ローディング中

Loading...

スーパーなどで普段目にする数々の食品の中で、どこか懐かしさを感じさせるレトロなパッケージの食品を集めました。今風のオシャレなものとは一線を画しますが、どれも味のあるものばかりですよ。昔から親しまれている間違いない美味しさもポイントです。

パッケージに着目すると違った発見があるかも!

スーパーなどでの日常の買い物の中で、思わず目に留まるような、レトロなパッケージの商品に出会うことはありませんか?今どきのデザインとはまた違った良さがあるそれらの多くは、昔からずっと親しまれてきたロングセラー商品で、味もまた一級品。

今回は、そんなレトロパッケージの食品をご紹介します!

1.ホワイトツナ

ホワイトツナ

Photo by soleil

おにぎりやサンドイッチの具材としてなど、あらゆる料理に使われるツナ缶。その中でも一際目を引くパッケージのこちらは、「SSKセールス(株)」のもの。昭和5年に、国内初となるツナ缶の製造に着手した会社です。

しかし当時の日本においては、魚の缶詰といえば鮭缶がメインであり、ツナ缶は、アメリカへの輸出用として製造されていたものでした。その後、戦後になり食生活が洋風化される中で、国内でも消費されるようになりました。当時の料理書を見ると、昭和26(1951)年ごろには既にツナ缶を使った料理が紹介されています。

その後、昭和40年代に入るとツナ缶の需要はますます増加。共働き世帯が増えた背景からか、“缶詰を使った時短料理”などが紹介されるようになりました。

ちなみに初期のツナ缶料理には、“皮を取り除き…”との説明が記載されたレシピも見られました。皮つきのツナ缶もあったということでしょうか。なかなか興味深いですね。

缶を開けると…

ふたを開けたホワイトツナ缶

Photo by soleil

缶を開けると、身がかたまりの状態になっている、ソリッドタイプ。身をほぐした状態のフレークタイプよりも、あっさりとした淡泊な味わいです。ちなみに商品名の「ホワイトツナ」とは、びんながまぐろを使ったツナのこと。他に「ライトツナ」もありますが、こちらはキハダマグロやメバチマグロ、カツオ等が使われています。

「ホワイトツナ」は、都内の高級スーパーで購入しましたが、通販でも購入できます。色々な種類があるツナ缶ですが、こちらはオーソドックスなツナ缶の王道を味わえますよ。

2.りんごジャム

りんごジャム

Photo by soleil

ジャムといえば、瓶詰や紙の容器のものがよく見られますが、このりんごジャムは珍しい缶入り。昭和16(1941)年創業の「青森リンゴ加工株式会社」で製造されているこちらは、美味しそうなりんごのイラストと、レトロな「りんごジャム」のフォントが目をひく、ロングセラーのジャムです。

そもそも国内で初めてジャムが販売されたのは明治14(1881)年、国産第一号は、缶入りのいちごジャムでした。その後、大正時代に入るとパンとともに親しまるようになり、当時の雑誌にもジャムサンドのレシピなどが載るようになりました。

本格的に普及したのは戦後、パン食が急速に広まったことが背景に挙げられます。また、学校給食で子どもたちがパン食に親しんでいったことも、大きな要因のひとつでしょう。

パッケージ裏側には、もんぺ姿の女性が

「りんごジャム」の裏側

Photo by soleil

「APPLE JAM」のレトロなフォントが目につく、パッケージ裏側。りんご農園の素敵な絵が描かれています。ひとりの女性がりんごを収穫しているところのようですが、この女性、今時珍しいもんぺ姿です。大切に育てたりんご達はどれも真っ赤に実り、食べごろのようですね。

中身はいかに…!?

ふたを開けた「りんごジャム」

Photo by soleil

今時珍しい、ペースト状のジャム。昔ながらのスタイルのジャムということで、さぞかし甘々なのかと思いきや、100%果汁のりんごジュースを煮つめたような、りんごの風味が抜群かつさわやかな甘みです。パンに塗るだけでなく、ケーキやスコーンなどお菓子作りにも色々使えそうですね。

こちらは、都内にある青森県の特産品を扱っているお店で購入しましたが、公式サイトからですと確実に購入できます。他にも「りんごスライスジャム」などもありますので、お好みのものを是非お試しください♩

3.クリームパピロ

クリームパピロ

Photo by soleil

茶色とクリーム色の、優しい印象のパッケージが特徴的な、株式会社小宮山製菓の「クリームパピロ」。「欧風せんべい」と呼ばれ、昭和41(1966)年の販売以来、根強い人気のロングセラー商品です。

この可愛いネーミング。「クリーム」は分かりますが、「パピロ」とは一体……?

ちなみに、昔から九州で親しまれているお菓子に、七尾製菓の「フレンチパピロ」があります。こちらは昭和37(1962)年の発売なので、クリームパピロよりも早い発売。その他にも、「パピロ」と名のつくお菓子は様々あるようなので、このようなお菓子の通称のようですね。

一説には「巻いてある細い棒状のせんべい」を指すのだとか。いずれにしても、レトロな外見にぴったりの素敵なネーミングです。

どこか懐かしい味わい!

