ローディング中

Loading...

蜜がたっぷり入ったりんごはジューシーで本当においしいですよね。ですが、実はこの「蜜」、蜜そのものは甘くないのです。皆が信じて疑わない「蜜」が甘い説ですが、今回はこのりんごの「蜜」について、おいしいりんごの見分け方などと共にご紹介します。

りんごの「蜜」…実は甘くない?

ビタミンCが豊富に含まれていて、風邪予防にもよいとされているりんご。「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」というイギリスのことわざがあるほど、健康にもよいイメージが定着していますよね。

スーパーなどで1年中手軽に購入できますが、秋から冬にかけてがりんごの旬とされており、特に多く出回っていますよね。

そんなりんごですが、りんごを切った時に芯の周りについている「蜜」。この蜜が入っているほうが甘いと言われており、よいりんごの目安でもあります。でも、甘いと思ってその部分だけを食べても実は甘さを感じられないのだそうです。

これはいったいどういうことなのでしょうか。また、この「蜜」とは何なのでしょう。ここでは、りんごの蜜にまつわるお話とおいしいりんごの見分け方についてご説明していきます。

正体は「ソルビトール」という物質だった

実は、りんごの蜜の正体は「ソルビトール」という糖質アルコールの一種です。

ソルビトールは、砂糖に比べカロリーが低く、ダイエット食品や低カロリー飲料の甘味料などの添加物としても広く使われています。

りんごのソルビトールは、葉の光合成によって作られる物質で、葉から軸を通って果実のなかに運ばれていきます。そして、果実の中でソルビトールがりんごの本来の甘味である果糖やしょ糖に変換されます。これがりんごの甘みの元となっていたんですね。

りんごが完熟すると、ソルビトールは糖分に変換するのをやめ、水分を吸収して「蜜」になるのです。つまり、りんごに蜜が入っているということは、熟度がすすんでソルビトールが果実の中に蓄積された状態で、完熟しているのでおいしいりんごというわけです。

ただ、ソルビトール自体はしょ糖や果糖の5割〜6割程度の甘さしかないので、その部分だけを食べてもあまり甘くは感じないのです。甘くないりんごの蜜の正体はこういうことだったんですね。

りんごは虫歯になりにくい?

りんごに含まれるソルビトールは砂糖の約5割〜6割程度の甘味で、口腔内で細菌、酵素による有機酸の生成がほとんど無いので、虫歯の発生原因にならないと言われています。こういった理由から、ソルビトールはガムなどにもよく使われているんですよ。

また、りんごなどの果物は繊維も豊富に含まれているので、お菓子などと違って歯にくっつきにくいという点からも虫歯になりにくいのだそうです。

さらに、りんごに豊富に含まれているビタミンCは風邪予防にいいのですが、実は歯にもとてもいいんです。ビタミンCが足りていない場合、歯茎の出血が起こる場合があります。つまり、美肌や風邪だけでなく、歯茎を健康的な状態を保つなど、健康的な口内環境を作るうえでもビタミンCを摂取することが大切になります。

食べ過ぎには注意しながら、1日1個程度をいただくと歯にもからだにもいいですね!

蜜が茶色くなるのはなぜ?

時間が経つと、りんごは蜜の部分が茶色くなっていきますよね。それはどうしてなのでしょうか。

そもそも、りんごの果実の中でソルビトールが飽和状態になり、余分になった分が細胞と細胞の隙間にたまり、「蜜」のような状態になります。この部分も、日にちが経つとやがては果肉全体に吸収されて消えるのですが、一部が変色し茶色になることもあります。 その原因として「蜜褐変(みつかっぺん)障害」といって、ポリフェノールが活性酸素によって酸化することで褐変することが挙げられています。

高温の年に起こりやすく、早めの収穫をしてるところもあるようですよ。蜜入りりんごを買ったら、あまり長期保存せずにすぐに食べた方がよさそうですね!

酵素の働きを押さえるには、ビタミンC液、食塩水に浸すとよいそうですよ。食塩水はあまり濃いと味が落ちるので、0.85%くらいの濃度に約15分間浸すぐらいにしておくのがおすすめです。皮をむいたりんごをすぐに食べない場合も、食塩水に浸しておくと、色がかわりにくくなり、見た目もきれいなのでよいですよ。

甘くておいしいりんごの見分け方

スーパーや八百屋などでよく見かけるりんごですが、どれも同じおいしさとは限りません。ですが、せっかく買うのであれば食感がよく、たっぷりと蜜の詰まった甘くておいしいりんごが食べたいですよね。そこで、おいしいりんごの見分け方をご紹介します。

・同じ大きさのものでも重い方
・ツルが太くてしっかりしている
・全体が鮮やかな赤い色をしている
・りんごのお尻のほうが少し透き通ったような黄色みをおびている


こちらのポイントをおさえて、甘くておいしいりんごを選んでくださいね!

