ローディング中

Loading...

小籠包はスープが中からじゅわっと出てくるおいしい点心です。蒸したてをレンゲにのせて食べる瞬間の緊張感がたまりませんよね。今回は、そんな小籠包の作り方をご紹介します!基本のレシピや包み方のコツもお伝えするので、チェックしてみてくださいね。

おいしい小籠包は自宅で作れる!

小籠包は中華料理のなかでも人気の点心です。かじった瞬間にアツアツの豚スープが出てくるので、レンゲを使ってこぼさないように食べるのがたまらないですよね。本格的な小籠包はお店で食べるものと思っている方も多いかもしれませんが、生地、あん、スープそれぞれの作り方はそんなに難しいものではなく、包むときのコツを覚えれば自宅でも本格小籠包を召しあがれるんですよ。なので今回は、小籠包の基本的な作り方とアレンジレシピをご紹介します!

本格的な小籠包の作り方

材料

【生地】
・強力粉……25g
・薄力粉……70g  
・塩……適量
・ぬるま湯……40cc   
・片栗粉(打ち粉用)……適量

【あん】

・豚ひき肉……120g
・玉ねぎ……1/4個
・ねぎ……10cm
・しょうが(すりおろし)……小さじ1/2
・しょうゆ……大さじ1/2
・みりん……大さじ1/2 
・酒……大さじ1/2     
・オイスターソース……小さじ1
・ごま油……小さじ1
・塩こしょう……適量

【スープ】
・水……100cc  
・粉末の鶏ガラスープ……小さじ2 
・粉末の貝柱スープ……小さじ2
・粉ゼラチン……3g

1. 包みの生地を作る

生地の材料をボウルに入れて軽く混ぜ、ある程度生地がまとまってきたらこねます。こねるときは手のひらで押しつぶすようにしながら、伸ばして半分に折る作業を繰り返します。

生地に弾力が出るまでこねたら、冷蔵庫で1時間程度寝かせます。寝かせた生地を棒状に伸ばし、10等分くらいに分けたら綿棒で丸く伸ばします。餃子の皮大判タイプよりも少し大きめにすると、包みやすい生地になりますよ。

2. スープを作る

スープの素をお湯で溶かし、少し冷ましてからゼラチンを入れよく混ぜて冷蔵庫で冷やし固めます。固まったら、スプーンなどを使って崩しておきます。上手に崩れないときには、ざるに入れてスプーンで押さえつけるようにすると細かいスープの素ができますよ。

3. あんを作る

あんの材料をすべて入れよくこねます。途中からゼラチンで固めて崩したスープも投入し、全体がよく混ざって粘りが出るまでこねたら、30分冷蔵庫で寝かせます。お肉とスープをこねるときに手の熱であん全体がやわらかくなります。このままだと包みにくいため、冷蔵庫で寝かせると、あとの作業がしやすくなります。

包んだ小籠包を蒸す

皮にあんをのせて包み、沸騰させた蒸し器で7分ほど蒸しあげます。フライパンに網を張った上にクッキングペーパーをのせても蒸し器に代用できますよ。

スープを逃さない小籠包の包み方のコツ

小籠包は上手に包めないからと諦めてしまう方もいらっしゃいますよね。初めてでも、ちょっとしたコツでスープが逃げないように包むことができますよ。
1.皮の外周にハケなどで水をつけます。

2.4か所(上下左右)を指でつまんで少し立体的にします。

3.真ん中に丸めたあんをのせます。

4.2で作ったヒダの間を、もう2か所ずつつまんで、口を狭くしていきます。(合計12か所ヒダができます)

5.掌で包むように小籠包を持ち、軽く握るようにしてひだを中央に集めます。

6.掌でねじるようにし、ひだを一方向に倒しながら指でてっぺんをつまんで閉じたら完成です!
▼小籠包の包み方を動画でチェック!

小籠包のアレンジレシピ

1. 餃子の皮でも作れる小籠包

生地を作るのはやっぱり自信がないというときには、餃子の皮で小籠包ができます。大判の餃子の皮を使い、あんを入れすぎないのが上手に作るポイントですよ!

