ローディング中

Loading...

カロリーが気になって、なかなか気軽に使えないバター。日本では値段が高騰してもいますね。でも、今アメリカでは超ヘルシーで、気軽に使える「ヴィーガンバター」が流行しています。これなら、ダイエット中でもたくさん食べられますよ。

さまざまな場面で活躍するバター

スイーツでも食事でも、どんなときにも使えて、その料理に濃厚なコクと風味を加えてくれるバター。みんな大好きですよね。あまりにおいしいので、ついトーストに多めに塗っちゃったり、なんてこともあるのではないでしょうか?

調味料の定番として、みんなに愛されているアイテムのひとつです。

バターのカロリーが気になる!

もちろん味はおいしいし、風味も抜群のバター。でも「カロリー」が高いからと食べるのをためらってしまうこともあるのではないでしょうか?

バター(有塩)は、100gあたり745kcalもあります。成分がほぼ動物性油なので当然といえば当然ですが、もうちょっとヘルシーだったら気兼ねなくガンガン使えるのにな……と思いますよね。コレステロール値も100gあたり210mgと、チーズやマヨネーズよりも高いんです。バターの濃厚さを保ちつつ、もうちょっとヘルシーなアイテムがあれば、とても助かりますよね。

話題のヴィーガンバターがすごい!

そんな、バターは好きだけどカロリーが気になる。という悩みを解決してくれる商品があったんです。その名は「ヴィーガンバター」。名前の通り、動物性の食品を口にしない食生活を送る「ヴィーガン」の方のためのバターです。つまり、このバターは植物性のものからできているということなんですね。
植物性の油脂からできているなら、マーガリンでもいいのでは?と思うかもしれません。しかし、ヴィーガンバターの成分は、ココナッツオイルや米油、水切りヨーグルト、レシチン。水分は豆乳やアーモンドミルクなど人工的でない、自然の食材を使用して作っているんです。

また、マーガリンには、自然界に存在しない「トランス脂肪酸」が含まれています。それを気にするがゆえに、高カロリーでもバターを使っているという方もいますよね。でも、このヴィーガンバターは、トランス脂肪酸も少なく、バターとマーガリンのいいとこ取りをしたような存在なのです。

こんな人に「ヴィーガンバター」がおすすめ!

ヴィーガンの人

「ヴィーガンバター」なので、もちろん最初はヴィーガンの人のために作られたものでした。それが、ヴィーガンではないけれど、健康に気を使う健康志向の人の間に広まったものなので、もちろんヴィーガンの人に最も向いているアイテムです。

ダイエット中の人

ダイエットにカロリーは大敵。バターを使うのはためらわれますよね。でも、ヴィーガンバターは植物性の安全な食材がメインなので、カロリーもかなり低め。作る食材により異なりますが、バターよりは低いということが言えます。

ダイエットをしつつも、おいしい食事は大事にしたいと考える人には、とっておきのアイテムになりそうですね。

コレステロールが気になる人

バター100gあたりに含まれるコレステロールは、およそ210mg。こちらも高い数値ですよね。しかし、ヴィーガンバターなら、コレステロールはかなり減らせます。会社の健康診断で、コレステロールが高いと診断を受けた方は、ぜひヴィーガンバターを試してみてください。

ヴィーガンバターの作り方

そんな、いいことづくしのヴィーガンバターですが、残念ながら日本ではまだ販売されていません。しかし、作るのはとても簡単ですよ。

豆乳ヨーグルトを水切りし、泡立ててココナッツオイル、グレープシードオイル、メープルシロップ、塩を入れて混ぜ、冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

ヴィーガンバターは作り方がいろいろとあり、自分好みの植物性オイルや豆乳、アーモンドミルクなどをお好みのものを選んで作れるので、ぜひ自分にあった食材を調べてみてくださいね。

「ヴィーガンバター」レシピアイデア

アボカドトーストに

トーストにヴィーガンバターとアボカドを塗って、黒こしょうをかければ、簡単にヴィーガントーストのできあがりです。動物性の食材は不使用なのに、ヴィーガンバターとアボカドのおかけで、かなり腹持ちはよさそう。朝食はもちろんのこと、会社でのランチにもおすすめですよ。

