ローディング中

Loading...

TBS「王様のブランチ」で特集された都内で食べられるうどんの名店は、うどんだけでなくサイドメニューも充実しているところばかり。ダシのきいたうどんと一緒に、ひと品添えて食べてはいかがですか?人気のメニューを紹介します。

東京で食べたい!秋の極旨うどん

いよいよ10月へと突入し、秋もたけなわ自然とあたたかいものを食べたくなりますね。つるつるとおいしく、出汁の効いたやさしい味わいの「うどん」は、そんな寒い季節の定番のお料理ではないでしょうか?

今回は人気情報番組「王様のブランチ」で紹介された、東京で食べられる絶品うどんをご紹介したいと思います。季節をちょっと先取りでチェックしちゃいましょう!

稲庭うどんとめし 金子半之助

「稲庭うどんとめし 金子半之助」は、日本三大うどんのひとつ “稲庭うどん” が食べられる名店です。店名にある金子半之助氏は、日本調理師一心会2代目会長を務めた人物であり、きっすいの江戸っ子で、和食をこよなく愛したといいます。孫にあたる金子真也氏が、祖父からもらったレシピ帳の中にあった “門外不出の江戸前の丼のタレ” をもとにして、それに合う材料は何かと試行錯誤した結果、1杯の天丼が完成したのだそう。

天丼の店としてスタートした「金子半之助」ですが、稲庭うどんも堪能できるのが、こちらのお店です。

稲庭うどんと天ばらめし

1,280円

1,280円

そばのように細いのが稲庭うどんの特徴ですが、お店自慢の天ばらめしとセットでリーズナブルに楽しめますよ。うどんは冷やでも熱くてもOKで、つけ麺、ぶっかけ、いずれかのスタイルから選べます。コシのある稲庭うどんは甘みのあるタレとよく絡み、天ばらめしはエビ、ほたての貝柱、マイタケ、ししとう、海苔などが丼いっぱいにのっている豪華なものです。食べごたえバッチリで、リピートしたくなる味なのだとか。

無料のトッピングが嬉しい!

しかも太っ腹なのは、テーブルに天かすやワカメ、卵などのトッピングが備えつけてあり、これがのせ放題ということですからすばらしいですね。トッピングをテーブルに用意してあるお店はたくさんありますが、ここまで種類豊富にそろえているところは、なかなかないのではないでしょうか?

店舗情報

■店舗名:稲庭うどんとめし 金子半之助 コレド室町店
■最寄駅:地下鉄三越前駅
■住所:東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 B1F
■電話番号:03-6265-1650
■営業時間:10:00~21:00(L.O.20:30)ランチ営業、日曜営業
■定休日:コレド室町に準ずる
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13193074/
■公式HP:http://kaneko-hannosuke.com/

おにやんま 中目黒

五反田店が第1号店の「おにやんま」は、讃岐うどんのお店です。トンボのトレードマークも、うどんのお店としてはめずらしく目を引きますね。立ち食いスタイルを取っていますが、その味は本格的で、多くのうどんマニアを唸らせています。入口に食券の機械があり、お値段もすぐにわかって便利です。

とり天ちくわ天ぶっかけ

470円

470円

鶏とちくわの天ぷらがどどんと豪快にのったぶっかけうどんが、ワンコインで食べられるというのが良心的でうれしいですね。スープは色が薄いもののダシはしっかりきいており、うまみを十分感じられる味わいです。麺はコシがあり、表面はなめらかながら噛むほどに弾力が感じられて、食感も2度楽しめるという幸せな味に、思わず立ち食いということを忘れてしまうほどなんですって。

まかないから誕生!ヒデコデラックス

650円(※卵はトッピングで別料金になります)

そのネーミングもキャッチーな「ヒデコデラックス」は、なんとまかない料理から誕生しました。おそらくメニューを考案された方が、ヒデコさんという名前ではなのでしょうか。ふわっふわの牛肉と一緒に刻んだ油揚げも入っています。具だくさんでおいしそうですね!ネギはセルフサービスなので、お好みでかけ放題です。

そしてエビ天、とり天、野菜天が1個ずつセットになっているのも魅力です。100円アップで大盛もあり、冷やでも熱くしても食べることができますよ。

店舗情報

■店舗名:おにやんま中目黒店
■最寄駅:東急・地下鉄 中目黒駅
■住所:東京都目黒区上目黒3-3-1 1F
■電話番号:非公開
■営業時間:【月曜~金曜】7:00~23:00【土曜・日曜・祝日】7:00~15:00 ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13199054/

