ローディング中

Loading...

朝晩冷えてくると恋しくなるのが「お鍋」。秋冬には大活躍なお料理です。Instagramでも、大根おろしを使った、アートな鍋が話題になってきました。そこで今回は、初めてでも作りやすい「しろくま鍋」を作るポイントを詳しくご紹介しますね。

インスタで話題の「しろくま鍋」を作ろう

寒くなってくるこれからの時期に大活躍の「お鍋」。みんなそろって、わいわいおいしく食べれられるし、これひとつで肉や魚、野菜など、栄養バランスもバッチリ整うのが魅力です。

ここ数年話題になっていた、野菜の水分で具材をおいしく蒸し上げる、豚バラと白菜のミルフィーユ鍋や蒸ししゃぶもまだまだ人気継続中。そんなおいしいお鍋に、かわいい動物などをモチーフにした、大根おろしをのせた鍋を作ってSNSにアップする人も急増中です。

Instagramには、温かいお鍋につかってくつろいでいる、しろくまたちがたくさんアップされています。そのかわいさは、見ているだけでも癒やされるほど。みなさんも「しろくま鍋」でテンションがアガるお鍋を作って見ませんか?

大根をおろすポイント

適した部位

お鍋に入れる大根おろしなら、辛すぎるのは困ります。お鍋のやさしい風味を損なわないような、マイルドなおろしが理想ですよね。みなさんもご存じのように、大根は先端にいくほど辛くなってきます。しろくまを作るには、甘くておいしい大根の中央から上を使うのが正解です。

辛味が強く繊維もしっかりした大根の先は、シャキシャキ食感を活かしてお味噌汁やスープの具にしたり、浅漬けにするのがおすすめです。ビタミンやミネラルをたっぷり含んだ葉は、きれいに洗って細かく刻み、お鍋の具にしてもおいしく食べられますよ。

削り方

http://macaro-ni.jp/34970

出典:楽天市場

【200円OFFクーポン対象】和田商店 業務用プロおろし PT2500 【D】おろし器 大根おろし おろし金 受け皿 調

¥2160

楽天市場で購入
甘くておいしい大根おろしにするには、ちょっとしたコツがあります。

辛みを抑えるには、おろし金に対して大根を直角に当て「の」の字を描くのがコツ。こうすることによって、大根の繊維がつぶれて水分がたくさん出てきます。このとき辛味成分も一緒に溶け出していくので、マイルドな大根おろしができるんですよ。

また、ゆっくり大根をおろすと、細胞が壊れるのを抑えることができ、辛味成分の生成も抑えられます。

ただし、このやり方では水分がたくさん出るので、作れる分量も少なく時間もかかります。女子会やパーティなどで、しろくまとは別に大根おろしをたくさん用意したい場合は、大根をおろし金に直角にあてて、繊維をたつように上下に力を入れておろすとラクですよ。ちょっと辛みが残るので、大人向けに仕上がります。

作り方のポイント

お鍋ができあがる直前にする

大根おろしは時間をおくと辛味は抜けますが、せっかく豊富にあるビタミンCも失われてしまいます。風味や色も悪くなっていくので、しろくまは食べる直前に作ってくださいね。

大根おろしの水気をかたく絞る

せっかくがんばって削った大根おろしですが、水気はかたく絞りましょう。水っぽいとべちゃべちゃして、成形しずらくなります。ここで手抜きすると、しろくまを鍋に入れたとき、残念な結果になりかねないので、要注意ですよ。

とはいえ、手で絞ると指のスキマからだいこんおろしがこぼれ落ちたりして大変ですよね。キッチンペーパーやにくるんだり、巻き簾できつく巻くと、しっかりと水分が絞れます。

しろくまを作る

いよいよ、しろくま作りに取りかかります。まるい形の顔、小さな耳、楕円形の胴体、細長い手足、とパーツごとに成形していきます。顔パーツの鼻の部分は、大根おろしを少しだけ足して立体感を出すとかわいいですよ。

ねんど遊びや、動物パン作りのような感覚で楽しんで作ってください。お子さんに手伝ってもらっても、喜んでやってくれそうですね。

海苔で目と鼻を作る

海苔を丸や三角に切り抜いて、目と鼻を作ります。100均などでも打っているパンチを使えば、きれいにカットできますよ。途中で取れてなくなってしまうこともあるので、余分にカットしておくと安心です。

鍋の上にそっとのせる

すべてのパーツができたら、フライ返しなどを使って、完成した鍋にそっとのせます。お腹、両手、頭、耳の順でくっつけていき、最後に目と鼻を付けたら完成です。しろくまにスープがかからないように、気をつけてくださいね。

