ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

「落花生」は「ピーナッツ」という名でも親しまれています。年中見かける気もしますが、国産の落花生の旬は9から10月。美容と健康にうれしい栄養素がたっぷり詰まった生の落花生は、甘みがありとても美味!基本の茹で方とアレンジレシピをご紹介します。

ピーナッツもなんきん豆も、全部「落花生」

http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

「落花生」とは、南米アンデス地方原産の豆類で、日本においては千葉県や茨木県が主な生産地です。歴史は遠く江戸時代、中国から日本に伝わり明治時代に栽培がはじまりました。

「地豆」、「ピーナッツ」、「なんきん豆」などさまざまな呼び名がありますが、すべて同じ落花生です。炒った状態で販売されている輸入ものが多いのですが、国産ものは9月から10月にかけてがまさに旬。

生の落花生は、塩ゆでにするとホクホクしてまるでお芋のような食感で、加えて香ばしく甘い味わいが特徴です。おつまみによく使われる炒ったものとは、また違った味わいがあります。旬の時期に新鮮な落花生のおいしさ、ぜひ味わってみませんか?

落花生の栄養

http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

オレイン酸が美肌へ導く

落花生の脂質には、「オレイン酸」や「リノール酸」が豊富に含まれています。オレイン酸には皮膚をやわらかくする効果があり、肌表面のごわつきや小じわを抑えて、若々しい状態へと導いてくれるんです。小腹が空いたとき、料理に、ナッツをどうぞ。

ビタミンB1で代謝促進、疲労回復

「ビタミンB1」は、糖質の代謝や神経機能の維持をサポートする重要な栄養成分。落花生の可食部100gあたり、0.85mgのビタミンB1が含まれています。ビタミンB1は、疲れの原因となる乳酸をエネルギーに変える働きを持っているので、疲労の回復に役立つんですよ。

ビタミンEでアンチエイジング

「ビタミンE」はアンチエイジングビタミンとも呼ばれるほど抗酸化作用(細胞の酸化を抑える働き)にすぐれた栄養素。ナッツ類全般に多く含まれていて、含有量は落花生の可食部100gあたり10.1mg。血のめぐりをよくする働きがあるので、透き通るような美肌づくりに欠かせません。

ナイアシンでアルコール代謝をサポート

落花生に含まれる「ナイアシン」はビタミンB群の一種で、アルコールの代謝をサポートしてくれます。肝臓の負担を軽くしてくれるため、ビールやワインなどお酒のおつまみにはもってこいの食材。ビール×落花生という定番の組み合わせは、おいしくて手軽なだけでなく、体にやさしい組み合わせなんですよ。

マグネシウムで心身ともに健やかに

「マグネシウム」は、体の土台となる骨を形成するうえで大切なミネラルの一種。落花生の可食部100gあたり、170mgのマグネシウムが含まれています。筋肉や脳、神経系の働きなど身体の生理機能全般をサポートしてくれるんですよ。

落花生の保存方法

生の落花生は遅くても翌日までに塩茹でし、当日中に食べきるのが基本です。すぐに調理できない場合は、冷蔵庫で保管しましょう。

塩茹でした落花生をすぐに食べきれないときは、塩茹でしたあとにしっかり水分を拭き取ってラップに包み、保存袋に入れて冷凍保存してください。もちろん、調理してから冷凍保存しても構いません。それでは、基本の下茹で方法、それからアレンジレシピを順番にご紹介します。

落花生の基本の塩茹で方法

http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

材料

・落花生(生) 約500g
・水 約1リットル
・塩 大さじ1.5

作り方

1. 鍋に水と塩を入れ湯を沸かします
2. 沸騰したら落花生を入れ、ふたをして弱火で約20分間茹でてください
3. ざるにあげて、しっかり湯切りします
※落花生の量が増える場合はゆで時間を長くしてください
http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

塩茹でした落花生は手で殻を割って中身を取り出します。ホクホクとした食感、やさしいナッツの甘みが口いっぱいに広がりますよ。この時期ならではの、新鮮な落花生のおいしさをシンプルに味わい尽くすには塩茹でが1番おすすめ。

レシピ1 落花生と青のりとじゃこのまぜごはん

http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

材料

・落花生(ゆで)50g
・ちりめんじゃこ 15g
・青のり 小さじ1
・白ごはん 1膳分

作り方

1. 塩茹でした落花生を殻から取り出します
2. 白ごはんに全ての材料を加えてよく混ぜ合わせ、お茶碗に盛り付けて完成です
ちりめんじゃこと青のりの塩味が、香ばしい落花生の風味とよく合います。ホクホクとした落花生の食感を、丸ごと楽しめる混ぜごはんです。小さなお子さまと一緒に食べる場合は、落花生を半分に切ってから混ぜてあげると食べやすいですよ。

