ローディング中

Loading...

みなさんは「味覚地図」という言葉をご存知でしょうか。甘味や苦味、酸味、塩味は、舌の先や奥で感じているという説です。しかし、実際は「味覚地図」は存在しないらしい……では、味覚は舌のどの部分で感じているのでしょう。ここで、詳しくご説明します。

舌の味覚地図って知ってる?

人は食べ物を口に入れたとき、「甘い」とか「しょっぱい」とか「苦い」とか感じますよね。口の中のどの部分で感じているのでしょう。それは、です。では、舌のどの部分で甘味や苦味、酸味を感じるのでしょう。味覚によって、舌に伝わる部分は違うのでしょうか。
味覚地図って知っていますか?舌にも地図があるの?そうではありません。味覚を感じる場所は、舌の先や奥など、舌の部分によって違います。それを地図に見立てているのです。学校の教科書で習った人もいると思いますが、味覚地図について詳しくご紹介します。

味覚地図とは

味覚地図とは、甘味・酸味・塩味・苦味この4つの味覚を、地図のように舌の位置によって表したものです。甘味は舌の先、酸味は舌の横、塩味は舌の中央、苦味は舌の奥で感じているというものです。この話は教科書にも載っていたようですし、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ひと昔前までは、この説が主流でした。

味覚は5つ要素で成り立っている

そもそも味覚とは何でしょう。味覚は、酸味・塩味・苦味・旨味・甘味の5つの要素で成り立っているそうです。それぞれの物質と特徴についてお話します。
酸味は、酢酸やクエン酸などから生じる水素イオン、塩味は、ナトリウムイオンなどの金属系陽イオン、苦味は、カフェインやキニーネなどアルカロイド系物資、旨味は、グルタミン酸ナトリウムやイノシン酸ナトリウム、甘味は砂糖や人工甘味料でできています。
また、酸味は新陳代謝の促進と腐敗のシグナル、塩味は体液バランスに必要なミネラルの供給という特徴を持ちます。苦味は毒物の警告と「良薬は口に苦し」ということわざにもあるように、少量なら薬になり、旨味は生物に不可欠なアミノ酸や核酸の供給、甘味はエネルギー源だそうです。

味覚地図は嘘だった?

フロリダ州立大学・味覚嗅覚センターのスティーブンミュンガー教授は、「舌の味覚分布地図は20世紀初期の間違い」だと否定しているのです。味覚地図があると言われていたのは1990年頃までの話で、それは間違いだったのです。生物学系のサイトにも事実のように書かれていたそうですよ。教科書で習ったことが、今になって間違いだったなんて、驚きですよね。
味覚は舌の味蕾という部分で感じていて、味蕾は舌のどの部分でも、まんべんなく味を感じられる仕組みになっているといわれます。人間の舌には約10,000個の味蕾があるそうです。なので、舌の先で甘味を感じるとか、横で酸味を感じるとか、そんなことはありえないということ。疑問に思った人は、試しに舌の先に塩を乗せてみてください。しょっぱいと感じると思いますよ。

味覚地図はこうして広まった

味覚地図は、1901年、ヘーニック博士のドイツ語論文に掲載されていました。この論文をハーバード大学の心理学者エドウィン・ボーリング博士が翻訳引用し、1942年、「実証心理学の歴史における感覚と知覚」という書籍で一般に広まったといわれています。
ヘーニック博士が発表した「ある部位は他の部位と比べて特定の味に対してわずかに敏感である。特定の味が特定の部位でしか感じられないというのとは大違いである」という情報を、40年後、ボーリング博士によって味覚地図として作成されたのです。
味覚の要素は4つではなく、5つあるということを先ほど書きましたが、5つめの旨味がヘーニック博士の論文には書かれていません。そのため、ボーリング博士が作成した味覚地図には「旨味」が抜けているのです。その間、さまざまな研究がなされてきましたが、1990年頃まで、誰もこれを否定する人は現れなかった。みんな信じていたんですね。

