ローディング中

Loading...

2人暮らしをする際に、向き合うことになるのが生活費。とくに毎日目に見えてかかる食費は、気になる場面が多くなるものです。そこで2人暮らしにおける食費はどのくらいかかるのかを調べるとともに、食費を節約するポイントをあげてみましょう。

2人暮らしの期待と不安

これまで全く違う生活をしていた2人が一緒に暮らす。そんな機会に、あこがれを感じる一方、不安な思いが拭い去れないのも事実です。また既に結婚や同棲により、2人で暮らしている人もいるでしょう。「一緒に暮らしてよかった」と思う反面、「こんな毎日で大丈夫かな」と首をかしげたくなることがあるかもしれません。

生活習慣の違いは少しずつすり合わせていくとしても、数字となって増減が目に見えるお金は、どうしても敏感になってしまう人が多そうです。もちろん敏感になる必要がないような生活を送っている人なら、今回の内容はサラッと読み流すくらいにして、おすすめのレシピやお店の紹介コラムをご覧ください。。。でもネットユーザーさまのなかには、そうでない人の方がはるかに多いはず。ぜひこのあとも読んで欲しいと思います!

2人暮らしの食費の平均は?

多くの人が食費に注目

インターネット相談サイトの掲示板コーナーを見ると、毎月の食費を相談する書き込みが見つかります。もちろん2人暮らしの食費を尋ねる内容も。そのいずれもに多くの人から回答やアドバイスが寄せられています。「なるほど!」と感心させられる意見もあれば、「それはちょっと……」のように、参考とはほど遠い書き込みを見ることもあります。

また民間の調査会社では、度々生活費について重点的に調査しています。そうしたことから判断すると、じつに多くの人が食費に注目しているのが分かります。では2人暮らしの食費は、具体的にどのくらいかかるのでしょうか。

2人暮らしの食費の目安は?

と書いたところで、人によってかなりの差があるので一概には言えません。例えば、どこに住んでいるのか、親類縁者との付き合いはどうなのか、2人がどのように働いているのか、食べ物にどこまでこだわっているか、そうしたことで食費は大きく変わってきます。

それらを踏まえて、2人暮らしにかかる食費の大まかな目安をあげると、4万円未満なら花丸、4万円台なら十分、5万円台ならまあまあ、6万円以上では少しかかり過ぎ、と考えた方がいいようです。

ただし2人暮らしで2万円台に抑えようとすると、親や親戚からお米や野菜がもらえたり、勤め先の関係で食品を安く買えたりと、ちょっと例外的な環境にあることが多いようです。そこでいろいろ工夫をして、可能であれば3万円台に、それが無理でも4万円台を目標すれば十分だと思います。

1人暮らしよりもお得になる?

1と1を足すといくつに?

これまで親と同居していた人は別として、既に独立して1人暮らしをしている人も多いでしょう。その時、仮に1か月の食費で3万円かかっていたとします。すると「1人分の食費が月に3万円だったから、2人なら6万円になるかな?でもちょっとは節約できるよね」のように考えたくなるかもしれません。

その考えは間違っていません。ただし頭の中で計画することと、それを実行することとの間には大きな溝があります。もちろんそれは食費だけではありませんが。2人暮らしをしている人の中には、「1人の食費が3万円だったのに、どうして2人で8万円になっちゃうの?」と、2人暮らしのむずかしさを身を持って知る人もいると思います。

2人暮らしで注意したい点

これまでの皆さんの人生を思い返してください。少なくとも20年近く、人によっては30年、もしくはそれ以上の年月を重ねているでしょう。そうして異なった人生を歩いてきた2人が一緒に暮らすのですから、何がしかの不都合や食い違いがあっても当然で、まして口に入るものならなおさらです。

朝をしっかり食べて夜は軽めにしたいと考える人がいれば、その反対の人もいるでしょう。ご飯が好きな人もいれば、パンや麺類が好きな人もいます。濃い目の味付けが好みの人と薄味が好きな人……と、好みをあげていけばキリがなさそうです。そうした場合、一方が我を通すのでも片方だけが我慢するのでもなく、2人で上手く折り合いを付けつつ、さらにできれば楽しく生活する方法を考えたいものですね。

食費を節約する具体的な方法

外食を減らす

一番に目を向けたいのが外食の機会です。共働きのカップルが、2人ともランチを外食ですませたとします。仮に1人500円ずつに抑えたとしても、1日で1000円、月に20日で2万円となります。

