ローディング中

Loading...

実は、猫は魚が好きではなかったのです。この驚きの事実をみなさんご存じでしょうか。本来、猫はネズミやウサギ食べる生き物なのだそうです。では、どうして「猫は魚が大好物」だと言われるようになったのでしょうか。猫と魚の関係を詳しくご紹介します。

猫は魚が好きじゃない

「猫の好きなものは何でしょう?」こう聞かれたら、ほとんどの人は「魚」と答えることでしょう。キャットフードを食べることはあっても、魚以外のものを食べているところを見たことがないし、“猫=魚”のイメージが強いのではないでしょうか。しかし、ここにきて猫は魚が好きではないという衝撃的な事実がわかったのです。
では、猫は何が好きなのでしょうか。猫は本来、ネズミやウサギを食べる生き物だそうです。『トム&ジェリー』というアニメで、そんなシーンが出てきますよね。しかし、猫がネズミを捕るというのは、現代の生活ではあまり見かけることはありませんよね。それに、ウサギを食べる猫なんて聞いたことがありません。どうして、猫の好物は魚になったのでしょう。

猫と魚の関係を探ってみよう

猫は肉食動物に分類されていて、“猫=魚”は日本だけのイメージなんだとか。世界的に見ると、魚を食べる猫は少数派なのだそうです。

なぜ?猫=魚のイメージが強いのか

日曜6時30分に放送している国民的アニメの主題歌で「お魚くわえたドラネコ、追っかけて~」と歌っています。長寿番組のため、わたしたちは子どものころからこの歌を聴いて育ちました。そのため、猫は魚が好きだというイメージが、頭の中から離れないのではないでしょうか。
欧米では“猫は肉食”が常識のようです。ヨーロッパのネコの栄養学の本には「珍しいことに、日本ではネコに魚をやっている」という記述もあるそうですよ。欧米の人たちには、日本は珍しい国なのですね。
日本で猫が魚を好んで食べるようになったのは、食生活に関係があるそうです。江戸時代まで日本はお肉を食べる習慣がありませんでした。お肉の代わりに魚を食べていたため、その残りものを猫が食べていたことから、猫は魚が好きだと言われるようになったのです。

猫が避けたほうが良い魚

青魚

さんまやアジ、いわしなどの青魚には不飽和脂肪酸という成分が含まれているそうです。青魚は人間にとって健康によいとされるものですが、猫がたくさん食べると、黄色脂肪症(イエローファット)という病気にかかってしまいます。この病気は、腹部にしこりができたり、変な歩き方をするのが特徴です。黄色脂肪症(イエローファット)にかかってしまったら、栄養バランスのよい食事に替え、ゆっくり治していきましょう。

魚の骨

とくに鯛のような固い骨は、消化器系を傷つけてしまうそうです。火を通すと、骨が割れて刺さりやすくなるのだとか。猫ちゃんを傷つけないためにも、骨までしっかり調理していきたいものです。

生魚はNG

魚の種類によって、ビタミンやミネラルの含有量が異なるため、1種類だけをあたえ続けると栄養のバランスが崩れるそうです。中に寄生虫が隠れているかもしれません。また、魚によってはチアミン分解酵素が含まれているので、加熱処理をするとよいそうです。チアミン欠乏症になると食欲が低下し、発作や筋固縮の症状もではじめてしまいますので猫ちゃんの食事管理はきちんとしたいものですね。

魚肉ソーセージもNG

ソーセージなどの練り物は塩分が高いため、泌尿器系のトラブルを誘発するそうですので、決してあたえないでくださいね。

貝類

貝類には、ビタミンB1分解酵素のチアミナーゼが含まれていて、これらを食べ続けると“ビタミンB1欠乏症”になりやすいのだとか。ビタミンB1が欠乏すると、食欲不振や嘔吐、痙攣などの症状を引き起こすそうです。怖いですね。
基本的には、人間が食べるものは避けたほうがよいみたいですね。猫がおねだりしてきても、そこは厳しくしつけましょう。

