ローディング中

Loading...

「偏食をする人は性格が悪い」といわれているそうです。確かに「あれも嫌い、これも嫌い」といわれたら、食事に誘うのをためらってしまいますよね。でも、本当に偏食の人は性格が悪いのでしょうか。偏食と性格の関係について調べてみました。

偏食と性格は関係があるの?

あなたのお友達が偏食家だったとします。一緒に食事をする場合、お店選びに困りませんか。あれも苦手、これも苦手といわれたら、自分が食べたいものがあっても、相手に合わせないといけません。苦手なものが少ないときはなんとかなりますが、たくさんあった場合は、ちょっと面倒くさいですよね。そういう人は、周りに合わそうとしていない人ではないかと思って食事に誘いづらくなります。偏食と性格は関係があるのでしょうか。

偏食と好き嫌いの違い

偏食と性格の関係性の前に、偏食と好き嫌いはどう違うのでしょう?偏食とは、“食べられるものが限定されていて食材の幅が小さいこと”です。好き嫌いは、好きより嫌いに近く、ほかの言葉で表現するとえりごのみと同じなのではないでしょうか。“好き嫌いが多い”というのは、よい意味ではないですよね。
大人になるにしたがって、子どものころに食べれなかったものが食べられるようになってきます。しかし、大人になっても偏食をする人もいますよね。鶏肉以外お肉は食べられないとか、焼いた魚は食べられるけれども生魚はダメとか、極端な人では、魚介類や豆類、きのこ類は一切食べられず、濃い味付けのものしか食べない人もいるそうです。そういうだんなさまがいる奥さんは、毎日大変ですよね。

偏食の人の性格は?

偏食の人は、わがままで自己中心的・頑固・協調性に欠ける ・感情を抑える事が困難ですぐキレる、という説もあるそうです。みんながみんなそうではありませんので、くれぐれも誤解しないでくださいね。これは、あくまでも偏食に対するイメージです。
偏食をする人は初めて食べるものに対して警戒心があります。警戒心が強いと、自分からなかなか食べ物に手がいきません。そんな人は、周りがおいしそうに食べていると、自分も食べてみようと思うのかもしれませんね。

偏食の原因とは

偏食の原因は3つあります。まずは、味覚的な問題、次に視覚的な問題、最後に心理的な問題です。
味覚には甘味・塩味・苦味・酸味・うま味があります。その中の酸味と苦味の影響が大きいのです。酸味は“食べ物が腐っている”というしるしであり、苦味は“何か変なものが入っている”のではないかという危険を感じます。この味覚が鋭いと偏食になってしまうのです。野菜の渋みや苦味、えぐみを感じるのが鋭い人は野菜嫌いになります。
見ためが苦手だという人がいますよね。魚の目がこっちを向いているとか、きのこのフォルムが嫌だとか。その場合は頭に悪いイメージを描いてしまいます。小さいころに受けたイメージが強く残ると、大人になってからもなかなか消し去ることはできません。イメージが悪いと、食材の味も悪くするのです。
食事の時間が楽しくないと、食べてもおいしくありませんよね。ひとりで食べる食事が味気なく感じたりするときがあります。みんなでワイワイ会話をしながら食べると、楽しいですよね。食事は雰囲気も大事なのです。
偏食家の人は、親も偏食であることが多いです。親が食べられないから、食卓に並ばない、同じものばかり食べて偏食になり、食べたことがないから、大人になっても食べられないのです。

偏食が及ぼす健康被害

偏食の人に多いのは野菜嫌いです。野菜の中で、緑黄色野菜が嫌いな人が多いといわれています。緑黄色野菜には、β-カロテン(ビタミンA)やビタミンCなど、多くのミネラル成分が含まれています。野菜が嫌いな人は、ミネラル不足になってしまいます。かといってサプリメントで補充しようとすると、ミネラルを過剰摂取することになり、サプリメントに頼った生活を続けていると、偏食をさらに拡大することになりかねません。
乳製品を取らない人は、カルシウムやマグネシウム、ビタミンDが不足し、骨が弱くなってしまいます。また、野菜・海藻・きのこ類を積極的に摂取しなければ、糖尿病のリスクも高くなるといわれています。
味覚障害も偏食の人に多い病気です。味覚障害の原因はバランスの悪い食事。放置しておくと、食べ物を味を感じられなくなってしまいます。怖いですね。

