ローディング中

Loading...

すぐに傷んでしまうイメージがある生クリームですが、実は冷凍保存できることをご存知でしょうか?今回は、生クリームの正しい冷凍方法や、冷凍保存するメリット、さらには解凍した生クリームを使ったおいしいレシピなどを紹介いたします。

生クリームの賞味期限って?

スイーツ作りには欠かせない生クリーム。市販の生クリームはすぐに使い切らなくちゃいけないと思っている方も多いのではないでしょうか。「いやいや、生クリームって結構賞味期限長いよ」なんて思っている方もいるかもしれませんね。たしかに未開封の生クリームはそれなりに日持ちしますが、開封してしまうと一気に劣化が進み、2~3日で使い切らないといけなくなってしまうんです。そんな立て続けにケーキなんて作らないし、使い切るなんて不可能だよ、なんて途方に暮れてしまいますよね。

ところが、生クリームは冷凍保存ができちゃうんです。冷凍しておけば1ヶ月程度は大丈夫なので、これで慌てて使い切る必要がなくなりますよ。ここでは、生クリームの正しい冷凍保存の方法や、生クリームを使った簡単なレシピなどを紹介いたします。

生クリームは冷凍保存が可能

残った生クリームはどうしていますか?入っていたパッケージの口をしっかり閉じ、念のためパッケージごとビニール袋に入れるかラップで包んで冷蔵庫へ。そういう方が大半ではないでしょうか。ですが、そんなことをしても生クリームの劣化は止まりません。つまり、2~3日で傷んでしまうんです。

そこでおすすめするのが「冷凍保存」です。え?生クリームって冷凍できるの?と驚く方もいるかもしれませんね。実はあるコツさえ覚えてしまえば、ちゃんと冷凍保存が可能なんですよ。

生クリームを冷凍保存するメリット

いちばんのメリットは長持ちすることです。正しく冷凍すれば1ヶ月は持ちます。そして、冷凍した生クリームを使うことにより、レシピのレパートリーが広がることです。コーヒーや紅茶に入れるだけで、またはゼリーやプリンにトッピングするだけで、簡単でかわいく仕上がります。ケーキ作りやお菓子作りが手軽になり、時短にも役立ちますよね。そしてもうひとつ、冷凍した生クリームをそのまま食べると、まるでアイスのようにおいしいんです。こんなお手軽なスイーツはないですよ。常備しておけば急な来客やパーティにもぴったりです。

冷凍保存するときの方法3選

1. タッパーに入れる

次回、ケーキを作るなど、解凍した生クリームを一度に全部使いきる場合には、タッパーに入れて冷凍保存する方法が便利です。まず、砂糖を入れた生クリームを泡立て、ホイップクリームを作ります。できたホイップクリームをタッパーに移し、ふたを閉めて冷凍庫に入れるだけです。必ず密封容器を使用してください。密封容器がない場合は密封のビニール袋でも大丈夫です。

2. シリコントレーで保存

タッパーを使用する場合と同様に甘いホイップクリームを作ります。好きな形のシリコントレーを用意し、その中に絞り袋で丁寧にホイップクリームを絞り入れます。今はいろいろな形のトレーが売っているので、かわいい形の冷凍ホイップクリームができます。色をつけたホイップクリームを使ったり、チョコレートや苺ジャムなどのデコレーションを埋め込んで作るとさらにかわいくなります。

3. 絞り袋であらかじめ絞っておく

タッパーで冷凍する場合と同様に、砂糖を入れて作ったホイップクリームを絞り袋に入れます。バットなど平らなものの上にクッキングシートを広げ、好きな形や大きさでホイップクリームを絞り出します。デコレーションを埋め込みたい場合はここで埋め込んでおきます。そのまま冷凍庫に入れて凍らせます。凍ったら袋やタッパーなどにまとめて入れても大丈夫です。お菓子に添えたり、コーヒーや紅茶に入れたりするのにおすすめの方法ですよ。
▼泡立て器がなくても生クリームが作れるコツはこちら

