ローディング中

Loading...

パリで2つ星を獲得する「ティエリー・マルクス」氏監修レストランが銀座にオープン!日本を愛するマルクスが、新業態かつ世界初出店として、大変注目されているお店なんです。高さ12センチある巨大ブリオッシュも見逃せません。お店の全貌をご紹介します。

パリ2つ星レストラン「ティエリー・マルクス」の味を銀座で

パリで2つ星を獲得する「ティエリー・マルクス」氏監修のガストロノミーレストラン「THIERRY MARX(ティエリー・マルクス)」とグランビストロ&プレミアムテラスバー「BISTRO MARX(ビストロ・マルクス)」が9月24日(土)にオープンします。

場所は、多くの人で行き交う銀座4丁目の交差点、銀座和光の斜め向かいに佇む複合商業施設「GINZA PLACE」7階に入り、施設の開業と同時に営業をスタート。

「料理とパンの融合」をテーマに、新業態かつ世界初出店ということで、大変注目されているお店なんです!中でもオリジナル「ブリオッシュ」は日本初上陸で、先日青山で先行発売された際は、大行列を作りあっという間に完売された商品。今回は、一足お先にティエリー・マルクス氏のお店に潜入、料理の味や内観、日本出店への経緯などたっぷりご紹介します!

2つのタイプで構成されるフロア

新しい商業施設「GINZA PLACE」は駅直結ビル。地下からエレベーターに乗れば、ティエリー・マルクス氏のお店へすぐに到着できます。7階でエレベーターを降りれば、薄暗い照明にパット明るく咲いたビビットな花がお出迎え。右手側に進むと、すぐ右側にガストロノミーレストラン「ティエリー・マルクス」があり、そのまま奥へ進むとグランビストロ&プレミアムテラスバー「ビストロ・マルクス」があります。

「ティエリー・マルクス」で出される料理は、一つ一つのお皿の上でマルクス氏の世界感が表現される革新的なフレンチ、一方「ビストロ・マルクス」では、オリジナルのブリオッシュを中心に、料理とパンを融合したクラシックなフレンチをマルクス風にアレンジして食べられます。

同じフロア内に2種類の違ったコンセプトを展開し、内装を変え、全く違う料理を提供する点が特徴の一つ。2つのお店の様子と「ビストロ・マルクス」で提供される料理を一部ご紹介します。

グランビストロ&プレミアムテラスバー『BISTRO MARX(ビストロ・マルクス)』

まず始めにご紹介するのが、グランビストロ&プレミアムテラスバー『BISTRO MARX(ビストロ・マルクス)。店内に入ると、壁にはティエリー・マルクス氏の横顔を描いた大きなロゴマークに圧巻!明るくライトアップされた店名と同時にマルクス氏のお店を強く印象付けるシンボルとなっています。
また、今回出店の目玉商品の一つ、左手カウンター内にはお持ち帰り用のブリオッシュがずらっと並んでいます。マルクス氏の横顔を形どったボックスに入れてくれるので、持ち帰る途中、形が崩れてしまう心配は要りません。1個、1,500円(税抜)で販売しています。

天井高で開放感抜群の店内

天井が非常に高くとられた店内には、ファンが回っており、カジュアルに過ごせます。右側は、全面窓ガラスとなっていて、明るい陽の光がたっぷり差し込み、店内を照らしてくれます。夜の景色も期待できそう!
左側は、ライブキッチンとなっていて、シェフの働く姿を見ながら料理を楽しむのも醍醐味の一つ。

和光の時計台を望むプレミアムテラスバー

また、ビストロ・マルクスへ来たら、テラス席もおすすめ!テラス専用のガラス扉を開けると、20名ほどは入れそうな広々とした空間となっていて、気持ちが解放されます。眺望は、和光の時計台が目の高さに見える位置で、日本にいることを忘れそうな感覚。この位置で見ることがないせいか、まるでロンドンの時計台ビック・ベン?と思ってしまうほど、異国の雰囲気が漂います。

こちらは、23時〜深夜2時まで利用できるスペース。一流バーテンダーが作る鮮やかなフルーツカクテルやシャンパンを楽しめます。夕食を済ませた後、銀座で夜景を堪能しながらオシャレにお酒を飲みたい!なんて方にはぴったりですよ。

ティエリー・マルクス氏のエスプリが注入された料理

ティエリー・マルクス氏のエスプリが注入された料理

市場より 本日の魚介のマリネ 2,100円

見た目が繊細で色鮮やかなこちらの料理は、築地直送の新鮮な魚介をマリネしたひと品。ホタテを使い、細かく刻んだニンニクとカリフラワーが食感のアクセント。カリフラワーの斬新な使い方は、まさにマルクス流!仕上げに、柚子の皮を削って風味を出し、和のエッセンスもプラスされ、豊かな味わいに心が踊ってしまいます。
ティエリー・マルクス氏のエスプリが注入された料理

