ローディング中

Loading...

塩焼きや酒蒸し、クリーム煮など、レシピの幅が広く人気な「ホタテ」。身近でおいしいホタテにまつわる不気味な事実を知ってしまったので、皆さんにもご紹介します。二枚貝の中ではめずらしくホタテには目があるのですが、その数が尋常じゃないらしいのです。

ホタテの目って見たことある?

突然ですが、貝の目を見たことはありますか?アサリやシジミが殻の外をキョロキョロ観察しているのを見たことがある人はいないかと思います。しかし、二枚貝の中でもめずらしく、ホタテには目があるんですよ。しかも、おそろしい秘密が隠されているというのです。今回は、ホタテの目について掘り下げていきます。

ホタテには目がいっぱい

フライパンで熱せられてパカッと殻を開いたホタテ。弾力のある身を噛みしめれば、旨みたっぷりのスープがじゅわっとあふれます。

とってもおいしそうな写真ですがちょっとよく見てみてください。貝柱の部分をぐるっと囲む茶色っぽい帯のような部分は「ひも」と呼ばれます。おつまみで「貝ひも」を食べたことがあるかもしれません。ひもの縁に、黒い点が並んでいるのがおわかりでしょうか。なんとこの点、ひとつずつがホタテの目なのです!

ものによって数は変わりますが、平均するとホタテ1匹あたり80個の目があるんです。多いものでは100個になるものも。

しかし視力はない……。

ずらっと並んだ小さな瞳、そのひとつひとつに見られているのかと思うとゾッとしますが、ご安心ください。ホタテの目には視力がなく、光の明暗を感じる程度しか力はありません。正確には、ひとつひとつの目がレンズになっているため見ることはできるのですが、目から得た情報を認識するための脳がないのです。

視力がないのに、なぜそんなにも多くの目があるのか気になりますよね。貝ひも部分にぐるっと80個もついた目で光量のわずかな違いを感じ取り、ヒトデなどの外敵から身を守っているのです。

ひとつの目で広範囲をカバー

ホタテには80個もの目がありますが、目ひとつずつの視野はなんと100度と広いんです!人間の目の視野は片目で60度、両目で120度と言われているので、ホタテの目は広角レンズであるとわかります。

こんなにも広範囲をカバーできるなら、360度全方位を確認するためでも目は4個あれば充分そうですよね。なぜ80個もの目があるのか、その理由はまだ解明されていないんだとか。ホタテって不思議な生き物ですね。

実は泳げる

普段、陸にあげられてジッと動かない貝しか見る機会がないかと思いますが、じつは貝も泳げるんですよ。それも、外敵から逃げるためにけっこう速く泳ぎます。ジワリジワリと近づいてくる敵から逃げるために、閉殻筋という筋肉で殻を思いっきり開閉させて海水を吹き出し、その水圧でスイ〜と泳いで逃げるのです。

ホタテは全長1mにもなる大きな魚のオオカミウオやミズダコにも襲われがちですが、一番の敵はヒトデ。ホタテ漁の漁師さんも、ヒトデに苦しめられているんだとか。

閉殻筋とは

閉殻筋とは、私たちがいつもおいしく食べている貝柱の部分のことです。アサリなどの二枚貝を食べるとき、貝柱がなかなか殻からはがれず苦労する人も多いのでは?大切な殻を開け閉めして身を守るための筋肉なので、貝柱はあんなに丈夫なんですね。

逃げられないこともある

泳ぐのが得意なホタテですが、残念ながら逃げ切れずに、ヒトデに食べられてしまうこともあります。スーパーで買ってきたホタテの殻を開けてみたら、中にはホタテの身ではなくヒトデが入っていた……なんて珍事件も発生しているんですよ。

ホタテは通販でも買える

ホタテは通販でも買える

出典:楽天市場

海鮮 バーベキューセット 北海道産ほたて片貝(殻付き10枚入×3個セット)海産物 セット【ギフト/送料無料】【貝/殻付き

¥4320

楽天市場で購入
楽天市場などの通販サイトでも、ホタテを購入できます。

北海道でも屈指のホタテ漁ホタテ漁場として知られる、噴火湾で獲れた鮮度抜群のホタテを届けてもらえます。こちらで獲れるホタテは、身が非常に大きく、分厚いことで有名なのです。プリプリのホタテを取り寄せたら、ぜひ炭火で焼いてじっくり堪能したいですね。オーブントースターでも焼けるので、家庭で手軽に北の海の幸を楽しめます。

殻を開けて届けてもらえるので、固い殻を開ける手間いらず。急速冷凍で、新鮮なホタテの旨みをぎゅっと閉じ込めています。

▼ホタテの購入はこちらから

手軽なホタテの焼き方

直火や網で焼いて食べるホタテもおいしいですが、家庭で楽しむ場合はフライパンを使ったバター焼きもおすすめですよ。失敗せずに、ホタテの旨みを余すことなく味わえます。こちらのレシピでは下処理の方法まで詳しく紹介されています。

ホタテの目を意識してみる?

あの黒い点ひとつひとつが目だったなんて少しショックですが、ホタテがおいしいことに変わりはありませんね。ホタテを食べる機会がありましたら、ぜひ目があるか確認してみてください。実際に目を見つけてうれしくなっても、あまり周りの人に報告はしないほうがよさそうですね。ぜひ、海の中でどのように泳ぐのか教えてあげてください。

ホタテは冬が一番大きく、身も締まっていて、特においしいといわれています。これから旬を迎えるホタテを味わってみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

炊き込みご飯 レシピ

簡単でおいしい!とめんどくさがり屋さんの間で噂の明太子パスタソースの炊き込みご飯。『マツコの知らない世界』でも紹介され、大絶賛されていたんですよ。今回は筆者が実際に作ってみました!詳しい作り方やアレンジレシピ…

お茶 原宿

2017年7月21日(金)原宿に「お茶のいろはby namacha」がオープン!おいしいお茶の淹れ方や、お茶の製造過程など、お茶について丸ごと勉強できるミュージアムなんです!女優の波瑠さんが登場したオープンイ…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ マヨネーズ おつまみ

新玉ねぎは春が旬だと言われていますが、はなうたさんの作る味噌マヨ焼きがあまりにも美味しそうでしたのでご紹介させて頂きます。とてもシンプルでいて手軽ながらもお腹を満たしてくれる一品。お酒のおつまみにはもちろんバ…

スイーツ

期間限定の「カップdeヤクルト」が今注目を集めています。まさにその味も効能もそのまんま「食べるヤクルト」だ!とツイッターなどで評判です。生クリーム仕立てで濃厚な味わいとすっきりとした酸味が特徴の新感覚スイーツ…

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...

ページTOPに戻る