ローディング中

Loading...

生の鶏肉はお好きですか?とろけるような口どけは、ほかの調理法ではなかなか楽しめませんよね。焼き鳥屋さんでも人気の高いメニューです。しかし、生食による食中毒の発症者が増えていることから、お店で食べられなくなってしまうかもしれないのです。

その鶏肉、大丈夫?

2012年、牛の生レバーが禁止された時のことを覚えていますか?ネット上には生レバーを惜しむ声があふれ、「最後にもう一度だけ生レバーが食べたい!」と、もつ焼き屋さんへ駆け込む人々の姿も多く見られました。そんな、生食禁止の波が、鶏肉にもおよんでいます。

「鶏胸肉の刺身」や「ササミのタタキ」など、鶏のお肉を生でいただくのが好きな人は多いはず。プリプリとした生の鶏肉の食感はたまりませんよね。しかし、鶏肉の生食による食中毒が問題視されるようになり、国も本格的な対策に乗り出しているというのです!

食中毒になってしまったらどうなるの?安全に食べる方法はないの?私たちの鳥刺しは守られるの?生の鶏肉に潜む恐怖と、鳥刺しの今後についてお教えします。

鶏肉の生食、国の目も厳しく

2016年春、東京と福岡でおこなわれた肉料理のイベントで、食中毒患者が出てしまいました。原因は、同じ業者から提供された鶏ささみや胸肉のおすし。多くの人々が、激しい腹痛と下痢に苦しめられることとなりました。

この一件もあり、厚生労働省は鶏肉の生食を原因とした食中毒の対策に力を入れることになりました。牛の生レバーの時ほどの規制こそまだありませんが、2016年6月から「生や半生で提供する鶏肉メニューを見直そう」と書かれたチラシを作成し、全国の保健所、飲食店、飲食店を訪れるお客さんにまで注意を呼びかけているのです。

なぜ鶏肉で食中毒に?

鶏や牛などの腸にいるカンピロバクターという細菌が、食中毒の原因のひとつ。細菌性食中毒の原因の約6割を占め、全国で毎年300件、約2千人が発症しています。厚労省が発表したデータによると、2016年6~8月中のカンピロバクターによる食中毒発症数は全国で56件、患者数は395人にものぼります。原因の食品がわかっているもののうち、半数以上が鶏肉料理によるものだったのです。

カンピロバクターは十分に加熱すれば死滅します。生や、表面が白くなるまであぶっただけの半生の鶏肉を食べることで、発症しやすくなります。「今朝さばいたばかりの鶏です!」と、新鮮さをアピールしているお店も多いですが、新鮮だからといって安心してはいけません。食用処理した鶏肉の67%から菌が見つかったとの厚労省研究班の報告もあるのです。鶏は、牛や豚と比べて臓器が小さく、取り除くのが難しいため、新鮮な鶏でも身に菌が付着しやすいのです。

カンピロバクターの潜伏期間は?

カンピロバクターの潜伏期間、細菌が体の中に入ってから発症するまでの期間は、24時間~最大7日と言われています!牡蠣などで発症するノロウイルスの潜伏期間が24~48時間ほどなので、それと比べるととても長いことがわかります。

1週間前の晩ご飯で何を食べたか覚えていますか?「なんとなく体調が悪いな」と感じて病院へ行った時、原因として考えられるものを伝えられるように、日頃の体調や食べたものを書きとめておくといいですね。

人から人へ感染する?

カンピロバクターは、小さな子どもから高齢者まで幅広い年齢層で発症します。感染した人から人へ感染することはあるのでしょうか?

カンピロバクターの感染経路は、鶏肉などの食品を食べることで発症する「食中毒」と、感染者やペットから感染して発症する「感染症」のふた通りです。家族など、身近な人から人へ感染することがあるので、注意が必要ですね。

感染者の嘔吐物や排泄物を片付けたあとは、手洗いと手指の消毒を徹底しましょう。感染者がトイレを使った後に触れたドアノブなどもよく消毒する必要があります。

ペットから感染することも!

犬や猫などのペットを飼っている方も気を付けてください。食中毒の症状が見えていなくても、ペットの腸内にカンピロバクター菌が潜んでいることもあるんです!かわいいペットと触れ合ったあとは、手洗いと手指の消毒を忘れないようにしましょう。手軽に消毒できる、手のひらサイズの消毒ジェルなどを用意しておくといつでも安心してペットと遊べますね。

食中毒の症状は?

