ローディング中

Loading...

次ペットを飼うなら、うずらの卵を一からふ化させてみましょう。20個に1個の確率で、温めると卵を産む可能性が期待できる有精卵が含まれているんです。ネット上にはひなの写真と共に成功者の声がちらほら。ふ化の方法やアイテムを細かくご紹介します。

うずらの卵を育てよう

猫や犬、最近ではインコをペットにする女子たちが右肩上がりに急増中。

朝はさえずりと共に朝を迎え、帰宅するとふわっふわの羽毛で疲れた心と体を癒やしてくれます。そんな鳥を、ペットと言うよりもいわば、家族として受け入れている人が非常に多いようです。

そんな鳥ブームに乗っかるように最近、うずらの卵をふ化させて育てる人たちがあとを断たないんだとか。一瞬、え?と耳を疑う人もいるかもしれません。そうです、スーパーで売られている、あのうずらの卵のことです。

20個に1個の確率で紛れているという有精卵を、一定の温度で温めるとふ化するらしいんです。気になるうずらのふ化の方法、飼育アイテムや育てるうえでの注意点など、攻略法をお教えしましょう。

温めるとふ化するの?

ふ化についてお話する前にまずは、普通の卵とうずらの卵の違いについてお教えしましょう。

私たちが常日頃から目玉焼きにしたり、スクランブルエッグにしたり、料理の材料として使っている卵は、受精していない「無精卵」。これをいくら温めたところで、残念ながら卵からかえる可能性は極めて低いでしょう。

一方でうずらの卵の場合、「有精卵」と呼ばれる受精した卵が紛れ込んでいます。そのため、温めがうまくいけばひなが誕生する可能性が高いというわけなんです。実際にネット上では、運よく有精卵を手にした人たちがそれらを温め、ふ化に成功したと言う話がたくさんアップされています。

有精卵が出る確率は?

では、市販されているうずらの卵の中に有精卵が混ざっている確率はどのくらいでしょうか。

うずらの卵が1パック10個と考えて有精卵にめぐり会える確率は大体、2パック(20個)に1個。つまり、20分の1と言う狭き門をくぐり抜けた人のみが見事、ふ化するチャンスを掴むことができるんです。

とは言え、殻が付いた状態では無精卵か有精卵かを明確に判断できません。見分けるその方法は、卵を割るか、真っ暗な部屋の中でライトを当てるかの2択。卵を割ったとき、黄身の上に直径3~4mmほどの胚と呼ばれる白い点があれば、有精卵である証拠です。この方法で有精卵だった分かったとしても、卵が丸裸の状態では食べるしかありません……。ちょっと切なすぎます。

もうひとつは、卵を温めはじめて10日前後経ってから卵の尖った方を下に向け、暗い部屋の中で上からライトを当てる方法。血管が浮かび上がっていたら、それは有精卵です。確実に当たりくじを引き当て、かつ卵を無駄にしないためにも、後者の方法が1番ベストだと思います。

オスとメスの判別が難しい

うずらの卵は、オスとメスを判断するのがとても難しいと言われています。理由は、その見た目。首元から胸にかけて羽が茶色いのがオス。反対に茶色い羽のところどころに黒い斑点があるのがメスです。

ただごく稀に、見た目だとメスと同じ模様をしているにのに、実はオスだったというまさかの展開があります。これこそが、うずらの卵に有精卵が多い理由なんだそうです。

ふ化の方法

早速、自分の手でうずらの卵をふ化させてみましょう。その際、下記のポイントをきちんと抑えておくことが大切です。勝負は17日間、愛を込めて暗い場所で育ててくださいね。

37.8度に温める

発泡スチロールの中に、ぶ厚めのタオルを敷いた電気あんかを入れます。そして、38度〜39.5度で温めてください。一回温めたら温度を上げたり下げたりせず、キープしましょう。ひなの成長が止まって、死んでしまうかもしれないからです。温度計と湿度計の両方を、発泡スチロールの中に入れて管理することも忘れずに。