イチカバチカ 恵比寿

博多うどんが食べられる粋なお店は、恵比寿にあります。博多というと、どうしても「ラーメン」のイメージが強いのですが、地元の人によれば「うどん」もおいしいとのこと。博多のうどんは讃岐と真逆でコシがなく、やわらかいのが魅力です。よくきいたダシを吸ったソフトなうどんを食べるのが博多流なんですよ。

ちなみにラーメンの一風堂と焼き鳥など串焼きのお店、八兵衛がタッグを組んでやっているお店なので、「一」と「八」をとって「イチカバチカ」という名前になりました。

ごぼ天うどん

ごぼうの天ぷらが、ごろっとうどんにトッピングされています。ごぼ天とスープがまたベストマッチで、スープは飲み干したくなるほどのおいしさです。やわらかいうどんに透明なスープという、九州出身者を納得させる本場の味わいは、さすが博多に本店を持つお店が出店しただけのことはありますね。

店名には「博多うどん酒場」とつきますので、実は居酒屋系のメニューも豊富なお店です。夜行ってみても楽しめそうですね。

店舗情報

■店舗名:博多うどん酒場イチカバチカ恵比寿店
■最寄駅:恵比寿駅
■住所:東京都渋谷区恵比寿南1-8-9
■電話番号:03-5724-3130
■営業時間:〔月~土〕11:00~15:30、17:00~翌2:00〔祝日〕11:00~22:00 ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
■定休日:日曜
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13198167/
■公式HP:http://ichikabachika.com/

BUZEN 麻布十番

パッと見では、うどん屋さんには見えない「BUZEN(ぶぜん)」、麻布十番という場所柄もあってなのでしょうか?まるでカフェのようなおしゃれなたたずまいですね。BUZENが目指すうどんは「第3のうどん」で、讃岐でも稲庭でもないキラキラと輝くしなやかな細切り麺なのだそう。のどごしもよく、弾力も感じられるようになっています。

生ハムうどん

BUZENのダシは、昆布をベースにして、かつお節や数種類の魚介類からとったダシに、特選しょう油を合わせて作り上げます。毎日お店で引くダシは黄金色で、素材のよさがそのまま活かされています。そのダシに人気生ハム専門店「サルメリア69」の生ハムをさっと浸して、しゃぶしゃぶの要領で食べるという、なんとも斬新なメニューですが、生ハムを入れるとよりスープがおいしくなるんですよ。

お客さんからのリクエストがあってメニュー化に至ったということですから、おいしさはお墨つきです。

※期間限定メニューです。詳細は店舗にお問い合わせをお願いします。

店舗情報

■店舗名:BUZEN(ぶぜん) 麻布十番
■最寄駅:地下鉄麻布十番駅
■住所:東京都港区麻布十番3-7-3
■電話番号:03-3455-5650
■営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30) ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13168787/
■公式HP:http://www.buzen-tokyo.jp/

つるとんたん UDONNOODLE Brasserie

テレビでも登場することの多い「つるとんたん」は、大阪が本店のうどん専門店です。本店で食べたうどんのおいしさに感銘を受けた、女優の夏木マリさんが、東京でも味わいたいということで、六本木と新宿店をプロデュースしたことでも有名になりました。

こちらは銀座にあるお店で、さながらレストランのような優雅さを見せていますね。ニューヨークでも同じ形態でお店があり、外国人観光客も視野に入れたつくりになっています。

濃厚チーズピンクビーツクリームのおうどん

ピンク色のスープにびっくり!ですが、これは「ビーツ」という野菜の色なんです。いわゆる赤かぶですが、栄養満点で海外ではかなり人気のスーパーフードです。ビーツの味がほどよいアクセントになった美しいうどんは、濃厚なチーズの風味とあいまってあっという間に食べきってしまうほどおいしいんですよ。

※期間限定メニューです。詳細は店舗にお問い合わせをお願いします。

牛カツロールもおすすめ!