食べ頃のりんごの見分け方

せっかく買ったりんごも食べ頃を分かっていないと、早すぎて渋みが残っていたり、逆に日が経ちすぎて鮮度が落ちてしまったりすることがあります。このポイントをおさえて、食べごろのりんごをおいしくいただきましょう。

食べごろのりんごの特徴

1. お尻の色が青や緑よりも、黄色や橙色、飴色のもののほうが味が濃く熟しています。ただし長持ちはしないので早めにいただきましょう。

2. 熟したものほどよい香りがでます。りんご独特の香りをかいでおいしいりんごを選ん
でみましょう。ただし、熟しすぎて発酵臭がするものはおいしくないのでやめておきましょう。

3. 果実を指ではじいた時、はずんだ音がするりんごは新鮮であり、鈍い音がするのは鮮度が落ちている場合があります。

4. 皮がツルツルしているものは日にちが経ち新鮮ではないものが多いので、皮がザラザラしたものを選ぶとよいですよ。
素人ではわかりにくいりんごの食べごろ。この見分けるポイントをひとつづつ確認すれば、おいしい食べ頃のりんごを厳選できますね。スーパーでりんごを選ぶのが楽しくなりそうです。

りんごの蜜が多い品種は?

「蜜」はりんごの果実が完熟した証なので、蜜の入っているりんごはおいしく感じられますよね。 蜜の部分は周りの部分よりも糖度が低いとご紹介しましたが、意外にもりんごで一番糖度が高いのはお尻の部分なのです。

今までお尻の部分を意識して食べたことは無かったのですが、これから注目するべきはりんごのお尻ですね!それでは、蜜が多く含まれる品種と蜜が入りにくい品種をご紹介します。

<蜜が多い品種>
サンふじ、北斗、スターキングなど

<蜜が入りにくい品種>
つがる、王林、ゴールデンディシャス、ジョナゴールドなど

品種によっては蜜が入りにくいりんごがありますので、蜜が入っていないからといっておいしくないとは限らないのですね。

りんごを食べて元気なからだを作ろう

りんごの蜜の正体やおいしいりんごの見分け方のご紹介、いかがでしたでしょうか。りんごを食べるときに、果肉に蜜がたっぷり入っていると、なんだか得した気分になる人も多かったのではないかと思います。

この記事を読んでりんごの蜜は甘くないことが分かっても、蜜があることはおいしいりんごということなので、これからもりんごを切ったときに蜜に出会えればラッキーだと思ってくださいね。

自分の目で厳選した、蜜たっぷりのりんごを食べると、さらにおいしくいただけるような気がします。甘くおいしいりんごを食べて、医者いらずの元気なからだを作っていきましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アボカド

スーパーでアボカドを買ってきたものの、固すぎたり、反対に熟しすぎてべちゃべちゃになってしまったり・・・ちょうどいい状態を選ぶのが難しいアボカド。そこで、今回はおいしいアボカドの選び方や注意点について詳しく解説…

色鮮やかな赤色が美しいイチゴ。甘酸っぱいおいしさに夢中になっている人も多いのではないでしょうか?そんなイチゴがお腹いっぱい食べられるイチゴ狩り、時期的にはいつ頃行くのがおすすめなのか知っていますか?イチゴ狩り…

スイーツ レシピ フルーツ おやつ

スイーツの新星と呼ばれる「ガトーインビジブル」はご存知ですか?フルーツたっぷりでしっとりとした食感、そして断面がとっても美しいスイーツなんですって。今回は基本のレシピからSNS映えしそうなアレンジまで、ガトー…

アップルパイ

広尾で人気のリトルパイファクトリーからクリスマスの期間限定で「アップルパイ」が登場します。限定アップルパイのこだわりは、なんといってもサクサクのパイ生地♩みずみずしいりんごの限定パイを、楽しんでみてはいかがで…

フルーツ

ちまたでよく耳にする「酵素」。いったいどういうものなのかご存知ですか?この酵素は人間が生活していく上でとても欠かせないものなんですよ。今回は、この酵素の効果について説明すると共に、酵素を含む食べ物、おすすめの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ホットドリンク

紅茶ブランド「リプトン」から、紅茶にドライフルーツ、ハーブやスパイスを入れた新たなスタイルの提案「グッドインティー」が登場しました!今回は、早くも注目を集めているこのアレンジティーの魅力をお伝えします。

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

おしゃれ 和菓子 東京

1960年創業の老舗菓子店「笠原製菓」が、おしゃれになって「煎餅」の常識を覆す?!今、四代目笠原兄弟の手がける煎餅がとてもクールと話題なんです。煎餅好きのあなた、ここのお煎餅を食べずに、煎餅好きは名乗れません…

和食 ランチ デート まとめ

女子会でイタリアンやフレンチは定番ですが、たまには和食でオトナ女子を気取ってみたくなりますよね。そんな女子会にも、デートにも行けちゃう本当は教えたくないとっておきの「名古屋の和食を堪能で和食屋さん」7店舗ご紹…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...