偏食を治す方法とは

では、偏食は治せるのでしょうか。治す方法をいくつかご紹介します。

子どもによく利用する方法ですが、嫌いな野菜を細かく刻んで、ハンバーグなどに混ぜてしまうことです。細かく刻んで混ぜてしまえば、わかりません。慣れてきたら少しずつ大きくしてみましょう。
会社の上司など、わがままを言えない人に食事に連れて行ってもらうこともひとつの方法です。これは本人の努力が必要ですが、鍛えられれば偏食も少なくなります。

また普段料理をしない人は、たまには自分で作ってみましょう。自分で料理をすることで食べ物に対する偏見がなくなり、食べられるようになるかもしれません。家庭菜園で野菜を作るのもいいですね。丹精込めて作った野菜は食べてみたくなるものです。

体質的な問題もある

例外として体質的に受けつけない場合もあります。それは食物アレルギーの人です。食べると、かゆくなったり、からだに湿疹が出たりします。無理して食べようとすると、アナフィキラシーショックを起こし、息ができなくなってしまうこともあるので、気をつけましょう。どんなものにアレルギー反応が出るのか調べてもらうといいですね。
舌の上のぶつぶつ(味蕾)が通常の人より多く、味を強く感じてしまうスーパーテイスターの場合もそうです。味蕾(みらい)の数を調べてもらうことができるそうですよ。体質的に偏食になってしまうこともあるのですね。

「偏食の人は性格が悪い」はイメージ

いかがでしたか。

“偏食の人は性格が悪い”というのはイメージであって、決してそうではありません。ただ、わがままだったり、自己中心的だと捉えられることもあるようです。

偏食はからだにもよくないので、“健康のために少しでも偏食を治したい!”という人は、その原因と治療法を参考にしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

毎日の食卓に欠かせないお米。でも、お米一合が何グラムかと聞かれたら、意外と知らない人も多いのでは?お酒の場合、何グラムかご存じですか?今回は、お米を中心に、一合とグラムに関する疑問にお答えしましょう。

豆腐

高タンパク、低カロリーで値段も安い豆腐の保存方法、ご存じですか?うっかり賞味期限を切らしてしまった、中途半端に余ってしまったということがないよう、今回は豆腐を正しく保存する方法やポイントをお伝えします。

アボカド

スーパーでアボカドを買ってきたものの、固すぎたり、反対に熟しすぎてべちゃべちゃになってしまったり・・・ちょうどいい状態を選ぶのが難しいアボカド。そこで、今回はおいしいアボカドの選び方や注意点について詳しく解説…

パン

ミニストップから、健康応援商品「糖質コントロールパン」が登場します。毎日の食事を通して、手軽においしく健康的に過ごせるよう製造されたこれらの商品。どれも糖質を抑えられているのにとてもおいしいので、健康志向の方…

レシピ

安くて料理のかさ増しにも使えるということで、家庭のつよ〜い味方、もやし。安売りの際に買い込んで、ダメにしてしまった、なんて経験はありませんか?実はもやしも、冷凍保存することができるんです!正しい保存の仕方を知…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

韓国 スイーツ まとめ おしゃれ レシピ お土産

いま韓国のセブンイレブンで販売中の「ヤクルトグミ」。パッケージはもちろん、グミもヤクルトの形でとてもかわいいんですよ。市街地のセブンでは品薄になってしまうくらい大人気!日本では通販で購入することもできます♩

まとめ スムージー ドリンク

ラテアートに続いてブームになりそうなアートスムージー。その発信源にもなっている仙台のカフェミティークについて詳しくご紹介します。キラキラでかわいいカフェミティークのアートスムージーにハマる人続出。これを読んで…