1か月の食費を4万円台にするのであれば、残りの朝食と夕食、休日の3食を2万円台に抑えるのはむずかしそうです。もし3万円以上かかったとすると、ランチ代と合わせて月の食費は5万円を超えてしまいます。ここはお弁当を作るなり、もしくはおにぎりだけでも作って、おかずは惣菜で間に合わせるなどして、ランチの費用は少なめにしたいものです。

また外食するのも楽しみのひとつですが、“2人で軽く居酒屋で飲む”くらいであれば、そこは宅飲み(自宅でお酒を飲むこと)に切り替えてはどうでしょうか。多少手間がかかってしまいますが、酒代もおつまみ代もずいぶんと節約できるはずです。

飲み物も自炊する

外食を減らせば必然的に自炊が増えるのですけれども、そこにもうひとつ加えたいのが飲み物の自炊です。

缶飲料やペットボトル飲料を毎日1本買ったとすると、月に3,000円から5,000円にはなるでしょう。2本、3本と買えば、2倍、3倍の金額に、2人が同じように買えば、さらに倍になります。まさに悪い意味でのちりも積もれば山となるです。そこで飲み物にかかるお金の節約を目指して、自宅でお茶やコーヒーを作ってマグボトル(保温・保冷性の高い水筒)で持ち歩くようにすれば、飲み物にかけるお金も減らせるでしょう。

買い物は適材適所で

世の中には、本当に買い物上手な人がいます。割り引きやポイント加算特典のある日をしっかり把握する。チラシの特売情報を本当にお得かどうか見極める。これは経験の積み重ねもあるでしょうけど、ある意味でひとつの才能なのかもしれません。

もし2人のどちらかがそんな買い物上手なのであれば、思い切ってそちらに買い物を任せてしまった方がよいですね。残ったパートナーは、自宅で掃除や洗濯に精を出しましょう。そうでない場合は、3人寄れば文殊の知恵には及びませんが、2人でよく考えつつ買い物をしましょう。

買い物に行く前に買うべきもののリストを作ったり、セールの日やポイント加算デーなどを把握したりするのも、2人の共同行為と考えれば楽しめるはずです。いざスーパーなどに行くと、その場の雰囲気で目移りしてしまうかもしれませんが、互いが互いの手綱をしっかり握ってむだづかいを避けましょう。

ネット通販を利用する

買い物に出かけると、ついつい余計なものが欲しくなってしまう。気が付いたら、おいしそうなデザートや新発売のお菓子がカゴの中に……であれば、そこは視点を変えて買い物に行かない方法もあります。

大手スーパーなどでは、インターネット通販で一定以上の買い物をすると、自宅まで無料で配送してくれるサービスを展開しています。インターネット通販で5,000円以上(店舗によって異なる場合や、その他条件あり)の買い物すると、指定の時間に自宅まで届けてくれます。
受け取る時間に在宅する必要がある、限定商品や特売商品が対象外などのデメリットがある一方、買い物に使う時間をほかのことに使える、自宅にあるのに買ってしまったり、買う必要があるのに忘れてしまったりのうっかりを防げるメリットもあります。

考え方を変えてみる

こだわりを整理する

「食べるものは国産で」「無農薬野菜がいい」「冷凍食品は使わない」「お米は○○(ブランド名)が一番」「牛乳は●●が飲みたい」食べ物や飲み物に対するこだわりは、誰しも何らかの形で持っているのではないでしょうか。もっともこだわりに比例して食費がかかるのも、多くの人が実感していると思います。こだわりを持つのは悪いことではありませんが、節約を心がけるのであれば、こだわり自体を考え直す必要があると思います。

もちろん「○○だけは、お金がかかっても構わない」のような食べ物、飲み物のこだわりがあれば、残しておいてもよいでしょう。節約一辺倒で楽しみのない食生活は味気ないものですから。

その“まとめる”は必要?

「安い時にまとめて買う」「まとめて作って冷凍しておく」のように、節約に登場するのが“まとめる”です。ただしこの“まとめる”にもよくない面があります。ストックがあることでなにかと使い過ぎてしまうことがあるかもしれません。また余分なものが部屋にあると、移動や掃除の邪魔になってスレトスにつながるでしょう。

多めに作った食べ物を冷凍保存しておいても、それを忘れて結局捨ててしまうのでは、何のためにまとめて作ったのか分かりません。同じ意味で、調味料やドレッシングも大きな容器の方が割安ですが、全部使いきれずに残った分を廃棄してしまうと、余分な出費になる可能性があるだけでなく、環境にも悪影響となります。その“まとめる”は、本当に生活にプラスになるのか、もう一度考えてみましょう。