蒸すときには、水滴が落ちないようにタオルでふたを覆うときれいに仕上がります。餃子の皮が少し透明につやっとして中の具材が透けて見えるようになったら蒸しあがりのサインです。

2. 市販の皮で簡単!焼き小籠包

フライパンで蒸し焼きにして作る小籠包もおすすめです。肉汁がこぼれないようにしっかりと包んでフライパンに並べます。中火で焼いたあとに水を入れて蒸し焼きにします。

小籠包同士がひっついてしまうと、食べるときに皮が破れてせっかくの肉汁が逃げてしまいます。並べるときには油をしいてなべ底につかないように、小籠包同士も十分な間隔をあけて焼いてくださいね。

3. エビ入り小籠包風餃子

海老餃子と小籠包を足したアレンジレシピです。海老餃子の皮はタピオカを使うので、なかなか材料をそろえるのが面倒です。小籠包の皮でしたら小麦粉でできますし、もちもち感も出ますよ。あんは海老とはんぺんで作るので、あっという間にできます。

こちらのレシピではスキレットで焼いています。テーブルにそのまま運んで食べる瞬間まで、アツアツを楽しめます。キャベツを敷くと、見た目がよくなるだけではなく、適度な蒸し焼きと鉄板にひっつかない効果があります。

今夜の献立は小籠包に決まり!

小籠包は本格点心ですが、ちょっとしたコツをつかめばおうちでも楽しむことができます。時間があるときは皮から丁寧に作ってみましょう。粉やお肉をこねる作業はお子さまでも楽しめるのではないでしょうか。一緒に作ってみるのもいいですね。アツアツの小籠包をぜひ、おうちでも作ってみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キッシュ レシピ ピザ パイ まとめ

キッシュとは、パイ生地やタルト生地に、卵とクリームを流し込んで焼くフランスの料理。サクッとおいしいキッシュですが、生地を手作りするのは大変ですよね。実は生地を餃子の皮で代用できるのです。今回は餃子の皮で作る簡…

レシピ 中華

自宅で簡単にできる「パン粉肉まん」のレシピをご紹介します。レンジを使っておいしく作れますので、小腹が空いた時などにおすすめです♩ひき肉だけではなく、中身をいろいろな具材で試したりしてみるのも楽しいですよ!

レシピ まとめ

そろそろ受験シーズン&年度末に突入ですね。夜中まで頑張っている受験生や仕事をしている人のために、簡単にできる夜食レシピを教えます。夜食を食べても太らないポイントもアドバイス!ダイエッターさんやヘルシー志向の人…

レシピ すき焼き

冬はアツアツのすき焼きがおいしい季節です。おなかいっぱい食べて、具材や煮汁が余ってしまった時は、他の料理にリメイクしておいしく食べきりましょう!うどんや肉じゃがなど、一度試してみたい人気のリメイクレシピをご紹…

ブロッコリー スープ レシピ まとめ

ブロッコリーはサラダで食べることが多いですが、意外にも簡単にスープにすることができ、そのスープレシピはアレンジがたくさんあるのです。食感や色、味を活かしたスープはどれもおいしいですよ。年中スーパーに並ぶブロッ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

お酒は好き!でもカロリーがどうしても気になる・・・という女性の皆さんに向けて、嬉しい低カロリーのカクテルをレシピ付きでご紹介します。しかも全て100kcal以下、作り方も簡単!これなら安心してカクテルを楽しめ…

チョコレート レシピ アレンジレシピ まとめ

だんだんとバレンタインの日が近づいてきましたね♡女子にとってはこの日が勝負!という人も多いのでは?そうじゃない人でも、今年は手作りで女子力をアピールしちゃいませんか?♡カルディからおすすめのバレンタインレシピ…

レシピ まとめ

「しそ」の良い香りって食欲をそそりますよね♡でも、「しそ」には食欲をそそるだけではなく、身体によって良いものがたくさん含まれているんです。料理の添えに置かれていることが多い食材ですが、その「添え」にも意味があ…

ケーキ スコップケーキ レシピ スイーツ まとめ

デコレーションが苦手でも、まだまだデザート初心者でも、失敗知らずで可愛くできちゃうスコップケーキ。パーティにもおもてなしにも華を添えるレシピ、探してみました♪

レシピ まとめ フルーツ

レモンカードとはLemon curdと書き、レモンバタークリームということみたいです。イギリス発祥のこのクリームは、イギリスではバケットにたっぷりぬって焼いたものがアフタヌーンティーの定番だそうですよ♪cur…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

まとめ 焼肉

焼肉屋さんなどでよく見かける七輪ですが、正しい使い方を知っていますか?今回は、七輪の使い方やさまざまな調理方法、注意点についてご紹介。今年は七輪を使って、秋の味覚を存分に堪能してみてはいかがでしょうか?

くるみ レシピ

秋に旬を迎えるナッツ類の中でも、特に人気の高いくるみは小粒ながら高栄養!特に良質オイルやビタミンEなど美肌作りや生活習慣病予防にうれしい栄養が豊富です。そのまま食べるのはもちろん、デザートやお料理にも幅広く使…

misokko1

お休みの日にはにゃんことイモリを眺めて過ごすのが至福です。喜んでい...