カンピロバクターに感染すると、まずは発熱や体のだるさ、頭痛や食欲不振といった、風邪とよく似た症状が表れます。潜伏期間が長い菌なので、すぐには食中毒とは気づかないかもしれません。だんだんと吐き気や腹痛が強くなるので、消化の悪い食事は控えるようにしましょう。さらに数時間から24時間ほど経つと、激しい下痢や嘔吐の症状が出るように。

食中毒になった時の対処法は?

下痢や嘔吐により脱水症状になりやすいので、水分をしっかりと補給しましょう。様子がおかしいなと感じたら、まず経口補水液を用意するのがいいですね。体に害のある菌を必死に体外へ追い出しているところなので、辛くても下痢止めを飲んではいけませんよ。

鶏肉が原因の食中毒で命を落とすことは少ないですが、自己判断は危険です。ほかの要因による不調も考えられますので、一刻も早くお休みをとって病院へ行きましょう。また、家庭内での感染の危険もあるので、必ず感染者とは部屋を分けましょう。手洗いと手指、部屋内の消毒を徹底することも大切です。感染した赤ちゃんのオムツを替えるお父さんとお母さんは、特に気をつけてくださいね。

鶏肉の食中毒を予防するには

カンピロバクターの細菌は、十分に加熱することで死滅します。75℃以上で1分以上加熱された唐揚げや焼き鳥などの料理なら食べても問題はありません。大きめの唐揚げなど、中まで火が通っていないこともありますので、よく注意してくださいね。鶏胸肉のお刺身やササミのタタキなど、生のお肉を使ったメニューは魅力的ですが、感染のリスクを考えるとガマンしたほうがよいでしょう。

さらに、家庭で鶏肉を調理する際にも注意が必要!生肉に触れたあとは手洗いと手指の消毒を徹底しましょう。さらに、お肉とそのほかの食材では包丁やまな板を分けて、お肉用の器具はよく消毒することも大切。家族みんなで感染してしまったら大変ですよ。

メニューから鳥刺しが消える日も近い?

牛、豚と続いて、鶏肉の生食も禁止されてしまうかもしれません。ほかの食材ではなかなか楽しめない味わい、食感なのでとても残念ですが、健康を考えると仕方ないですね。鶏肉料理の生焼けや、調理器具の扱いにはよく注意して、安全に鶏肉を味わいましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

塩麹 鶏肉 鶏肉料理 まとめ

高タンパクなのに低脂肪のヘルシーな鶏胸肉。でもちょっとパサパサが気になる、ということはありませんか?塩麹を使うと鶏胸肉がやわらかくなり旨味もアップ!今回は、定番の唐揚げ、チキン南蛮、塩麹焼き、そのほか炒め物系…

美容・健康・ダイエット効果が高い炭酸水、じつは飲みすぎると危険らしい。特に胃腸が弱い場合は下痢や腹痛、むくみやイライラなど飲み過ぎによって引き起こされるネガティブ要素はたくさんあるようです。でも一体どうして飲…

トマト 缶詰 鶏肉 かぼちゃ おつまみ

肌寒くなってくると煮込み料理が恋しくなりますね。今回ご紹介するのは、短時間で美味しく仕上がるトマトクリームの煮込み料理。コツを押さえると、たった30分程度で作ったとは思えない濃厚な風味のおつまみになりますよ。…

鶏肉 さつまいも おつまみ

さっと揚げた鶏肉と野菜に、酸味がおいしい黒酢あんをからめた一品です。一度揚げて、味をからめて……と、手順を説明するとちょっとだけ面倒そうですが、フライパンで揚げ焼きすれば簡単!それ…

鶏肉 レシピ

ケンタッキーの箱を開けた瞬間に始まる争奪戦。幼いころ経験したことはありませんか?大人になって今回はこのタイプか。とがっかりしたり、大きくて当たりだ!と心の中で喜んだりするようになったかと思いますが、実は「部位…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

まとめ

最近では意識する人が少ないかもしれませんが、日本人にとってお正月は年神様をお迎えする大切な行事。実は、つい破ってしまいがちないくつかのタブーがあることをご存知ですか?一年の計は元旦にあり!良いお正月を迎えるた…

和菓子 スイーツ

お正月といえば「おせち料理」という方がほとんどだと思いますが、北海道ではちょっと事情が違うようです。見た目はおせち料理そっくりなのに、すべて甘いお菓子でできている「口取り菓子」がお正月の定番なんだとか!

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...