ローディング中

Loading...

寒い季節に食べたい温かい「フォンデュ」。最近ではおうちで楽しめる家電も販売され、より気軽に楽しめるようになりましたね。そこに、新たに登場したのが「とろろフォンデュ」です。今が旬の長芋の味を存分に楽しめるヘルシーフォンデュなんです。

秋はとろろが食べたい

朝晩が涼しくなってきて、これから少しずつ過ごしやすくなってきそうですね。いよいよ、秋の到来です。秋なると旬を迎えるのが、山芋と長芋。夏にお蕎麦にかけて食べていた人もいるかと思いますが、旬はどちらも秋なんですよ。

これからますますおいしくなる山芋と長芋。おいしいときにたくさん食べておきたいですよね。

この秋はとろろでフォンデュ!

旬を迎える山芋、長芋をおいしく食べる新しいレシピ。それは「とろろフォンデュ」です。フォンデュといえばチーズのイメージですが、すりおろした山芋や長芋を使って、フォンデュを楽しむ人が増えているそうなんです。この料理の考案者はタレントの北斗晶さん。このフォンデュだと、野菜が嫌いな方でもたくさん食べられてしまうそうですよ。

とろろフォンデュの作り方

作り方は、まず長芋(13cmぐらいのもの)、水(3カップ)、白だし(しょう油の味がついたもの)120ml、白味噌(大さじ5)をミキサーにかけます。次に、できたものを鍋に入れ温めたら、ピザ用チーズ(45g)を入れて、溶かします。チーズがよくなじんだら完成です。

温かいとろろに、野菜やシーフードなどをつけて食べると、チーズよりはあっさりしていて、和風のフォンデュが楽しめると話題なんですよ。

とろろフォンデュにおすすめの食材5選

野菜

フォンデュに欠かせない食材といえば、やはり野菜です。とろろフォンデュも、チーズフォンデュと同じように野菜が合います。どちらも野菜なので、とってもヘルシーですよ。ブロッコリーやプチトマトも意外とおいしく食べられるんです。旬のサツマイモや、かぼちゃなどがあってもおいしく仕上がります。

シーフード

ボイルしたエビやホタテなども、とろろフォンデュにとてもよく合います。種類を多くそろえるのが手間な場合は、冷凍のシーフードミックスを購入して茹でてから出すのもアリですね。白身魚やサーモンなども、とろろと合いそうです。一度火を通す、茹でるなどしたらフォンデュに合いそうです。

バケット

こちらもチーズフォンデュではおなじみの食材、バケットです。スライスして焼いてから、ひと口大にカットしておさらに出せば、フォンデュ用のバケットになります。できれば、食パンなどではなくバケットの方が隙間にとろろが入り込むので、味がしみやすくなっておいしいですよ。

ウィンナー・ソーセージ

ボイルしたソーセージやウィンナーを食べやすいサイズにカットして出せば、フォンデュにボリューム感が出て満足感もアップします。これなら、男性もしっかり満腹になって楽しめますよ。ハーブ系のウィンナーを使えば、風味も増しますね。

ローストビーフ

柔らかくて面積の広いローストビーフなら、とろろもすくいやすく、お味もしっかり感じられますよ。とろろに出汁の味付けをしておくことで、和風味のローストビーフを食べられます。

こんなシーンでおすすめ!

ピクニックで食べる

固形燃料などを持参して、公園や行楽地でとろろフォンデュを楽しみましょう。なかなか凝ったピクニックを体験できます。

これから外もだいぶ過ごしやすい季節になってきますので、外でフォンデュを食べてみませんか。フォンデュの食材はすべてタッパーに入れて、フォンデュは温かい状態で魔法瓶の水筒に入れれば、漏れ出すこともなく運べるので、意外と簡単なんですよ。

ホームパーティーに

夏が終わると、年末にかけてハロウィンやクリスマス、忘年会などイベントが盛りだくさん。おうちでパーティーをする人もいるかと思います。そんなとき、意外とサクッと準備ができるのが、このとろろフォンデュ。

野菜は一緒に茹でて仕舞えばいいですし、その間にバケットを焼けます。その間にとろろフォンデュを作っておいて、切る必要のある食材をカットすれば完成。それぞれ好きな食材を好きなだけ食べられるので、ゲストも大満足です。

日々の晩御飯にも

もちろん、普通の日の晩御飯としても、とろろフォンデュは最適。家族だけなら、用意する食材は大量でなくてもいいですし、万が一食材が余ってしまっても、だいたいが味付けをしていない、茹でただけのものなので、次の日のメニューにアレンジしやすいのも嬉しいですよね。余ったとろろは最後にご飯にかけて食べれば、すっきり完食できます。