仔羊の煮込み 白いんげん豆 3,200円

そして、大根やネギなど大ぶりにカットされた野菜がゴロゴロ入った仔羊の煮込み料理。仔羊は仔羊の骨、日本各地のフレッシュトマト、ネギなどの香味野菜をたっぷり使い、5時間煮込んで作られています。ホロホロっとほどける柔らかいお肉にトマトや野菜の旨みが染み渡り、奥深い味を体感できます。

特筆すべき点は、パンと融合された料理であること。実は、一番下にパンがしかれているんです。ナイフとフォークでお肉や野菜と一緒にパンを食べる楽しさがあります。凝縮されたお肉と野菜の旨みがパンに染み渡り、お腹も満足になれる逸品です!
ティエリー・マルクス氏のエスプリが注入された料理

マルクスバーガー 2,900円

こちらはお子様とぜひ味わってほしい、マルクスバーガー。パテの食感に徹底的にこだわり、本国フランスでは、ハンバーガー業界に驚きと感動を与えたほど。

今回は日本使用にさらに進化させたハンバーガーとなっていて、お肉につなぎは一切使用せず上質な国産黒毛和牛の分厚いパテを挟んでいます。まるでお肉そのものを食べているかのようで、肉汁が口いっぱいに溢れ出します!両手で少しバンズを抑えて、肉汁をパテに染み渡らせて食べるのがおいしく食べるポイントなんです。

付け合せに、野菜のピクルスとフライドポテト、ハンバーガーのソースにも使われている自家製トマトフォンドュとフランス料理の伝統的なステーキソース「ベアルネーズソース」も添えられています。ぜひフライドポテトのディップとして使ってください。ここでしか食べられない絶品ハンバーガーも注目です!

ガストロノミーレストラン「THIERRY MARX(ティエリー・マルクス)」

THIERRY MARX(ティエリー・マルクス)は、がらっと印象を変え、入り口の店名には柔らかな間接照明があたり、しっとりとした雰囲気。中に入ると、左手にミニキッチンが備えられ、ビストロ・マルクスで調理した料理を仕上げて提供するスペースになっています。
中に入ると真っ白なテーブルクロスに、グレーでまとめた家具が大人の落ち着いた雰囲気を演出。床はタイル張りとなっていて、ステンレス製の調度品も高級感を助長していますが、堅苦しくなく落ち着いて食事ができるスペースとなっています。

注目のブリオッシュ

高さ12センチもあるブリオッシュは、先日青山で2日間限定で販売された際、長蛇の列を作り、あっという間に完売した商品。良質のバターを練り込み、生地を何層にも巻いて仕上げられているため、外はカリッと、中はふわっととろける食感です。芳醇な香りが漂うバターが鼻に抜けて、気分まで高揚してくる特別なおいしさ!お店でも食べられますが、お土産用に購入も可能なので、家でもマルクスのブリオッシュが味わえますよ。
また、このブリオッシュをフレンチトーストにしたメニューが一押し!こだわりの卵を使った卵液をしっかり染み込ませ、たっぷりのバターで表面をこんがり焼いて出されます。生キャラメルソース、メープルシロップ、また添えられた自家製アイスクリームで食べれば、幸せ絶頂!

ティエリー・マルクス氏について

ティエリー・マルクス氏は、フランスで最も名高いシェフの1人で「星の請負人」とも呼ばれるほど、ミシュランガイドでいくつも星を獲得する人物です。日本の武道や精神を愛し、実際に柔道や剣道、合気道などの段を持っているようです。また「ホテル・ドゥ・ミクニ」の三國清三シェフとも親交を深め、親日家としても知られています。今回、日本の文化を心から愛して止まないティエリー・マルクス氏に出店のオファーが入り、世界初出店を遂げたんです。

フランス料理をさらに盛り上げていく次の新しい世代として、大変注目されている料理人。日本を敬愛するティエリー・マルクス氏のエスプリは、料理の中で随所に表現され私たちの舌だけでなく目も驚かしてくれます。日本の素材を取り入れて、マルクス風に仕立て上げる料理は、今までにない新しい体験をすることができますよ。

さいごに

昔ながらの王道フレンチをマルクス風に仕上げるビルトロメニューと、一つ一つお皿の上でマルクス氏のエッセンスが繊細に表現される革新的なフレンチ、あなたならどちらを選びますか?