冷凍保存の際の注意点やポイント

必ずホイップしてから冷凍

生クリームを冷凍するときの最大のポイントは、必ずホイップしてから冷凍することです。ホイップせずにそのまま冷凍してしまうと油分と水分が分離してしまうからです。分離してしまった生クリームはもう泡立てることはできません。なのでホイップクリームとして使う場合は必ずホイップしてから冷凍しましょう。ただし、カレーやパスタなど、ふわふわ感を必要としない料理に使うのであれば液体のまま保存しても大丈夫です。

取り出しやすい形で冷凍

一度解凍してから使う場合は問題ありませんが、冷凍のまま使いたい場合には、取り出しやすい容器で冷凍させる必要があります。おすすめなのはシリコントレーです。プラスチックの製氷皿と形は似ていますが、シリコントレーは凍ったものでも後ろから簡単に押し出すことができますよ。プラスチックの製氷皿だと、ひねるか、叩くか、乱暴な出し方になってしまうので、凍ったクリームが壊れてしまうかもしれません。そうならないためにもシリコントレーを選ぶとよいですね。

菌が繁殖しないよう容器は綺麗なものを

生クリームは雑菌が繁殖しやすい食材ですから、衛生面には特に注意が必要です。雑菌が繁殖しないように熱湯消毒した容器を使うなど、清潔なものを使うように心掛けたいですね。また、シリコントレーを使う場合、一度にすべてを使い切らない場合、取り出しに時間がかかってしまうと、その間に解凍された部分が再冷凍状態になってしまうのも心配です。取り出すときは素早く済ませるか、一度に使い切れる大きさのトレーを選ぶとよいですよ。

色をつけるときは冷凍前に

生クリームに色をつける場合は、冷凍する前のホイップの段階で色をつけておく必要があります。冷凍したあとで色をつけることはできないので注意しましょう。ピンクのクリームを作りたいときにはイチゴジャム、薄紫のクリームを作りたいときにはブルーベリージャム、オレンジのクリームを作りたいときにはアプリコットジャムといったように、ジャムはカラフルなホイップクリーム作りに欠かせません。また、抹茶やココアなどのパウダーを使って色を付けることもできます。

解凍するときのポイント

冷蔵庫で解凍すること

ケーキのデコレーションなどに使用する場合には、一度冷蔵庫で解凍しましょう。凍らせた容器ごと冷蔵庫に移し3~4時間かけてじっくり解凍します。生クリームは常温での保存ができません。常温での自然解凍は雑菌が繁殖する可能性もあり、食中毒の危険もあるのでやめた方がよいでしょう。

温かい飲み物にそのまま入れて解凍

コーヒーや紅茶に入れる場合には、その飲み物の上に冷凍のままのせれば、ドリンクの中でクリームが徐々に溶けていき、味の変化を楽しむことができます。シリコントレーや絞り袋を使って冷凍した生クリームなら特に使いやすいですね。冷たい生クリームを飲み物の上にのせるので、飲み物の温度は少し下がります。アツアツが好きな人はいつもより高めの温度で飲み物を淹れておくようにしましょう。

解凍せずそのままアイス感覚で

生クリームは解凍せずそのまま食べることができるんです。まるでアイスクリームのような味と食感で、とてもおいしいんです。冷凍前に生クリームの甘さを加減できるので、好みの甘さにしておくと良いですね。お菓子にそえる場合もアイスクリームのような感覚で使ってみましょう。アイスのままパンケーキやワッフルにそえるのもおいしそうですね。

冷凍すれば一ヶ月程度保存可能

生クリームはけっこう賞味期限が長い!と思って買ったはいいけれど、実は開封したら2~3日しか持ちません。ですが冷凍すれば1ヶ月程度保存が可能になります。開封したら早めに冷凍保存しましょう。生クリームは開封してしまったら記載の賞味期限は関係なく劣化します。すぐに使うかもと思っても、冷凍しておくのが無難ですよ。

生クリームの栄養素は冷凍後に変化する?