クッキー作りに

一度ヴィーガンバターを作って保存しておけば、あとはいつものバターに代用すればよいだけです。クッキー作りが趣味の方は、ぜひバターの代わりにこのヴィーガンバターを使ってみてください。低カロリーで、ヘルシーなおやつになりますよ。

ヴィーガンピザのコク出しに

こちらは、野菜のみで作ったヴィーガンピザ。ちょっと物足りなくなりがちですが、ピザソースを塗る前に、ピザ生地にヴィーガンバターを塗っておけば、ピザにコクが出ます。満足感はアップするのに、ヘルシーに食べられて、いいことだらけですね。

ヴィーガンサンドイッチ

お肉のように見えているのは、実は油揚げ。こちらはヴィーガンサンドです。ヴィーガン食にありがちな物足りなさを解消してくれる、ヴィーガンバター。ここでも大活躍です。サンドイッチのパンに、あらかじめヴィーガンバターを塗っておけば、コクに加えて、風味もますので、香りも楽しめます。

ベーグル作りに

クッキーでも紹介したように、お菓子作りやパン作りの際に、普通のバターとして代用してみてください。とってもヘルシーで、くどすぎない。体に優しいベーグルができあがりますよ。ベーグルなども、そのもの自体がずっしりくる食べ物なので、バターの油分を少しでも軽くするには最適です。

パンケーキに

パンケーキを焼く際に敷く油を、ヴィーガンバターに変えてみましょう。ココナッツオイルを使って作ったパンケーキなら、ハワイアンなアレンジには抜群に合います。ココナッツシロップなどをかけて食べれば、最高においしいですよ。もちろん、おいしくて健康にもいいので、スイーツ好きさんにはぴったりです。

おいしくカロリーもカット!

そろそろ食欲の秋がやってきます。おいしいものは我慢したくないけれど、できる限りカロリーは抑えて食事を楽しみたいですよね。ヴィーガンバターを使用すれば、身近なところから気軽にカロリーをカットできそうです。自分の体を大切にするためにも、あなたもヴィーガンバターを作ってみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

カレー レシピ

プチプラファッションで人気の「しまむら」。そのしまむらで買えるスヌーピーのデコカレーがかわいいと話題になっていることをご存知でしょうか。今回はしまむらのライス型を使った、簡単でかわいいスヌーピーカレーの作り方…

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

パン レシピ

最近インスタなどで話題になっている「アイスパン」をご存知でしょうか。名前からはいろいろなビジュアルを想像すると思いますが、アイスパンとはソフトクリームの形をしたパンなんです。今回はそんなかわいいアイスパンの作…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ 東京 お土産 まとめ

海外では最高のスイーツのひとつとして愛されている「エッグタルト」。しかし日本ではパンケーキやチーズケーキの影に隠れてしまっているのか、あまり注目されてないですよね。一度食べたら、今まで気付かなかったことを後悔…

お土産 横浜 おしゃれ スイーツ まとめ

関東随一の観光地「横浜」で人気のお土産をご紹介します。定番の肉まんはもちろん、こだわりが詰まったお菓子もおすすめです!しっとりとしたチョコケーキやお酒が入った大人のクリーム入りビスケットなど。通販で購入可能な…

ワイン まとめ

おしゃれでおいしい商品が揃うと人気のカルディ。最近はワインが安いのにおいしいと注目を集めているんです。今回のそのなかでも、特に人気のあるおすすめの商品を厳選しています。お好みに合わせて選んでみてはいかがでしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ

アロマやお料理など多岐にわたって使用されるマジョラムは、シソ科の多年草のハーブです。今回はそのマジョラムの効能や魅力をご紹介します。ハーブを上手に取り入れて、より素敵なライフスタイルを目指しましょう!女性に嬉…

「生きたまま腸まで届く」と書かれた商品がもてはやされるなか、乳酸菌殺菌と言うまったく逆をゆくネーミングが混乱を招いています。でも実は、乳酸菌にとって大切なのは生死ではなく、腸まで届いて活躍することだったんです…

チョビ子

おいしいスイーツとアジアンフードと愛犬、ついでに夫を愛する新人ライ...

ページTOPに戻る