50〜70%くらいの湿度

卵の温度を安定させふ化しやすい状態を作り出すために、50〜70%くらいの湿度を保ちましょう。発泡スチロールで自前のケースを作ったり、加湿器をフル回転させたりと、部屋の湿度を均一に保つのは一苦労。なので7,000円〜22,000円前後で販売されている、専用のふ化器を使うのをおすすめします。

4~6時間に1回の割合で転がす

温めはじめてから13日目まで、卵を90度転がす「転卵」と呼ばれる作業を1日4回、4〜6時間おきにおこないます。ただし、就寝中はやらなくても問題はないそうです。夜4時間おきに起きていたら、目の下がクマだらけになってしまうかも。ちなみに15日目からは、転卵はストップしてひなのふ化をそっと見守りましょう。

17日ほどで卵がかえる

17日間という長い時を経て、まちに待ったひなとのご対面です。ここで注意点があります。ふ化したからと言って、すぐに移動させてはいけません。うずらは低温に弱い鳥です。濡れたままだと、体温の低下によって死んでしまうケースがあるため。少なくとも、羽がカラッカラに乾くまではふ卵器の中から動かさないでください。

ひなの成長を見守ろう

必要な物

ひなとの対面を果たしたら次は、目一杯愛情を注いであげてください。育てるうえで最低限必要なのは、飼育かご、砂遊び用の砂と容器、餌、餌入れ・水入れ、の計4つ。さらに、専用ヒーターも合わせて購入しておくと、成長過程がより楽しくなるはずです。

飼育カゴ

生まれたてのひなは、ペットボトルのふたと同じくらいの超ミニサイズ。大きいと、直径20cmほどにまで成長するそうです。そのため、適切な飼育かごの大きさは異なり、都度買い換える必要があります。

ひなを育てる場合は、2,000円前後で購入できる幅約30cmほどの虫かごがおすすめ。大人になったら、鳥かごにアップグレードしましょう。自在に飛び回るよりも、どちらかと言うと地面を歩き回るタイプなので、底部に新聞や木の板を敷いてあげるといいですよ。

ジャンプしながら移動するため、天井に厚手のタオルやスポンジなど緩衝を吸収する素材をつけてあげてください。さもないと、天井に頭を強打してしまうことに……。
三晃商会 SANKO パーテーションケース(中)(300×195×205mm)仕切板付き

出典:楽天市場

三晃商会 SANKO パーテーションケース(中)(300×195×205mm)仕切板付き

¥830

楽天市場で購入

エサ

特にメスの食事には注意が必要で、カルシウム多めのエサを与えてあげてください。なぜなら、うずらはオスがいなくても卵をバンバン産む性質があるので、体力を維持するためのカルシウムが必要不可欠だからです。主食として与える場合、エサにカキの殻やサプリメントなどを混ぜてあげるとGOOD。

砂遊び用の砂、容器

砂と容器を用意して、砂遊び場を作ってあげましょう。と言うのもひなは、砂遊びが大好きだから。砂場で体を思い切り動かしてストレスを解消するだけでなく、羽や体に付いている害虫を落とす効果があるんだそう。

また、砂を食べて体の中のものを消化しやすくするので、食べてもOKの砂を選ぶのがポイント。ペットショップで販売されている焼き砂もしくはチンチラサンド(チンチラの砂遊び用)がおすすめです。2週間おきにこまめにに交換して、砂遊びをより快適な時間にしてあげましょう。砂を入れる容器は、プラスチックの昆虫を飼育するケースが理想です。
三晃商会 チンチラサンド 1.5kg 【チンチラ砂浴び用砂】

出典:楽天市場

三晃商会 チンチラサンド 1.5kg 【チンチラ砂浴び用砂】

¥412

楽天市場で購入

エサ入れ、水入れ

エサや飲み水を入れる容器ですが、100円ショップやスーパーで売られているタッパーでOK。ひなを育てるうえで気を付けたいのが、水を飲むとき。飲むときに容器をひっくり返してひなに大量の水がかかってしまい、体温の低下で死んでしまう恐れがあるからです。極力小さな容器を用意し、底や側面に両面テープやガムテープを貼って固定するといいでしょう。

