ローディング中

Loading...

ナイフをいれた瞬間に肉汁があふれるハンバーグ、おうちで作れますか?レストランで食べるようなジューシーなハンバーグは、材料や焼き方にコツがあるんです。ジューシーなハンバーグレシピや、いつもとひと味違うソースレシピをご紹介します。

肉汁のあるハンバーグ作れていますか?

ナイフを入れた瞬間に肉汁があふれ出す理想のハンバーグ。おうちで作るハンバーグはいかがでしょう?肉汁のあるハンバーグを作れていますか?焼いてる間に肉汁がでてしまってパサパサになったり、逆に油っぽいハンバーグになってしまうことはありませんか?実は下準備や、ある方法で肉汁を閉じ込めるワザがあるんです。

ジューシーなハンバーグの基本の作り方

材料

合挽き肉
玉ねぎ
塩こしょう

牛乳
パン粉
片栗粉

作り方

フライパンで炒めたみじん切りの玉ねぎと、卵、牛乳、パン粉、塩こしょうをボウルに入れ、ねばりが出るまでしっかりとこねます。小判形に整えたらお皿に並べてラップをし、最低1時間は冷蔵庫で冷やします。冷えたら、片栗粉を全体にまんべんなくまぶし、ハンバーグの真ん中をへこませます。

フライパンに油をひき、焼き色がつくまで両面焼いたら、お湯をハンバーグの半分の高さまで入れます。すばやく蓋をして蒸し焼きにし、水分がほとんどなくなったら焼きあがりです!

ジューシーハンバーグのポイント!

ハンバーグがパサパサになってしまう原因は、焼き上がる前に肉汁が蒸発してしまうために起こります。そうならないためのポイントを押さえておけば、パサパサになるのを防げるのでぜひ覚えておいてくださいね。

まず、こねているときに溶けてしまった油分を再度固めるために、肉だねを成形したあとは、生地を一度冷蔵庫で冷やします。次に、生地にはしっかりと片栗粉をまぶすこと。そうすることにより、片栗粉でしっかりとコーティングされ、肉汁が出るのを防ぐことができるのです。最後に、焼き色がつくまで両面焼いたら蒸し焼きにすることでパサつきと生焼けを防げます。

以上のポイントを押さえておけば、ふっくらジューシーな仕上がりになるはず!ぜひチャレンジしてみてください。

冷凍保存しておくと便利

ハンバーグの種を冷凍保存する場合は金属バットの上に成形したハンバーグをのせ、急速冷凍します。冷凍したものをラップで包み、保存袋に入れて保管するのがベストです。焼くときは冷凍のままフライパンに並べ、水を入れて蓋をして弱火でじっくり蒸し焼きにましょう。水分がなくなったら、ひっくり返して焼き色をつけたら出来上がりです。

ジューシーハンバーグの時短レシピ10選

1. 氷をプラス

なんと氷を砕いて入れることで空気の通り道ができ、ハンバーグがふわふわに仕上がるって知っていましたか?冷凍庫にある身近なものを使ってできるのがうれしいですね!ぜひお試しください。

2. ゼラチンをプラス

いつものハンバーグのたねに、粉ゼラチンをプラスしてみてください。ゼラチンは保水力があるため、ハンバーグに入れることでふわふわでジューシーなハンバーグに仕上がるんだそうです。おうちで余っているゼラチンはありませんか?あればぜひ活用してみてくださいね。

3. 寒天をプラス

寒天を砕いていつもの具材に加えるだけ。フードプロセッサーがあればより細かく砕けるのでベターです。寒天が溶ける温度の目安は、90度くらい。寒天は溶解温度が高いため、ハンバーグを加熱するときに流れ出にくく、肉汁ジューシーに仕上がります。

4. 牛脂をプラス

牛脂を細かく刻んでハンバーグのたねに混ぜ込む方法もあり!牛脂を入れることで肉汁が増すだけでなく、加熱したときに出る肉汁の香りもとてもよくなるんです。牛脂はスーパーのお肉売り場にあるので、ハンバーグの材料を買うときは牛脂もお忘れなく!

5. オーブンを使って

ジューシーにするために加えたのは、豚ひき肉。豚ひき肉の割合を多くすることでさらに脂分が増し、切ったときに肉汁が溢れ出すそうですよ。肉汁を閉じ込めるためにフライパンで軽く焼いたあと、ふっくらと仕上げるためにオーブンで焼きます。耐熱皿を使ってももちろんOKですが、流行りのスキレットを使えばそのままテーブルに出せ、おしゃれ感もアップするのでおすすめですよ。

6. 電子レンジを使って

フライパンを使わずにハンバーグが作れてしまう方法を知っていますか?材料をすべて混ぜて、ラップに包んでレンジでチンすれば、あっという間にもっちり柔らかいハンバーグのできあがり!ごはんにもお酒にも合いますよ。冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもGOOD。普通のハンバーグより小ぶりなので、お弁当箱にも入れやすいですよね。

7. 炊飯器を使って

ハンバーグまで炊飯器でできちゃうんです!材料をすべて炊飯器のお釜に入れて通常通り炊飯スイッチを押すだけと簡単です。どうやらフライパンで焼くよりジューシーに仕上がるそうですよ。びっくりサイズのハンバーグをみんなで切り分けても食べるのも楽しそう!マッシュポテトを絞り出して、トマトをトッピングしてケーキのようにしたら誕生日パーティーにも使えますね。

8. お麩をプラス

以前、朝の情報番組でも紹介されていたお麩を使ったハンバーグレシピ。お麩がしっかりと肉汁を閉じ込める働きをしてくれるんだそうです。なんと、パン粉入りとお麩入りのハンバーグを比較したところ、お麩入りのハンバーグの方が1.6倍肉汁が多かったそうです。