インナービューティーポイント

http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

ビタミン、ミネラル、良質な脂質が豊富な落花生。カルシウム豊富なちりめんじゃこや、たんぱく質が多い青のりと合わせればさらに栄養価アップ!栄養バランスがいい混ぜごはんは、おにぎりやオムライスにしてもおいしいですよ。

レシピ2 落花生とピーマンの肉みそ

http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

材料

・落花生(ゆで) 30g
・タマネギ 1/8個
・ピーマン 1個
・合いびき肉 120g
・サラダ油 小さじ1/2
・砂糖 ひとつまみ
・濃口醤油 大さじ1
・本みりん 大さじ1

作り方

1. 塩茹でした落花生を殻から取り出し、粗みじん切りにします
2. タマネギ、ピーマンはみじん切りにしましょう
3. フライパンにサラダ油をひき、タマネギが半透明になるまで中火で炒めてください
4. ピーマン、落花生、ひき肉を加えて全体を木べらで混ぜながらよく炒めます
5. 肉の色が変わってきたら、砂糖・醤油・みりんを加え弱火にし、汁気がなくなるまでさらに混ぜ炒めながら煮詰めましょう

インナービューティーポイント

http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

落花生をお肉と合わせて、たんぱく質や鉄分をしっかり補給!そのまま食べてももちろん、ご飯の上にトッピングしたり、オムレツの具材にしたり、チャーハンにしたりと、アレンジの幅が広い便利な肉みそ。荒く刻んだ落花生の食感や、ほんのりとした甘みを楽しめます。冷蔵庫で約5日間保存可能なので、常備菜としてもおすすめです。

レシピ3 落花生としめじと小松菜の味噌炒め

http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

材料

・落花生(ゆで) 30g
・しめじ 1/6株
・小松菜 60g
・ごま油 小さじ1/3
・味噌 小さじ1
・酒 小さじ1/2

作り方

1. 落花生は塩ゆでし殻から取り出します
2. 小松菜はよく洗い約3㎝幅にカット。しめじは石づきを落として、手で裂いてください
3. 味噌に酒を加えてペースト状にします
4. フライパンに油をひき、中火で全ての材料を炒めてください。しんなりしてきたら3.を加え、よく和えながら炒めましょう

インナービューティーポイント

http://macaro-ni.jp/34501

Photo by Ayako Kunishio

食物繊維豊富な食材を合わせたひと品は、お通じの改善をサポート。小松菜のカルシウム、しめじのビタミンDなど、落花生単体では不足しがちな栄養素もしっかり補給できます。味噌風味でごはんが進みます。もちろん、おつまみにももってこいです。

すぐれた食材「落花生」

いかがでしたでしょうか?今が旬の落花生は思っていた以上に栄養価が高く、さまざまなお料理に使えるすぐれもの。毎日の美容と健康のために、日々の食生活にぜひ取り入れてみて下さいね。

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鶏肉 レシピ アレンジレシピ まとめ

鶏肉を買ってもいつも唐揚げや照り焼きばかり…それ以外のレシピはないかな?そんな方におすすめの、鶏肉を使った簡単アイデアレシピです。難しい手順がないものばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

レシピ スイーツ おしゃれ まとめ

実は料理が苦手…。なんてお困りの方に、今回は分量さえ守ればとっても簡単にできちゃうレシピをご紹介します♫混ぜただけなんて誰にも気づかれないくらい豪華に見えるレシピなので、おもてなしやプレゼントに…

レシピ まとめ

レシピブログやクックパッドなどで人気の、「ひよこ食堂」さんの人気のおかずのレシピを10選しました♪ご飯が進むおかずばかりなので、夕食のメニューに困った際にはぜひ見てください。

レシピ 揚げ物 まとめ

かき揚げをサクサクに仕上げたいのに油を吸収してボテッと重くなりがちなんて人も少なくないはず。ひと口食べたときにサクッといい歯ごたえが楽しめるかき揚げの作り方のポイントをまとめました。アレンジレシピも紹介します!

うどん レシピ まとめ

カルボナーラうどん、イタリアンうどんなど、アレンジうどんが話題になっています♪マンネリしがちだったうどんを、洋風・中華風などおしゃれにアレンジして、おいしくいただいちゃいましょう☆

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

おにぎらず お弁当 レシピ まとめ おにぎり

漫画「クッキングパパ」でも紹介された握らないおにぎり「おにぎらず」♪手も汚れず、食べやすく簡単につくれておいしい!と人気なんです。おにぎらずでも洋風のレシピを紹介していきます。お弁当に普段の食事に活用してみて…

レシピ まとめ 冷麺

暑い季節がやってくると、やはり恋しくなるのが冷たい麺。冷麺をツルツルとすすりたくなりますよね?おすすめの冷麺アレンジレシピをご紹介します。これであなたも夏を先取りしちゃいましょう♪実は野菜もたくさん入れられて…

國塩亜矢子

【旬食美人学】主宰 「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援した...

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/