ローディング中

Loading...

秋の味覚「マッシュルーム」。普段は加熱して食べるという方が多いのではないでしょうか。でも実は、生でも食べられるんですよ。まったく違う食感や風味が楽しめます。そこで今回は、生のマッシュルームの食べ方や保存方法、レシピをご紹介します。

秋の味覚「マッシュルーム」

みなさんは、マッシュルームをどうやって食べていますか?シチューに入れたりパスタに入れたりして使っている方も多いですよね。また、生のマッシュルームを買って炒めたり火を通して食べることもあるでしょう。

一方で、普段からマッシュルームを生で食べるという方は少ないかと思います。でも実は、マッシュルームって生でも食べられるんですよ。ということで、今回は生で食べる際の注意点や保存方法など詳しくご紹介していきます。

マッシュルームは生でも食べられる!

なんと、マッシュルームは生のままで食べることができる唯一のきのこなのです。新鮮な状態を生でいただくと、缶詰や火を通したマッシュルームともまったく違う食感や風味を感じることができ、加熱後とは違うおいしさを味わえます。

生のマッシュルームは鮮度が命

ただ、どんなマッシュルームでも生で食べられるわけではありません。重要なのは「鮮度」。収穫から冷蔵保存で3日~4日以内は生で食べても大丈夫だと言われています。マッシュルームは、日にちが経つとだんだんかさが開いて黒くなってきます。マッシュルームの状態をよく観察して、少し黒くなってしまったものは生食は避けて十分に火を通して食べるようにしましょう。

マッシュルームの変化

マッシュルームは収穫後に日を追ってどのように変化するか、詳しく説明しましょう。

1日目
軸は収穫時に短くカットされた状態から伸びはあまり見られません。

2日目
少しずつ軸が伸びてきます。

3日目〜4日目
軸の周りに少し亀裂が入っているような状態になります。このころまでは生食が可能です。

4日目〜5日目
かさが開きかけてきて、軸の周りに黒い部分が出現します。

5日目以降
かさが開き切ってしまいますが、きちんと火を通せば食べられます。

マッシュルームの保存方法

冷蔵保存

マッシュルームは2〜5℃で冷蔵すれば1週間ほど持ちます。生で食べる場合は新鮮なうちに早めに食べきってしまってくださいね。保存のポイントは、水洗いをしないこと。マッシュルームに水分がついてしまうと、そこから傷みやすくなるのです。お店で買ってきたときのパックに入った状態から出して、洗わずにラップで包むかジップ付のビニール袋などで乾燥を防いだ状態にすると長持ちします。

冷凍保存

長めに保存したいときには、冷凍することもできます。石づきを切って食べやすいサイズに切り、洗わずにそのまま冷凍用のフリーザーバッグなどに入れて空気を入れないようにして冷凍してください。切るときに包丁にレモン汁をつけ、さらにカットした面にもレモン汁をつけると、酸化が抑えられてマッシュルームの色が黒く変色するのを防ぐことができます。

冷凍保存の目安はおよそ1ヶ月間ですが、なるべく早めに食べましょう。 食べるときには解凍せずに凍ったままの状態で調理してください。しっかり火を通して調理するようにしてくださいね。

マッシュルームの栄養と効能

多くのきのこ類と同じく、マッシュルームにもさまざまな栄養があるといわれています。他のきのこと比べて消化がよく、旨み成分として知られるグルタミン酸や必須アミノ酸などが多く含まれているため、生食にも向いているそうですよ。他にも、血圧を下げる作用のあると言われているカリウム、腸内をお掃除してくれる食物繊維、体の疲れを回復するビタミンB類などの栄養素が含まれています。

さらにマッシュルーム独特の効能として、口臭や体臭を予防するという効果があるということが研究でわかってきているようですよ。ぜひ、こういった栄養価や効能を理解しつつ、食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

生のマッシュルームを使ったレシピ8選

マッシュルームの栄養素や効能がわかったところで、生のマッシュルームを使ったおいしいレシピをご紹介します。どれも手軽に作れるものばかりですので、新鮮なマッシュルームが手に入ったらぜひ、作ってみてください。生のマッシュルームをカットするときも、包丁やカット面にレモン汁をつけると変色が防げるのでお試しくださいね。

1. 生マッシュルームとクルミのサラダ

クルミと生マッシュルームの食感が楽しいサラダ。生マッシュルームは汚れをキッチンペーパーできれいにふいて、1~2mmの薄切りにします。クルミは食べやすいサイズに切っておきます。お味噌にお酢とオリーブオイル、コショウを加えて混ぜ、マッシュルームとクルミも加えて混ぜればできあがりです。

2. 生マッシュルームのマリネ チーズ添え

ホームパーティーにもおすすめのメニューです。柔らかくしたクリームチーズとにんにくを混ぜて容器に入れておきます。新鮮なマッシュルームを用意して3mm程度にスライスし、パセリを粗みじんにしてオリーブオイル、レモン汁、塩コショウと和えてから冷蔵庫に10分~30分ほど入れ、なじませます。お皿に盛ってオリーブオイルを垂らし、クリームチーズを添えます。

スライスしたバケットやクラッカーにチーズをぬってマッシュルームをのせ、召しあがってくださいね。

3. クレソンと生マッシュルームのサラダ

ほろ苦いクレソンとマッシュルームの相性が抜群のサラダ。分量のオリーブオイル、フレンチマスタード、蜂蜜、塩・ブラックペッパーを混ぜてドレッシングにして器に入れておきます。フライパンでベーコンをカリカリに炒め、食べやすくカットしたマッシュルームとクレソンをお皿に盛って、上にベーコンをトッピングします。ドレッシングをかけてできあがりです。

