ローディング中

Loading...

どの家庭にも必ずあると言っていいほど存在感のあるマヨネーズ。毎回、食事や調理で使用したあと何気なく冷蔵庫にしまっている方も多いですが、実は正しい保存方法があるんです。そんな以外と知られていないマヨネーズ事情についてご紹介します。

マヨネーズの保存ってどうしてる?

マヨネーズは冷蔵庫に保存するのがあたり前!と思っている方も多いのではないでしょうか?食事や調理にアレンジよく使えるマヨネーズは、今やほとんどの家庭に常備されている調味料です。しかし、あなたの家庭のマヨネーズは本当に正しく保存されていますか?あまり気にしてこなかった方や大丈夫だと思っている方、たいして変わらないと思っている方はいままでの自分の保存方法を振り返ってみましょう。

実は難しいマヨネーズの保存方法

マヨネーズの一般的な保存の仕方として、冷蔵庫にしまっておくのが普通ですよね。たしかに冷えた場所に保管しておくことは間違っていません。ところが実際には、開封する前と後で保存方法の違いがあったり、冷蔵庫の中でのマヨネーズの保管場所が決めれていたりします。実は難しいマヨネーズの取り扱い方をこれから見ていきましょう。

未開封の場合は常温保存

開封前のマヨネーズの保存方法は、お店棚に陳列されているように常温保存で大丈夫です。直射日光は避け、出来るだけ涼しいところに保存しましょう。

厚生労働省の「常温保存可能品に関する運用上の注意」では常温保存とは、1年間を通じての日本の温度で、直射日光の当らない風通しの良い場所での保存をさします。具体的な温度については常温:15〜25℃、室温:1~30℃と規定しています。

開封後は冷蔵庫へ

開封後はキャップをしっかり閉めて冷蔵庫で保存しましょう。常温でも保存できますが、酸化や高温(30度以上)によって色や風味、味が変わってしまう恐れがあるため冷蔵庫に保存しておくのが安心。開封後はなるべく、1ヶ月以内に使い切りましょう。

野菜室がベスト

開封後の保存場所は、冷蔵庫の野菜室がベスト。その理由は冷蔵庫の中で5℃前後と1番安定した温度を保ち冷えすぎないため、マヨネーズにとって最適な場所だからです。
しかし、ドアポケットに置いている方も少なくないはず。

冷蔵庫の冷気の循環方式は、メーカーによって異なりますが中にはドアポケットが0℃近くまで冷えるものもあります。0℃を下回ると成分が分離された状態になり、品質が劣化することがあります。自宅の冷蔵庫の冷気の温度設定を調整し、温度が下がりすぎないように注意しましょう。

手作りマヨネーズはどう保存してる?

長持ちさせるポイント

市販のマヨネーズには防腐剤の類は一切使用されていません。主成分である酢には殺菌力、食塩には細菌の繁殖を抑える防腐効果があるため、非常に腐りにくい食品なんです。食中毒菌をマヨネーズに添加した実験ではそのほとんどが24時間で死滅したほど。

それでいて、手作りマヨネーズも同じ原料を使用しますが市販のものと比べ長期保存ができません。その理由は手作りで行うと、酢の量が少なかったり塩が少なかったりなど、成分の量が変わることによって殺菌作用が減少する可能性があるからです。また市販のものと違いうまく乳化できないため、分離しやすいことが挙げられます。
そこでマヨネーズを作る際に長持ちさせる方法はワサビを使用することです。お寿司や刺身に欠かせないワサビは、独特の辛さと香りが魚の生臭さを消すだけでなく、高い殺菌作用の役割も果たしています。そのため、ワサビを混ぜて防腐剤として使用することがポイントです。

手作りのマヨネーズは容器で保存

手作りしたマヨネーズをどんな容器で保存したらいいかわからない方も少なくないのでは?マヨネーズはたまごを使用しているため、酸化に弱いです。そのため、容器にはなるべく厚い素材かつ密閉性の高いものが適しています。その上で、用途に合わせて容器を選ぶと良いでしょう。

手作りのマヨネーズは容器で保存

出典:www.amazon.co.jp

コジット マヨプッシュ5(1本)

¥272

Amazonで購入

どのくらいの期間保存できる?

市販のマヨネーズの保存期間は開封前だと10〜12ヶ月、開封後は1ヶ月を目安に消費することを推奨しています。手作りのマヨネーズは2、3日程度。ワサビを使用して作った場合は、なんと1ヶ月ほど長持ちするそうです。ただ先ほども述べたように成分の量が変わることによって殺菌作用が減少する可能性があるためワサビを使っているから大丈夫ということではありません。使い切るようにした方が安心でしょう。

繊細なものほどきちんとした取り扱いを

マヨネーズは開封前と後、手作りかどうかによって保存期間の違いがあることがわかりました。
意外にも繊細なマヨネーズ事情を知らないで保存している人が多いなか、ちょっとした知識を得るだけでいままでよりも、安心安全にマヨネーズを使用できます。
これをきっかけにマヨネーズの保存方法を改めて確認してみるといいでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ ホルモン

焼肉屋さんで見かけることも多いセンマイ。センマイ刺しは独特の歯ごたえも人気です。さて、このセンマイ何のどこの部位かご存じですか?人気の部位センマイについてとその食べ方、下ごしらえの仕方やおすすめレシピまでまと…

春巻き 揚げ物

春巻きは作りすぎてしまったら、賢く冷凍保存するのがおすすめです。でも、上手に冷凍保存をするためのコツって?保存期間は?冷凍保存した春巻きを上手に揚げるコツは?今回は、「春巻きの冷凍」について詳しくまとめました。

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

レシピ

薬味にピッタリのみょうが。たくさん貰ったとき、どのように保存すればよいのでしょうか?ここでは、みょうがの保存方法や保存期間を詳しく解説します。おいしい活用レシピも併せてご紹介しますので、試してみてくださいね。

かぼちゃ まとめ

かぼちゃの上手な保存法を知っていますか?そのままでも長持ちするイメージの強いかぼちゃですが、上手に保存すると期間を延ばすことができます。ここでは、おすすめの保存方法と保存期間の目安を詳しく説明します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

じゃがいも まとめ

ほくほくの「じゃがいも」と旨みたっぷりの「ツナ」は、とても相性の良いコンビなんです。今回は、そんなふたつの食材を使った絶品レシピを15選ご紹介!サラダや煮物、おやきレシピなどなど…あなたのお気に入りとなるレシ…

ふりかけ

「今日もおいしく」でおなじみの丸美屋からキュートで、集めたくなる商品が新たに登場!今夏公開の新作映画上映に合わせてお目見えしたミニオンズの容器に入った『たまごおかか味のふりかけ』がとっても気になります♩詳しく…

daaachiii(ダーチー)

趣味は散歩、読書、サッカー。よく田園都市線沿いの駅を散歩しており、...

ページTOPに戻る