味を確認するメカニズム

舌の上面には、ざらざらした舌乳頭(ぜつにゅうとう)と呼ばれている小さな突起物があるそうです。その舌乳頭には、有郭乳頭(ゆうかくにゅうとう)、葉状乳頭(ようじょうにゅうとう)、糸状乳頭(しじょうにゅうとう)、茸状乳頭(じょうじょうにゅうとう)の4種類あり、味蕾はその部分に集まっているとか。
舌の奥にあるのが有郭乳頭です。有郭乳頭は舌の付け根あたりに約10個あり、1個あたり数百~数千の味蕾があるそうです。舌の横にあるのが葉状乳頭で、1個あたり十数個、1300個の味蕾を持っています。舌全体にあるのが糸状乳頭、舌を鏡で見たときに白いぽつぽつが見えませんか。それが糸状乳頭です。この部分には、味蕾はないそうです。舌の先端にある茸状乳頭にある味蕾は、1個あたり数個程度といわれています。

味覚を感じるのは舌だけではない

いかがでしたか。
食べ物をおいしいと感じるのは舌だけではありません。目で見て、匂いを嗅いで、食べたときの食感、これらを総合して脳で判断します。わたしたちは、味覚・嗅覚・触覚・視覚・聴覚の五感を使って、食べ物の味を感じ取っているのです。
そのほかにも、食べる人の年齢や環境、文化の違い、さまざまな情報、体調などによっても違うそうですよ。確かに、自分では「おいしい」と感じているものでも、人によっては「おいしくない」と感じてしまうときがあります。人それぞれということですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

寿司 レストラン 居酒屋

お寿司屋さんや居酒屋で、店員さんに「おあいそで!」と声をかけていませんか?一見、大人なお店に慣れたツウのように見えますが、実は間違い。「もう二度と来ません!」と決別宣言をしているようなものなんですよ。正しいお…

もうすぐ年末。大掃除をする方も多いのではないでしょうか?特にキッチン、換気扇などの油汚れは落とすのがとても大変です。そんな時に力を貸してくれるのが重曹。今回は、そんな重曹についてやクエン酸との使い分け、つけ置…

飲み会でサラダを取り分けるだけが女子力ではありません。真の女子力は、お酒で弱った人を女神のような優しさで介抱するときに輝くのです。手際よくさりげないあなたの心配りに、気になる彼も「おっ」と振り返るはず。飲み会…

スタバのフラペチーノの正しい飲み方、知っていますか?失敗すると、飲み終わる頃には味の薄まった氷ばかりになってしまう、意外と難しい飲み物なんです。スタバのメニューをもっとおいしく楽しむためのコツをお教えします!

サラダ

今や食卓に欠かせない存在のサラダ。サラダは英語だと思っている方が多いのではないでしょうか。実は英語ではないんです。サラダ味やポテトサラダなど、幅広く使われるサラダの由来についても交えながら、サラダに関する豆知…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

ランニングやサイクリングなどの激しめの運動をする際には、炭水化物とタンパク質をバランス良く摂っておく必要があります。それは、空腹のままだと運動中のエネルギー循環や筋肉の回復をスムーズに行えなくなってしまうから…

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹…

まとめ

「セロトニン」という物質の名前を聞いたことありますか?実は、この物質は体内で作ることができないため食べ物から摂取しなければならない、身体にとってとっても重要なものなんです!精神状態も左右するものなので、しっか…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなって使えなくなる事が多いですが、ここに紹介する方法では野菜、果物共、通常よりかなり長く良い状態で保存する事が出来ます。お財布にも優しいのは言うまでもありませんね。早速実践して…

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

夏の野菜はホントにいたみやすいですよね。買い置きして冷蔵庫の野菜室に入れても、使おうとしたらすでに劣化していたなんてコトありませんか?野菜をそのまま冷凍すれば、鮮度を保った状態でキープできて便利です。冷凍野菜…

中華 トマト まとめ レシピ 豆腐

麻婆豆腐は、日本人にも親しまれる中華料理ですが、その麻婆にトマトを入れると、旨みが増しマイルドになっておいしいと評判なんだとか。今回は、基本の作り方とアレンジレシピ、そのほかの麻婆料理アイデアをご紹介します。