ローディング中

Loading...

鍋物がおいしく感じられる季節がやってきます。しかし、それらを心から楽しめない人たちがいます。そう、猫舌の人たちです。今回はそんな猫舌の原因は何なのか、猫舌の人でも熱いものをおいしく食べるためにはどうすれば良いのかなどを紹介します。

猫舌に原因があるの?

鍋物やラーメン、コーヒーなどを熱いものを食べたり飲んだりする時に、猫舌の人はすぐに手を付けることができません。少し冷めるのを待ったり、吐息で冷やしたりする必要があります。猫舌は生まれつきの体質だから治すことはできないと諦めていませんか?

しかし、それには原因があったのです。今回は、そんな猫舌の原因を解説し、猫舌の人とそうでない人は何が違うのか、また猫舌の人が熱いものを食べるにはどうすればよいのかなどをご紹介していきます。

そもそも猫舌とはなにか

ここではそもそも猫舌とは何かをご紹介します。猫舌とは熱い食べ物を食べられない人と定義されています。なぜ猫舌というのかというと、猫が熱いものを食べられないからなんですね。

余談ですが、熱いものを食べられないのは猫だけではありません。実は人間以外の動物はほとんどが猫舌です。人間は調理に火を使いますから、熱いものを食べる必要があり、それに適応するために進化してきました。ですので、人間には猫舌でない人がいます。しかし、他の動物は火を使いませんので、熱いものを食べる必要がありません。ですので、熱いものを食べることができないのですね。

猫舌の原因は何?

ここでは猫舌の原因を紹介します。猫舌の原因としてよくあげられるのが「舌の厚さ」です。舌が薄いと熱さを感じやすいため、猫舌になってしまうそうです。

また「神経の数」も猫舌の原因になりえます。熱さというのは神経で感じるものなので、神経の数が多いとその分熱さを感じやすくなります。

しかし、最近の研究では、これらの猫舌の原因はどれも科学的な根拠は薄そうです。舌の厚さや神経の多さはほとんど個人差はないと考えられています。猫舌の原因は、人間の舌の構造ではないようです。生まれつきだから……と悩んでいた人にとっては、朗報ですね。舌の使い方次第で猫舌を卒業できるかもしれませんよ。

猫舌の人とそうでない人の違いとは

では、なぜ猫舌の人とそうでない人がいるのでしょうか。これは「舌の使い方が上手いかどうか」が関係しています。舌の使い方が上手いと猫舌になりにくく、逆に下手だと猫舌になりやすくなります。

人間の舌は、先の方に神経が集中しています。それに対して、舌の真ん中あたりや奥の方にはあまり神経が多くありません。

猫舌の人は、舌の使い方が下手で、食べ物をいきなり熱さに敏感な舌の先に付けてしまうそうです。その結果、食べ物を熱く感じてしまい、咀嚼したり、飲み込んだりすることがうまくできません。逆に猫舌でない人は、舌の使い方が上手ですので、熱さに敏感な舌先をうまく隠して、熱さに鈍感な舌の真ん中や奥の方に食べ物を運ぶことができます。そのため、必要以上に熱さを感じないので、スムーズに食べることができるのです。

猫舌は遺伝するのか

自分は猫舌だという人は、親も猫舌であることが多いそうです。なので、猫舌は遺伝するのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。先で紹介したように、猫舌かそうでないかは舌の使い方できまります。この舌の使い方というのは生まれてからのトレーニングで養われていきます。熱いものを食べる機会が多い人はそれだけトレーニングの機会が多いので、猫舌にはなりにくくなります。

しかし、親が猫舌の場合だと、子どもも熱いものを食べる機会に恵まれません。親が猫舌だと、あまり熱いものを食卓に並べないのですね。その結果、子どもは熱いものを食べるトレーニングを十分に積むことができず、猫舌になってしまいます。ですので、猫舌は遺伝するというよりも、環境によって影響されると考えた方が自然ということになります。

猫舌の人はどうしたらいいの?

さて、ここでは猫舌の人が熱いものを食べる時にはどうすればいいのかご紹介します。猫舌の人は食べ物の熱さを必要以上に感じてしまいます。これを防ぐためには、食べ物を冷やすしかありません。しかし、冷めるまで待ったり、また冷やすために氷を入れたりすると、食べ物のおいしさも損なわれてしまいます。

そこで、口の中で上手く冷やすようにするのです。そのためには、食べ物と一緒に空気を吸い込むようにするとよいでしょう。たとえば、レンゲなどを使うと同時に空気を吸い込みやすくなります。また、ラーメンをすするときなどは、空気も多く吸い込むように意識すると以前のような熱さにつまずかずに食べることができますよ。

猫舌は治るの?

猫舌を治すことはできるがトレーニングが必要、というのが結論です。猫舌は舌の使い方の問題ではありますが、これを強制するのはなかなか難しいと言わざるを得ません。熱さに敏感な舌先に食べ物があたらないようにするなど、食べ方を工夫することはできますが、治すとなると難しいのが現状です。

猫舌と上手く付き合っていきましょう

いかがでしたか?今回は猫舌の原因について解説し、その対処法などもご紹介しました。猫舌は程度の差こそありますが、病気ではありません。治すことは難しいですが、工夫次第でいくらでも熱いものでも食べることができます。

これから暖かくなってきますので、猫舌改善トレーニングなんていかがでしょうか。食事を楽しみつつ、猫舌と上手に付き合っていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

たこ焼き

鍋やたこ焼きは楽しくて手軽に調理できる一方で、調理器具の収納場所に困っている方も多いのでは?そんな時おすすめなのがグリル鍋。一台でホットプレートも揚げ物も鍋もできるということで、とても人気なんです。おすすめ機…

ル・クルーゼから、2017年春夏コレクション「Peacock Palette (ピーコックパレット)」が期間限定で登場。今回の商品は、ヴィンテージな雰囲気を持つピーコック柄と、明明るく新しい感覚をミックスさせ…

バナナ

コールドストーンから期間限定で発売kされるアイスバーに「ホワイトバナナミルク」が登場!毎回人気のアイスバー♩甘く幸せな恋の味をイメージしたバレンタインにぴったりなアイスバーを彼と一緒に味わってみてはいかがです…

ルクルーゼのお鍋に新色登場!エレガントなお花「フレンチローズ」をイメージして開発された、ピンク色のお鍋が発売されます。母の日にぴったりな、花やブーケをイメージした愛らしいアイテムを手に入れてみてはいかがですか?

レシピ まとめ

今の時期、食べたくなるのが体を芯から温めてくれる鍋。その鍋に、独特の風味をもつクレソンを使ってみませんか?スーパーフードのクレソンを使った鍋レシピをたっぷりと紹介したいと思います。ぜひ試してみてくださいね。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

和食

ほっけは、ひと手間かけるだけでおいしく焼くことができます。ほっけのおいしい焼き方のコツをマスターして、料理上手になりましょう。ほっけのおいしい焼き方のコツ、フライパンやグリルの上手な使い方をお伝えします。

サンドイッチ

SNSで日々生み出される話題のねとめし。macaroni編集部が新情報を探っていると、ファミマの人気商品「ファミチキ」と「たまごサンド」を使った親子サンドのレシピを発見!気になる作り方、おすすめアレンジと実食…

shinnoyuki

管理栄養士です。食に関するコラム記事を執筆していきます。よろしくお...

ページTOPに戻る