680円

680円

タレにつけて食べる牛カツロール寿司も絶品と好評です。中身はレアで揚げてあるので、肉のうまみも味わいつつ、決して脂っこくはなくサッパリ食べられるメニューで、うどんのおともには量もちょうどいい感じです。お肉とお寿司の、いいところどりのうれしいひと品といえるでしょう。

店舗情報

■店舗名:つるとんたん UDON NOODLE Brasserie 東急プラザ銀座店
■最寄駅:地下鉄銀座駅
■住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 10F
■電話番号:03-6264-5326
■営業時間:[月~土]11:00 ~ 翌朝4:00(L.O3:00) [日・祝]11:00 ~ 23:00(L.O22:00)
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13193351/
■公式HP:http://www.tsurutontan.co.jp/

気になるお店は見つかりましたか?

庶民派のお店からおしゃれな洗練されたお店まで……いろいろなお店をご紹介しました。どのお店も独自のメニューを開発し、お客さんにおいしいものを味わってほしいという意気込みが伝わってきますね。秋風を感じたら、今回ご紹介したお店にうどんを食べに行ってみませんか?「うどんってこんなにおいしかったんだっけ!?」と新たな発見ができるかもしれませんよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

佐賀 プリン スイーツ

最近Twitterで盛り上がり、メディアも注目しはじめている佐賀県の名物「人妻プリン」をご存知ですか?どこか艶っぽさを感じさせるネーミングがウケているだけでなく、その味わいも絶品だとか!今回は、気になるその詳…

レシピ おつまみ お弁当 ピザ まとめ

春巻きの皮を使ったアレンジレシピをご紹介します。人気のピザ、とろ~りチーズとのコラボ、おつまみ、スイーツまで。冷めてもおいしいお弁当のおかずもあります。どんな場面でも活躍できる春巻きの皮で、レシピのレパートリ…

レシピ まとめ

調理師直伝!カレールーで簡単に作れる、野菜たっぷりドライカレーの作り方をご紹介します。電子レンジで作れる時短レシピは、サッと作って食べたいときにもとっても便利。お魚やお豆腐を使ったアレンジドライカレーのレシピ…

コーヒー まとめ

今、大きな話題になってる金魚鉢ドリンクをご存知ですか?夏になると飲みたくなるサワー、サイダー、ソーダやコーヒーが金魚鉢に入って出てくるんですよ。そのボリュームにびっくりする人続出。今回は涼感たっぷり金魚鉢ドリ…

まとめ

ヘルシーな野菜を贅沢に食べられる「バーニャカウダ」は、女性を中心に大人気の料理ですね。専用のポットがあれば、お家でも本格的な味を楽しむことができます。そこで今回は、見た目も機能もこだわった、おすすめの商品15…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

名古屋に行ったらやっぱり名古屋メシは味わっておきたいですよね♪たくさんおいしいものがありすぎて迷ってしまうという人は、ハズさない行列店に行ってみてはいかがでしょうか?きっと素敵な味と出会えますよ!

江古田 ランチ まとめ

懐かしさを感じる町並み江古田で、美味しいランチが食べられるお店をまとめました。おしゃれ重視ではなく、美味しくて落ち着ける場所を厳選してご紹介します。イタリアン、スペイン料理、お寿司屋さんなど、行列必至の名店も…

ラーメン まとめ

今、ラーメンにはまり女子が続出しています♪一昔前は、なかなか一人では入りにくかったラーメン屋さんですが、今や「おひとりさま」で来店する女子も多いんです♡そんな女子におすすめの、ラーメン屋さんを紹介します。

カフェ まとめ

東京からもほど近く、夏のおでかけに人気な避暑地「那須」のおすすめカフェ7選をご紹介します。自然も豊かで、プレイスポットも多いことからお子さんのいる家族連れにも人気ですよ。おいしいものを食べながら、日頃の疲れを…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

まとめ

食事のとき、よく噛んでいますか?ものをよく噛んで食べることは消化にいいだけでなく、実はアンチエイジングにも効果的なのです。唾液に含まれるホルモン「パロチン」がその鍵をにぎっています。どういうことなのか、お話し…

ケーキ スイーツ

千葉・鴨川にある「ラパティスリーベルジュ」。バレンタインに贈るおしゃれな板チョコや誕生日ケーキなどイベント行事を盛り上げてくれるスイーツが人気のケーキ屋さんです。ベルギーで修行を積んだオーナーが作る本格スイー…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る