9. マヨネーズをプラス

マヨネーズをプラスすることでジューシーさが増すそうです。マヨネーズの油分がハンバーグをよりジューシーに、そして味にもコクを出してくれるのでしょう。ほとんどの家庭の冷蔵庫に常備されているマヨネーズで、簡単にジューシーハンバーグができるなんて、早速次回ハンバーグを作るときに試してみたくなりますね。

10. コーヒーゼリーをプラス

コーヒーゼリーをハンバーグのたねに入れるレシピです。コーヒーゼリーのゼラチンが肉汁を閉じ込める役割をし、苦みはうまみになるそうです!詳しくは下記リンクをチェックしてくださいね。

ハンバーグのソースレシピ6選

1. 赤ワインとケチャップのソース

ハンバーグを焼いたあと、そのままのフライパンで引き続きソースを作ります。赤ワインを入れて、ちょっと大人向けのソースに。ケチャップソースだとちょっとお子さま向けになってしまいますが、赤ワインを入れることで大人も楽しめるソースになりますよ。

2. 醤油ベースの和風ソース

あっさり食べたいときには和風ソース。ハンバーグに大葉と大根おろしをのせ、上からこのソースをかければ、和風ハンバーグのできあがりです。肉汁と大根おろしがソースと絡んで、これもまたおいしそうですね。

3. ワサビソース

ツンとするわさびがアクセントになる、わさびソース。こちらもちょっと大人向けのハンバーグソースですね。わさびはチューブでもOKなので、手軽に作れます。お子さんのいるご家庭では大人向け・子供向けとソースを分けて作ってみてはいかがでしょうか。

4. フレッシュトマトソース

ざく切りトマト、にんにく、たまねぎがたっぷり入ったソースです。調理は鍋を使わず、電子レンジでOK。トマトの皮が気になるようであれば湯剥きしてから作ってくださいね。ハンバーグの上でとろけたチーズとトマトが見るだけで食欲をそそります。

5. アボカドヨーグルトソース

女性に人気の、アボカドを使ったソースです。ハンバーグの上にスライストマトをのせ、アボカドソースをたっぷりかけたらボリュームあるメニューのできあがり。ヨーグルトを使っているのであまり重たくなく、爽やかな味わいのヘルシーソースです。

6. デミグラスソース

ハンバーグの定番ソースのひとつであるデミグラスソース。このデミグラスソースがおいしく作れれば、ほかのお料理にも応用できるのでぜひマスターしたいところですよね。生クリームを使用しているので、しっかりコクのあるデミグラスソースです。

今日からおうちハンバーグもシェフの味!

いかがでしたか?
いつもの材料にちょっとしたものをプラスしたり、成形時のひと手間や焼き方を変えるだけで、肉汁たっぷりのハンバーグが作れるなんて驚きですね。おうちにある材料が多いので、思い立ったときにすぐ作れるのも嬉しいポイントです。家族から絶賛されちゃうかも!?

肉汁あふれるジューシーなハンバーグ、さっそく今夜の夕食にいかがですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

じゃがいも チーズ レシピ

みなさん、「アリゴ」という料理はご存知でしょうか。もちもちとした新食感のマッシュポテトです!今回は、そんなアリゴのレシピをご紹介します。濃厚なチーズ味なので、そのままでもおいしいし、パンや野菜との相性も抜群!…

トースト パン レシピ

かわいい朝食が簡単にできたら、忙しいママやOLさんにとってそんなうれしいことはないですよね。今回は、忙しい朝でも思わずにっこりしてしまうスーパーキュートな簡単メニュー!とてもかわいい「テディベアトースト」の作…

インド料理 ピザ トマト レシピ まとめ 東京

インドカレーにつきものの「ナン」ですが、2017年は、ナンをピザにして楽しむのが流行しそうだとPinterestでも取り上げられました。東京でナンピザが味わえる四谷のお店や、ご家庭でのレシピ、通販情報をご紹介…

和菓子 レシピ お菓子 まとめ

昔ながらの和菓子、「かりんとう」。カリッとした表面の黒糖の甘みと食感がたまらないですよね!普段、袋菓子で買うことがほとんどですが、お家で簡単に作れるんです。揚げないタイプやホットケーキミックスを使ったものなど…

デート

自宅でレストランのような食事を楽しめるオンライン食材宅配サービス、魅せるミールキット「TastyTable(テイスティーテーブル)」から、バレンタイン限定特別プラン「おうちバレンタイン」キットが登場。きっと、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ パテ

朝食がパン派の人にとっては、マンネリ脱却のチャンスです♪いつもお店に売っているジャムや甘いクリームで飽きていませんか?手作りパテなら、簡単だし甘い物は少ないので、いつもと違ったパンの味がたのしめますよ!

チーズ レシピ まとめ パン

チーズ好きな方は多いと思います...私もその一人。多様な食べ方ができるチーズですが「グリルドチーズ」というのがあるそうですよ。考えるだけで心ときめく焼きチーズサンド♪簡単につくれますので是非おためしくださいね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

和菓子 スイーツ

ベルメゾンが発売している懐中汁粉が可愛いと評判。味も本格的ながら、なんと言ってもそのルックスがヤバいんです♪最中の部分が愛らしいクマさんになっています。説明は不要でしょう。どうぞその可愛さに胸キュンして下さい…

代官山 サンドイッチ ランチ カフェ

東京・代官山にあるカフェ「King George(キングジョージ)」で大人気の、野菜やターキーをたっぷり使ったサンドウィッチがとにかくすごい!ボリューム満点なのにヘルシーで、女性でもペロっと食べれちゃうんだと…

kie_0330

京都に生まれ、大阪で育ち、今は神奈川在住です。お出かけ、食べること...

https://twitter.com/Kie_0330