おすすめのお鍋

水分が多い鍋だとしろくまが崩れやすいので、豚バラを使ったミルフィーユ鍋など、汁気の少ない鍋がおすすめ。

豚バラを使ったミルフィーユ鍋の作り方は、レタスや白菜などお好みの葉野菜と豚ばら肉を交互に重ねていき、鍋の高さに合わせて切ります。切った断面を上して鍋に敷きつめたら、だしと醤油、酒などを入れましょう。弱火で蒸したらスタンバイOK。なるべく平らに整えてから、しろくまをのせると安定しますよ。

その他気になる動物おろしアート

スヌーピー鍋

しろくま鍋のコツをマスターしたら、いろいろなキャラに応用できます。こちらは、みんな大好きなスヌーピー。お鍋にびたっと気持ちよさそうに寝そべっているのが、とってもキュートですね。シロクマと同様に、パーツごとに大根おろしを成形すると作りやすいですよ。

ひつじ鍋

まるでぬいぐるみのようにかわいい、ひつじさんも作れます。おしょうゆで色づけした大根おろしで顔をつくり、白い大根おろしでヒツジの形に包みましょう。耳は、レンジ加熱したエリンギです。親子で仲良くならんでいる姿が、愛くるしいですね。

猫おろし

鍋の上でまるくなって寝ている猫もいます。ブチの模様はしょうゆで色づけ。スポイトなどを使えば、思った通りの柄が描けてかんたんです。

▼詳しくはこちら記事をどうぞ

しろくま鍋でほっこり

いかがししたか?一見難しそうなしろくま鍋ですが、コツやポイントをおさえれば、初心者でも失敗なくかんたんに作れます。かわいすぎるしろくまが乗った鍋なら、みんなのテンションがアガること間違えなしですね。

しろくまのほかにも、スヌーピー鍋にひつじ鍋、猫おろし鍋など、見ているだけで癒やされます。みなさんもぜひ、心も身体もほっこり暖まる、大根おろしアートの鍋をお試しくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 韓国料理

ピリ辛でおいしい韓国鍋ですが、みなさんは「チゲ」の意味をご存じですか?「チゲ鍋が大好き!」と言う人もいる思いますが、その使い方間違ってるんです!チゲの意味はなんと食べられないアレです。今回は、知ったらちょっと…

パクチー

三軒茶屋にある「亜細亜的バル シンチャオ」で『第2回パクチー祭!食べ放題だよ、全員集合!』が開催されます。この季節にぴったりなパクチー鍋やドリンク、人気のメニューなどと一緒に2時間お代わり自由!この機会にぜひ…

そのかわいさから、SNSで話題沸騰中の東峯未央さんの陶器。素朴で温かみのある「シロクマシリーズ」のお皿はの中には、大人気でなかなか手に入らないものもあるのだとか。今回はいま話題の陶芸家、東峯未央さんの心温まる…

レシピ まとめ

せりという三つ葉に似た食材をご存知でしょうか?なかなか頻繁に食べる機会はないかもしれませんが、せりは栄養価が高く、アレンジのきく万能食材なんですよ。今回はおひたしや鍋、味噌汁を中心に、せりの人気レシピを20選…

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 白菜 まとめ

一年中出回っている白菜は、12〜2月に旬を迎えます。だから、今の時期の白菜が一番おいしいんですよっ!今回はそんな白菜を使ったおいし〜いレシピを12個ご紹介します♫どの料理も簡単にできるので、是非試してみてくだ…

レシピ まとめ

どこのご家庭にもある「ホットプレート」が近ごろ大活躍中なんです。ホットプレートと手軽な食材で時短でできちゃうレシピをご紹介します。どのレシピも簡単なのに見た目がとっても豪華なのでおもてなしやホームパーティーに…

レシピ まとめ 和食

お豆腐よりもしっかりボリューム、お肉よりもヘルシーな優秀アイテム「厚揚げ」でも、いまいち使い方がわからないって人も多いはず。そこで、厚揚げの色んなアレンジレシピを紹介します。意外なアレンジにハマるレシピがきっ…

バナナ 揚げ物 レシピ 串揚げ まとめ

皆さんバナナをどうやって食べますか?と聞かれたらそのままと答える人がほとんどではないでしょうか。バナナに火を通す方はあまり多くないはず。でもバナナってフライにしたらすごく美味しいんですよ~♪そんなレシピを紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

インド料理 カレー かぼちゃ レシピ

バターのやさしいコクとスパイスの香りがとろける一品。調理時間も1時間程度。カボチャと豆の綺麗な色が食欲をそそり、野菜とバターの甘さが老若男女だれにでも愛される味です。ぜひお試しを♪

ステーキ ローストビーフ 高田馬場 ランチ 肉料理

高田馬場の駅から歩いて3〜4分の位置にある「Red Rock(レッドロック)」の『ローストビーフ丼』は、これでもか!とローストビーフが山盛りになった、まるで肉食系にとって夢のような丼です。味、量、見た目、全て…

wasante

1歳児をはじめとする、3児のママです。パクチーとココナッツとナンプ...