4. アボカド、生マッシュルームのサラダ

クリーミーなアボカドと、生のしゃきっとした食感のマッシュルームがよく合うサラダ。レタスなどの葉物の野菜は洗ってから適当なサイズにちぎり、お皿に盛り付けます。マッシュルームは薄くスライスして、レタスの上に並べてレモン汁とお醤油少々を混ぜてからかけます。オリーブオイルも回しかけておきましょう。岩塩とブラックペッパーをお好みでかければ、できあがりです。

5. トマトとマッシュルームの塩サラダ

生マッシュルームの風味とトマトの酸味がおいしい簡単サラダですよ。薄くスライスした生マッシュルームとひと口大にカットしたトマトをボウルに入れます。そこにハーブソルトやオリーブオイルで作ったドレッシングを加えて和えます。レタスや玉ねぎをのせたお皿に盛りつけたら完成。

6. 生マッシュルームの塩レモンサラダ

レモンのさわやかな風味と塩気がマッシュルームと相性抜群のサラダ。みじん切りにした玉ねぎを漬けておいた塩レモン、オリーブオイル、塩こしょうやお酢などの調味料と合わせて、ドレッシングを作っておきます。スライスしたマッシュルームと半分にカットしたミニトマト、レタスとドレッシングを和えたら完成です。

7. 生マッシュルームとトマトのじゃこサラダ

生マッシュルームとじゃこの、シンプルな味付けのサラダです。じゃこをフライパンでカリカリになるまで炒め、焦げる前にフライパンから出して冷ましておきます。スライスした生のマッシュルームはレモン汁と和えて、1cm角にカットしたトマトと器に盛ったら塩コショウをします。カリカリにしたジャコをトッピングして完成です。お好みでオリーブオイルを回しかけてください。

8. マッシュルームと豆腐のブッダボウル

雑穀ごはんに生マッシュルームやお野菜、豆腐をのせていただくヘルシー丼。生マッシュルームは薄切りに、木綿豆腐は角切りにカットします。にんじんは細切りにして塩をふり、しばらく置いてから水気をしっかり絞ります。だし醤油とオリーブオイル、砂糖を混ぜてドレッシングにします。器に雑穀ごはんをよそって、マッシュルームと豆腐、にんじん、ベビーリーフをのせて、ドレッシングをかけていただきます。

生マッシュルームのおいしさを味わって!

生マッシュルームの食べごろや保存方法、栄養素やおいしい食べ方をご紹介しましたが、いかがでしたか?普段は加熱しているけれど、生でも食べてみたくなったのではないでしょうか。フレッシュなマッシュルームが手に入ったら、ぜひレシピをご紹介したメニューを試してみてくださいね。新たなおいしさとの出会いが待っているはずですよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

豚肉 オクラ レシピ

ヘルシーでさっぱり食べられる豚肉料理「みょうがとオクラの豚肉巻き」をご紹介します。肉巻きの具材が、オクラとみょうが、大葉ととてもヘルシーなので、お肉を食べていても罪悪感なし!レンジのみで簡単にできるのでとって…

インド インド料理 マッシュルーム おつまみ

気温の高い日が続くと、ちょっと疲れが出てきますね。そんな時食べてほしいのが、暑い国で生まれた料理!スパイスを効かせたインド料理「サブジ」をお腹いっぱいいただけば、疲労も夏バテもきっとふっ飛んじゃいますよ♩

天ぷら 和食 レシピ まとめ

サクッと軽く食べられてうれしい天ぷら。定番の具材はもちろんですが、これまで揚げたことのない具材で、新鮮な天ぷらを楽しんでみませんか?ユニークな野菜系、主役級のお肉・お魚系、スイーツ系までご紹介します!

レシピ パスタ

フライパンを使わずに電子レンジだけで作れる「焼かないカルボナーラ焼きそば」のレシピをご紹介します!とろ〜り卵の食感がたまりません。フライパンで焼かないのにこんなにおいしくできるなんて、驚くこと間違いなしです♩

オムレツ じゃがいも ほうれん草 レシピ トマト

底に隠れたカリカリのじゃがいもがポイント♩「じゃがほうれん草のオープンオムレツ」は、フライパンだけで簡単に作れるので、忙しい日にもってこいです。ベーコンの香ばしさとジューシーなトマトの相性が抜群なこの料理、ぜ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

パン まとめ

コストコの定番商品「ディナーロール」。値段の安さに比べてたくさん入っており、余ったら冷凍してしまえばいつでも解凍して食べられると大人気なんです!今回はそんなディナーロールをおいしく食べられるアレンジレシピをた…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

ブラウニー ホットケーキミックス レシピ まとめ

チョコ好きにはたまらない、しっとりとした濃厚ブラウニー。ホットケーキミックスを使えば失敗知らずで簡単に作れますよ。今回はバラエティー豊かな人気のブラウニーレシピ14選をご紹介します。フライパン&電子レンジのお…

お菓子 スイーツ まとめ

料理の過程で余ってしまうことのある卵黄。そんな卵黄を、お菓子に使ってみませんか?ここでは、大人からお子様まで幅広い世代に人気のプリンをはじめ、卵黄と身近な材料で簡単に作れるお菓子のレシピを紹介していきます。

hichiron10121

カフェめぐりや食べ歩き、国内旅行、海外旅行やショッピングが好きです...