ローディング中

Loading...

みなさんは塩で行う歯磨きを知っていますか?歯磨き粉を使う以外にも、歯を磨く際に利用できるものがあるというのには驚きです。今回は、塩で歯磨きを行うメリットと注意点、その方法をご紹介します。正しいやり方を学んでぜひ試してみてくださいね。

塩を使った歯磨きとは

塩で歯を磨く方法があるという話を聞いたことはありませんか?塩は歯や歯茎にいいといわれていて、塩を使って歯磨きを行うだけではなく、マッサージやうがいをしている人もいるそうです。

では塩を使った歯磨きはどのような効果を得られるのでしょうか?

塩で歯磨き。どんな効果があるの?

歯茎の引き締め

口臭を発生させる大きな原因のひとつとして、歯周病があげられます。歯周病とは、歯を支える歯周組織の炎症によって引き起こされる病気のことです。

歯と歯茎の境目に歯周ポケットと呼ばれる溝ができて、さらに細菌がその中で増殖を繰り返し病気が進行していきます。

塩には収斂(しゅうれん)作用という、水分を吸収して組織や血管を縮める効果があり、歯茎を引き締めて歯周病などでできてしまった隙間をなくしてくれるのです。

歯茎のマッサージ効果

塩の歯磨きは歯茎のマッサージ効果もあるとされています。塩の粒が歯茎をマッサージすることにより、血行が良くなるのです。

歯茎はマッサージしたほうがいいと聞いたことがある人もいると思いますが、塩の歯磨きによりその効果も得られるとされているのは嬉しいですね。

唾液の分泌を促す

唾液には口の中を洗浄する作用、抗菌作用、保護する作用、消化を促す作用などさまざまな効果があります。

塩には唾液の分泌を促す働きがあり、分泌量が増えるほど高い効果を期待できます。

ですが、あまり多くの塩で磨いてしまうと浸透圧の作用で、頬の粘膜を痛めてしまう原因にもなりかねません。塩の量はあまり欲張らず、少量で塩歯磨きをするようにしましょう。

化学成分を摂取しなくてすむ

みなさんは現在使っている歯磨き粉の裏面の成分表を確認してみたことはありますか?歯磨き粉には多くの化学成分が含まれているのです。

例えば、ラウリル硫酸ナトリウムという合成界面活性剤が発泡剤の成分として入っています。このラウリル硫酸ナトリウムは、シャンプーやボディーソープなどにも含まれていますが、皮膚や目などに炎症を起こすことがあるのです。

口の中の粘膜は皮膚に比べて13倍の吸収力があるとされていて、実際この成分は口内炎を引き起こす原因になるともいわれています。

その点塩歯磨きは化学成分が含まれていないので、悪影響の心配をすることなく歯磨きができます。

塩なので誤って飲み込んでしまった場合でも体に害はありませんね。

塩歯磨きで歯が白くなるってほんと?

塩歯磨きをすると歯が白くなるという話がありますが、本当のところはどうなのでしょう。

実際は、塩で歯磨きをしても研磨歯磨きのように歯のしつこい黄ばみ汚れを落とすことはできないそうです。

歯磨きはあくまで歯の表面に付いた茶渋やヤニなどの汚れを落とすだけなので、 歯本来の色のように白くすることはできません。

歯医者さんでホワイトニングの施術を受けるか、セラミックを使った審美治療を検討するのがよいでしょう。

少量の塩分で行うように

塩で歯磨きをすると余分な塩分を摂取にすることになるので、高血圧などでの持病を抱えている方にはおすすめできません。

塩歯磨きを行う場合は、一度に大量の塩を使わないよう心がけることが大切です。

塩歯磨きのやり方

1、まずブラシヘッドを塩が付きやすくなるよう水でたっぷりと濡らします。

2、塩の入った容器に先ほど濡らしたブラシヘッドを入れ、適量を付けてください。

3、塩の馴染みをよくするために、口の中に水を少し含んで湿らせます。

4、あとは歯ブラシで磨くだけ!

ブラッシングの方法としては、歯と歯茎の境目に45度の角度で、1〜2本の歯を軽い力で小刻みに磨きます。回数は1か所につき20回が目安です。歯周ポケットに毛先が入ることを意識して磨きましょう。

塩で効果的な歯磨きをするコツ

歯茎に炎症があるときは避ける

歯茎に炎症があるときは、塩での歯磨きはひかえたほうがいいでしょう。炎症や腫れを助長してしまい痛みを感じてしまいますので注意です。

粗塩はNG。粒子の細かい塩を使う

塩で歯磨きをする際強く磨きすぎると塩の結晶が歯の表面や歯茎を傷つけることもあるので、繊細な力加減が要求されます。

また粗塩だと歯の表面や歯茎をも傷つけてしまう可能性があります。塩の種類によっては出血してしまう場合もあるので注意が必要です。

塩の粒子の大きさに気をつけて塩歯磨きをしましょう。

最後にフッ素配合の洗口剤で仕上げを

塩歯磨きによって歯垢を落とし歯石予防ができていたとしても、殺菌や虫歯予防など塩だけでは対応しきれていない部分もあります。

フッ素は虫歯予防に関する様々な働きをしてくれます。フッ素配合の洗口剤を使用することにより口の中を清潔に保ち、継続的にむし歯予防に努めましょう。

正しい方法をきちんと理解するのが大切

塩歯磨きをすることによってさまざまな効果を得られる反面、やり方次第では歯や歯茎を傷つけてしまう恐れもあります。

塩歯磨きを行うのが心配だという人は、市販されている塩入りの歯磨き粉などを使用してみるのもいいかもしれません。

正しい方法を理解して、ぜひ塩歯磨きを試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スーパーフードとも呼ばれるキヌアのおいしい食べ方が知りたい!そのままでもいいの?今回は、キヌアのおいしい食べ方を方法別で詳しく紹介。おすすめレシピもまとめました。キヌアを上手く取り入れて、ヘルシーな食生活を目…

とんかつ 揚げ物

定番家庭料理のとんかつですが、おいしい作り方のコツ、ご存じない方も少なくないかもしれません。今回は、改めておさらいしておきたいとんかつの作り方、フライパンなど調理器具別の方法、サクサクに仕上げるポイントなど詳…

カレー

カレーに入れる人参の切り方は千差万別です。好みのよるもので正解というものはないのかもしれません。レシピによって切り方も様々。人参の切り方一つで、カレーの味も変わってくるかもしれませんね。今回は、切り方による違…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

スイカ

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

西麻布 カフェ

東京都西麻布にある隠れ家レストラン、「プレートトキオ(Plate tokyo)」。昼はカフェ、夜はレストランとして、美味しい料理が楽しめるお店です。ここでは人気のカフェタイムを中心に、お店の魅力を紹介していき…

外側はパリッと、中はしっとりとした食感が楽しめるヒトツブカンロのグミ「グミッチェル」。見た目も可愛らしく、手土産としても人気を集めています。ここでは、そんな「グミッチェル」の魅力を紹介していきましょう!

aaanrin

趣味は音楽鑑賞で、ライブに行くのも自分が演奏するのも大好きです。 ...

ページTOPに戻る