ローディング中

Loading...

リーズナブルなお値段で、子供から大人まで人気の鶏肉。そんな鶏肉ですが、冷凍保存をするとメリットがいっぱいなのだとか。今回は鶏肉の冷凍保存の方法や保存期間、解凍法、下味のつけ方、さらに冷凍鶏肉のおすすめレシピまで詳しくご紹介します。

鶏肉を冷凍保存したい!

ほかのお肉と比べて、比較的リーズナブルな鶏肉。お料理にも使いやすいので、スーパーで大量に購入したものの、使い切れなかったり、買ったことを忘れて余らせてしまったりすることもありますよね。

そんなときは余った鶏肉を冷凍保存して、毎日の食卓で賢く利用してみましょう。今回は、鶏肉の冷凍保存方法や、冷凍鶏肉を使用したおすすめレシピをご紹介します。

鶏肉って冷凍してもいいの?

鶏肉の冷蔵での保存期間は2~3日が目安と言われています。これは、鶏肉に限ったことではありませんが、やはり冷蔵の場合は保存できるにも限度がありますし、冷蔵庫は扉を開閉するため、そのたびに空気に触れて酸化が始まり、日持ちが悪くなってしまいます。

そのため、すぐに使わない場合は冷凍保存するのがおすすめです。しかし、冷凍保存すると味や食感が落ちてしまわないか心配ですよね。ここで正しい冷凍保存方法を知って賢く冷凍し、おいしく冷凍鶏肉をいただきましょう。

鶏肉を冷凍するメリット

いつまでもおいしさをキープ

鶏肉の旨味成分を含むお肉の水分が、常温や冷蔵では乾いてきてしまい、パサパサしてしまいます。さらに徐々に変色するなどして味が落ちていきます。

ですが、きちんと冷凍保存することで旨味成分を含む水分が凍り、乾燥しにくく旨味もそのまま残るんですよ。冷凍保存をして、いつまでもおいしさをキープしましょう。

使いたい時に使いたい分だけ取り出せる

鶏肉を大量に買った際、皆さんはどのように保存しますか?余った鶏肉をひとまとめにして冷凍するより、あらかじめ小さく切って冷凍しておけば次回使う際、使いたい分だけ取り出して調理することができます。

和洋中、どんな料理にも使いやすい鶏肉なので、毎日のひと品に使いたい分だけ使える小分け冷凍はとても便利ですよ。

食中毒になりにくい

冷凍保存は細菌の増殖を防げるので、食品の保存法として安全で食中毒になりにくい方法です。特に、週末に食材をまとめ買いしているという方には非常におすすめしたい保存方法のひとつです。

しかし、だからと言ってもともと存在していた菌を殺菌できるということではないので、解凍や調理の際は十分に気を付けて行って下さいね。
▼新鮮な鶏肉は、どんなふうに見分ければいい?

【部位別】鶏肉の冷凍方法

鶏もも肉、鶏むね肉、鶏ささみ

鶏肉の筋の方向にそって、薄く平らにそぎ切りをします。クッキングペーパーなどで水分を拭き取り、ひとつひとつラップで包んで急速冷凍しましょう。唐揚げやサラダなど、使いときに使いたい分だけサッと取り出すことができますよ。

手羽先

骨と肉の間に切り目を入れます。クッキングペーパーなどで水分を拭き取り、ひとつひとつラップで包んで急速冷凍しましょう。

小分けにしてラップをした鶏肉を、まとめてジッパー付きの保存袋に入れて冷凍保存すると、さらにおいしさが長持ちしますよ。

下味をつけて冷凍するメリット

下味をつけて保存しておくと、調理する時により時短になって素早く作れます。冷凍前にひと手間をかけることで、あとで楽をしちゃいましょう!

ご紹介した鶏肉の下処理をする際に、切って水分を拭き取った後、お好みの調味料をもみ込んで、タッパーやジッパー付きの保存袋に入れて急速冷凍すると味がよくしみ込みます

さらに調味料で鶏肉を包み込むことによって、鶏肉表面の乾燥も防げるので、冷凍焼けを防ぐもできるそうです。自分や家族好みのオリジナルの下味を試してみるのもよいですね!

