックポテトが味わえます。ビールのおつまみにも最適です。

2. 新じゃがのジャーマンポテト

新じゃがを使ったジャーマンポテトのレシピです。ベーコンと新じゃがのシンプル料理ですが、春先では旬の味覚を丸ごと味わえます。

3. 皮付きじゃがいものクロケッティーナ

じゃがいもの皮ごと使ったコロケッティーナのレシピです。小さいサイズのコロッケなので、見た目もとってもかわいらしく、お弁当や夕飯に最適です。

4. 皮ごとまるごとポテトグラタン

じゃがいもの皮を器にしてグラタン風にアレンジしたレシピです。野菜嫌いのお子さんでも、グラタンは大好きなという方は多いと思います。皮ごと食べれて栄養満点なので、特に野菜嫌いなお子さんに試して欲しいレシピです。

5. 新じゃがと鶏肉の炒め煮

しょうゆ味で煮詰めた新じゃがと鶏肉の炒めものレシピです。水を入れずに煮絡めることで、じゃがいもにしっかりと味がしみ込んで、美味しいです。

じゃがいもの皮むき方法

皮をむく際、今までピューラーや包丁を使って、丁寧に皮を剥いていた方もいるかもしれませんが、より簡単に皮むきできる方法をご紹介します。レンジとラップを用意するだけで、簡単につるんと皮がむけます。

1.じゃがいもを洗い包丁で2~3mmほどの深さに十字に一周まわして切れ目をつけます。
2.水気のついたラップに包み、600wの電子レンジで4分ほど加熱します。
3.熱が冷めるまで少し待ち、切れ目のある中央から皮をむくと、つるんと簡単にむくことができます。

ムッキーが便利!

皮むき専用グローブのムッキーという商品を知っていますか?このグローブを使って、皮をむくようにゴシゴシするだけで簡単に皮が剥けます。じゃがいもだけでなく、ごぼうやにんじんなど他の野菜にも使うことができるので、1つ持っておくと便利です。

じゃがいもの毒について知ろう

じゃがいもは芽や緑の部分には、多くの毒素が含まれているので取り除く必要があります。皮の部分にも少量の毒素はありますが、1キロ~2キロ程度の量を摂取しない限り、食中毒になる心配はないといえます。

皮の部分には栄養素がたっぷりふくまれているので、皮の部分を残して調理することが、賢い栄養の取り方でしょう。ぜひ、今回ご紹介した皮ごと使ったじゃがいものレシピを試してみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アヒージョ レシピ まとめ

おうちバルやホムパで人気のアヒージョ。今回は、そんなアヒージョのおすすめレシピを10選ご紹介します。じゃがいもやミニトマト、マッシュルームなどをたっぷりと使った作り方に、エビやタコ、牡蠣などを使ったレシピまで…

大根 和食

大根を調理する際、面取りっておこなっていますか?そもそも面取りする意味って何でしょうか?大根の面取りのやり方から自宅のアレを使った簡単な方法まで、和食の重要な調理法についてご紹介します。試したことがない方、必…

れんこんをたくさんいただいた時、無理して食べなくても適切な保存方法を知っていれば便利です。特に冷凍で保存すれば保存期間は数倍長持ちする上、新鮮なれんこんが味わえるんですよ。今回は、れんこんの上手な保存方法をお…

桃の皮の剥き方や切り方、知っていますか?りんごように包丁で剥くのもいいですが、身が柔らかく繊細な桃にはもっとおすすめの剥き方があるんですよ!ツルンと気持ちよく剥くコツや、変色を防ぐ方法、楽しい飾り切りをご紹介…

レシピ キャベツ じゃがいも まとめ

玉ねぎのお味噌汁は、玉ねぎの甘みがあっておいしいですよね。一緒に入れる具材はじゃがいもやキャベツが定番ですが、他にもおいしく食べられるものがありそうです。どんな具材と相性がいいのか、今回は厳選した15種類のレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ イタリアン まとめ

家計にやさしい「もやし」を洋風メニューにアレンジしてみませんか?今回はもやしを活用できる人気の「もやし×洋風アレンジ」レシピを20個ご紹介。どれもおすすめのレシピばかりですので、ぜひ参考にして、もやし料理のレ…

ポトフ レシピ まとめ 作り置き

フランス料理の1つである「ポトフ」の美味しいレシピをまとめました。野菜をたっぷり摂れるので、女性にはとても嬉しい料理ですよね!作り方も色々ありますので、見てみてくださいね。

カリフラワー レシピ まとめ

日本ではいまいち人気がないと言われる「カリフラワー」、実は揚げるととってもおいしいんです♪しかも高血圧予防や高血糖予防にも効果的☆テレビでも紹介され今年大注目「カリフラワー」の揚げておいしいレシピをまとめてご…

じゃがいも レシピ まとめ

「スタッフ」は詰め込むという意味でして、じゃがいもにあれこれ詰め物している料理ってことですね^^別名は二度焼きポテトとも言い、副菜としても主菜としても活躍できるメニューなのです。パーティーにも是非この一品を。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

レシピ まとめ

おかひじきは栄養満点で、アレンジが沢山きく万能の野菜です。今回はそんなおかひじきについて下処理から食べ方まで、そして人気のレシピをサラダなどジャンル別にたっぷりと紹介したいと思います。ぱぱっと作れるものが多い…

バター レシピ

「新じゃが味噌バターコーン炒め」のレシピをご紹介します!ホクホクの新じゃが、味噌、バター、コーン……材料見ただけでもおいしくないわけがありませんよね!さらに鶏もも肉とアスパラを加えて、食べごたえ抜群。コクのあ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る