ローディング中

Loading...

みなさんは缶詰にも賞味期限があることをご存知でしょうか。賞味期限は、缶のふた部分に印字されています。購入するとき確認しますが、保管したあとは、「あまり気にしない」というかたも多いのでは。缶詰の賞味期限について、詳しくご紹介します。

家に眠っている缶詰

缶詰には、魚や肉、貝類、フルーツなどさまざまな種類があります。みなさんは缶詰をどのように利用していますか。料理やスイーツを作るときに使ったり、おつまみとしても利用できて便利なものですよね。

近年では、災害時に役立つようにと、パンやお米の缶詰も販売されています。しかし長く保存できるとはいえ、スーパーなどで購入するときは賞味期限を確認しますが、そのあとは家の中で眠っているという家庭も多いのではないでしょうか。

眠ったままの缶詰、気がついたころには賞味期限が過ぎていた、という苦い経験もあるはず。賞味期限が近いものは食べられますが、期限が過ぎたものは処分するしかありませんよね。そもそも、缶詰の賞味期限はどのくらいなのでしょう。缶詰の賞味期限について、ここで詳しくご紹介します。

長期保存が可能なワケ

缶詰が長期保存が可能な理由は、缶詰の製造工程にあります。
1. 食材を調理する
2. 缶に食材を詰める
3. 空気を抜く
4. 密封する
5. 熱で殺菌する 
缶詰の基本的な製造工程はこの5つです。

食品を密封し、無菌状態に

缶に蓋をしたら空気が入らないように密封します。密封した状態で缶詰に熱を通し消毒します。熱消毒をすることにより、缶詰の中身は無菌状態になるのです。これが長期保存が可能な最大の理由です。缶の中身が無菌状態であるため、常温で保存をしても中の食材は腐ることはありません。

一般的な賞味期限とは

缶詰の賞味期限は、水産缶詰は製造日から3年、果実缶詰で2~3年、野菜缶詰2~3年、畜産缶詰は3年だといわれています。また、中身によって異なりますが、一般的な賞味期限を3年に設定しているそうです。ただし、これは未開封だった場合です。2~3年経てば賞味期限が切れるということを覚えておくといいですね。しかし、これはあくまでも缶詰がおいしく食べられる目安だそうですよ。時間が経てば、少しずつ味は落ちていきます。

賞味期限切れの缶詰は食べられるの?

では、賞味期限が過ぎた缶詰は食べることができるのでしょうか。そこで、賞味期限消費期限の違いをご説明します。賞味期限とは「おいしく食べられる期限」で、消費期限は「安全に食べられる期限」です。

賞味期限は、消費期限よりも長く保存できます。例を挙げて説明すると、インスタント食品や乳製品、缶詰などは賞味期限、お弁当や調理パン、お惣菜、生菓子などは消費期限です。消費期限の過ぎた食品は安全のためにも、食べないようにしてくださいね。

適切な環境で保存すればOK!

缶詰は、未開封であれば賞味期限が過ぎていても食べることができます。しかし、条件があります。それは、適切な環境状態で保存することです。適切な環境とは、湿気が少なく、直射日光の当たらない冷暗所です。これを守れば、一番長いもので114年間保存されていたという記録があります。1938年イギリスの話で、北極観測隊用の肉や野菜の缶詰で、試食した結果、味や匂いは悪くなく、十分に食べることができたそうですよ。

適切な環境での保存であれば、5年や10年は大丈夫そうですね。

不適切な保存では安全性は失われる

適切な環境であれば長く保存できる缶詰ですが、不適切な場所で保存するとどうなるのでしょう。湿度が高いと、温度差によって水滴が発生し、缶にサビが発生することがあるそうです。また温度が高い場所では、中身によって色が変色したりします。