床材

床材に使用するなら、クッション性に富んだ藁や厚手のタオルがベスト。大きくなったら、新聞紙やおがくずにチェンジしましょう。成長に合わせて最適なものをチョイスして、ひながより快適に過ごせる空間をプロデュースしてあげてくださいね。

ペットヒーター

ひなは自分で体温をうまく調節できないので、専用の器具を使って温めてあげる必要があります。ふ化するときと同じように、35~39度前後の温度を均一に保ちましょう。ペットショップ、もしくはインターネットで2,000~4,000円程度で購入できますよ。
保温 ペットヒーター 鳥 インコ 鳥かご /アサヒ 電子サーモスタット

出典:楽天市場

保温 ペットヒーター 鳥 インコ 鳥かご /アサヒ 電子サーモスタット

¥3990

楽天市場で購入

ふ化したらまずやること

上でもお話しましたが、ふ化直後ひなの体はびしょびしょに濡れています。体温が下がらないよう、そのままふ卵器の中に入れておきましょう。完全に体が乾くまで数時間はかかるので、その間にエサやエサ入れ、水入れを準備しておくとよいでしょう。

ひなは、卵の中にいた頃の栄養が体に蓄えられています。そのため、生まれて2日間くらいはエサを食べなくてもへっちゃら。エサを食べないからと言って、心配する必要はありません。2日目にエサを用意して置いておくと、自分で勝手に食べてくれます。お水をあげる場合は、水滴を指に付けてくちばしに垂らすと飲んでくれるそうですよ。

育て方

飼育ケースの上部(ひなが届かない場所)に、ひよこ電球を取り付けて容器内を温めます。そして、直径10cm程度にカットして丸めたフリースを角に置いて、ひなが潜り込むスペースを作りましょう。ただし、出てこれなくなって窒息してしまう危険があるので、底面から浮かした位置に両面テープを貼って固定しておくといいそうです。

ケース内の温度は、温かいところだと39〜39.5度、低いところで30度に設定して、ひなが温かい場所と涼しい場所、両方を行き来できるようにしてあげてください。ひなの成長に合わせて少しずつ温度を下げ、生後2カ月頃には25度くらいでも平気です。

うずらを飼う注意点

うずらは、なんと言っても鳴き声が大きいのが特徴です。早いと朝5時頃に鳴くこともあるようで、集合住宅で飼育する場合は防音対策が必要。

また、動物に関して何かしらのアレルギーがある方は、うずらを飼わない方がよさそうです。目がかゆくなったりくしゃみが出るだけでなく、重度の方の場合は喘息症状による呼吸困難に陥る恐れがあるんだそう。

うずらは泳げないので、水浴びはNG。先ほどお話しましたが、体温が低下して死に至るケースがあります。うずらは空を飛べるので、飼育ケースから出す時は必ず戸や窓を閉めてくださいね。

どのくらいの卵を産むの?

まず、うずらの平均寿命は3〜4年で、産卵期間が1年〜1年半。そして、どのくらい産むのかと言うと、年間約200~250個。つまり、10個入りのうずらの卵、20~25パック分も産んでくれるという計算になります。なかには、1週間に1個という超スローペースで産むメスもいるようです。

ただ、ここで残念なお知らせが。2才以上になると、あまり卵を産まなくなります。そしてもうひとつ、うずらは脂身が少なくて鶏よりもおいしいんだそうですよ。これまでの頑張りをねぎらって老後をやさしく見守るか、涙を飲んで思い切って食べてしまうかはあなた次第……。

うずらと生活するメリット

うずらを飼うにあたり、専用の飼育専用のケースや藁、エサ代などの初期費用は、ざっと見積もっただけでも数万円はかかると考えてください。そしてこれらは成長に合わせて買い換える必要があるほか、長期に渡る旅行で家を空けられなくなる可能性だってあるかもしれません。

その半面、うずらと生活するメリットもちゃんとあるんですよ。それはきっと、あなたを癒やしの世界へいざなってくれることでしょう。

温もりを感じられる

寒さが厳しい真冬でも、天然の羽毛を身にまとったうずらがそばにいれば、身も心も温まります。仕事で疲れたとき、辛いことがあったとき、家に帰ってうずらの温もりを感じれば、安心して深い眠りにつけるでしょう。