とろろを使ったアイデアレシピ

とろろグラタン

長芋や豆腐、長ネギなどを使用した和風のとろろグラタンです。チーズもたっぷり使っているので、お子さまでも食べやすいメニューです。長芋とお豆腐でふわふわの食感に仕上がっていますよ。

とろろパスタ

とろろを使ったパスタのレシピです。長芋とスパゲティのほかに、大葉と海苔、めんつゆ、顆粒だしだけで作れるので、買い物に行けないときにもとても重宝します。作り方は茹でたパスタに、下ろした長芋を材料を混ぜたものをかけるだけ。とっても簡単にできるので便利ですね。

とろろはアレンジしてもおいしい!

秋は長芋のおいしい季節です。そのままで食べるのももちろんおいしいですが、とろろパスタやとろろグラタンなど、いろいろなアレンジをして毎日でも食べたいものですよね。今回ご紹介した「とろろフォンデュ」は、みんなで楽しめるレシピなので、ぜひご家族そろっての食卓やパーティーなどのシーンで作ってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

中華 揚げ物 餃子 レシピ 豚肉 たけのこ

外はカリカリ!中身はもっちり!ジュワっと広がる肉汁の味わいがたまらない「中華風揚げもち餃子」のレシピをご紹介します。一度食べたら、きっとあなたもやみつきになること間違いなしです。食べ応えもあるので、食べ盛りの…

お弁当 レシピ 唐揚げ

「ねぼすけから揚げ弁当」のレシピをご紹介します。寝坊しても大丈夫!朝の調理時間を短縮しちゃいましょう。から揚げはレンジで3分加熱するだけなのに、とってもジューシー♩時短レシピなのにとてもおいしいのでオススメで…

クレープ レシピ まとめ

クレープの具は何が好きですか?生クリームとフルーツの甘い組み合わせでしょうか?クレープに合う具は甘いものだけじゃありません!中の具によって食事代わりにだってなるクレープ。シンプルなものから変わりダネまで、おす…

レシピ 豚肉

肉巻の進化メニュー「野菜と豚肉のクルクル油揚げ巻き」のレシピをご紹介します。お肉だけでなく、油揚げも一緒に巻くので、じゅわっとジューシーな味わいを楽しめますよ。色鮮やかなにんじん、ズッキーニもスライスして巻い…

ブルーベリー レシピ ジャム

そのまま食べても、凍らせて食べてもおいしいブルーベリー。みなさんが好きな食べ方はどんな食べ方ですか?体にもよいと言われるブルーベリーのおいしい食べ方や長持ちする保存方法、おすすめのレシピまでご紹介。朝食からお…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

たこ焼き レシピ まとめ

お家にある冷凍たこ焼きはそのままでもおいしいですが、ちょっとひと工夫するとさらにおいしく、工夫次第では全く違う料理にもなるんです。知っておいて損はない!もっとおいしく食べるためのレシピをまとめました。

レシピ まとめ アレンジレシピ

人気モデルで、現役Jリーガーである稲本選手の奥様でもある田中美保さんは料理上手でも有名です。そんな田中美保さんの料理をまとめてみました♪スポーツ選手の旦那様を支える彼女の料理は、とても参考になりますね♡

スイーツ ピザ レシピ まとめ

ご飯として食べるピザもおいしいですが、デザートとして食べるピザも大好きという人もいるのではないでしょうか?今回は、お家で作れるデザートピザのレシピを紹介します。さっそく次の休日に、レシピを参考にして作ってみて…

レシピ 菜の花 まとめ

春を感じさせる野菜「菜の花」を使ったレシピの紹介です。菜の花は万能食材で、和・洋・中・そしてスイーツにも使えます!菜の花料理のバリエーションが少ないと思われた方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

ホルモン

焼肉屋に行くとたくさんのホルモンメニューがありますが、部位別の特徴をご存じですか?意外と詳しく知らない人もいらっしゃるでしょう。今回は、ホルモンを部位別にご紹介しながら、栄養効果に関してもお伝えします。

近畿大学水産研究所が試行錯誤を経て、完全養殖に成功した「近大マグロ」。魚好きの方はすでにご存じかもしれませんね。天然マグロに比べて、その安全性と天然物にも負けない味わいが人気の秘密です。そんな近大マグロについ…

チョビ子

おいしいスイーツとアジアンフードと愛犬、ついでに夫を愛する新人ライ...