ローディング中

Loading...

お蕎麦やうどん、これからの季節に欠かせないおでんにも欠かせない七味唐辛子。その名の通り7つのスパイスで構成されている調味料です。みなさんは、7つすべてのスパイスを知っていますか?以外にも知らない七味唐辛子のスパイス、その中には意外なものが?

七味唐辛子に大麻の種⁈

みなさんはこんな噂を聞いたことはありませんか?七味唐辛子には大麻の種が入ってるという噂を。日本人の食卓には欠かすことのできない調味料にあの大麻が入っているなんて少し信じられませんね。今回は、その真相に迫っていきたいと思います。七味が好きでよく使っていた人にとって、この記事は衝撃的かもしれませんが、とりあえず安心して最後まで読んでください。

おさらい!七味唐辛子とは

そもそも、なぜ七味唐辛子は七味なのか知っていますか?諸説あるようで、六味だと無味(ムミ)になるし、八味では蜂蜜(はちみつ)になってしまうからなんてユニークなものも。そのなかでも、売り出したお店の屋号からとったという説が有力だそうです。

七味唐辛子には大麻の種が

七味唐辛子の7つのスパイス、みなさんは知っていますか?メーカーによって多少の違いはあるようですが、陳皮(ちんぴ)と呼ばれるみかんの皮、シソ、ごま、海苔、生姜、菜種、山椒、ケシの実、麻の実がよく使用されているそうです。あれ?9つある。。。

七味唐辛子は7つのスパイスだからではないのです。はい、忘れていました。しかし、今回問題なのは、麻の実が使われているということ。麻の実といえば、紛れもなく大麻!これは由々しき問題です。ではなぜ大麻の実なんてものが使われているのでしょうか。

その前にもうひとつ気なる点があります。ケシの実。ケシの実って確かアヘンじゃのことじゃなかっただろうか。あの200年近く前によその国で大問題になったやつ。七味唐辛子、大丈夫なのでしょうか。今までなんてこなく使っていた調味料が急に遠い存在に感じられます。

依存性はないの?

そんな依存性の高いアヘンや、大麻の実が使われている七味唐辛子を、普通に食べていても大丈夫なのでしょうか。確かに、最近ご飯やお蕎麦など、何にでも七味唐辛子をかけて食べている私がいます。もしかして、これは依存しているのでしょうか。

なんてことはもちろんないので、どうぞご安心ください。実は、ケシの実や麻の実は、良質なタンパク質なんです。しかも、食用の麻の実は、麻薬としての成分が少ない品種のものを使っているので、安全だそうですよ。その上、発芽させて栽培されないように、きちんと加熱処理までしてあります。ここまで徹底してあるのであれば、まず安心ですね。

しかし過去にはこんな事件も

とあるお蕎麦屋さんの店主が、七味唐辛子から麻の実を取り出して、発芽させてしまったという事件がありました。店主は「興味本位で発芽させてしまった。」といっていたようです。観賞用大麻から発芽させて栽培させるケースは多いようですが、七味唐辛子の麻の実から、発芽させるケースは今までに一度もなかったので警察もびっくりしたそうです。

加熱処理をしているとはいえ、発芽してしまう種もあるんですね。しかし、日本では、所持することはもちろんですが、発芽されることも犯罪です。興味本位といえど、逮捕されていしまいます。絶対に土に撒くといった真似はしないようにしてくださいね。確実に逮捕されます。

実は大麻が含まれる製品は多い

実は意外にも、私たちの周りには大麻が多く使われています。今ではすっかりメジャーになったヘンプビールもそのひとつ。元町にヘンプビールを提供するお店があると、一時期ネットでも話題になりましたね。

麻の実のエッセンスが含まれているそうですが、意外や意外、少し独特の香りがするものの、なんともフルーティーな味わいなんです。大麻というくらいだから、もっとガツンとした味がするのかと思っていたのですが、これなら女性の方も抵抗なく飲めそうです。