見た目も食感も全く異なりますので、シーンに合わせて使い分けも可能。お子様も一緒に来店できますのでご家族で、また大切な人と銀座の新しいマルクス氏の魂が入ったNEWフレンチをぜひ感じてみてください。

店舗情報

■店舗名:ガストロノミーレストラン「THIERRY MARX(ティエリー・マルクス)」
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F
■電話番号:03-6264-5045
■営業時間:
ランチ:11:30〜15:00(L.O.14:00)
ディナー:17:30〜22:00(L.O.21:00)
■料金:
ランチコース1種 15,000円
ディナーコース2種 20,000円〜
■席数:全32席 ※個室2室(4名から予約可、最大8名まで、別途ルームチャージ10,000円)
■定休日:日曜日
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13199524/
■公式HP:http://thierrymarx.jp/
■店舗名:グランビストロ&プレミアムテラスバー「BISTRO MARX(ビストロ・マルクス)」
■電話番号:03-6280-6234
■営業時間:
ビストロ・ブーランジェリー:11:00〜23:00(L.O.22:30)
プレミアムテラスバー:23:00〜2:00(L.O.1:30)
■料金:
ランチコース 3,800円〜
ディナーコース 6,800円〜
ティータイムセット 2,000円〜
アラカルト 1,200円〜
■席数:全74席 /うちテラス席20席
■定休日:不定休(プレミアムテラスバーは日祝定休)
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13199526/#shoppr

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

六本木 トリュフ フランス

六本木の東京ミッドタウンに、フランス発祥、そして日本初上陸となる「Artisan de la TRUFFE Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)」がオープン。フランス産の高品質なトリュフをたっ…

レストラン

葉山を代表する老舗のフレンチレストラン「LA MARÉE(レストラン ラ・マーレ)」の開業40周年を記念し、『40th Anniversary Summer Party』が開催!一夜限りのラグジュアリーサマー…

アイスクリーム ニューヨーク 原宿 表参道

NYで大人気のロールアイスクリームのオリジナルブランド店「ロール アイス クリーム ファクトリー」が原宿・表参道にオープン。タイの屋台生まれで、NYで大人気のスイーツです。SNSでも映えること間違いなし♩

福岡 レストラン まとめ ランチ

九州有数の繁華街、福岡県「天神」。そんな天神エリアで、ランチにおすすめなお店をピックアップしてみました。博多名物が食べられるお店から旨くて安いコスパ抜群ランチ、女子会向けのおしゃれカフェまで、人気店を22選ご…

横浜 ランチ ビュッフェ デート 女子会 おしゃれ まとめ レストラン

横浜でランチを選ぶとき、迷ってはいませんか?今回はみなとみらいから桜木町、横浜駅周辺まで人気ランチをまとめてみました♩女子会やデートにおすすめなお店からおしゃれなビュッフェ、ひとりでも入りやすいお店から個室あ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

デート 女子会 渋谷 表参道 カフェ おしゃれ まとめ

渋谷周辺ってお店がたくさんありすぎて迷ってしまいますね。今回は渋谷・表参道のおしゃれな店を16店舗ご紹介します。ソファー席や個室のある雰囲気のよいお店ばかりなので、女子会やデートなどのお店選びに参考にしてみて…

東京 まとめ 肉料理

肉好きならば必ず一度は訪れてみたい名店をまとめました♪肉食系女子の皆さん、デート場所としてリクエストしてみてはいかがでしょうか?おいしいお肉をヘルシーに食べられる肉寿司やユッケなど、たっぷりと堪能してみてくだ…

カフェ まとめ ランチ

千葉県内では人口第5位を誇る柏市は、Jリーグのチーム柏レイソルのホームタウンでもあります。交通の便が良く、大型ショップも多い傍ら、ちょっと田舎の田園も風景もある良い所です♡そんな柏市の、おすすめカフェをまとめ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

まとめ

お正月に供える鏡餅は何故丸いのか、みかんを乗せるのか、疑問に感じたことはないですか?そしておせち料理の中に入れる食材、これらにはすべてきちんと意味があるんだそうです。一体どういう意味を表しているんでしょうか?…

ワイン フランス パリ 餃子 バー まとめ

餃子といえばビール!という感じですが、実は最近ちょっと違うようです。パリでは餃子にワインというのが流行しており、その流れで青山にも「GYOZA BAR(ギョウザバー)」というおしゃれな店が2015年夏にオープ…

myan3

野菜が大好き、野菜ソムリエ。素材を活かしたレシピが好きで、食品スー...

ページTOPに戻る