包みを開けた「クリームパピロ」

Photo by soleil

クリームパピロの断面。歯ごたえのある甘いせんべい生地に、口溶けの良いクリームが入り、味と食感のバランスが抜群です。

甘いのにせんべい?という思いもありましたが、カリッとした食感は、クッキーやビスケットとは全く違うもの。生地に油分が入らないので、クリームがたっぷり入ってもしつこくありません。コーヒーや紅茶はもちろん、日本茶にもよく合う味わいです。

長野県安曇野のお菓子ですが、都内のスーパー等でも購入できます。また、通販もおこなっていますので、興味のある方は是非どうぞ。

4.太白(たいはく)胡麻油

太白胡麻油

Photo by soleil

明治19(1886)年創業という歴史ある会社、「九鬼産業株式会社」の「太白胡麻油」。イギリスから手に入れた搾油機で胡麻油を搾り始めたのがきっかけで、それから130年もの間、変わらない製法で作られています。

現在では、料理にサラダ油を使う方が多いことと思います。しかし、昔はサラダ油が現在のように一般的ではなく、代わりにごま油を使うことが多かったようです。大正時代の料理レシピを見ると、あらゆる料理にごま油が使われていますが、料理によっては、風味が損なわれない太白胡麻油が使われたのかもしれませんね。

透明でサラサラな、万能ごま油!

お皿に出した「太白胡麻油」

Photo by soleil

一般的なごま油は、焙煎して作られているため特有の色や香りがありますが、この太白胡麻油は、ごまを煎らずに低温圧搾法で搾っているため、色や香りはありません。そのため、サラダ油の感覚で和風料理以外にも色々使える他、バターの代わりとして、ケーキやクッキーなどのお菓子作りにも使えますよ。

スーパーで購入できる他、通信販売もあります。他にも色々な種類のごま油があるので、用途に合わせてお試しください♩

5.アンドーナツ

アンドーナツ

Photo by soleil

丸くて薄め。一見地味な見た目ですが、中身の見える透明な袋に、赤と黄色のシンプルなパッケージが映え、思わず手に取ってしまいます。

これは、秋田県の山口製菓店で製造されている「アンドーナツ」。昭和38(1963)年の創業以来変わらない製法で、地元では「油パン」と呼ばれ親しまれています。昔から日本で親しまれてきたあんぱんと、学校給食等で大人気になった揚げパン。どちらも万人受けする味で、そのミックスである揚げあんぱんは、老若男女に人気のあるものです。

薄い生地にこしあんがたっぷり!

割ったアンドーナツとミルク

Photo by soleil

切ってみると、こしあんがたっぷり詰まっているのが分かります。その見た目や、「油パン」の愛称のわりに思ったよりも重くありません。パン生地に染みている油もごく表面だけなので、さっくりと歯切れが良く、香ばしくて美味しい仕上がりになっています。

都内のスーパーでもたまに見かけますが、どこでも手に入るものではないようですので、見かけたら是非購入をおすすめします!また、確実に手に入れるには通販がおすすめです。注文は5個単位ですが、常温で7日間と割と日持ちするので、是非どうぞ。

6.ヨーグルッペ

ヨーグルッペ

Photo by soleil

レトロなフォントと可愛いネーミング。そして、高原と女の子というユニークなパッケージの「ヨーグルッペ」。販売開始は昭和60(1985)年と、今年で31年目というのは意外と新しい気もします。ちなみに、販売当初は缶入りだったのだとか。

このヨーグルッペ、分類上は乳酸菌飲料ですが、乳酸菌飲料そのものの始まりは大正8(1919)年に発売された、ご存知カルピスです。その後、昭和10(1935)年にはヤクルトが誕生し、人気となりました。このように、戦前からずっと親しまれてきた乳酸菌飲料ということで、甘酸っぱい味わいに懐かしさを感じる人も多いことと思います。

パッケージの裏側は?

ヨーグルッペの裏側

Photo by soleil

裏側には、「マイルドなおいしさ ヨーグルッペ」とあります。確かに、さわやかさと共に、乳製品のマイルドさも加わった味わい。氷の入ったグラスに注げば、また違った雰囲気が味わえそうですね♩

あなたのNO.1ヨーグルッペは?

ノーマルの「ヨーグルッペ」とりんご味の「ヨーグルッペ」

Photo by soleil

色々な派生商品のあるヨーグルッペ。この「ヨーグルッペ りんご」の他に、香り高い「ヨーグルッペ マンゴー」や、炭酸を加えた「ヨーグルッペライトソーダ」なるものもあるようで、そちらも気になります。

「ヨーグルッペ りんご」のパッケージは、プレーンのヨーグルッペと色違いですが、青空までも真っ赤に染まってしまっています。それはさておき、マイルドな味わいの中にフルーティーなりんごの風味が加わり、甲乙つけがたい美味しさですよ。

当初は南九州地方限定で販売されていたローカルドリンクでしたが、様々なメディアで紹介されるやいなや、たちまちその知名度は全国区になりました。都内のデパートやスーパーでもたまに見かけますが、オンラインショップが充実していますので、地区関係なく手に入ります。常温保存で90日間保存可能なので、まとめ買いにもどうぞ。

7.すしのこ

すしのこ

Photo by soleil

タマノイ酢株式会社より、昭和38(1963)年に販売された「すしのこ」。世界で初めて、酢の粉末化に成功した結果の商品です。

半世紀以上もの歴史があるロングセラーですが、そのパッケージは販売当初からほとんど変わりません。渋いフォントに、かわいいお寿司のイラスト。そして割りばしの袋に書かれた「TAMANOI SUSHINOKO」の青文字が光ります。

中身は白いサラサラの粉!