アプリを使ってみよう

買い物アプリを活用する

スマートフォンのアプリで、節約に活用できるものが、たくさんあるのをご存じでしょうか。「もう知ってるし使ってる」であればよいのですが、まだ使っていない人に向けて、いくつか紹介しましょう。全国10万店舗以上のチラシが無料で見られる「シュフー チラシアプリ」は、買い物チラシの情報を活かしたい人向けです。

また、小売店が提供するアプリでは、ポイントを貯めるなどの特典が付いてくることもあるので、その点でもお得になります。買ったあとで活用できるのが「レシポ」です。指定された商品を購入してレシート画像を送るとポイントが貰え、いろいろなサービスと交換することができます。

家計簿アプリでお手軽管理

食べた物を記入したり、毎日の体重を記録したりすることでダイエットに結びつける方法があります。これと同じく毎日の出費を管理すると節約につながることが多いようです。要は家計簿なのですが、「毎日書くのは面倒だなあ」という人にお勧めしたいのが、家計簿アプリです。
シンプルな家計簿アプリは「ポチレコ」です。見やすく使いやすいデザインが特徴で、無料で使えるため、家計管理をしたことがない人は「ポチレコ」から始めてみてはいかがでしょうか。

2人暮らしを楽しく

「節約とケチは違う」のように言うことがあります。楽しんでお金を貯めることができるか、自分だけでなく周囲まで巻き込んでギスギスしながらお金をかき集めていくかの違いと言えそうです。せっかく始めた2人暮らしなのですから、なるべく生活を楽しみたいものです。

先にかいたように、互いの生活習慣や好みやこだわりが違っていても当然で、そうした違いに上手く折り合いを付けていきましょう。パートナーから「それは知らなかった」と、新しい発見になるような生活の知恵が得られるかもしれません。むしろそれらを集めることで、食費の節約に結び付けられればいいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハンバーガー ハワイ

ハワイで人気の「テディーズビガーバーガー」より、カップルや恋をしたい人におすすめしたい新メニュー「LOVE BURGER(ラブバーガー)」が、期間限定で登場しました。アメリカンビーフを100%使用した絶品バー…

毎日の食卓に欠かせないレタス。しかし悪天候が続くと、驚くほどの値段になっていることもありますよね。葉野菜は必要、でも高い……これからはそんな悩みはなくなってしまうかも?実はレタスは…

レシピ

野菜の高騰が続いています。スーパーや八百屋さんでお買い物中に、レタスやキュウリの値段に頭を悩ませていませんか?小さな工夫をプラスするだけで、節約できちゃうんですよ。野菜を安く買うコツや、野菜をムダなく使いきれ…

週末だけのプチ断食にファスティングなど、食べる量を減らす減量法の一つ「昼食抜きダイエット」。朝食抜き、夕食抜きと何が違う?難しい?効果は?気になる「昼食抜き」の真相について調べてみました。ぜひダイエットに役立…

「飽食の時代」と言われますが、食べられるのに無駄になっている大量の食料「食品ロス」があることをご存知ですか?「食品ロス」を防げば節約できたり、お得に買い物できたりとうれしいこともいっぱい!今日から始められる食…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

まとめ

「セロトニン」という物質の名前を聞いたことありますか?実は、この物質は体内で作ることができないため食べ物から摂取しなければならない、身体にとってとっても重要なものなんです!精神状態も左右するものなので、しっか…

パン まとめ

アメリカンなボリュームの商品が大人気のコストコ。そこの定番商品「ディナーロール」は、見た目はごく一般的なシンプルなパンですが、かなりおいしいと大好評のようです。冷凍保存してサンドイッチやラスク、フレンチトース…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね?今回は朝に特に何を食べるといいのかについてご紹介したいと思います。海外のニュースを元にお話ししますね。朝食を作るときに是非参考になさってください。

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

クッキー スイーツ

ここ数年の多肉植物ブームもついにここまで!クッキーで作る多肉植物は、驚きの完成度です。デフォルメなしに再現されるからこそ、本物と変わらないかわいさが際立つ「多肉クッキー」を、あなたも一度作ってみませんか?

カレーうどん うどん 愛知

「豊橋カレーうどん」をご存じでしょうか。個性的な条件をクリアし、工夫を凝らした人気のご当地グルメです。ここでは、町おこしのために考案された豊橋カレーうどんの特徴と、それを食べることができる人気のお店を紹介した…

agatasei

まずはよろしくお願いいたします。