でもやっぱり魚が好きなの

でも、やっぱり猫は魚が好きなのです。その証拠に、キャットフードにはまぐろやいわし、さば、かつおなど魚介の味が多く含まれています。これは日本独特だとも言われているそうですよ。なかには魚アレルギーも猫もいるとか。その場合は、肉系のキャットフードにするとよいでしょう。飼っている猫に合わせて餌を選んでくださいね。

イカは焼けばOK

昔から“猫はイカを食べると腰を抜かす”と言われているそうです。なぜなら、イカにはチアノーゼという酵素が含まれていて、これはビタミンB1を壊す働きを持っているとか。ビタミンB1は疲労回復のための成分で、猫にとっても必要な栄養素です。ビタミンB1が不足すると、口内炎や脱毛症など体のあちこちの栄養不足が表れて、足腰が立たなくなってしまうそうです。そのようなことから、“猫はイカを食べると腰を抜かす”と言われていたのですね。
では、猫はイカを食べてはいけないのでしょうか。そんなことはありません。チアノーゼは熱に弱いため、焼きイカにすると猫にあたえてもよいそうです。イカには、猫に必要なタンパク質やカルシウム、タウリン、DHAなどの成分が含まれています。また、原料にイカが含まれているキャットフードもあるそうですよ。

海外の猫は何を食べているの?

日本の猫は魚を食べていることが多いのですが、海外の猫は何を食べているのでしょうか。イタリアはパスタ、アメリカはピザ、インドではカレーを食べる猫もいるそうですよ。結構味が強いものが多いですが、猫ちゃんはおいしいと思って食べているのでしょうね。その国の食文化によって、猫が食べるものも違ってくるのが面白いところです。

文化が猫の舌をつくる?

いかがでしたか?“猫は魚が好き”だというのは、日本独特の食文化によるものであって、海外ではパスタやピザを食べている猫もいるという事例があります。また、日本でも魚が苦手な猫もいるぐらいです。これは、日本人が猫に対して勝手に抱いたイメージなのではないでしょうか。猫の言葉がわかれば、何が食べたいのかがわかるのですが……。

猫ちゃんが欲しがっていても、魚ばかりではダメですよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ピザ イタリアン

「ピザ」と「ピッツァ」、呼び方が違うだけで味や食べ方は変わらないと思っていませんか?実は、全くの別物なんですよ。食べるときのマナーにも関わってくる意外な違い、チェックしておかないと恥をかいちゃうかも!? 詳し…

暑い季節にぴったりの、冷んやり爽快なアイスコーヒーは、スタバでも大人気の定番ビバレッジですよね。そんなスタバの本場アメリカで、コーヒー氷というものが発売されたんです!アイスコーヒーのあの悩みも解決してくれるコ…

アメリカ ハンバーガー ロサンゼルス

高品質食材を使用した抜群のおいしさと、モンスター級のボリューム感で大人気のロサンゼルス老舗ハンバーガーショップ「ファットバーガー」の日本上陸が決定したんです!ハンバーガー好きなら見逃せない、ファットバーガーの…

カレーを作るときも、サラダを作る時も、スープを作る時も、同じ切り方で玉ねぎを切っていませんか?料理に合わせてちょっぴり工夫するだけで、料理の味わいや食感がぐんとアップするんですよ!玉ねぎの基本的な切り方をご紹…

ピザ アメリカ アイスクリーム

アメリカ発「ピザ味のアイス」が各地で混乱を呼んでいます。リトルベイビーズアイスクリームというお店で販売されているようですが、一体どんな味わいなのでしょうか……?気になる材料から店舗詳細までご紹介します!…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

おでん まとめ

おでんは冬の醍醐味!コンビニで買える手軽な料理ですよね♪そのおでんの中でもヘルシーで美容にいいおすすめのおでんの具を紹介します!さらに太ってしまう具材も紹介!ぜひおでんをチョイスするときの参考にしてみて下さい。

フルーツ

「一日一個の林檎は医者知らず」ということわざがあるほどですが、果たして本当のところりんごの効能はどのようなものがあるのでしょうか?優秀すぎるりんごの効能6つを紹介していきます。ぜひりんごを毎日の生活に取り入れ…

ページTOPに戻る