ローディング中

Loading...

スープが口の中でじゅわっと溢れ出る小籠包は人気の点心のひとつですよね。今回は、家でも簡単に作れる小籠包のレシピをご紹介します!本格派に嬉しい皮から作る基本のレシピや包み方のコツ、また餃子の皮で作る簡単アレンジレシピもご紹介します。

人気の点心・小籠包も自宅で簡単に作れます

小籠包は中華料理のなかでも人気の点心です。かじった瞬間にアツアツの豚スープが出てくるので、レンゲを使ってこぼさないように食べるのがたまらないですよね。本格的な小籠包はお店で食べるものと思っている方も多いかもしれませんが、生地、あん、スープそれぞれの作り方はそんなに難しいものではなく、包むときのコツを覚えれば自宅でも本格小籠包を召しあがれるんですよ。なので今回は、小籠包の基本的な作り方とアレンジレシピをご紹介します!

本格小籠包のレシピ

材料

【生地】
・強力粉……25g
・薄力粉……70g  
・塩……適量
・ぬるま湯……40cc   
・片栗粉(打ち粉用)……適量

【あん】

・豚ひき肉……120g
・玉ねぎ……1/4個
・ねぎ……10cm
・しょうが(すりおろし)……小さじ1/2
・しょうゆ……大さじ1/2
・みりん……大さじ1/2 
・酒……大さじ1/2     
・オイスターソース……小さじ1
・ごま油……小さじ1
・塩こしょう……適量

【スープ】
・水……100cc  
・粉末の鶏ガラスープ……小さじ2 
・粉末の貝柱スープ……小さじ2
・粉ゼラチン……3g

1. 包みの生地を作る

生地の材料をボウルに入れて軽く混ぜ、ある程度生地がまとまってきたらこねます。こねるときは手のひらで押しつぶすようにしながら、伸ばして半分に折る作業を繰り返します。

生地に弾力が出るまでこねたら、冷蔵庫で1時間程度寝かせます。寝かせた生地を棒状に伸ばし、10等分くらいに分けたら綿棒で丸く伸ばします。餃子の皮大判タイプよりも少し大きめにすると、包みやすい生地になりますよ。

2. スープを作る

スープの素をお湯で溶かし、少し冷ましてからゼラチンを入れよく混ぜて冷蔵庫で冷やし固めます。固まったら、スプーンなどを使って崩しておきます。上手に崩れないときには、ざるに入れてスプーンで押さえつけるようにすると細かいスープの素ができますよ。

3. あんを作る

あんの材料をすべて入れよくこねます。途中からゼラチンで固めて崩したスープも投入し、全体がよく混ざって粘りが出るまでこねたら、30分冷蔵庫で寝かせます。お肉とスープをこねるときに手の熱であん全体がやわらかくなります。このままだと包みにくいため、冷蔵庫で寝かせると、あとの作業がしやすくなります。

包んだ小籠包を蒸す

皮にあんをのせて包み、沸騰させた蒸し器で7分ほど蒸しあげます。フライパンに網を張った上にクッキングペーパーをのせても蒸し器に代用できますよ。

スープを逃さない小籠包の包み方のコツ

小籠包は上手に包めないからと諦めてしまう方もいらっしゃいますよね。初めてでも、ちょっとしたコツでスープが逃げないように包むことができますよ。
1.皮の外周にハケなどで水をつけます。

2.4か所(上下左右)を指でつまんで少し立体的にします。

3.真ん中に丸めたあんをのせます。

4.2で作ったヒダの間を、もう2か所ずつつまんで、口を狭くしていきます。(合計12か所ヒダができます)

5.掌で包むように小籠包を持ち、軽く握るようにしてひだを中央に集めます。

6.掌でねじるようにし、ひだを一方向に倒しながら指でてっぺんをつまんで閉じたら完成です!
▼小籠包の包み方を動画でチェック!

小籠包のアレンジレシピ

1. 餃子の皮でも作れる小籠包

生地を作るのはやっぱり自信がないというときには、餃子の皮で小籠包ができます。大判の餃子の皮を使い、あんを入れすぎないのが上手に作るポイントですよ!