「すしのこ」の中身

Photo by soleil

袋を開けると、こんな感じ。真っ白でサラサラの粉は、どことなく「酢こんぶ」の表面を思い出させます。

量が多いようですが、開封後もしっかり封をすれば大丈夫。また、現在は一食分ごとに分かれた小袋パックも市販されていますので、少量の場合はそちらが便利です。パッケージが同じとはいえ、確実に時代は過ぎているのだと、こんなことからも感じさせられます。

ごはんに混ぜると…

「すしのこ」を混ぜたご飯

Photo by soleil

「すしのこ」を、分量通りごはんに混ぜてみました。やや甘めのプロっぽい仕上がり。保存料はもちろん、うま味調味料が添加されていないので、酢本来の味わいが楽しめます。

あらかじめ砂糖と塩が含まれた“すし酢”も市販されていますが、この“すしのこ”の特徴は液体でないところ。普通すし飯を作るときは、すし酢の分を考慮して水加減を控えめにしますが、「すしのこ」を使えば、普通に炊いたご飯さえあればすぐにすし飯を作れるので、大変便利です。

より身近にお寿司が楽しめます

「すしのこ」とツナを混ぜたご飯

Photo by soleil

先ほどのツナ缶を使って作ったそぼろと、いり卵をすし飯に混ぜて、簡単なお寿司を作ってみました。

思い立ったらすぐ作れる上、温め直したご飯でも美味しくできるので便利です。お弁当にも重宝ですよね。こちらは全国のスーパーやデパート等で販売されています。使ったことのない方も、一度試してみてはいかがでしょうか。

レトロパッケージに着目してみては?

様々なジャンルからレトロなパッケージの食べ物をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

それぞれ差はあるものの、どれも古くから多くの人々に親しまれてきたものばかりです。新商品が次々と発売され、思わず目移りしてしまうほどの今日ですが、是非昔ながらのものにも注目してみてください。思わぬところに新たな発見があるかもしれませんよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ジャム

あまりの美しさゆえに爆発的ヒットを記録した「青い森のりんごジャム」に、バレンタイン商品が登場。燃えるような愛の象徴、ルビーのようなりんごジャムはバレンタインにぴったり。ヴィレッジヴァンガードオンライン限定販売…

レシピ まとめ

ボリュームたっぷりのチキンカツ丼ですが、お弁当のおかずとして利用できたり、カロリーをカットできるレシピもあったりするんですよ。この記事では基本的な作り方を始め、チキンカツ丼のアレンジレシピをご紹介します。是非…

缶詰 まとめ

人気バラエティ番組『ヒルナンデス』で、2017年ヒット間違いなしのレトルト&冷凍食品が発表されました!「こんなにおいしいの!?」と、レトルトや冷凍食品の概念を覆す名品ぞろいですよ。しっかりおさらいして、お店へ…

スイーツ ティラミス チョコレート ケーキ まとめ

大容量パックの商品が人気のコストコ。なかでもスイーツは注目度が高く、ぜひともチェックしておきたい商品が目白押しです!定番スイーツからカロリー控えめのものまで、一度は味わっておくべきコストコのおすすめスイーツを…

ドイツ まとめ お土産 バウムクーヘン おしゃれ スイーツ

マーガレットの花をかたどった「マルガレーテンクーヘン」は、ドイツの伝統的レシピで作られている「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」の絶品バウムクーヘンです。手土産や記念日のお祝いにも最適なひと品ですよ。その…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

日本酒 まとめ

新年と言えば、初詣にお節、お雑煮、そして欠かせないのがお酒ですよね。しかもお正月は日本酒を飲む機会もなぜか増える。その中でも日本酒には縁起の良い名前のお酒があるのをご存知ですか?是非とも年明けから運気を呼びこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

マシュマロ コーヒー

マシュマロダイエットという言葉を一度は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。マシュマロの歴史からもわかるように、マシュマロには女性に嬉しい効果もあるんですよね。今回は、マシュマロダイエットにまつわる内…

ダイエットを頑張ろうと思っても結局お腹が空いてついつい食べ物に手を出してしまう。この食欲さえがなくなれば……。そんな時にこの記事が助けてくれる!と思っています。食欲を抑える方法を1…

soleil

レトロでかわいい食べ物が大好きです♪ パンケーキよりもホットケーキ...