生クリームの栄養は意外にも豊富なんです。もちろん、乳脂肪なのでカロリーやコレステロール値は高いですが、ビタミン類がたくさん含まれているんです。そして生クリームは冷凍してもその栄養素は失われません。ただ、解凍した生クリームは、冷凍前に比べると風味が落ち、クリーム感も減ってしまいます。なので一度、冷凍した生クリームは凍ったまま食べたり、温かいものに溶かして使うことのがおすすめです。

冷凍生クリームのレシピ3選

1.ウインナーコーヒー

コーヒーをお好みの濃さで淹れます。その上に凍ったままのホイップクリームを浮かべ、砕いたオレオクッキーをのせるだけ。ウインナーコーヒーは、ホイップクリームを使ったレシピの王道です。冷凍ホイップクリームがあれば、忙しい朝の一杯にぴったりですね。

2.チョコレートパフェ

ココアスポンジ、バニラアイス、そしてホイップクリームをガラスの器に盛っていくだけです。お手軽で、しかも時間をかけて作っても大丈夫。生クリームは凍ったままでも溶けてしまっても、どちらでもおいしくいただけるからです。チョコソースやココアパウダーをかけるだけで、とてもおしゃれに仕上がりますね。

3.カルボナーラ

解凍しておいた生クリーム、粉チーズ、卵黄を合わせた液に、炒めたベーコンを入れ、湯せんで人肌に温めておきます。茹でたパスタを湯切りして、温めた卵チーズクリーム液にからめ、塩コショウをして味を調えます。お皿に盛ったら、お好みで黒コショウを。カルボナーラに生クリームを使うと、なんだか本格料理を作った気分になりますよね。

生クリームをさっそく冷凍しよう!

生クリームはホイップすれば冷凍保存できることがわかりました。冷凍保存することで、手軽にいろいろな使い方ができるようになります。ただし、冷凍したからと言って安心してはいけません。冷凍保存ができるのは1ヶ月です。その間にお菓子やお料理に、どんどん使ってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アボカド レシピ まとめ パスタ サンドイッチ

サラダや付け合わせに大活躍の「アボカド」。ソースやディップにすれば、活躍の場がさらに広くなりますよ♩今回は忙しいときにうれしい短時間で作れるソースから、パスタと相性ぴったりのレシピまでたっぷり14選ご紹介しま…

カフェ ブルーベリー パイ スイーツ

キハチカフェ各店舗から、愛媛県松山市で減農薬栽培で育てられた大粒のブルーベリーを使った新作スイーツ「ブルーベリーのラフィネクリームパイ」が登場。酸味と甘味のバランスがよい旬のブルーベリーの魅力を楽しめるスイー…

キャベツ レシピ まとめ

キャベツの味噌汁が好きな人も、そうでない人も読んでほしい人気レシピが大集合。味噌汁の具にすると甘味が増してやさしい味に変化するキャベツ。ほっこりしたいあなたにピッタリです。みなさん、今宵はキャベツの味噌汁です…

お好み焼き レシピ まとめ

たこ焼きやお好み焼きを作る際の専用粉。どっちも常備されていることは少ないのでは?たこ焼き粉でお好み焼きは上手に焼けるでしょうか?お好み焼きが作りたいけど、たこ焼き粉しかない場合の対処の仕方をご紹介します!ふた…

カレー レシピ まとめ

カレーを自宅で食べるとき、いつも同じ味、同じ食べ方になってしまっていませんか?特に二日目のカレーはおいしいけど飽きてしまってスプーンが進まないってことありますよね。そんなときはカレーにトッピングを乗せて少し違…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

チーズ

ローソン限定で発売されている花畑牧場プレミアムポップコーンの生キャラメルミルクリッチ&自家製3種のチーズミックスというフレーバーがおいしいと話題です。こだわりの生キャラメルと濃厚なチーズの複雑に絡み合うおいし…

コーヒー

オーストラリアで大人気の、ドライブスルー型コーヒーチェーン「Muzz Buzz(マズバズ)」。遂に、日本にも2015年12月19日、ドライブスルー型の店舗が上陸することになりました!ドライバーに親切な、ドリン…

sakura

可愛い雑貨と綺麗なスイーツを見ると、つい買ってしまいます。あとコー...