蒸すときには、水滴が落ちないようにタオルでふたを覆うときれいに仕上がります。餃子の皮が少し透明につやっとして中の具材が透けて見えるようになったら蒸しあがりのサインです。

2. 市販の皮で簡単!焼き小籠包

フライパンで蒸し焼きにして作る小籠包もおすすめです。肉汁がこぼれないようにしっかりと包んでフライパンに並べます。中火で焼いたあとに水を入れて蒸し焼きにします。

小籠包同士がひっついてしまうと、食べるときに皮が破れてせっかくの肉汁が逃げてしまいます。並べるときには油をしいてなべ底につかないように、小籠包同士も十分な間隔をあけて焼いてくださいね。

鶏白湯スープの小籠包

エバラ「プチッと鍋」を使用したアレンジ小籠包です。中から濃厚な鶏白湯スープがジワーっと出てきますよ!「プチッと鍋」を使用すれば、調味料や具材も最低限で済むのもうれしいですよね。

別の味の「プチッと鍋」を使えば、さまざまな味の小籠包ができあがります。ぜひお好みのアレンジで試してみてくださいね。

今夜の献立は小籠包に決まり!

小籠包は本格点心ですが、ちょっとしたコツをつかめばおうちでも楽しむことができます。時間があるときは皮から丁寧に作ってみましょう。粉やお肉をこねる作業はお子さまでも楽しめるのではないでしょうか。一緒に作ってみるのもいいですね。アツアツの小籠包をぜひ、おうちでも作ってみてください。
▼こんな小籠包もありますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

レシピ スイーツ おしゃれ

ガリガリ君の新しい食べ方「炭酸水アレンジ」がツイッターで話題になっています!ガリガリ君といえば丸かじりのイメージなのですが……炭酸水を入れるとどんな変化が生まれるのでしょうか?気になる作り方やアレンジ、食感を…

レシピ おつまみ お弁当 ピザ まとめ

春巻きの皮を使ったアレンジレシピをご紹介します。人気のピザ、とろ~りチーズとのコラボ、おつまみ、スイーツまで。冷めてもおいしいお弁当のおかずもあります。どんな場面でも活躍できる春巻きの皮で、レシピのレパートリ…

レシピ まとめ

クリスマスや誕生日パーティーに、かわいらしい「ロールケーキタワー」を作ってみませんか?今回は、基本の作り方から真似してみたいアイデアレシピまでご紹介!フォトジェニックなロールケーキタワーに、ぜひ挑戦してみてく…

麻婆豆腐 豆腐 レシピ まとめ

中華料理の定番レシピである麻婆豆腐。今回は、麻婆豆腐の基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。ピリ辛の本格的な四川風レシピから、時短で簡単に作れるレシピまで、食卓に並べたくなる麻婆豆腐レシピを20選お届け…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

お酒は好き!でもカロリーがどうしても気になる・・・という女性の皆さんに向けて、嬉しい低カロリーのカクテルをレシピ付きでご紹介します。しかも全て100kcal以下、作り方も簡単!これなら安心してカクテルを楽しめ…

チョコレート レシピ アレンジレシピ まとめ

だんだんとバレンタインの日が近づいてきましたね♡女子にとってはこの日が勝負!という人も多いのでは?そうじゃない人でも、今年は手作りで女子力をアピールしちゃいませんか?♡カルディからおすすめのバレンタインレシピ…

レシピ まとめ

「しそ」の良い香りって食欲をそそりますよね♡でも、「しそ」には食欲をそそるだけではなく、身体によって良いものがたくさん含まれているんです。料理の添えに置かれていることが多い食材ですが、その「添え」にも意味があ…

ケーキ スコップケーキ レシピ スイーツ まとめ

見た目からして女子力高めなスコップケーキ。となると、やっぱり難しそう……。安心してください!今回はデザート初心者でも簡単にかわいく作れるレシピを7つご紹介します。パーティーやおもてなしにも華を添えてくれますよ…

レシピ まとめ フルーツ

レモンカードとはLemon curdと書き、レモンバタークリームということみたいです。イギリス発祥のこのクリームは、イギリスではバケットにたっぷりぬって焼いたものがアフタヌーンティーの定番だそうですよ♪cur…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ パンケーキ まとめ

パンケーキを一口で食べられるミニサイズのバイツを作りませんか?簡単につまめるので、おやつにも最適。ダイエット中の方でも安心してパンケーキが一口味わえます。見た目もかわいいし、冷凍保存もできるんです。お皿に盛れ…

ホテル お花見 ランチ おしゃれ 花見 テイクアウト まとめ

桜の満開が待ち遠しいですね。今回は、東京都内の高級ホテルのお花見にぴったりなテイクアウト弁当を厳選して3店ご紹介します。こだわりのたっぷり詰まった華やかなお弁当。どれも期間限定、数量限定ですので、この機会にぜ…

misokko1

お休みの日にはにゃんことイモリを眺めて過ごすのが至福です。喜んでい...

ページTOPに戻る