熱に強い細菌が缶の中で生き残り、中身を腐敗させたり、熱にあまり強くない殺菌が酵母などによって、中身を腐敗させたりします。このことによりガスが発生し、缶が膨張します。また、熱に強い細菌が中身を腐敗させ、酸を出す場合もあるそうです。どれも異臭がしたり、変な味がするそうです。
缶の中身が腐敗していることを確認する方法は、次の3つです。
1. 缶が錆ついていないこと
2. 缶のふたがふくらんでいないこと
3. 缶のふたを指で押すとペコペコとへこまないこと

缶が錆ついていた場合、缶自体が腐食して穴が開き、そこから空気や水分とともに微生物が侵入してくる可能性が高いそうです。また、上記にも書きましたが、缶が膨らむとガスが発生します。缶が膨らんだものは、食べることができません。すぐに捨てましょう。

缶詰を開封したあとは

みなさんは缶詰を開封したあとは、すべて使い切っていますか。すぐに食べないと、こんなふうになるそうですよ。

開封したらすぐ食べましょう

缶詰を開封したら、すぐ食べましょう。なぜなら、缶は開封してしまうと外から微生物が入ってくるため、中身によっては腐敗してしまうからです。でも、食べきれない場合もありますよね。そんなときはどのように保管すればよいのでしょう。残ってしまったときの保管方法についてご紹介します。
中身が残ってしまったものは、ガラスや陶器、プラスチックなどの容器に移し替えて冷蔵庫で保管しましょう。缶を開けたまま保管すると中身が変色する可能性があります。冷蔵庫で保管する場合の期間は2~3日です。ただし、塗装した缶の場合はそのまま冷蔵庫で保管してもよいそうですよ。

缶詰は賞味期限を確認しましょう

いかがでしたか。缶詰は賞味期限について、長期保存ができるからと、あまり気にとめていないかたもいるのではないでしょうか。

缶詰にも賞味期限があります。上手に保管すれば長く持ちますが、保管方法を間違えると、とんでもないことになってしまいますよ。買い物に行くときに、缶詰が買い物リストに入っていたら、もう一度賞味期限を確認してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

卵って販売時は常温で陳列されていますよね。では、皆さんは自宅でどのように卵を保存されてますか。おそらく大半の方が冷蔵保存と答えるのではないでしょうか。この差ってなんでしょうか?今回は、卵の保存に関する疑問につ…

保存期間が長く、いざという時に便利な冷凍肉ですが、賞味期限ってどのくらいか知っていますか?いざ食べようと思ったら悪くなっていた、なんてことがないように、冷凍肉の種類別の賞味期限と長持ちのコツ、上手な解凍法につ…

作り置き レシピ まとめ

料理の彩りに重宝する三つ葉。しかし、すぐにしなっとしていまったり、レシピがマンネリになったりすることも多いのでは?今回は、三つ葉の種類や正しい保存方法、人気レシピを20件まとめました。今夜のおかずに取り入れた…

お弁当にも夜食にも便利な冷凍食品。冷凍食品には賞味期限ってあると思いますか?冷凍しておけば、永遠に食べられるような気も。実際に冷凍食品の賞味期限はいつまでなのか、保存方法のポイントをご紹介。冷凍食品をもっと活…

オクラ レシピ

歯ごたえと独特なねばりがおいしいオクラ。オクラは固そうに見えますが、生で食べられるのをご存じですか?他の食材とも相性のよいオクラ。カットしてさっと他の野菜と和えるだけでもおいしいサラダになります。オクラの下処…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ 豆腐 まとめ

つるんと美味しい冷奴。実は少しの工夫で食べ応え十分な、メインのおかずになります。オリーブオイルをかけた洋風なものから定番の和風、韓国風まで、今回はバリエーション豊富なレシピを30選!どれも簡単な時短レシピなの…

ホットケーキ スイーツ おやつ

知ってますか?「ホットケーキミックス」に「お餅」を入れると、お店で食べるようなモチモチでふわふわなホットケーキが自分でも簡単に作ることができちゃうんです♡テレビでも紹介され大注目の「餅ホットケーキ」のレシピを…