塩麹で鶏肉をやわらかくする

小さじ1~2杯程度の塩麹を鶏肉にもみ込んでから冷凍すると、調理した際、お肉がとっても柔らかく仕上がります。塩麹はお肉だけでなく、野菜も柔らかく、また味が染み込みやすくなる万能調味料。

あとは塩コショウだけで仕上げてもしっかり味がついているので、簡単調理で本格的なお味になりますよ。

おいしく食べる解凍のポイント

電子レンジやお湯を使った解凍は、短時間で解凍できるというメリットがありますが、加減が難しいというデメリットもあります。

解凍を通り越して表面に火が通って硬くなってしまったり、中はまだ凍ったままだったりと仕上がりにもムラがでることがあります。

こういった失敗を防ぐためには、冷凍庫から冷蔵庫に移して自然解凍するのがおすすめです。低温でじっくり時間をかけて解凍することで、お肉の旨み成分が流れ出てしまうことも抑えられるんですよ。

冷凍鶏肉を使った簡単おすすめレシピ

1. 鶏胸肉のごぼう巻煮

ごぼうは細切りにしてアク抜きし、人参は細切りにしたら、熱湯で茹でて冷まします。冷蔵庫で自然解凍しておいた鶏肉は開いて厚さを揃え、ごぼうと人参をのせて巻き、タコ糸で巻きます。フライパンに油をしいて全体を焼き、昆布だしや醤油などを加えて弱中火で煮たら出来上がりです。

2. 鶏肉の味噌マヨ玉ねぎダレ

鶏肉はひと口大に切り、玉ねぎは1cm幅のくし形に切ります。保存袋に材料を入れ、袋の上から手で揉み混ぜていきます。そして鶏肉と玉ねぎを入れ全体にタレが行き渡るようにさらにもみます。なるべく空気を抜き、封を閉じたら平らにして冷凍保存してストックしておきましょう。

このストック鶏肉があれば、時間が無い時のひと品にもすぐに使えて便利です。多めに作っておけば、温かいご飯にのせてどんぶりにしてみたり、スープにしたり……いろいろなアレンジできて料理の幅も広がるためおすすめですよ。しっかりと味が染みているので焼くだけでもとてもおいしく食べられ、お弁当のおかずとしても便利です。

3. チキン南蛮

解凍した鶏肉を切ったら塩コショウし、小麦粉をまぶして溶き卵にくぐらせ揚げます。お酢や砂糖などを温め、そこに揚がった肉をつけます。お皿に盛って、タルタルソースをかければ完成です。

4.自家製冷凍鶏だんごの照り焼き弁当

材料を粘り気が出るまで混ぜ、丸いだんごに形成します。それを油を敷いたフライパンで焼いて火を通し、冷めたら冷凍庫で冷凍保存します。使いたい時に解凍して照り焼きのタレで絡めて出来上がり。

鶏だんごは照り焼きにしてお弁当に入れたり、そのままスープの具として加えたりと便利に使えます。下味も調理も簡単なので、常に冷凍庫にストックしておきたいですね。

万能の冷凍鶏肉をもっと活用してみよう

鶏肉の冷凍保存方法、いかがでしたでしょうか。
様々な料理に使えてとても便利な鶏肉ですが、冷凍保存術をうまく使えば美味しく長く使えたり、調理時間の短縮になったりと様々なメリットがあります。

今回ご紹介したポイントに気を付けて冷凍鶏肉を活用して、もっと鶏肉料理を簡単に美味しくいただいてくださいね!
▼その他の肉の冷凍/保存方法も知っておこう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

唐揚げ 揚げ物 レシピ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介します…

麻婆豆腐 レシピ まとめ

麻婆豆腐の献立にぴったりの、おいしいおかずをご紹介!サラダ、スープ、副菜、ご飯など、トライしてみたくなる素敵なアイデアレシピが満載です。いつもの麻婆豆腐と合わせて、ぜひ食卓に乗せてみましょう。バランスよく、お…

パン レシピ

最近インスタなどで話題になっている「アイスパン」をご存知でしょうか。名前からはいろいろなビジュアルを想像すると思いますが、アイスパンとはソフトクリームの形をしたパンなんです。今回はそんなかわいいアイスパンの作…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

レシピ まとめ

クリスマスや誕生日パーティーに、かわいらしい「ロールケーキタワー」を作ってみませんか?今回は、基本の作り方から真似してみたいアイデアレシピまでご紹介!フォトジェニックなロールケーキタワーに、ぜひ挑戦してみてく…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

パン メロンパン

今後はこだわりを込めたメロンパンを定期的に発売すると発表したミニストップ。その試みの第1弾が早くも発売されました。富良野メロンを皮、生地、クリームにたっぷり使った、芳醇な香りと味で早くも話題の新商品!その詳細…

まとめ

伊勢丹新宿店のデパ地下はおいしいグルメの宝庫です。そこで今回は、「ヒルナンデス」で紹介されたお惣菜ランキングや、いまイチオシの人気スイーツについて一気にご紹介していきたいと思います。ご自宅用だけでなく、手土産…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る