将来安泰かも

先ほどお話したように年間200~250個の卵を産むのであれば、うずらが2羽いれば、十分元はとれるのではないでしょうか。うずらを普通に買おうとすると相場は大体2,000円〜3,000円程度。仲介手数料を入れても10羽売れば、10,000円はあがりが出るはず。うまいこといけば、メスが産んだ卵で生計を立てられるかも。

癒やしになる

うずらはとても人懐っこく、甘えん坊気質なんだそう。あなたが行くとこ行くとこ、うしろをちょこちょこくっついて歩くそのさまはまるで、小さな恋人のよう。愛らしいその姿を見るだけであなたを心から癒やし、その日あったいやなことも吹き飛ばしてくれるに違いありません。

うずらのふ化、今日からはじめよう

「うずらのふ化」について、細かくご紹介しました。調理に使っていたうずらの卵には、温めるとふ化する可能性が高い有精卵が紛れ込んでいます。とは言いつつも、その確率は20個に1個と決して高いとは言えません。本当にふ化を望むのであれば、有精卵だけを購入してチャレンジしてみましょう。

とても繊細で温度の変化に弱いひなは、私たち人間のサポートが必要です。初期費用やエサ代、場所をとると言ったリスクは拭えませんが、人懐っこいひなと一緒に過ごすうちに、ペットと言うよりもいわばパートナーとしての愛情が芽生えるのではないでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハンバーグ レシピ

子供から大人までみんな大好きなハンバーグ。一度にまとめて作って保存すれば、毎回作る手間なし!でも、保存は冷凍?冷蔵?今回はハンバーグの正しい保存方法や、冷凍ハンバーグを使ったおすすめレシピをご紹介します。

残った砂糖をそのまま保存していたら、カチカチに固まったという経験はありませんか?そもそも砂糖って賞味期限があるのでしょうか?今回は、砂糖の賞味期限や保存方法、固まった砂糖を元に戻す方法をご紹介します。

「ゆでこぼす・ゆでこぼし」の意味、ご存じですか?食材を茹でた後にゆで汁を捨てる下ごしらえの工程の一つです。アクや苦味の強い野菜や、臭み、ヌメリのある食材を「ゆでこぼす」ことで食材をスッキリとしさせ、料理を上品…

たけのこ

旬の時期にぜひ生をのものを味わいたい、たけのこ。「生だと傷みやすいし、保存方法が難しそう」とお考えのあなた!実はたけのこは保存方法によっては1年間保存ができる優れものだと知っていますか?ここではアク抜きの方法…

季節を問わず手に入り、価格も安定して安いえのき。実は、そんなえのきに賞味期限が記載されていないこと、お気付きですか?今回は、えのきの賞味期限や長持ちさせる保存方法、新鮮なえのきの選び方などをまとめました。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲減退カラーと言えば青です。赤やオレンジなどの暖色系の食べ物に比べ、青や紫など寒色系の食べ物が食卓に上がることはあんまりありませんよね。そこで今回は、普段あまり目にすることが少ない青い食べ物をご紹介します(…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

まとめ

「セロトニン」という物質の名前を聞いたことありますか?実は、この物質は体内で作ることができないため食べ物から摂取しなければならない、身体にとってとっても重要なものなんです!精神状態も左右するものなので、しっか…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

サンドイッチ レシピ まとめ

アイルランドの人はクリスプサンドイッチというのを好んで食べるそうです。クリスプってなんだろう?と日本人である私たちは思ってしまいますが、このサンドイッチはアイリッシュの家庭のおやつとして定番なんだそうですよ。…

サンドイッチ

サブウェイといえば、パンや具材を自分で好きなようにカスタマイズ出来ちゃう事で有名なサンドイッチのお店!しかし、実際にはオーダーの仕方が分からない、とゆう声も多々。そこで、今回はサブウェイの店員さんが教える最強…

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。