さらに、新事実。実は大麻は、捨てるところがないと言われているスーパー植物なんです。紙をはじめ、洋服や、プラスチック、家を建てるための木材としても活用できるんだとか。建材や紙を作るための木を育てるのに、本来であれば20年以上かかるところ、麻であれば、3ヶ月という年数で済むのです。さらに麻の茎には、従来の木材と比べて4倍ちかい繊維パルプが含まれているというから驚きですね。

資源不足が騒がれている近年、大麻は世界を救うことにもなるかもしれません。

七味唐辛子は安心安全

話が少し逸れてしまいましたが、七味唐辛子に大麻の実が含まれているのは本当だったんですね。多少の不安はあるにせよ(発芽させる人もいた)普通に食べている分には、なんの問題もなさそうです。

大麻と聞くと、どうしてもネガティブなイメージをしてしまいがちですが、使い方によっては大麻は私たちの未来を明るく照らしてくれる貴重な植物になりえそうです。

しかし、ということは、私が何にでも七味唐辛子をかけてしまうのは、大麻のせいではないようですね。七味唐辛子は、カプサイシンも多く含まれているので、摂りすぎには注意が必要です。みなさんも、程よく七味唐辛子ライフを楽しみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

いちご 調味料

「アマネロ」ってなんだかわかりますか?「あまおう」と「ハバネロ」を合わせたものなんです。え?余計にわからない?実は「アマネロ」とはごはんにも合う調味料なんです。今回はそんな斬新な「アマネロ」について紹介いたし…

調味料 トマト イギリス アメリカ

普段の食卓にも欠かせないケチャップ。カタカナですし、どうやら英語らしいということはお分かりかもしれませんが、実はイギリスで「ケチャップ」と言うと、全く別のものが出てきてしまうかもしれないんです!一体どうしてな…

調味料 和食

泡醤油ってご存じですか?お醤油をメレンゲ状に泡立てた調味料の泡醤油のこと。作り方やレシピを覚えれば、使いたい分だけ素材にのせられて、お料理を丁度よい塩加減でいただけます。泡醤油の作り方や保存法まで詳しくご紹介…

調味料 中華料理 レシピ

中華料理を作る際に欠かせない調味料のひとつ、甜麺醤。ですが、自宅の冷蔵庫に常備しているという方は少ないのではないでしょうか。今回は、甜麺醤がない際に他の物で代用する方法やその他の醤、おすすめレシピについてご紹…

唐辛子

少量でも存在感のある唐辛子や鷹の爪。レシピにあったら省略しないで必ず使ってほしい存在です。ですが、この唐辛子と鷹の爪、違いをご存じですか?そもそも使い分ける必要があるのでしょうか。今回は唐辛子と鷹の爪の違いに…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

まとめ

「セロトニン」という物質の名前を聞いたことありますか?実は、この物質は体内で作ることができないため食べ物から摂取しなければならない、身体にとってとっても重要なものなんです!精神状態も左右するものなので、しっか…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

レシピ

ひと目を引く写真を撮りたいなら、断然白い鍋がおすすめ!白は引き立て役としては鉄板のカラー。料理をより素敵に見せてくれる優秀なアイテムなんです。今回は、そんな白い鍋で魅力が際立つ料理を3つご紹介!「いいね!」を…

代々木 ワイン ビストロ 立ち飲み

カウンターで座って飲みたいのなら、一ヶ月以上前からの予約は必須。豊富なワインの数、レベルの高い料理に魅せられ、連日お客さんがたえないと評判「アヒルストア」のご紹介です。駅から離れていても行きたいお店がそこには…

レシピ 鶏肉

しっかり手の込んだ鶏肉料理のレシピを紹介します。手間はかかりますが、その分できた時の美味しさもひとしお。しかも、鶏肉なので、がっつりだけど、健康的です。この料理と合う、野菜のサイドメニューのレシピも紹介します…

kikuchi

自炊は主にタイ料理です。